わたしたちの教科書 第7話

誰があなたたちをいじめていたの。



藍沢明日香をいじめていたのは三澤先生だ。


彼は雨木副校長と揉めているとこを何度も見ていた。
雨木の教師いじめが今回の発端だと語る。

しかし、それはどうも戸板の当て推量のようだ。

生徒の方が弱いからじゃないの?

・・・やっぱりそうだ。当てにならない。

とりあえず、三澤亜紀子に会う。
そこから何か糸口を探る事にした。


ふと戸板が尋ねてきた。
「保険って加入1年以内でも自殺で保険はいくら出るの?」





瀬里は副校長に訪ねた。

私はこの仕事を引き受けた以上、職務は遂行致します。

たとえどんな真実であっても

そのためには何を守るのかが分からなくてはなりません。

本当の事を教えて頂きますか?




藍沢明日香のいじめはあったのですか?なかったのですか?




部屋から出た瀬里は確信した。


我々は勝てる









兼良が加地に尋ねた。
先生は僕の味方でいてくれますか?


必ず守るよ。




積木は施設に行った。
そこで積木は藍沢明日香が残していたものをもらう。
それは質屋の証書のようなものだった。





戸板が三澤亜紀子を探してきた。


教師を辞めた後、彼女は塾の講師と結婚するそうだ。
それにしても以前は本当に教師だったのかと思うくらい
言動が軽い感じがする。



藍沢明日香は死にました。


そーなんだ。


あまりにあっけらかんとしてる態度に戸板が憤る。


私関係ないもん!
だって、私いじめられてるの止めようとしたのに!
あたしが悪いんじゃないもん!




戸板には5歳の子供がいた。
離婚した後、養育費を支払おうにもなかなか送れずにいた。

同じダメ教師だったのに
こっちは自殺して保険金で養育費を払おうとしてるのに三澤は玉の輿。


一体何が違うのか。



それから戸板は何とか三澤亜紀子の協力をとりつけた。
その時、彼女から預かったモノを珠子に渡した。

三澤亜紀子が書いた中学校の指導日誌。


その日誌は雨木が見せた内容と明らかに違っていた。

藍沢明日香がいじめられたと思われる内容が記されていた。



三澤亜紀子は言った。

雨木副校長が今持っている日誌は私が書き直したもの。

「学校辞めたくなかったら書き直せ」
そう言われたらしい。

そして2年になって藍沢明日香は教科書を持ってこなくなった。
なくしたらしい。

そこで三澤は藍沢に教科書を何とかするように促した。
彼女は自分で何とかして買うと言った。

その時、積木は質屋の証書の意味を確信した。



その時、三澤亜紀子がふと漏らした。


イジメを煽動した生徒がわかっていた。








藍沢明日香が1年の時、
彼女の教科書を燃やしていた生徒を三澤亜紀子は見かけた。

その生徒の名は




兼良陸






戸板には信じられなかった。

あの兼良が。




翌日、積木珠子は兼良陸に接触した。


積木珠子の目には殺意めいたものがあった。

わからなくない!
考えて。考えて。考えて・・・




止めて下さい。



加地は兼良を守った。




ここは学校です。
ここを土足で踏みにじるような事があったら僕は許しません。




雨木副校長は積木を招きいれた。

何の御用でしょうか。



積木は語る。
かつて藍沢明日香が質屋に行った事。


彼女は大切に持ち続けていた。
お父さんの時計。

たったひとつしかない父との思い出を
彼女はお金とひきかえにしました。

教科書を買うために。

あの教科書はお父さんが買ってくれた教科書だった。

しかし、その教科書も台無しにされた。

非情な言葉で埋め尽くされて。


そして、彼女は自ら命を絶ちました。



雨木さん、私は必ずしも訴訟を望んでいる訳ではありません。

裁判によって答えがでるとも
必ずしも救われるとも思っていません。


お願いします。
本当の事を話して下さい。



雨木副校長の答え

その必要はなしと判断。




本当に必要なかったんですか。


どうして目を閉じるんですか。


今度開けた時、もっと大変な事になるんですよ。


私はこの学校を訴えます。





積木珠子は訴状を書き綴る。



その頃、雨木は刑務所で息子と向き合っていた。
正確には3歳の時の息子と。

彼女の目は今でも閉じたままだった。




そして裁判が始まる―――。






なるほどねぇ。
戸板が借金をしていたのには理由があったんですね。

まぁ今回の場合であれば
珠子に債務整理の手伝いしてもらってキレイサッパリになるって
方法もあったかと思いますけどね。

でも、もう一度真面目に頑張るみたいで良かったですけど
にしてもこの辺りの展開はちとハェーなぁ(笑)


三澤先生のキャラには笑わせてもらいました。
本当に記憶喪失になったのかと(笑)


ただ、自分に責任が追求されると

自分はする事はした。
だから自分は悪くない!


