セクシーボイスアンドロボ 第4話

数字をわざとややこしくして何がいいのだろうか。
連立方程式が一体何の役に立つのか。

無理して勉強をする。
逃げ出したいけど、我慢をする。

でも、我慢に我慢を重ねていったらそこに何があるのだろうか。



ある日、突然喫茶店の文字が爆破される。



おしどり喫茶⇒おしり喫茶



ロボの愛車に「ど」発見⇒ロボ逮捕(笑)



ロボが逮捕された事を知ったニコは真境名に掛け合う。

そして、ひとつ頼まれ事をする。


彼女の知り合いの教授が殺人の予告状を受けた。

その彼を守って欲しい。


ターゲットは「堪忍袋」と呼ばれる女性。

既に相手は目星がついていた。





それは宇佐美と呼ばれる女性であり
それはロボの学生時代の先輩だった。



よっちゃんは彼女の犯行をしっかりと見つけた。


アニホン株式会社⇒アホ株式会社



あいつのせい。全部あいつのせい。

こんな事をするのも全部あいつのせい。

彼女はずっと教授の事を恨んでいた。

5年前のあの日。
自分は教授に自分の単位を認めてもらえなくて卒業ができず
就職も上手くいかなかった。


「宇佐美先輩が爆弾を仕掛けるはずがない」と信じて止まないロボ。

そうしてロボが座った教授の椅子が大破

ロボ二度目の逮捕(笑)


ロボ「最近ついてない」
ニコ「とばっちりを受けているだけ」

モノは考え様(笑)



ロボは決意した。
この事件は警察には知らせない。
警察に知らせれば先輩が逮捕されてしまう。

それを防ぐために俺達がいるんだろ!




ロボ「愛と勇気と正義のために!」

ニコ「下心は」

ロボ「ない!」

ニコ「本当は?」

ロボ「ちょっとある!」


正直でよろしい(笑)








「人を恨んだ事ってある?」と父に聞くニコ。


父曰く「時間が経つとまぁいっかって思っちゃう。」らしい。


誰かが喜んでいる時は誰かが悲しんでいるときだからね。


父が冷蔵庫にあった梅酒を楽しんで飲んでいる時
母は自分が買ってきた梅酒を飲まれて悲しんでいる。

・・・なるほどな(笑)



