LIAR GAME 第6話

リストラゲーム
そのルールはこうだ。


それぞれには五名の名前を書く紙が与えられる。
そこに三回戦に進ませたい人の名前を書く。

1時間に1回
それを10回繰り返す。

そして投票数が一番少なかった人がリストラされる。


その投票に書くには条件がある。

1.自分の名前を書いてはいけない。
2.名前の欄を空白で提出してはいけない。

これらの事をするとペナルティになるらしい。


また「Mチケット」なるものを全員に渡した。
上限は1億円。
これで色々なものを売買する事ができる。

ただし、ゲーム終了後、この1億円は返還しなければならない。



そこでフクナガはこのような提案をした。


まず、自分達の置かれている状況を話そうともちかけた。
そこで直が借金がないという事を周囲に認識させた。


つまり、ここでフクナガは
直一人と残り7人を隔離させた。


そして、互いの票を交換する事を持ちかけた。


直は口約束にして彼女を騙す。

そして
残りの7人にはMチケットを契約書代わりにした。


これで神崎直に勝ち目がない。


うなだれるしかない直。


その頃、秋山が必死に走っていた。

直の下に向かうために―――。



みんなが幸せになれる事はない。

フクナガの言う通りだとは思いますね。


あまりにも人を信じ過ぎる直ですが
次回の様子から察すると彼女は彼のおかげで非情になるのかもしれんですね。


そして、今回このゲームより非常に気になったのがあの警察官・谷村ですね。


この男によって初めから秋山はこのゲームに参加させられるように
仕向けられていたようですね。


3年前、秋山が巨大マルチ組織を壊滅させたようですが
その巨大マルチ組織のトップが自殺したのは
谷村の言葉によるとダミーという事でした。

つまり、本当の黒幕はまだ生きているって訳で。


谷村はその時の仕返しを秋山にしたいようですね。


だから、谷村は神崎直に敗者復活戦を進めたのかもしれませんね。
秋山をこのゲームから抜け出せないように。


という事は谷村はその巨大マルチ組織の関係者という事なのでしょうかね。
もしかしたらこの事務局自体、その時の巨大マルチ組織の黒幕が関与してるのかもしれません。


ゲーム以上にこっちの謎に興味津々です(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月20日 16:48
LIAR GAME、見ました。 娘っちがオススメ!と言うので^^; 一話から見ていないんですが、ゲームの始まりからならなんとか^^;と。
2007年05月20日 18:55
マルチ組織の黒幕~~!?
だんだん話が大きくなってきましたね。秋山の復讐が終わってないとするなら
お互い自分のメンツをかけて再び戦うのも納得できます。
次回、直が変わりそうなのもみどころですね。
なんだかんだとはまっています。
ikasama4
2007年05月20日 23:21
にゃんこ様
結構面白いと思います。
どこか異世界みたいな感じがあって。
そこに秋山演じる松田さんの魅力が
思いっきり描かれていてなかなか楽しめます
(≧∇≦)b
ikasama4
2007年05月20日 23:21
かりん様
>マルチ組織の黒幕~~!?
ここは意外な展開でしたね。
そうなるとは事務局の人間は
じめから秋山をこのゲームに巻き込むつもりだったようですね。

>次回、直が変わりそうなのもみどころですね。
そうあって欲しいですね。
このままだとお荷物状態ですから(;・∀・)

できればちょっとでもいいから
秋山の助けになれるくらいの存在になって欲しいですね。

この記事へのトラックバック