風林火山 番外編 川中島以降の真田家

こないだ、山本勘助について書いた記事
真田幸村の事をちょいと触れたので今回は真田家についてあれこれと。

ドラマの中で一応触れてありましたが真田家は元を辿れば滋野家より始まります。

それから滋野家から分かれた
海野家・禰津家・望月家を滋野三家といいます。

真田家は海野家の支流になります。




さて、その真田家ですがはっきりしてる幸隆の子供はこんな感じ。





         真
         田
         幸
         隆
         │
   ┌───┬─┴─┬───┐
   │   │   │   │
   │   │   │   │
   信   昌   昌   信
   尹   幸   輝   綱





真田家は幸隆が亡くなった後、
嫡男である信綱が後を継ぎますが
長篠の合戦にて弟・昌輝と共に戦死します。

その頃、昌幸は武藤家に養子にいき、「武藤喜兵衛」となっていましたが
兄二人が亡くなった事で真田姓に戻り、真田家を相続します。

それから武田家滅亡後、昌幸は独立し
北条家・徳川家・上杉家と強国を周囲に囲まれながらも
色々と外交・調略を繰り広げ戦乱の世を乗り越えていきます。


真田昌幸と言えば「表裏比興の者」と評された程の智謀に優れた武将で
徳川家康が昌幸が篭る上田城を攻めた折にはケチョンケチョンに打ち破り
関が原の合戦では東軍の先鋒である徳川秀忠が率いる約3万8000の大軍を
わずか2千の兵で迎え撃ち、見事に足止めさせた武将です。



それから真田家になくてはならないのが昌幸の二人の息子です。







         真
         田
         幸
         隆
         │
   ┌───┬─┴─┬───┐
   │   │   │   │
   │   │   │   │
   信   昌   昌   信
   尹   幸   輝   綱
       │
       │
       ├───┐
       │   │
       │   │
       信   信
       繁   幸







