鹿男あをによし 第3話

鹿が話してくれた真相

日本には巨大な鯰が眠っている。
鯰が暴れると地震が起きる。
















そのため、鹿島大明神である武甕槌大神(たけみかづち)
















彼が鯰の頭を抑え
我々鹿・狐・鼠は尻尾を抑えている。




そして鯰は普段は大人しく眠っている。


だけど鹿島大明神がフラッと旅に出かけたりしていると
その隙に鯰が動いてしまい、地震が起きてしまうらしい。


そして
奈良の鹿・京都の狐・大阪の鼠は
ずっと「目」の力で三本のネジをしっかり止める事で
鯰の動きを封じていた。


しかし、ネジは緩んでしまうというもの。

だから60年に一度の神無月に目を移して
新たにネジを締めなければならない。


しかし、同じ仲間ながら
鼠は鹿と狐に嫌われているらしい。


300年前、鼠がなかなか運び番を選ばなかった事で
大地震が起きた事があった。


だから、今回も鼠が自分達の邪魔をしようとしている。

そのためにも鼠から「目」を取り戻さなくてはならない―――。














一応、これについてはこんな言い伝えもあります。


まず、鹿島神宮そして奈良の春日大社に祀られている
神・武甕槌大神(たけみかづち)は武術の神様であると共に
地震の守り神と言われています。

なので武甕槌大神が鯰が動かないように要石を鯰の上に置いて
ずっと監視してるって事なのです。




しかし、神無月になると
神様は皆、出雲に集まらなければなりません。
武甕槌大神も出雲に向かいます。














一応、その留守番として




エビスさんが要石を見張ってるそうなんですが












どうもエビスさんは油断してしまう性格らしく


その時、鯰がその隙を突いて動き出して



地震が起きるという事だそうです。


この話は江戸時代に起きた「安政の大地震」の後に
流行した鯰絵に書かれているそうです。

何故、こういう話になったかというと
この「安政の大地震」が起きたのが西暦だと
1855年11月11日だそうですが、これを旧暦にすると

安政2年10月2日

つまり、10月=神無月だから


という事のようです。


ちなみに鼠は大黒天の神の使いとも言ってましたが
それは大国主命にとっても同じ事で。



でもって、大国主命と武甕槌大神とは少なからず因縁がありまして。

かなりはしょって説明しますが
大国主命が繁栄させた土地を天照が我々の下に返すように言い
その使者として向かったのが武甕槌大神と言われています。

そして大国主命は天照に土地を返したらしいですがね。

まぁ神話とは言え、真相はやはり「勝者」によって都合よく
書き換えられているのが常ですからね。

大国主命と武甕槌大神の間には血を血で争う「譲り合い」が
あったのではないかとも思えます。

まぁそういう因縁があれば
大国主命の使いである鼠が
武甕槌大神の使いである鹿の邪魔をするのもわかるような気がします。

また、大国主命の息子である事代主(ことしろぬし)は
神話で釣りをしていた事から釣り好きとされ、
度々「エビス」さんと同一視されるそうです。

そうすると、神無月にはエビスさんが鯰が地震を起こすのに
関与してると考えても差し支えはないですね。




それにしても色んな謎がありますね。


まず、鹿が言った「あのくそババァ」
でもってリチャードと下宿のおばちゃんとの関係。

堀田が学校を午前中休んだ理由。

堀田が小川に何か声をかけようとした理由。

そして「さんかく」はおそらくあのトロフィーに間違いないでしょうけど

あの「さんかく」がトロフィーとなったのは
今から60年前と言われてましたね。

藤原先生が言ったように干支でいけば
10と12の最小公倍数は60。


それから300年前は鼠が使い番

そして鹿が180年振りに話したという事と
狐から「目」を受け取ると言った事から

使い番の順番は
鼠⇒狐⇒鹿

ここにもちょっと何かありそうですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年02月01日 00:22
どんなお話でも、とりあえずナマズは監視されていて
監視している人はサボりぐせがあるんですね~(^^;)

サンカクが以前描かれたikasamaさんのような恐いのじゃなくて
良かったです~(^▽^;
あのネジのような出っ張りが目なんですね。

エンディングは、以前から大河っぽいとは思っていましたが、
何か笑っちゃうんですよ。
あのシカの顔を見てくださいよ~。
真剣に走るお馬さんはカッコイイ♪けど真剣に走るシカは
なぜか可笑しい。。。
ikasama4
2008年02月01日 00:51
くう様
>どんなお話でも、とりあえずナマズは監視されていて
>監視している人はサボりぐせがあるんですね~(^^;)
どうもそのようですねぇ(笑)

