鹿男あをによし 第5話

今回はもう大和杯ですねぇ。

でもって今回はやけにカメラワークを存分に見せていましたねぇ。


剣道のシーンでは画面が
戦う二人を中心にして、周囲がグルグル回ったりしたと思ったら

そして随所随所で奈良の剣道部の快進撃に人がどんどん集まってきて

でもって、職員室で黙々と溝口先生が普通に一般業務してるかと思ったら
大和杯に一番に感動していたりして(笑)


そして随所随所で登場する鹿。



そういう意味があるようなないようなシーンで
間を持たせるところは流石です(≧∇≦)b


後、個人的には
通常時には
「小川先生(≧∇≦)♪」って感じの藤原先生だけれども

その小川先生が長岡先生と絡んでいるとこを見ると



「オガワ(゚Д゚)」

と露骨に態度が変わる藤原先生が何とも可愛らしい事です。


そんでもって大和杯を優勝した時の堀田さんの笑顔。
多分、彼女が笑ったのは今回が初めてですね。
とってもいい笑顔です(≧∇≦)b



そして堀田のガンバリで大和杯に優勝して
念願の「さんかく」を手に入れたんだけどねぇ。



鹿「何の冗談だ(゚Д゚)」

だってさ(笑)


そして、次回は新たなるステージへ。



今度は狐の使い番ですかぁ。


小川の苦難はまだまだ続きますね。













そうそうこの間、原作をとうとう買いました。

たしか1575円だったんですけどね。


買った後、すぐ読みました。


2時間弱で完読です(; ̄∀ ̄)



なんか、ちょっともったいないような気がしました(; ̄∀ ̄)ゞ







ただ、ドラマは原作を大分アレンジしてますし

何より、どうしてこのような設定を作り上げたのか
その背景を調べるのがこのドラマのミソですからね。


その辺りを楽しんでいきたいですね。




さて、今回は歴史的なモノがあまりなかったのでちょっと自分でネタ作り



いつものように唐突に
鹿がいる神社・社と聞いて自分が思い出すのは



鹿島神宮、厳島神社。
そんでもって最近知った春日大社。


自分は不思議だったんですよねぇ。



何故、この三つの社に「鹿」がいるのか。



ちょっと自分なりにあれこれ適当な屁理屈をこねてみました。





まず、春日大社に祭られている神について。
まぁ調べた資料はWikipediaからなんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ



春日大社に祭られている神は
かつて朝廷で権力を誇った藤原氏の
守護神である武甕槌命(たけみかづきのみこと)と経津主命(ふつぬしのみこと)
藤原氏の祖先と言われる神・天児屋命(あめのこやねのみこと)
そして比売神(ひめのかみ)だそうです。


比売神というのは
特定の神の名前ではなくて祭神の妻や娘、あるいは
関係の深い女神を指すものだそうで

春日大社の場合、この比売神は
天児屋命の妻である天美津玉照比売命(あめのみつたまてるひめのみこと)だそうです。


この春日大社の始まりは
奈良の平城京に都が遷都された710年に藤原氏が
藤原氏の守護神である武甕槌命を春日の御蓋山に遷して祀り、
春日神と称した事からだそうで
それから768年に鹿島の武甕槌命に香取の経津主命
そして大阪の枚岡神社に祭られていた天児屋根命・比売神を併せ
御蓋山の麓の四殿の社殿を造営したと言われています。



この比売神は八幡神の妃と説明される事が多いらしいですが
最近の説では比売神=宗像三神であると言われているらしいです。


宗像三女神(むなかたさんじょじん)というのは
福岡県は宗像市にある宗像大社に祀られている三柱の女神の総称で
朝鮮への海上交通の平安を守護する玄界灘の神=海の神として
朝廷によって古くから重視された神々だそうです。

