LIAR GAME 第4話

少数決ゲームは
秋山が考える最悪のシナリオを辿っている。


次は一人一人の様子を確認しておく

ツカハラの質問
「SかMかといえばSだ」




ナオ「SとMって何ですか?」

・・・・・


秋山の説明。

Sが攻めでMが守りだ。


ナオ「じゃあ私はSです」


・・・こういうのはあまり言わない方がいい。


そして秋山は続け様にこう言った。

やっぱり君はMだ。

君はNoに入れろ

代わりに俺がYesに入れる



ツカハラは秋山に尋ねた。
何故、ナオと秋山は答えを入れ替えたのか。

俺と彼女が入れ替わる事がそんなに問題か。

ツカハラは答えずに去っていた。


開票の結果

Yes 4票
No  6票


秋山の予想通りとなっていく。


そして、あの女・イシダリエも勝ち残っていた。




秋山はこれからやらなければならない事があるらしい。

今やらなければ、必ず負けてしまう。


そう言い残して。



会場近くにはNo.1とNo.8の人も来ていた




ツカハラが言った質問内容。

「次に勝ち残るのは自分だ。」

ツカハラは「Yes」
アキヤマは「No」

秋山は自分の答えを小さく折りたたんだ。



第3ゲーム

「No」が2票。


勝ったのは俺達ではない。
勝ったのは俺だ。


彼はツカハラではなかった。
彼はツカハラの代理人だった。

そして彼はXだった。



彼は最後まで残ると確信していた。

彼の考え、それは8人のチームを三つ作る事だった。



つまり彼は自分が3つのチームに重複する事で
アキヤマと同じ考えの元に人数分けをしていく。


そうであれば彼は
3つのチームの状況を把握している。



だから、負けるはずがない。



そして講釈を語っていく。
ここにいる者達を嘲笑う。


よく覚えておけ。
騙される方が悪いんだ。


開票が進む。



No.22「Yes」


2対2となり開票は無効となった。




随分ボロが出てたなぁ、フクナガ。



致命的な欠点があった。
その点だけに集中して観察していた。


昨日のゲームは
前の日、あれだけ緊張していた人間達が
敗者は大人しく部屋を出ていた。

普通、敗者になれば借金の恐怖で取り乱すはずなのに。


その様子を見た時に確信した。
俺達以外にもチームがあると。



また、何故Xは顔を隠したのか。

ツカハラユウは本当は女なんじゃないかと。


ツカハラユウが1億を奪った時に
その奪われた彼女は間違いなく2回選に出場する。

その時に自分が1億を奪ったのがバレないようにする必要がある。
そこで彼は姿を晒した。


Xは女だって情報を俺達は持っていた。

その時、フクナガはイシダという女性に疑惑を向けさせた。
しかし、それは失敗だった。

彼女は終始サングラスをしていた。

疑われたくないから顔を隠す事はない。
顔を晒すはずなのに。

それはあからさま過ぎた。


それに秋山は「1億を奪われた」と言ったが
一言も「1億の小切手」だとは言っていない。



おまえは策に溺れた。


悔しがるフクナガ。



そして次の質問では秋山が質問する事になった。

「人生で大切なものは金だ。」

そして彼は3人の目の前で「No」を投票した。


秋山を勝たせないためには「Yes」に投票しなければならない。
しかし、そのためには残り2人が犠牲になる必要がある。


「お前たち3人は自分が犠牲になる事を選ばない。」
秋山はそう断言した―――。






予想通りの展開でしたねぇ。

自分はフクナガが14人でチームを組んでいると考えたのですが
8チームを3つ作るという事だったようですねぇ。

惜しい(; ̄∀ ̄)ゞ


それと公式HPSpecial
2回戦出場者が出ているのですが、この出場者を演じているのが

坂本  真
森下 能幸
鈴木 浩介
一本気伸吾
大高 洋夫
海島  雪
土井よしお
中込佐知子
泉  政行
青木  一
和田 聰宏
水田芙美子
畠山 明子
雪嶋 直樹
岩佐真悠子
坂本 三成
小林きな子
馬場 佑樹
戸田恵梨香(レギュラー)
吉村 玉緒
北原ひとみ
田口 寛子 代理 松田翔太(レギュラー)