関が原の戦いが起きた折

真田信幸は徳川家康率いる東軍に
真田昌幸・信繁は石田三成率いる西軍につきます。

これはどちらが勝っても必ず真田家が残る昌幸の知恵と言われているそうです。

大河ドラマでの真田家を見ていれば
御家大事と考える真田家の家風がわかるような気がします。



さて、ここで真田の名を最も有名にしたのが
この人、真田信繁ですね。


一般には誰でも知っている真田幸村です。


結構前から真田信繁の名は知っていたのですが
ならばどうして真田幸村が有名になったのかが
ちょっと不思議でした。


何でも当時の史料では真田信繁が真田幸村を名乗ったものはなかったらしいので。






真田信繁は大坂の陣で屈強で知られる徳川軍を散々に蹴散らし、
後一歩のところまで徳川家康を追い詰めたそうですからね。


その戦い振りに家康をはじめ
家康方の各武将は真田信繁を褒め称えたそうです。

それだけの武将ですから
当然、歌舞伎・浄瑠璃・浮世絵・軍談等で使われない訳がありません。


1672年に成立した軍記物語「難波戦記」に
「真田幸村」が記されていたそうです。


おそらく真田が大坂の陣での活躍した本とあって
結構広まったのかもしれませんが
それがいつしか「真田幸村」として一般的になっていったそうです。




何故、「幸村」という名なのか。



まず「幸」の字については
祖父・幸隆 父・昌幸 兄・信幸と

真田家は代々「幸」の文字が名にある。
という理由があるようです。

そして「村」の字
これは色々説があるみたいですが
個人的には名刀・村正って説が好きですね。

徳川家康の祖父・父は共に家臣によって殺害されてしまったのですが
その時に使われた刀が村正だったそうです。

そこから「村」の文字をとったって説です。



ドラマ的にはこっちの方が面白いですからね(; ̄∀ ̄)ゞ





で、幸村には嫡男・大助がいましたが
大坂の陣で大坂城落城の折に自害します。


自分が真田幸村のマンガとか読んだ記憶では
これで真田幸村の血は絶えたとかで終わっていたんですが
どうもそうではないらしいですね。



実は仙台藩 伊達家家臣として幕末まで続いたという事だそうです。



大坂 夏の陣の決戦前夜に
伊達家家臣片倉景綱の子・片倉小十郎重長が
真田信繁の子を保護したそうです。


その子の中の一人の娘を自分の嫁にし、
その中の男の子を片倉家で養育したそうです。


それから幕府は真田の遺児を伊達家に追及したそうですが
伊達家は色々と適当な事を言って誤魔化したそうで
「実はこの子は真田信繁の叔父・信尹の孫を養子にもらったんですよ」
って言ったそうです。

それで幕府が納得したというのにはちょっと気になる点がありますが
それでどうにか誤魔化しきったらしいです(笑)


その遺児はしばらく片倉の姓を名乗っていたそうです。

それからしばらくして、幕府より
「もう追求はしませんよ」って許しを得て
公に真田の姓を名乗り、以降真田家が続く事になったそうです。


幕末にはこんな人もいたそうです↓
http://www11.plala.or.jp/hutatsuya/sanada-kiheita.html




それでは何故、真田信繁は片倉家に我が子を託したのか。


理由のひとつとして
かつて片倉家信州の片倉村に住み片倉性を名乗った事から始まった家だそうです。

つまり真田家と同じ国の出身です。

片倉村で調べてみると
長野県の佐久市は今の市になるまでに色々と合併しておりますが
明治の時代に合併した町村のひとつに片倉村の名があります。




それから片倉家の家紋は九曜です。
真田家は六文銭ですが、真田家の主流となる
滋野三家のひとつには九曜の家紋を使っています。

同じ家紋はかつて同じ一族であった事を示すとこがありますからね。


以前、今川家に関して記事
今川家は足利家の血を引く者だと書きました。

ただ、苗字からそれを判断する事はなかなか出来ません。

それで当時の武将が血筋を判断したのが家紋になります。

この頃の室町幕府の将軍となっていた足利家の家紋は足利二つ引と呼ばれるものです。
この家紋は吉良家も今川家も同じ足利二つ引の家紋です。

これより今川家は足利家の一門であると判断できます。



ちなみに伊達家には幾つかの家紋がありますが
その中のひとつに九曜があります。

もしかしたら
その辺りも知っていて真田信繁は伊達家に託したのかもしれません。



というのが真田家と伊達家のちょっとした繋がりのようです。


ただ、この事をそのまま鵜呑みに出来るかどうかは疑問が残りますけどね。


色々と探してみたら、このようなものがありました↓
http://www1.odn.ne.jp/~cah49810/papa/sub2TeaNo29.htm

たしかにこの時代は敗軍の将の身内に対する処断は厳しかったようですからね。

いくら真田とはいえ、徳川家に弓を引いた武将。
その身内を匿う事はすなわち徳川家に弓引く行為と同じようなものですからね。

伊達家がそんな危険を冒すとは思えません。

ただ、あの伊達家だからこそやるかもしれんって風にも思えますけどね。


この会にある「真田」さんはおそらくこの方のようです↓
http://www.city.ueda.nagano.jp/kankoka/sin/maturi/maturi-t/sanada.htm


視点を変えればこのようにも見る事が出来ます。
だからこそ面白いですね(笑)






ちなみに個人的に好きな真田は幸村の兄・信幸です。

信幸の妻はあの本多平八郎忠勝の娘・小松。

本多平八郎忠勝は徳川家譜代の家臣で
五十数回もの戦でかすり傷ひとつ負わなかった名将で
織田信長には「日本の張飛」とか「花実兼備の勇士」と称えられ
豊臣秀吉には「東の天下無双の大将」とまで言わしめた人物ですからね。

信幸はその本多平八郎が惚れこんだ程の人物だそうです。


有名な逸話として
昌幸が関が原の戦いで破れた西軍についた父・昌幸と弟・信繁の助命を嘆願した際に
本多忠勝は共に嘆願します。
家康が助命を許そうとしないとみるや
「ならば、信幸と共に上田の地に入り、家康様と一戦交えるまで」と啖呵を切ったそうです。