これにはちょっと怖いなぁと感じるものがありました。


雨木副校長は自分の息子に会ったかと思いきや
三歳の頃の息子の思い出話ばかり。


自分にとって都合のいいものばかり見て
自分にとって都合の悪い部分は塗りつぶす。

もしくは

あいつが悪い

って誰かのせいにする。


それが大人になるって事でしょうかね。

そうして大人がやることを次の世代が真似ていく。




そうして生きる方が楽だから。

そうして生きないと仕事を失うから。




そう考えれば三澤亜紀子があのようになっていったのも
仕方ないのかもしれませんが、それだけで済ませてしまうのも
それも結局、問題の先送りでしかないのでしょうね。

兼良もまたその一人なんかもしれんですけどね。

ただ、自分は「中学生」だから
先生達が守ってくれるって余裕綽々のようですね。

「花男」では可愛らしい役を演じた富浦さんも
役が変われば、その雰囲気も印象もキレイに様変わりするものです(;・∀・)




それから仁科さんが
いじめた人を死刑にして欲しいと言った意味。

今回の内容でなんとなくわかってきましたね。


彼女は怖いんです。

その人が死刑にならないと。

もし、自分が密告した事がバレた時、またイジメられるって。


その人が生きている限り、ずっとずっとイジメられるって。


そこからあのような言動になったんでしょうね。

自分もこういう時代があったから、わかっているはずなのに。
中学時代にあったはずの自分の感情は
いつのまにか風化してしまったようですね。


そして次回から
事件から1年後の物語が展開されていくようですね。

なんか「白い巨塔」を意識してるかのような構図になってきたけど(苦笑)



加地は目に見えるものしか信じていない人になりましたね。
大城先生とはどうも結婚を考えるような仲になるようで。


なんか加地が柳原に見えてきた(苦笑)





副校長の手駒は
大城、加地、その他の先生達と瀬里。

一方の積木はというと
戸板に三澤ってとこでしょうかね。



予告では積木の追及になんか向こう側になったはずの加地が揺れてるようでしたね。
加地ってホント精神的に弱いなぁ。

そこからどのような展開が待っているのかが気になりますね。

ただ、兼良が夢見たように
徐々にですが学校が崩れていくような気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月25日 12:06
瀬里が何で勝てると確信したのか、気になります。
雨木は瀬里にも、「イジメは無かった」と言い切ったんですかねぇ??

>「花男」では可愛らしい役を演じた富浦さんも
>役が変われば、その雰囲気も印象もキレイに様変わりするものです(;・∀・)
あんなに可愛かった弟が、可愛くな~い(≧◇≦)
と、嘆いております(笑)
そんな態度をとってると、つくしのパンチが飛んでくるよぉ
(`□´)=〇>Д<)パーンチッ!!!
2007年05月25日 14:57
いきなり進歩しましたね。今までの停滞は三澤先生発見で急に全てが開けました。本当にキーマンだったんですねえ~~。あまりにも軽薄キャラでぶっ飛びましたが。罪悪感の裏返しにも見えましたけどね。
あの兼良はつくしのかわいい弟ちゃんでいてればそれなりに国民的アイドルでいられたのにねえ・・・すっかり恐い雰囲気で腰ぬかしてしまいましたわ。
雨木は瀬里に何とこたえたのでしょうね?
2007年05月25日 21:18
ikasama4様、こんばんは。
武者ぶるいがするのーっな展開になってまいりました。
少なくとも明日香の苦しみを背負った珠子が
怒りをぶつける相手が明確になったことで
菅野美穂の魅力百倍増しの今回でした。
あんな目のクローズアップ、久しぶりにみましたよ。
これで菅野美穂が
封印された明日香の行動を
生きてきた証を裁判で再現するとなれば
もう涙の洪水は間違いない・・・
とキッドは希望しますです。
ikasama4
2007年05月26日 15:11
にな様
>雨木は瀬里にも、「イジメは無かった」と言い切ったんですかねぇ??
私もそう思います。
瀬里を信用してないとか信頼してないとかいうよりも
「無かった」と貫く雨木の信念を瀬里は感じたのかもしれないですね。

>あんなに可愛かった弟が、可愛くな~い(≧◇≦)
>と、嘆いております(笑)
この豹変振りには皆さん驚かれますね。
声は可愛い感じなんですけどね(笑)

>そんな態度をとってると、つくしのパンチが飛んでくるよぉ
>(`□´)=〇>Д<)パーンチッ!!!
ガンガンにヤッちゃって下さい
そして性根を叩き直しましょう(・∀・)∩
ikasama4
2007年05月26日 15:13
かりん様
>今までの停滞は三澤先生発見で急に全てが開けました。本当にキーマンだったんですねえ~~。あまりにも軽薄キャラでぶっ飛びましたが。罪悪感の裏返しにも見えましたけどね。
ホント、全ての鍵は三澤先生が握っていましたね。
それにしてもイジメの首謀者は引っ張るかと思いきや
えらくアッサリ出てきましたね。
でも、兼良というのは「花男」を見てきた方々には
かなり度肝を抜かれたようですね。

