薔薇のない花屋 第2話

今回も意外な展開がありました。
というか、当初の役に「作られた」設定は正しく「作られた」
ものになっていますねぇ。

まず、分かったところで言うと

「流石、現役のナースは手際がいいですね。」

プールで溺れかけた雫を見て思わず助けようとした美桜。
でも、彼女は助けられない。
彼女はここでは「目が見えない」のだから。

そこに颯爽と雫を助けた男・工藤直哉。

やはり裏がありましたね。

工藤直哉は安西が雇った探偵事務所の青年だったようです。




彼の役目は汐見英治の身辺調査

白戸美桜のサポート

そして
英治の亡き「妻」のビデオをダビングして安西に渡す事。




白戸美桜がこの仕事を引き受けた理由

自分が嫌いな父親が安西の病院に入院している
その父親は脳に重大な疾患があるらしい。

今すぐにでも手術をしなければならない。

安西は脳外科の権威らしい。

美桜の父親が個室でいられるのも全ては安西のおかげ。
おそらく、それが取引の条件だったのでしょう。

父の命がね。





とっても嫌いな父親。


だけれども

死んで欲しくない。




そんなところがあるんでしょうね。






川辺で一人で石を投げていた転校生の男の子。



誰かが声をかけても逃げるように走り去っていく。


「あの子の事を少し注意して見ていてくれませんか?」

そんな男に気をかける英治。



何故、あの子の事を注意するように言ったのか。

多分、昔の英治があの子みたいだったからじゃないでしょうかね。


演出としても
そういう重ね方をしてる気がします。




今回、ちょっと気になったのは
「同情」もそうだけれども
個人的には「別人」と「本当の自分」ってやつですかね。



美桜は試した。

男の目の前で
「服を着替えるから後ろを向いていて」と言った時

男はずっと振り返ったままでいるだろうか。

私の目が見えないから。

そう思って男は振り返るんじゃないかと。

そうしたら、今こうして「別人」を演じる事もためらいがない。

所詮はそんな男なんだ。

普段はいい人ぶってるけど
やっぱ「本当の自分」はそうなんだって。


でも、男は振り返らなかった。






白戸美桜は仕事は出来るけれど
暗くて愛想が悪くて、ダメな事はハッキリ言う人。

とっても損な性格。

人は誰でも思う時がある。

自分が嫌になる時

誰でも違う性格になりたいと思う

例えば
屈託なく笑ったり
わがままを言ったり

でも人は変われない。


だったら別人だと思えばいい。




そして白戸美桜は英治の前では
明るくて奔放な性格でいられる。


でも、それは本当に「別人」を演じているのだろうか。

もしかしたら看護師でいる自分は「本当の自分」なのだろうか。

そんな風に感じられるところが随所にあります。




とっても損な性格。

雫から見る父ちゃんの性格。

いっつも損な仕事ばっかりやっている父ちゃん。


そんな父ちゃんの性格は「本当の自分」なのだろうか。


ビデオに映る「妻」が語る


私にもっと優しくして

だけど君が幸せになるためには

誰かに優しくする必要があるんだ。

最初は嘘でも偽善でもいい。

そのうちきっと優しくなれるんだ。

人に優しくするってとっても気持ちがいいんだよ。



この言葉を聞くと
「妻」にあった頃の英治は
今とは違った英治だったんじゃないかって思えてきます。

その頃の英治は「本当の自分」なのだろうか。
それとも「別人」を演じていたのだろうか。


まぁこれについては
「別人」であろうと「本当の自分」であろうと
「自分」である事には変わりないんですけどね。



そんな彼女の本当の姿に
英治は気付いていないのだろうか。
本当は気付いているのではないだろうか。


色々と思うとこはあります。





そして美桜は疑問に思う。

何故、安西先生は私に盲目のフリをするように言ったのだろうか。

今のところ、予想出来るのは


英治もまた「妻」と知り合った時に
自分を偽って近付いてきたから。


自分は盲目だからと言って。


笑いのツボとしては

四条さんが

俺は瞬間で小野先生に惚れた

俺は泳げない

人は恋に溺れて死ぬ事がある


と、渋くキメタところで


英治・・・雫と一緒にスイミングスクールに行っては

四条「・・・そうだな。」

英治「おやすみなさい。」


ここに尽きますね(笑)