真境名の禍々しいオーラを感じる事ができるロボ。

真境名の禍々しい声がネットカフェに鳴り響く。



一海ちゃんのロボに対する脳内イメージ。

ロボ=変態




4度目の爆破はカレーライス。

ロボ曰く
俺の感情がカレーに乗り移ってスパークしたらしい(; ̄∀ ̄)ゞ



堪忍袋のハリコミに何度も失敗するロボ。

そして次なる爆破物を仕込んだ先が教授がいつも持っている地球儀と判明する。



「ロボ、出動だよ。」


よっちゃんとニコが捜索する中、意味もなくラブシーン。

そして放送室でよっちゃんは清掃員とラブシーン。

・・・無理矢理だなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ





そこでニコがした事。







「だるまさんがころんだ!」







5年前の教授と宇佐美との会話のやりとりと思われるものが録音されていた。

まぁ誰がどのようにして作ったのか容易に想像がつくが。




教授は宇佐美に泣きついた。

この事が大学に知られれば、彼は大学にいられなくなるから。

自分の保身のために。

全ての償いはどんな形であれ必ず何でもすると言った。

彼は宇佐美の名前すら覚えていなかった。



―――悲しくなった。
なんでこんなヤツの事をそんなに憎んでいたんだろう。

なんか、自分の悩みなんかちっぽけに思えてきた。


私はあんたになんか、これっぽちも傷つけられていない。






結局、あの教授も堪忍袋もそのまんま。

なんか納得いかない。


真境名は言う。
それでいいんじゃないの。

我慢するのもひとつの方法。

後は日々の事と時間がどうでもよくしていく。
それでいいんじゃないの。



世の中って何がどう転ぶのか誰にもわからない。

どんな事だっていつか役に立つ時が来る。
そう自分に言い聞かせていけば
少しは楽になれるのかもしれない。

何事も無駄なんてない。
そう思った。





「どんな事だっていつか役に立つ時が来る」
これはそう思います。
これが結構意外な形でやってきます。


一応、SEをやってる者として。
例えば、ある設計計算を考えるときに
結構連立方程式が役にたったりします。

ちょっと難しい事を言うと
行列を使ったn次元マトリックスも連立方程式ですからね。

また、設計とかに用いる計算式には
実は意外に間違った値とかがあったりします。

そういうのを確認する時に
高校とかで習った数式とかが役に立ったりします。

意外と無駄じゃないんですよね。

また、買い物とかの計算で

88円×3個っていうのは
そのまま88×3で考えればちょっと?ってなるかもしれんけど

88=90-2だから

(90-2)×3にすれば

90×3=270から2×3=6を引けばいいだけですからね。


それから126×5だって

126を10倍して2で割れば、簡単になりますからね。

まぁ意外に数学って色んなとこで使えたりするもんです。
(あくまで一例)



そんでもって、今回のもうひとつは
相手の理不尽な事に対して、どう対処すべきかって事ですね。

自分は誰かを殺したい程憎んだことはあります。
中学時代とかあったなぁ。

でも、なんか日々の事に追われているうちに忘れたりもしたし、
自分よりも更に過酷な状況に置かれている人(身内)を見た時
自分はまだ恵まれているなぁとか思ったりして。

まぁ自分の考え方次第でホント、物事は
いい方にも悪い方にもいくって事ですね。






さて、今回は結構笑いのツボが結構ありましたねぇ。

まず、よっちゃんは
縛られたチャーシューよりも縛られているらしい(笑)


でもって、面接室までピッタリマークするよっちゃん。





今回の真境名からニコへの連絡手段

「こい、まきな」と書かれた野球のボール(多分、硬球)

父に直撃。
教訓「世の中、何があるか、わからない(; ̄∀ ̄)ゞ」






今回のマックス

・マックスアタック(マックスロボの必殺技その1)
・マックスビーム (マックスロボの必殺技その2)
・マックスボンバー(マックスロボの必殺技その3)
・マックスチャージ(好きな人=一海ちゃんに会える時)
・いただきマックス(カレーを食べる時)





今回のバカヤロー(多分今回限り)

・マサヒロのバカヤロー (一海)
・税金のバカヤロー   (父&母)
・よっちゃんのバカヤロー(真境名)
・女なんて大嫌いダー  (ロボ)
・勉強なんて大嫌いダー (ニコ)


・親父のバカヤロー   (私(; ̄∀ ̄)ゞ)






さて、来週はなんかどっかの学校へロボとニコが潜入捜査みたいなようで。
来週のゲストは黒川智花さん。
それ以外に
入山法子さん
仲里依紗さん(「冗談じゃない!」に香恋役で出演中)
高瀬友規奈さん(「のだめカンタービレ」)
木南晴夏さん(「風のハルカ」)

と公式HPのゲストに名前がありました。

個人的には木南さんがどんな役になるのかちょいと楽しみですね。












ちなみに今回ふと思った事





あのロケット花火が打てるラジカセが欲しい
(; ̄∀ ̄)ゞ

(売ってたらちょっと買いたいなぁ(笑))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月02日 12:05
おはようございマックス!って、もう昼だ・・・
マックスが使いたかっただけらしいσ( ̄∇ ̄;)
数字が病的に苦手なあたしは、冒頭でのニコのつぶやきに
大いに頷きまくりでした(笑)。

よっちゃんてば、任務の為なら清掃員とあ~んな事まで
やっちゃうんだ・・・ちょっとショック(; ̄□ ̄)
そして、あの清掃員のうれしそうな顔ったら!!!
それに反してエロ丸出しなロボなのに、一海ちゃんの
スプーンとの間接キスをためらう様子が可愛かったですわ~♪
傍から見てると、ただのキモ野郎でしょうけど(笑)。
2007年05月02日 20:56
「どんな事だって、いつか役に立つ時が来る」
“かんにん袋”さんは、教授への憎しみが商売への
力になったって事でしょうか。