>雨木は瀬里に何とこたえたのでしょうね?
この学校にイジメはない
もし、あったとするならば
あくまで藍沢明日香の虚言癖であって
私達は誠意を以って対応したと答えたと思いますね。
ikasama4
2007年05月26日 15:13
キッド様
こんにちはです。
かつて自分がなくしていた記憶を感情を取り戻すために
たった3ヶ月の娘の人間としての誇りを取り戻すために
そこには人としての愛が感じられますが
その愛の深さゆえに

イジメの首謀者に対するあの眼差しは
その反動から来るものでしょうが
かなりゾクゾクさせられます。

裁判シーンはもうこの局の十八番のひとつですから
もう期待しますね。


>生きてきた証を裁判で再現するとなれば
>もう涙の洪水は間違いない・・・
それを示す積木の姿にヤラれてしまいそうですね。

その姿を見て雨木の心に何か響くものがあればいいですね。
2007年05月27日 16:48
やっとこさ、裁判にこぎつけたのにはホッとしつつ、
現実社会でも、裁判というものに不信感が募る今日この頃。
真実が捻じ曲げられそうな不安が・・・
せめてドラマの世界だけでも、納得出来る決着をと願いますデス。
ikasama4
2007年05月27日 18:50
まこ様
裁判というのは
大人の世界で裁くものですから
結局、どんな判決であれ、
100%その心が救われる事はないですね。

たとえ加害者の命を奪ったとしても
被害者の命が戻ってくる事はありませんからね。

では何のために裁判をするのか


その答えのひとつでも見せてくれるといいですね。

この記事へのトラックバック

  • 東京都文京区本駒込日本庭園

    Excerpt: 東京都文京区本駒込日本庭園に関するお得な情報です Weblog: 東京都文京区本駒込日本庭園特集 racked: 2007-05-25 09:37
  • 『わたしたちの教科書』7話

    Excerpt: 戸板(大倉孝二)は金目当てですか…。 まぁ、いい加減な推測ばかり並べて、お金もらえるわけないっしょ。 Weblog: ド素人日記 racked: 2007-05-25 12:08
  • わたしたちの教科書 第7話:第一部完結!!提訴

    Excerpt: 兼良ぃ~!ε=(怒゚Д゚)ノノ ゴルアァアァアァ!!!!! イジメの首謀者はてめぇだったんかぃ!{/hiyo_ang1/} で、何食わぬ顔して…つか、むしろ傷ついたふりして、加地をすっかり手懐けやが.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2007-05-25 12:43
  • わたしたちの教科書 第7話

    Excerpt: どうして目を閉じるのですか?今度目を開けた時はもっとひどくなってるだけです! Weblog: くつろぎ日記 racked: 2007-05-25 15:22
  • なぜ、いじめから目をそらすのですか?(菅野美穂)

    Excerpt: 珠子(菅野)は苦しい。弁護士であるほどの知力。過去を再現する想像力が自らの過ちを Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2007-05-25 16:28
  • わたしたちの教科書~第7話・私は、この学校を訴えます!

    Excerpt: わたしたちの教科書ですが、弁護士・積木珠子(菅野美穂)はいよいよ学校を訴えるようです。学校側は、かつての恋人・瀬里(谷原章介)を雇いますが、積木に敬意を払いつつ容赦はしないようです。積木はリストラ寸前.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-05-25 20:51
  • わたしたちの教科書

    Excerpt: 6/6発売予定 BONNIE PINK「Water Me」ドラマ主題歌 Weblog: わたしたちの教科書 racked: 2007-05-26 12:23
  • 「わたしたちの教科書」(第7話:「第一部完結!!提訴」)

    Excerpt: 今回の「わたしたちの教科書」は、珠子(菅野美穂)が三澤亜紀子(市川実和子)を訪ねたりする、というものだ。今回のエピソードを見て鉄火丼は「何が何でも2年3組の生徒全員を[?]へ連れて行きたい!!! そし.. Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2007-05-26 18:11
  • リア・ディゾンの弟◆なんと芸能界デビュー!?貴重な映像&画像大公開!

    Excerpt: グラビア界の“黒船”と言われたリア・ディゾン(20)の弟が日本で芸能界デビューするという噂が持ち上がっている。ある芸能事務所がイケメン弟、ブレッド・ディゾン(年齢不詳)に触手を伸ばしているという…続き.. Weblog: リア・ディゾンの弟◆なんと芸能界デビュー!?貴重な映像&画像大公開! racked: 2007-06-20 16:18