ただ、もしかしたら
人は恋に溺れて死ぬ事がある

後々に効いてくるのかもしれませんけどね。



とりあえず、英治の「妻」の父が安西である事は間違いなさそうですね。

それにしても
笑った時の竹内さんの顔と
ビデオの中の本仮屋さんの顔

目元がとても似てますね。



美桜の顔と「妻」の顔がダブる。


そして、英治は思わず「彼女」を抱きかかえた。




そう、それは「瞬間的」に。




たしかに「同情」ではないみたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月22日 13:45
>この言葉を聞くと
「妻」にあった頃の英治は
今とは違った英治だったんじゃないかって思えてきます。

そうなのよね。本仮屋さんのビデオはすっごく謎なのです。
公式HPには名前も書かれていないし(雫の母になってるけど)
彼女のビデオでの言葉を聞くと、今の英次に言ってる感じじゃあない。
英次は、彼女が亡くなる前までは別人だったのかな?
英次の過去も明らかにされていないし。。。小出しに色々とわかって
くるんだと思うけど、そのヘンの演出は次回を見たくなるように計算
されているんだろうな~って思うのですが。
とにかく2話は、直哉がまわし者だったという驚き(苦笑)
2008年01月22日 15:49
なるほど!逆なんですね!
英治が雫の母親を盲目だと言ってだましていた。
だとすると・・・英治は美桜が目が見えてるってことに
気が付いてる可能性がありますね。
いやぁ。ますます面白くなってきたーー。
2008年01月22日 15:56
見る度にサプライズがあるこの作品!
次々と登場人物の意外な一面が明らかになっていくって
事なんですかねー。
さてさて、次回のサプライズは・・・クールなマスターが
水着姿でプールに現れ、無様に泳ぐシーンを見せてくれるとか?(笑)
2008年01月22日 18:26
太陽があれば誰にでも影はできる。
あのマスターが面白いです。
釈ちゃんへの恋に溺れそうだしね。
雫ちゃんと一緒に板を前にバタバタやってくれたら最高~
まこちゃまと一緒に楽しみにしてマスvv
あの転校生の姿に自分を重ねたんですよね、きっと。
英治も淋しそうな影のある子供だったんでしょうね。
2008年01月22日 19:17
英治が盲目を装っていた説もアリかもですね~。

色々な複線が、最後に見事に繋がっていくんでしょうね。
ただ、クサクならないで欲しいです~。
ikasama4
2008年01月22日 23:13
アンナ様
そうなんですよね。
英治は多分「妻」に会う前は
違う性格の人だったんじゃないかなって。

未だに公式HPにも謎のままなんだけど
8:2で安西の身内である事には間違いないと思います。

かなり小出し小出しですね。
ただ、至るところに後々の事を予感させる
部分は描かれているとは思うんですよね。

後で振り返ってみて終盤の展開と繋がっていくようなね。
その辺りもしっかり覚えておかんといかんのでしょうね。

そうそう、直哉は何かウラがありそうだなとは思ってたんですが
あまりにも正体がバレるのが早過ぎてそっちに驚き(苦笑)
ikasama4
2008年01月22日 23:13
みのむし様
う~ん、野島さんなら
英治が盲目って感じで「雫の母親」に近付いた線もあるとは思うんですが
今回、わざわざ安西先生が「脳外科の権威」と言った事で
「雫の母親」が脳の病気により失明した可能性も出てきた感じがするんですね。
ただ、それって「セカチュー」の三浦さんとカブるから
野島さんならそんな事をしてくるのかもしれないし
野島さんがそんなわかりやすい事をするはずがないと思うし

今、とっても迷ってます(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2008年01月22日 23:14
まこ様
毎回サプライズには事欠きませんね(笑)

>次回のサプライズは・・・クールなマスターが
>水着姿でプールに現れ、無様に泳ぐシーンを見せてくれるとか?(笑)
雫ちゃんと一緒に
ビート板を持ってバタ足で泳いでくれたら尚良しです(≧∇≦)b
ikasama4
2008年01月22日 23:14
エリ様
>太陽があれば誰にでも影はできる。
この台詞って個人的に後々きいてくると思うんですね。
英治にとって雫は太陽なんでしょうね。
そんな雫を見る度に英治はもしかしたら
自分の影を思い出すのかもしれません。
だから、優しくなろうって思うのかもしれません。

>雫ちゃんと一緒に板を前にバタバタやってくれたら最高~
後、浮き輪もアリですね(≧∇≦)b
ikasama4
2008年01月22日 23:14
芯様
>英治が盲目を装っていた説もアリかもですね~。
野島さんならばあり得る展開だと思うんですよね。

