相棒Ⅵ 第1話

相変わらず面白いこのドラマ
単なる事件だと思っていたはずが
実は二転三転する程の裏がある。


この裏の描き方がこのドラマの面白さですが
その他の面白さのひとつとして

現実に起こりえるような問題
もしくは現実に抱えている問題

その辺りを上手く取り入れているところが一番引き込まれるところでしょうね。

見ていて、ちょっと背筋が寒くなるような
恐怖感を感じさせるとこもありますからね。






ちなみにこれ、今年の正月に描いたやつ。
・・・まだ、うちにあるんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ




まずは裁判員制度

もし、裁判員制度が実施されたとしたら

こういう問題が起こるかもしれない。


事件の大きさによってプライバシーの保護とか

短期間で結論を出さなければならないために
複雑な事象に対して慎重な議論が出来ないとか

裁判員が世間の動向に左右されて
量刑を判断したりしてしまうのではないかと言った面とか

被害者と裁判員との関係性より
裁判員を復讐の道具として使ってしまうのではないか等々

色々な問題が考えられるようです。



ただ、この中で一番に問題なのは
「初めて」だからと言う事で
やたらに我先に報道したがるマスコミの姿勢にも問題があるようですね。



その辺りの表現を少々抑えているとこなんかは
報道番組を抱えてるからって事でしょうかねぇ(苦笑)



まぁ今回の場合は裁判員制度に対するデメリットが多く目につきましたが
今の裁判制度に対して考えればメリットもあります。



後、アメリカやイギリスでは
この裁判員制度と同じような制度で陪審員制度があります。

今後、裁判員制度が行われる事実は変わらないので
もし、問題があるならばどうすればいいのか
実際に似たような制度を既に行っている国の制度とかを見て
修正すべきとこは修正していけばいいのかもしれません。




そしてもうひとつは拳銃問題ですね。
警察では拳銃押収についてノルマが課せられているそうで
今回の事件はそのノルマを達成するために以前押収した拳銃を使って
新たに押収したように見せかける手法をとっていたようですね。

絵空事ではない話です。


拳銃といえば長崎県で痛ましい事件がありました。

その長崎の新聞にこのような記事がありました。
http://www.nagasaki-np.co.jp/press/itouzyugeki/kikaku2/09.html


これを読むと
ドラマでの真相も決してフィクションとは言い切れない怖さがあるかもしれません。


こういう怖さが逆に面白さに思えるから不思議です。



普段、「相棒」の感想は色々とこういう社会的側面があり
それがわかっていないと本当の意味で楽しめないというのもあって
書いてこなかったんですけど


今回は、この後にあったドラマ「働きマン」と一部
内容が似てたとこがあったんでちょっと書いてみました。




仕事でやりたい事が出来るのはホンの一握り

自分のやりたい仕事に邁進する事は悪くないけれど
焦り過ぎれば結果として大きな過失を招く。


という事でしょうかね。








それから、今回のゲストの石橋凌さん。


今後も絡んできそうですね。



でもって、水谷豊さんと石橋凌さんは
たしか来週のTBS、月曜ミステリ「探偵左文字進」で
主人公・左文字を演じる水谷さんが犯人役を演じる石橋凌さんと対決するようです。

この二人の因縁の対決はドラマの枠も超えてます(笑)

そんなヨタ話はさておき
もしかしたら映画でも登場するんでしょうかね。

楽しみになってきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月28日 11:51
裁判員を選ぶのに、事件関係者ではないということを
どこまで調べることが出来るんだろう?と疑問になりました。
ドラマのように二つも、三つも事件が重なってきたら、
調べるのも困難ですよね。
そう思うと、公正な判断が本当に出来るのかなぁと思ってしまいました。

求刑によっては裁判員が恨まれることも出てきそうだし。
身元は非公開だと言われても、裁判を見ている人には
顔はばれているし。
ずっと警察が守ってくれるとも思えないし。

嫌なことばかりが思い浮かんで、選ばれたくはないなぁ
と思ってしまいます。

そんな中でもいつも通りな右京さんに
(。・m・)クス とさせられるのが、
このドラマの魅力ですね(*^_^*)
ikasama4
2007年10月29日 23:16
にな様
裁判員制度はもうすぐやって来ます。

もし、自分が選ばれたとしたら―――。

ドラマではマイナス要素が並べられましたが
それによるプラス要素も鑑みて考える方が
いいと思います。

世の中、いい側面の裏には必ず悪い側面もありますからね。

まだ始まっていないですから
こういうのは始まってからよくよく考えた方がいいと思います。

考え過ぎは身体に毒ですので(笑)

自分は元々水谷さんって役者さんが好きなのですが
最近は水谷さんがいいのか
右京さんがいいのか、ちょっと混同してしまう時があります

それくらい右京さんにハマってます(;^▽^)ゞ

この記事へのトラックバック