それには家康もたまらず真田親子の助命が許されたそうです。

また、この辺りの時期に名前を信幸から信之に改めています。

父・昌幸から受け継いだ「幸」の字を返上する事で
徳川家に二心なき旨を示したのでしょうね。



そして何よりも気に入ってるのが
池波正太郎の「獅子」の作品の影響もあるんですが
真田信之の晩年の活躍です。





      ┌─信吉(沼田藩)
      │
真田信之──┴─信政(松代藩)
(松代藩・隠居)






この頃、信之は隠居して息子達に藩を任せていたらしいです。
ただねぇ、信之が隠居して信政に松代藩を譲ったのが1656年。
この時、信政59歳。

そして1658年に信政が亡くなります。

この時、問題となったのが跡目問題。


信政には子がいましたが、既に養子に行ってたりして
実質後継ぎになれる子・幸道がなんと2歳(笑)


そこに沼田藩主となっていた信吉の子・信利が
「松代藩の後継者は自分である」として幕府とかに画策したそうです。
彼の父・信吉は信之の庶子だったために松代藩を継げなかったのですが
血統としては信利は信之の血を引く真田家の人間です。
それに信利には時の老中・酒井忠清が後ろ盾になっていました。

そりゃあ家中も荒れますわなぁ。



そこに出てきたのが真田信之。

彼が2歳の幸道の後見人となって幸道を後継者として幕府に願い出たそうです。

それからすったもんだの大騒ぎとなったそうですが

結果として幕府は幸道を松代藩の後継者として認めたそうです。
この辺りは流石、戦国時代を生き残った真田の知恵があったのでしょう。


幸道が後継者に見届けられたのを確認して
この1658年に信之は亡くなるんですけどね。


真田信之(1566-1658)


恐るべしお爺様です(笑)

こういう揉め事になると血が騒ぐ性分なのかもしれませんね。



その後、信之の血統は途中で途絶えたそうですが
色々と養子を取る事で「松代藩 真田家」は残ったそうです。





こうしてまとめてみるだけでも
好きな人物の家系とかを追っていくのは面白いですね。

獅子 (中公文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

那智黒蛹
2007年10月17日 23:18
真田家についてあまりにも詳しくまとまった内容で興味深く読ませていただきました。
関が原の戦いで真田親子が東西に分かれたのはそれぞれの違った姻戚関係があったことも大きな理由だと思います。
ところで幸村の子を助けた片倉家が同じ信州の出身だったとは初めて知りました。
幸村と政宗が同年代でしかも伏見城での屋敷が隣どうしで仲が良かったという説をどこかで読んだ覚えがあるのですが。
本多忠勝による助命嘆願等いろいろと勉強になりました。
ikasama4
2007年10月18日 00:21
那智黒蛹様
はじめまして。
たしかに真田家が東軍と西軍に分かれたのは
婚姻関係によるところが大きいですね。

それについては
元々真田家は小国であり、周囲は
徳川家・上杉家・北条家・豊臣家と強国に
囲まれていたために彼らと渡り歩くために
昌幸は時に自分の子供を人質にしたりしたようです。

その過程でこのような婚姻関係が生まれたのでしょうね。

本多忠勝の助命嘆願については逸話のとこもありますから
話半分くらいの方がいいかもしれません。

それに真田信之の妻・小松はたしかに本多忠勝の娘ですが
婚儀を結ぶに当たって小松を徳川家康の養女とした上で行っています。

その事で真田家は外様大名ではなく
譜代大名として扱われていたようです。

この事から真田信之の助命嘆願に家康がそのまま
受け入れたとも考える事はできますね。
2019年05月03日 12:35
Fantastic post but I was wanting to know if you could write a litte more
on this subject? I'd be very thankful if you could elaborate a little bit more.

Cheers!

この記事へのトラックバック