まぁ色々とまだ見えないところが多いですが
こちらの心を揺れ動かすような展開を期待したいです。
にな
2008年01月24日 20:53
私的には、2話も面白かったです。

>英治もまた「妻」と知り合った時に
>自分を偽って近付いてきたから。
ほほぉ~(・0・。)
私は「妻」のほうが盲目なのかと疑いましたが、
英治が嘘ついていたというのもアリですねぇ。
安西の憎しみからいっても、
英治が何かしら「妻」に偽っていたというのは、ありそうですもんね。
同じ手を使って復讐している。。。うん、なるほどぉ。

来週、泳ぐマスターが見れるといいですね(笑)
実は泳げないっていうのも面白そうだけどなぁ(* ̄m ̄)ぷっ
ikasama4
2008年01月25日 20:21
にな様
回が進むと色んな手掛かりになりそうな情報が
出てくるんですが、それと共に更に今後の展開の
可能性が増えてきたりして。

ミスリードされてるかもしれん(; ̄∀ ̄)ゞ

とりあえずこの辺りは色々整理しないといかんですが
まぁ野島さんの復讐のやり方としてよく使う手が
「目には目を」ですからね。

今回もそれじゃないかと思うんですけどね。

マスターのプールにいる姿はいいですね。

まぁ泳げるにしても泳げないにしても
どちらでもサマになりますね(笑)

この記事へのトラックバック

  • 薔薇のない花屋 第2話:花のように笑う人

    Excerpt: お姫様だっこ!キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー 性格に問題ありの美桜のようですが、お花屋さんの前では心が開放されるようデス{/heart/} ひゃぁ~、それにしても今回もびっくりの展開でした.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2008-01-22 00:01
  • 薔薇のない花屋 第2話

    Excerpt: 毎回謎が明らかになるのか?今回は直哉が。。。う~ん、毎回こうやって小出しにして色々なことがわかってくるのね。小出し~~~(苦笑)それにしてもお姫様抱っこをする慎吾にキュン☆ Weblog: アンナdiary racked: 2008-01-22 00:22
  • 薔薇のない花屋 第2話

    Excerpt: ちょっとずつ、わからなかったことがわかってきましたねぇ。 元ホストの工藤は実は美桜の協力者で、院長とも繋がっていたんですね{/face_sup/} 雫が溺れたときに美桜がアタフタしたのにも焦ったけ.. Weblog: 日々緩々。 racked: 2008-01-22 00:28
  • 【薔薇のない花屋】第2話

    Excerpt: 人はみんな誰かのお荷物なの。美桜は、ずっと何かを抱えて生きてきた。英治も。菱田さんも。雫の母のビデオをじっと見つめる院長。美桜に目が見えない女性を演じさせるのはもしかしたら、自分の娘も。。。?やっぱり.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-01-22 02:57
  • 「薔薇のない花屋」第二回

    Excerpt: Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-01-22 13:35
  • 薔薇のない花屋 二話

    Excerpt: をみた。 目が見えない振りをするのには何かわけがあるようですね。 院長がそういう風にして近づけとどうやら行っているようでしたね。 看護婦なら目の見えない人がどんな感じなのかわかるので まねるの.. Weblog: Simple*Life racked: 2008-01-22 15:48
  • 薔薇のない花屋 第2話

    Excerpt: 先週は、疲れのあまり途中で寝てしまったけれどやはり面白い。 Weblog: エリのささやき racked: 2008-01-22 15:56
  • 「薔薇のない花屋・第2話」

    Excerpt: 工藤 直哉@松田 翔太 も刺客だったんですね~。そして、美桜の目が見えることは、直哉の助けでまだ知られないままです。 Weblog: みょうがの芯 racked: 2008-01-22 19:20
  • 花が咲くように笑うけれど棘のある薔薇はお安くないのです・・・はい。(香取慎吾)

    Excerpt: まあ・・・秋ドラマ・冬ドラマのお約束といえば「雪山遭難」なのだが・・・。 「SO Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-01-23 01:02
  • 『薔薇のない花屋』2話

    Excerpt: やっぱり面白い。 Weblog: ド素人日記 racked: 2008-01-23 11:01
  • 薔薇のない花屋 (竹内結子さん)

    Excerpt: ◆竹内結子さん(のつもり) 竹内結子さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『薔薇のない花屋』に白戸美桜役で出演しています。 今週は第2話が放送されました。... Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2008-01-25 00:16