以上No順。


最近、よく出てる役者さんもいればお久しぶりですって役者さんもいますね。

今回、フクナガに殴りかかったあの方は和田聰宏さん。
あの「東京湾景」で仲間由紀恵さんの相手役だった方です。
おぉ懐かしい(笑)

大高洋夫さんは「アンフェア」で西島さんに殺されそうになった上司の役をやったり
時には戦隊モノでの悪役をやったりという演技派俳優さんですね。



ちなみにSとMについて日本だと大抵

S=サド
M=マゾ


となりますが、これが海外だと

S=slave (奴隷)
M=master(主人)


と逆の意味になりますので
言葉にはよくお気をつけ下さい(何のために(;・∀・)?というのは置いといて)





こういうのはさておき来週はいよいよ決着。


どういう結果になるのかが楽しみですねぇ。

秋山はイシダと接触していたようですが
どういう交渉をしていたのかが気になりますねぇ。


でもって何故上半身裸だったのかって事も気になります(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月06日 22:58
ああ~思い出しました。和田さん・・あの時の仲間さんのお相手だった人ですね。覚えてますわ!!あの時準主役だったはずなのに随分地味になってますが、どうしたのでしょうか。

>S=slave (奴隷)
>M=master(主人)
うふふふ・・・気をつけなくては~~!
と~~っても勉強になりました!しっかり今後に役立てますわ♪

言われて見ると秋山がなぜ上半身裸だったのか意味不明ですが、これはP大作戦における銭湯みたいなものですね・・笑(ikasama先生はご覧になってなかったでしょうか・・)

ikasama4
2007年05月07日 00:27
かりん様
>あの時準主役だったはずなのに随分地味になってますが、どうしたのでしょうか。
あの頃の雰囲気がほっとんどないですねぇ。
とりあえず今後も頑張って欲しいです。

>と~~っても勉強になりました!しっかり今後に役立てますわ♪
・・・とりあえず役に立てて何よりです(笑)

>これはP大作戦における銭湯みたいなものですね・・笑(ikasama先生はご覧になってなかったでしょうか・・)
あぁ、コーヒー牛乳求めて銭湯への回ですね。
という事は単なるサービスショットって事なんでしょうかね。
それとも伏線だったのか次回を待ちたいとこです。

この記事へのトラックバック

  • 「ライアーゲーム」第4話

    Excerpt: ヒントはたくさんあったんですね(=^‥^=)ゞ-☆ 『X』の正体と勝負の行方。 「ライアーゲーム」第4話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-05-06 12:38
  • ライアーゲーム 第4話

    Excerpt: お前は策に溺れた! Weblog: くつろぎ日記 racked: 2007-05-06 14:21
  • LIAR GAME

    Excerpt: 主演 戸田恵梨香 松田翔太 ハラハラドキドキテレビドラマ Weblog: LIAR GAME racked: 2007-05-08 16:16
  • 「LIAR GAME」(第4話:「衝撃の展開!! 遂にXの正体が明らかに!!」)

    Excerpt: 今回の「LIAR GAME」も少数決ゲームである。「X」の正体が[?]だとわかった時、鉄火丼はマジで驚いた。けれども「X」の考えたトリックを聞いた時…。 Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2007-05-09 01:26
  • 松田翔太ファンサイト【松田翔太大好き】へようこそ^^

    Excerpt: 松田翔太ファンサイト【松田翔太大好き】へようこそ^^このサイトでは、松田翔太くん大好きな私が、松田翔太くんのことについていろいろ書いてます。松田翔太くんのことならおまかせください♪どうぞごゆっくり楽し.. Weblog: 松田翔太ファンサイト【松田翔太大好き】 racked: 2007-05-13 08:59