にしても…一海ちゃんの、ロボへの嫌がり方が尋常
じゃないですねぇ(;゜∀゜)そんなに気持ち悪るがら
なくても。ただのオタクなだけですからっ(笑
2007年05月02日 21:02
こんばんは!レビューする時間なくて諦めました・・・。
私も叫ぶとしたら会社の某をバカヤローって叫ぶわね!
そうそう、最後のラジカセ良かったですね!ロボが作ったのかな。
うっぷん晴らす代わりに花火をみてうっとりしたほうがなんぼかマシって。
私も数学は全然ダメですわぁ・・・ikasama先生はさすがだわ。
数学が日常生活に役に立たないといわれてますが、証明できる人っていうのは
企画を立てるのが得意なんだそうです・・そうなんでしょうか?
ikasama4
2007年05月03日 01:05
まこ様
自分はまだ数字の方がいいですね。
文章ビッシリとか英語とか漢字イッパイの方が
逆に苦手な私です(;・∀・)ゞ

>よっちゃんてば、任務の為なら清掃員とあ~んな事まで
>やっちゃうんだ・・・ちょっとショック(; ̄□ ̄)
「仕事ですから」という事で(笑)

それにしてもあのロボのキャラは
男性の自分が見ててもヒキますね。

ちょっとイタイなぁと感じてしまいます(;・∀・)ゞ
ikasama4
2007年05月03日 01:06
ファンタ様
>「どんな事だって、いつか役に立つ時が来る」
>“かんにん袋”さんは、教授への憎しみが商売への
>力になったって事でしょうか。
そういう事なんでしょうね。
世の中、いつどう転ぶのかホントよくわかりません。
学生時代、不評だった自分の大江千里のモノマネが
最近、会社の宴会で大好評でしたから(笑)

>ただのオタクなだけですからっ(笑
多分、価値観の相違ってのが遥かに大きいのでしょうね。

多分、ロボとならロボット談義でなら
盛り上がれるのでしょうが、彼と一緒の仕事は
No thank youかな(;・∀・)ゞ
ikasama4
2007年05月03日 01:06
かりん様
こんばんはです。

>最後のラジカセ良かったですね!ロボが作ったのかな。
>うっぷん晴らす代わりに花火をみてうっとりしたほうがなんぼかマシって。
あれ、売れます(笑)
というか、売ってたら私が買います(;・∀・)ゞ

>私も数学は全然ダメですわぁ・・・ikasama先生はさすがだわ。
まがりなりにも数学の教員免許持ってますので
・・・全然使ってないですけど(;・∀・)ゞ

>証明できる人っていうのは
>企画を立てるのが得意なんだそうです・・そうなんでしょうか?
多分、違うと思います。
人それぞれでしょうね。
自分にはそんな才能はないっす。
あるとすれば模倣する才能くらいのもんです(;・∀・)ゞ
2007年05月06日 10:02
脚本家さんが違うという事もあってぎこちないというか
つじつまが合わない所が見受けられました。我慢という
マキさんの言葉も今回ははまってません。堪忍袋さんは
我慢していませんでしたから。

前回の矢文は当たってなかったけど今回のボ-ルは頭に・・・
高校野球の経験があるので硬式のボ-ルの硬さといったら。
下手したら死にます。ガラス窓を破るくらいしたらいいのに。

なんとなく犯罪者に甘すぎる気がします。もう少し因果応報
みたいな形で終わらせてくれないとスッキリしません。

そういえば三日坊主の爆死と間違い電話の男性などは伏線じゃ
ないのかな?
ikasama4
2007年05月06日 17:32
タカシ様
このドラマは浅いようで深い
深いようで浅いってのが質感として
あるのですが、今回は論理構成に多少
矛盾は感じますね。

まぁ笑いの小ネタとしては
ブラック的な要素が多いですね。

これをあくまでユーモアとして
受け取れられるかは視聴者の教養に
かなり委ねられますね。

>そういえば三日坊主の爆死と間違い電話の男性などは伏線じゃ
>ないのかな?
自分もそれはちょっと考えたりしましたが
このドラマの仕上がりからして
そこまで考えているかどうかは疑問です。

それをするには視聴率に局が左右されないかどうかって
とこにかかってるような気がします。

この記事へのトラックバック