この三人の女神は
福岡県の六ヶ岳と言われる山に降臨したと言われており

沖ノ島の沖津宮
筑前大島の中津宮
田島の辺津宮

にそれぞれ祀られているそうです。


こうして見ると

春日大社というのは

藤原氏が自分の祖と言われる天児屋命を

武の神である武甕槌命
剣の神である経津主命
海の神である宗像三女神


と共に祀る事で藤原氏が
剣と武を征する事で大和の地を支配し
海をも支配しているという事を示したかったのかなと。

ここでいう海というのは天かもしれませんね。

昔は海の底に極楽浄土があるとも言われていたそうですし

天照(あまてらす)のように天(あま)
漢字で「あま」を変換すると「海」に関連する単語が
結構出てきたりしますからね。

その辺りの思惑は別として
何故この
武の神である武甕槌命
剣の神である経津主命
海の神である宗像三女神なのかと考える根拠のひとつとして


香取神宮・鹿島神宮
沖津宮・中津宮・辺津宮は

春日大社ができる前よりあったっていう事がひとつ。

日本書記や古事記には

香取神宮・鹿島神宮
沖津宮・中津宮・辺津宮の記録が既にあったと言われています。


また、「神宮」や「宮」というのは天皇の祖先となる神を祭る神社にのみ
与えられた称号だそうです。






そして奈良時代に春日大社が建てられるのですが
その場所というのがこの辺り






春日大社は
香取神宮・鹿島神宮と宗像の3つの宮、とりあえず
現在の宗像大社を基準に点を置いていますが
これらのほぼ中間地点に位置する場所に建てられています。


これって単なる偶然でしょうかね。


春日大社に祀られている4人の神

それを自分が考えたように解釈すれば6人の神。

その内、3人の男の神と3人の女の神。

「3」と「4」と「6」の最小公倍数は「12」


でもって3×3の合コンです(笑)


まぁ多分自分はそのまんまだと思うのですがね。


例えば
遠距離恋愛をしてる男が東京にいて
その恋人が大阪にいた場合

二人がその中間地点となる名古屋で落ち合う。


つまりはそういう事だと思うんですよねぇ(笑)






それに3人の男の神はそれぞれ藤原氏に関係のある神。
そして3人の女の神は天照(あまてらす)より生み出されし子と言われています。

天照は皇室の祖神です。

つまり、天皇家に繋がる女の神と藤原氏に繋がる男の神を合わせる事で
藤原氏の天下を祈ろうとしたのではないかと思うのですがね。


事実、藤原氏は平安時代においては天皇の祖父となり
政治を支配していた時期もありましたからね。



だから、もしかしたら
これを知る人達は香取神宮・鹿島神宮と沖津宮・中津宮・辺津宮を
参拝しようとしたかもしれませんね。


ただ、ここで問題が。




宗像三女神が祀られている宮のひとつ・沖津宮というのは
玄海灘の沖合い60kmに浮かぶ孤島で
島全体が御神体とされ、今までも女人禁制とされてる上に
この島に上陸するには
中津宮に参拝し、それから上陸すると直に素っ裸になって
海水にて禊をして心身を清めなければならないそうです。



・・・行くだけでも大変です(; ̄∀ ̄)ゞ

それに「女人禁制」だから
この女神もこの島から出れないのだと思うんですよね。




多分、昔の人もそう思ったのでしょう。


だから、もう少し自分達が行き易い場所に宗像三女神を祀ろうと。


そこで選ばれた場所が厳島=宮島ではないかと。





厳島も古来より島そのものが神の信仰の対象とされてきたそうです。
だから、この地が宗像三女神には適した土地だと選ばれたのではないかと。
そうする事で男の神が女の神に会い易い環境を作ったのではないかとね。




それに武甕槌命は白い鹿に乗ってやってきたって伝承があるらしいですからね。






なので
『春日大社・鹿島神宮・厳島神社には
武甕槌命が乗っていた「鹿」がいる』のではないかと。



こんな風な考え方をしてしまうのも
最近、自分が読んでる小説「QED」シリーズに大きく影響がしてますけど(; ̄∀ ̄)ゞ






だから、武甕槌命はよくフラリと出掛けていたって事なんでしょう(笑)




