風林火山 総評

今期、まともに総評しようと思えたのが
このドラマだけってのはちょっと悲しいかな(苦笑)


最初、このドラマのキャスティングが発表された時には
色々と疑問を投げかけた方も多かったのかもしれませんが
ここ数年の中ではかなり飛びぬけた出来だと思います。

大河ドラマの定番というのは最終回の最後に第一話のシーンを
最終回に持ってくるのが多いのですが

この作品では第一話で使った演出を持ってくるという
味な事をしてくれたって事です。


また、川中島辺りから山本勘助や武田信玄が
老練な武将のような感じがして。

たしかに見栄えからすれば
それを感じさせる事も出来ますが

全ては声にあるのでしょうね。


わざと声をしわがらせてしゃべる。


それだけでなんか違うんですよね。


特に第一話辺りの頃を思い出すと
その辺りの演じ分けははっきりとしています。



それから内野さんが新たな山本勘助を発掘してくれました。



今まで「風林火山」のドラマは幾つかありました。



その中での山本勘助というのは有能だけれども
とことん暗い感じなんですよね。


しかし、このドラマでの山本勘助は有能だけれども
どこかヌケている。

そして、どことなく憎めない陽気さもあったりする。

時として冷たい対応もとったりする。
でも、そこには勘助なりの優しさがある。


そんな勘助は正に月影の如しです(笑)


物語全体としては上手い対比が随所に描かれていました。

例えば序盤では兄と弟との関係について
武田晴信と弟・信繁との戦いと
山本勘助と兄との戦いを織り交ぜたり


国のために父の言葉を大事にしようとする北条家と
国のために父を追放しようとする武田晴信。


老獪な軍師として名のしれた勘助と
それ以上に越後に隠れていた名軍師・宇佐美定満の存在。

そして二人の見えない対決。



それと今後の展開を予感させるような余韻をもたせた演出もなかなかでした。

武田晴信が三条夫人が飯富虎昌が
今後どのようになっていくのか

お北の方は最期の瞬間にそれを見てしまう。


こういう見せ方もまたなかなかでしたね。



信玄も父と同様に胡桃を持つようになりましたしね。



子は親に反発しながらも
結局は親と似たような道を辿るのかもしれませんね。





ちょっと気になった点としては第一話で

某は青き月影の如く
御屋形様は燃える日輪の如し

恋は散り降る花の如く
心はほの暗き森の如し

宿敵は天翔ける龍の如く

戦は―――戦は我が人生の如し


この台詞を勘助は言います。
この時、武田信玄・由布姫・上杉政虎が登場するんですね。

ただ、この時の政虎は白頭巾姿で登場があったんですね。


川中島に向けて考えていたのでしょうけど

実際の川中島で政虎は一度も白頭巾をかぶりませんでした。

おそらくは色々と時間をかけていく中で
今回のような政虎になっていったんだと思います。


あれはあの方がなんか政虎らしくて良かったと思います。


第一話でのオープニングを見た限りでは
自分の中ではどうなる事やらと期待よりも不安が先に出ていました(; ̄∀ ̄)ゞ



でもって、今年の年賀状で描いた勘助がこれ













そして長尾景虎





ここからこんな感じでドンドン描いてました。

























































































































































































追記 2006/12/30
実はこの記事から描きまして(; ̄∀ ̄)ゞ










今年はこのドラマに始まり
このドラマに終わったような一年でした。


未だにその余韻が忘れられず
ちょこちょこと勘助とか描いているんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ



また、こんなくらいにハマるドラマがあると嬉しい限りです(^▽^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年12月30日 00:34
ikasama4さん、こんばんは。
「総評」つーより「ぎゃらりー」ですね、よく描き溜められましたよね~カンシンカンシン。そして段々上手くなっている!(笑)一番最後の勘助と下から2番目の勘助がいいですね。リアリティが感じられます。
さて、クラブの方に投票していただきましてありがとうございました。
結果発表の方をアップいたしましたので、ご都合のよろしい時にでもお越し下さいね♪
ikasama4
2007年12月30日 15:27
なおみ様
こんにちはです。
たしかにギャラリーですね(笑)
思えばよくここまで描いたものです。
同じ構図でも描き続けると多少なりとも
上手くなるようですね。