自分が想像した「さんかく」でなくて
自分も正直よかったです(; ̄∀ ̄)ゞ

あのエンディングは鹿が走るシーンもいいですが
その映像とあの音楽と妙にあってるんですよね。

馬はどちらかというと凛々しさを感じますからね。

鹿の場合・・・何でしょうねぇ( ・ω・)ハテナ
2008年02月01日 01:00
ikasama4さん、こんばんは♪
>使い番の順番は
鼠⇒狐⇒鹿
ここにもちょっと何かありそうですね。

みんなで守るんじゃなくて「順番」っていうのにワタシも「?」だったんですが、おいおい明らかになるんでしょうかね?こういう「神話」や「歴史」がベースになっていると「荒唐無稽」な話も「深み」が出るから不思議ですよね。
・・・それにしてもイラスト・・・可笑しいわ◎
2008年02月01日 11:00
あんま強そうでないじいや似の大明神がおっかし~!
そして頼りなさげなくせに、任せとけと大口叩いて
案の定なエビスさんもらしくて笑えるぅ~♪
狐と鼠、それぞれの運び番も、しゃべる狐や鼠に
指図されてるんでしょうかねー。
あぁ、しゃべる狐と鼠も見てみた~い!!!
2008年02月01日 14:01
アハハハハハハハ!面白い~イラスト付きなので
すごいわかりやすい!
私のために書いてくれたんじゃないかと思うほど
アホにもわかりやすく解説してくれてありがとう!
早速遅ればせながら感想かくね♪
2008年02月01日 14:27
追記。。。そうそう、まこさんの言うように喋るキツネとネズミは出ないの?
無理?無理?(笑)エビスさんそっくり(笑)
今回はやっぱり感想アップする暇ないようなので、また来週♪
2008年02月01日 15:42
いつもikasama4さんの解説を読んでなるほど~と唸っております。
鹿島大明神は無意識でなまずを押さえてるってのもおもしろいですよね。
だから、時々どっかに行っちゃうって・・・
鹿が言っていた「あのババア」って・・下宿屋の女将?
何か奈良女学館の全ての教師も怪しい感じだし・・
ikasama4
2008年02月02日 17:07
なおみ様
こんばんはです。
この作品はホント面白いですね。
探せば探す程、色んなところに話がふくらむので
収集をつけるのが大変です。

けど、妙に繋がるのが面白いです。

歴史モノってのはどこか難しく考えてしまうとこが
ありますからね。

こうしてやるのがわかりやすいんだと
思うんですけどね( ^▽^)
ikasama4
2008年02月02日 17:08
まこ様
調べモノをしてるうちに
ネタが見つかり
オチが見つかり

どういう構成でやろうかなと結構考えたので
笑ってもらえて何よりです(笑)

鹿がしゃべるのですから
狐も鼠も同様にいるのでしょうね。

是非是非どんな姿でしゃべるのか
見てみたいものですね。
ikasama4
2008年02月02日 17:08
アンナ様
かなりツボにハマッタようですね(笑)
まぁエビスは
恵比寿とも蛭子とも書くもんでどちらも神なんですよね。

だから、エビスさんの苗字も
いわゆる神の名って事なんでしょうね。

この説明で笑っ・・・わかってもらえて何よりです。
( ^▽^)
ikasama4
2008年02月02日 17:09

アンナ様
多分、喋る狐と鼠は出てくるんだと思うんですがね。
「狐の使い」は間違いなく狐に頼まれたはずですからね。

ではでは次回の感想アップ楽しみにしてます( ^▽^)
ikasama4
2008年02月02日 17:09
きこり様
鹿島大明神ってホント気まぐれというか
天然というか自覚がないというか
スゴイ神様ってそういうもんなんでしょうかね(笑)

なんか一人怪しく見えると
全員怪しく見えてしまうんですよねぇ。

気になるなぁ(; ̄∀ ̄)
2008年02月03日 13:51
この留守番の「エビスさん」は頼りないなぁ(笑)
麻雀をしているか、競艇に行っている間に
鯰が騒ぎ出すんですね。納得(笑)

>鹿が言った「あのくそババァ」
この言葉は気になりました。
私は鼠のことを言ったんだと思ったので、
鼠の使いは女?と思ってみたりしたんですけど。。。
それとも、鼠自身がメスなのかなぁ?