まぁこんな屁理屈をこねてみましたが

もし、これが確かだと言えたとして

春日大社が香取神宮・鹿島神宮と宗像の3つの宮の
中点となる位置に建てられたのだとしたら


そんな古き時代にどうやって
香取神宮・鹿島神宮と宗像の3つの宮の中点を調べだす事が
出来たのかってとこに新たな謎が生まれてきますね。

当時には現在の測量に匹敵する程の測量技術があったんじゃないのかってね。


まぁこうして事実に足りない部分を
空想・妄想等で補えるから歴史の謎っていうのは
面白いですね(^▽^)


QED 東照宮の怨 (講談社文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月15日 01:18
春日大社には修学旅行で行きました。
自分が行った所も関連あると思うと、ちょっと嬉しい~♪

確かにイトちゃんが笑ったのは初めてかも。
彼女にはすごい使命感を感じますよね。
だから鹿だと思うんだけど~。。。今だ確信持てず。

ikasamaさん原作読んじゃったんですよね~。。。
ネタバレしないように書くの大変なんじゃ?(^^;)
私は、おしゃべりなのでドラマが終わるまでは
原作我慢します~(^▽^
2008年02月15日 01:44
ikasama4さんが教えてくれた黒塚古墳の銅鏡の記事見ました!
すごい!詳しい!絶対アタックチャンス!のオジさんは何か知ってます(笑)

>『春日大社・鹿島神宮・厳島神社には
武甕槌命が乗っていた「鹿」がいる』のではないかと。

わぁ~なんか読んでいて鳥肌もん(笑)
面白いねぇ。。。この時代を渡しが妄想するとは思わなかった(笑)
奥が深いっていうか神秘的なものを感じてしまいます私(苦笑)
とにかくまた三角を探し求めるわけだから、仕切り直し?(笑)
最終回まで見逃せませんね。
タカシ
2008年02月15日 05:50
見事に本編の感想より歴史、神話の解説の方が長いですね。

私も歴史や作者がなんでこんな話をひねり出したきた背景に
興味が涌きます。

三角=あの銅鏡に決まり!? 原作が文庫本だったら買おうかと
思ったのですが・・・う~ん。
2008年02月15日 14:09
大和杯が「さんかく」でないのは、予想範囲内ですね。
って、ikasama4さんは原作読んだんですね。
「さんかく」の正体も知ってるんだ。
うぅ、聞きたいけど、我慢します0(>_<)0

それにしても(。→ˇܫˇ←。)プププッ
ikasama4さんも鹿になったのねぇ~(笑)
ikasama4
2008年02月15日 23:33
くう様
自分も奈良・京都は中学時代に修学旅行に
行ったのですがねぇ。

この頃の自分は戦国時代が好きだったので
正直、この頃の時代にはあまり興味がありませんでした
(; ̄∀ ̄)ゞ

そうそう
イトちゃんの笑顔は間違いなくこれが初めて。
「山田太郎」の時はあんなに笑っていたのに(笑)

>ネタバレしないように書くの大変なんじゃ?(^^;)
大丈夫です。
このドラマを構成している歴史・背景で
ネタ作りをしますので( ̄ー ̄)b
ikasama4
2008年02月15日 23:34
アンナ様
ですね。
多分、アタックチャンスのオジサンは
間違いなく関与しておりますね。

妄想もここまで関連付ければ
仮説になるのかもしれませんね。

というか個人的にはなって欲しいかも(; ̄∀ ̄)ゞ

とりあえず仕切り直しという事で
今後がどんな展開になっていくのかが
本当に楽しみです。

・・・原作と微妙に違うので(; ̄∀ ̄)イッチャッタ
ikasama4
2008年02月15日 23:34
タカシ様
原作を読んだ手前、神話や歴史の背景とかで
文章を稼いでいます(笑)

こういう物語はこういう物語が出来た
舞台背景とかを調べていくとホントに
面白いです。

自分も最初は文庫が出てからと思ったんですがね。

「知りたい」という欲求には勝てませんでした(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2008年02月15日 23:34
にな様
>ikasama4さんは原作読んだんですね。
ええ、ドラマでは3ヶ月かかる内容を
たった2時間弱で(;∀;)チョットカナシー