これがあるから描き続けるんでしょうけど
これが逆なら自分にガッカリするのは確実です
(; ̄∀ ̄)ゞ

今年はどうも色々とありがとうございました。
kokeshi
2008年02月24日 22:47
はじめまして、突然の訪問失礼いたします。

私は昨年風林火山を見ておらず、今になって再放送を見ているのですが、しまった、昨年見ておくのだった、と後悔するほど引き込まれてしまいました。今では毎日参考書籍やサイト巡りに時間を費やしております(笑)そのような流れの中でこちらにもお邪魔させていただくことと相成りました。

イラスト、すごく素敵ですね。下から3枚目の、武田・上杉の主君と軍師4人に風林火山の文字をちりばめたイラストがあまりに素敵で身悶えしています(笑)緒形宇佐美など、本物がそこにいるかのようです。眼福眼福、ありがとうございます。風林火山は終わってしまいましたが、今後またお邪魔させていただくこともあろうかと思いますので、その節はどうぞよろしくお願いします。突然のコメント失礼いたしました。
ikasama4
2008年02月24日 23:29
kokeshi様
はじめまして。
ようこその御運びで(笑)

この作品は重ね重ね、とても素晴らしいものだと思います。
主人公自体は躍動しているものの彼の思いはずっと心の奥に抑えていく

静と動

この二文字がまさしく集約されていた作品です。
この作品には単なる歴史モノだけではない今と変わらぬ人間模様と
軍師・山本勘助の生き様が見事なまでに描かれています。

また回を重ねる度に今までの出来事が全部淀みなく
繋がっていて、それらの余韻も楽しむ事が出来ます。


イラスト、気に入って頂きありがたい限りです。
眼福とは光栄の至りです。

風林火山は終わりましたが
よろしければ、いつでも遊びに来て下さい。

気になる事があればコメントOKです。

ではでは
楽しみにお待ちしております(^▽^)
小早川統景
2010年05月24日 10:25
おはようございます。

風林火山、懐かしいですね。
当時は、どのくらいの大河ドラマが出来がいいのかの基準がよく分かりませんでしたが、天地人と比べたら(比べるのも失礼?)、かなり面白いドラマだということが分かりました(笑)
「智将」「参謀」といえば、かなり厳しいイメージがありますが、勘介と愉快な中間たち(?)の交わりは面白く、かなり勘介に親近感が抱けました。

絵、かなりリアルですね(@@)
どれがだれだったか忘れた人物も多いですけど(汗)
私は勘介の絵が一番気に入りました。
今思えば、勘介役をしていた人、醜男どころかイケメンですね(笑)
ikasama4
2010年05月24日 22:38
小早川統景様
ようこそのお運びで。

風林火山からようやく大河らしい大河に
戻ってきたかなって感じがしたもので

勢いあまってガンガンイラスト描いてました ̄▽ ̄ゞ

>今思えば、勘介役をしていた人、醜男どころかイケメンですね(笑)
内野さんが最初にオファーがかかった時
山本勘助がカッコよくていいんですか?って
聞いたらしいです(  ̄ノ∇ ̄)

ちなみに宇喜多直家とか色々な武将を役者さんに
演じてもらって、そういうのをこうやって
描いてくのを私は楽しんでおりますデス ̄▽ ̄ゞ

この記事へのトラックバック

  • 風林火山クラブ最終回「全50回/あなたが選ぶベスト3」発表!

    Excerpt: みなさん、こんにちは!本編が終了して2週間が経んですね・・・もう「次の大河」に関心が行っていらっしゃる方、また終わって「燃え尽き症候群」のように引きずっていらっしゃる方・・・色々だと思いますが、遂に「.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2007-12-30 00:37