う~ん、謎が増えた(´Д`A;)
ikasama4
2008年02月03日 23:33
にな様
たしかにこのエビスさんに留守番は
ちょっと不安ですね(; ̄∀ ̄)

それにこのエビスさん自体
競艇・競馬とどこかへフラリと出掛けますね(笑)


鼠って女って事でしょうかね。

狐の使いは女と決まってるって言ってたから

鼠の使いも女かなと思ったりしたんですがねぇ。

う~~~ん、とっても悩ましい(;´д`)ゞ

この記事へのトラックバック

  • 【鹿男あをによし】第3話

    Excerpt: すいません!。。。あ~あ。。。ついに鹿に向かって「すいません」とか言っちゃったよ。。。キミには見えてないかも知れないけれど、俺の顔は今、鹿になってる。はい。大丈夫。他の人にシカは見えていません。300.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-02-01 00:28
  • 鹿男あをによし3

    Excerpt: さて今日も鹿男あをによしです。 【鹿になったオトコ】 先週の終わり、鹿に「印」を付けられ、ついに鹿になってしまった鹿オトコ。鏡に映っ自分の姿にビックリ仰天しパニくって一人で大騒ぎしますが、しかしどう.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-02-01 00:35
  • 鹿男あをによし 第3話「今明かされる真実」

    Excerpt: 「しょうがなかったんだ…サンカクが無いと大変なことになるんだ。 あなただって知ってるじゃないですか! …もうこうするしか…サンカクがないと俺は人間に戻れないんだ!」 やべー、もう小川先生はた.. Weblog: 特撮警備隊3バるカんベース~GOLD LUSH~ racked: 2008-02-01 03:01
  • 《鹿男あをによし》☆03

    Excerpt: 鏡のなかの小川は立派な角を持つ、鹿男だった。かなり狼狽する。食事もせずに家を飛び出し、話をする鹿に会いに行った Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2008-02-01 03:56
  • くれないの色に涙のひとしずくとんと焼きにも哀れ漂う(玉木宏)

    Excerpt: ふふふ・・・ふははは・・・はははははははははは・・・はぁ~。 もちろん・・・市民 Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-02-01 15:06
  • 鹿男あをによし 第3話:今明かされる真実

    Excerpt: 堀田さん、何者なの~? メーン!!,,(((  ̄□)_/\_(○ ̄ ))),,ドーウ!! いきなり剣道部入部っ{/eq_1/}しかも、相当の腕前ときたもんだっ{/ee_3/} 彼女の目的は大和杯優勝.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2008-02-01 15:37
  • 「鹿男あをによし」第三回

    Excerpt:  顔が鹿になってしまった孝信(玉木宏)は、鹿の言った印の意味がわかり、鹿の元へ・・ 「俺が悪かった!本当に悪いと思っている。だから顔を元に戻してくれ!」  「だったら、ねずみから目を取り戻せ! .. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-02-01 15:46
  • 鹿男あをによし vol.3 今明かされる真実

    Excerpt:   鹿に"印"を付けられた小川(玉木宏)が、 鏡に映った自分の顔が「鹿」になっているコトに驚いたトコロで 前回は終わってましたね。 藤原(綾瀬はるか)や福原(佐々木蔵之介)は全く驚き.. Weblog: 美味-BIMI- racked: 2008-02-01 20:33
  • 鹿男あをによし 第3話「今明かされる真実」あらすじ

    Excerpt: 鹿に“印”を付けられた小川孝信(玉木宏)は、鏡で見る自分の顔が鹿になっていることに驚愕する。ところが、藤原道子(綾瀬はるか)や福原�... Weblog: テレビドラマレビューブログ:ドラマニア racked: 2008-02-01 21:17
  • 鹿男あをによし 第三回

    Excerpt: あ~ぁ、進退窮まってかりんとうにみんな言っちゃった・・・「私、イグアナなの」 じゃなく「俺の顔が鹿になっている~」と。私も信じられませんね。 Weblog: The Glory Day racked: 2008-02-05 13:39