>「さんかく」の正体も知ってるんだ。
ええ、知ってます。

>うぅ、聞きたいけど、我慢します0(>_<)0
どうしても知りたい場合は
「メッセージ」を送って下さい(笑)

とうとう自分も鹿になりました。
多分、ドラマがまだ終わってないのに
原作を読み終えてしまったためでしょう。

自分の呪いは
ドラマの最終回まで解けません( ̄∀ ̄)
2008年02月16日 09:54
読んでると眠くなってしまう私を許してください。
頭がたくさん詰め込めない構造になっているもので、
ゆっくりとゆっくりと読みます。
それにしてもイラストが可愛い。
鹿にじいやが乗ってるんですね。笑。
ikasama4
2008年02月16日 16:14
みのむし様
まぁ暇人が書いた妄想でよろしければ
お暇な折にゆっくり読んでもらえれば
幸いです。

建雷命は鹿に乗って現れたそうですからね。
そしたらこんな風になりました(^▽^)
2008年02月17日 14:23
原作を読破されたんだ~、いいな~♪
あたしも早くゲットして、原作とドラマの違いを
楽しみたいのにぃ~!!!
宮島に鹿がいるせいか、はたまた山間部にいくと、
ごくたまに鹿が車にひかれてるというのを見聞きするせいか、
鹿の存在なぞ珍しくもないとな~と思ってたんですが
鹿がいる神社って、そうたくさんある訳ではないんですねー!

>厳島も古来より島そのものが神の信仰の対象
年配の方で、よく「宮島さんにお参りに行く。」という方が
いるんです。ただ、神社にお参りに行くにしてはしょっちゅう
行かれてるような感じなので、何で~???と不思議だったのですが
ある意味、宗教的な心の拠り所って感じなのかしらん。
って、一生懸命ikasama4さんの記事を拝見しつつも、
漢字だらけの地名や人名で、何度読んでも頭にスコーンとは
入らない・・・馬鹿女漢字に弱しでごめんなさい(^_^;)
だけど、ikasama4鹿さんに、じいやがまたがり「マイハニー」と
叫んでるイラストで、何となく意味を理解したのでした(笑)。
ikasama4
2008年02月17日 15:19
まこ様
原作を読んでしまいました。
「知りたい」という欲求には勝てませんでした(; ̄∀ ̄)ゞ

たしかに鹿がいる神社って
そんなにたくさんいないみたいですね。

あぁ、そうかもしれないですね。
神社とは本来、そこを祀るだけでなく
実際に人に崇めてもらう事で
神社が成り立つんでしょうね。

まぁこういうのは漢字ばかりなんで
書いてる自分も
ちょっと憂鬱になってきそうなんですけど(; ̄∀ ̄)

やっぱ読むよりも視覚的に見る方が分かり易いですからね(笑)

この記事へのトラックバック

  • 【鹿男あをによし】第5話

    Excerpt: 試合の休憩に入り、幼い頃の剣道の話題で和むシカ・小川とキツネ・長岡の間に割って入る藤原。小川ついに呼び捨て。。。。。佐倉は痛む足を堪えて1人勝ち抜き、担架に乗せられて会場を去っていった。堀田さん。あい.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-02-15 00:05
  • 鹿男あをによし 第5話

    Excerpt: 奈良が大和杯に優勝して三角を手に入れたのに。。。 これは鹿が言っている三角「目」ではなかった!!!!!え~またふりだしに戻るのか。。。それにしても教頭先生の言ってた黒塚古墳の銅鏡がメチャ気になる(笑.. Weblog: アンナdiary racked: 2008-02-15 00:05
  • 鹿男あをによし5

    Excerpt: 鹿男あをによし オリジナルサウンドトラックTVサントラポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る さて今日も鹿男あをによしです。 「目を取り戻せ」と鹿からの指令で躍起になる鹿オトコ。目=サンカクを手に.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-02-15 00:19
  • 【ドラマ感想】 鹿男あをによし 第5話「奇跡が起きた!!~第...

    Excerpt: 折れかかった心が、まっすぐに立ち直る。その瞬間を目の当たりにしました。「つまらないことをグズグズ言わないでください」「ばか!諦めるな!お前が大和杯獲るって言ったんだろ!」「もし、この試合に勝ったらどん.. Weblog: 読書とジャンプ racked: 2008-02-15 00:21
  • 鹿男あをによし 第5話「奇跡が起きた!!~第一幕フィナーレ~」

    Excerpt: うぉおお!かっこえええ!! 何でこんな剣道ってかっこいいんでしょうねw まさに戦う君は美しいって感じ。 佐橋音楽と演出がばっちり決まった堀田の胴が、デカマスターに見えてきましたよ(ぇ それ.. Weblog: 特撮警備隊3バるカんベース~GOLD LUSH~ racked: 2008-02-15 03:53
  • 《鹿男あをによし》☆05

    Excerpt: 小川があこがれるマドンナ率いる京都。噂どおり強かった。 休憩時間に堀田が消えた。藤原と手分けして探す小川は、屋上で堀田を見つけた。 京都は全員3年生だからと言う小川に、3年生だから負けていいのかと聞.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2008-02-15 04:11
  • 鹿男あをによし 第五回

    Excerpt: あっちゃ~、大和杯の後に一波乱というのは聞いていたけど・・・ 振り出しに戻っちゃった。大体、鹿さんがもっと具体的に言ってくれない からまちがえちゃうんだよぉ~。 Weblog: The Glory Day racked: 2008-02-15 05:44
  • 『鹿男あをによし』5話

    Excerpt: 人間は『さんかく』と呼び、 鹿さん(山寺宏一)は『め』と呼ぶ物は大和杯ではなかった。 Weblog: ド素人日記 racked: 2008-02-15 14:12
  • 鹿男あをによし 第5話:奇跡が起きた!!~第一幕フィナーレ~

    Excerpt: げっ、やっぱり…?o( ̄∇ ̄;o)ガーン この前から、何とな~くではありますが、あの優勝プレートが鹿の言う “さんかく”とは違うんちゃうかいなと思ってたんですよねー{/ase/} とは言いつつ、ラ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2008-02-15 20:27
  • 白妙の衣をまといし教え子の諦念砕く喝の眩しさ(玉木宏)

    Excerpt: 【解釈】小川先生(玉木)は不運を嘆くうちにすっかり根性なしになっていたのだがその Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-02-15 21:40
  • 鹿男あをによし vol.5 奇跡が起きた!!~第一幕フィナーレ~

    Excerpt: &nbsp; 小川(玉木宏)が顧問を務める奈良の剣道部は、 堀田(多部未華子)の活躍で大阪に逆転勝ち!^^! 小川は「大和杯は必ずウチが取ります!」 あれだけ弱気になってたのに、続く京都女学館.. Weblog: 美味-BIMI- racked: 2008-02-16 09:37
  • 鹿男あをによし 五話

    Excerpt: なんだ。やっぱり三角は優勝杯じゃなかったんだ。 そうなんじゃないか?と思っていたんだけど・・・。 だって鹿は「目」と言ってるんだもん。人間界では三角と 呼ばれてるだけでそれが三角の形をしていると.. Weblog: Simple*Life racked: 2008-02-16 09:57
  • 鹿男あをによし (多部未華子さん)

    Excerpt: ◆多部未華子さん(のつもり) 多部未華子さんは、毎週木曜よる10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『鹿男あをによし』に堀田イト役で出演しています。 一昨日は第5回が放送されました。... Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2008-02-17 00:22
  • 「鹿男あをによし」(第5話:「奇跡が起きた!! ~第一幕フィナーレ~」)

    Excerpt: 2月14日の「鹿男あをによし」は、大和杯で奈良女学館の剣道部が京都女学館と決勝戦の試合をする、というのが主な内容である。堀田(多部未華子)が京都女学館の選手と対戦するシーンは、思わず鉄火丼も見入ってし.. Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2008-02-18 00:46
  • エアマックス 2013

    Excerpt: 鹿男あをによし 第5話 渡る世間は愚痴ばかり/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-10 06:27