バンビ~ノ! 第2話

何もかもが違う。
福岡にいた時と全然違う。

香取のアシスタントになった伴。

朝から昼食に向けての料理の下準備に忙しい。


スピードを競ってんじゃねぇ。

地元じゃ負け知らずの天才シェフさんよ。


―――悔しい。
でも、言い返せない。

この厨房で自分は確実に足を引っ張っている。



オーダーが入る。


それは厨房が戦場になる合図。



桑原は言う。
厨房はレストランのエンジンのようなものだ。
誰か一人が止まれば全部が止まってしまうんだ。




でも、焦りから失敗する。



ペースを乱すなと指揮をとる桑原。


焦りが焦りを生み
何をしていいのかわからなくなる。



それでも周囲は黙々と仕事を続けていく。




そうして何とかランチタイムが終わった。


イタリア料理屋をやる。
そんな事は夢のまた夢だった。



厨房に戻ると
あすかさんがパスタを作っていた。
あすかさんはとても、嬉しそうだった。

―――手伝います。

触んないで!

・・・すいません。





あすかさんが作ったまかない。


―――美味しい。


彼女はパスタ担当の座を狙っていた。
だからまかないでパスタを作って自分の腕をアピールしてる。

自分がいきたい場所。


―――だから、あすかさんはあんなに嬉しそうにパスタを作ってたんだ。



だからこそ、アシスタントとはいえ
パスタ担当をしている伴が許せない。

自分よりも腕がないくせに。



―――自分が置かれている状況が大分把握できてきた。



あんたの今の仕事は香取さんの助手なんでしょ。
だったら香取さんが何をしたいのか考えるべきでしょ。



そして、考えた。

―――香取さんのパスタの段取りをし易いようにしなければ。




お昼と比べると伴の動きは大分スムーズになってきた。

仕事は忙しい。
でも、負けたくない。
いっぱい覚えないと。

そして香取の手の動きに見とれて
自分の手元をおろそかにしてしまった。


自分の不注意で怪我をしてしまった。


厨房の動きが止まる。


俺はまだやれます。
俺はまだやれます。
このまま、負けたくない。


桑原が諭す。
伴、勘違いするな。

ここは戦場みたいに忙しい場所だ。

怪我をしてでも仕事を頑張ろうとする
おまえの気持ちもわかる。

でも、ここは人間が働く職場なんだ。

行って来い。



怪我の手当てをしてくれる医者が言う。
お宅の従業員はよく来るよね。
切り傷に火傷、そういえばつい最近、腱鞘炎になった子がいる。
いつも帽子をかぶってるあの子。

でも、その子は手当てが済むと直ぐに仕事場に向かったよ。

自分がいないと仕事に穴をあけてしまう。


―――でも、自分はそこまで必要とされていない。

大丈夫?

彼女の言葉に泣きたくなる。




でも、悔しい。
このまま負けたままじゃ悔しい。

みんな、自分以上に努力をしてる。

認めてもらいたい。


そうして伴はこの3日間を乗り切った。


それから伴は雅司の部屋に泊まる事になった。
この3日間を乗り切った伴は達成感に満ちていた。

しかし、雅司は言う。
「週末はこの倍くらい忙しいんだぞ」


水を差された伴の表情が硬くなる。
このまま、自分はついていけるのだろうか―――。




1話での厨房で嫌~~~な雰囲気になっていた理由がわかりましたね。
たいした技術もないのにパスタを作らせてもらえる。

まだ、パスタ担当になれないけど
必死に自分の腕を磨いて、その担当になろうとしてる者としては
伴がアシスタントでいる事さえ理不尽に思えるのでしょうね。

また、皆は陰でたくさん怪我をしてるって事も。
それを表に出すことはないけれど。


オーナーシェフが言ってましたね。
「自分が必要とされない事程つらいものはない。」
これはよく分かります。


「でも、そこから逃げない事もまた才能なんだ。」
あぁ、耳が痛い(; ̄∀ ̄)


あそこにいる人達は皆、この才能があるって事ですね。


どこまで踏ん張るかなんかでしょうけどね。

とりあえず、自分は今の仕事を頑張るだけです。

でもって、先日描いたヤツを描き直してみました。
気持ちはアクの強さ2割増しのつもりです。
あくまでつもりです(; ̄∀ ̄)ゞ




これを伴だと認めてもらうまでに
自分はどれくらい「負けたくない」思いで向き合わないといかんですかね(; ̄∀ ̄)ゞ

まぁこういうのも地道にコツコツ己の腕を磨くしかないんでしょうけどね。



でもって、年をとっていって自分の居場所ができるようになると
こういう風に認めてもらおうと一生懸命に頑張れる人を見た時

「いいもんだ。」って思えるんでしょうね。

かつての自分を見ているようで。

桑原も与那嶺も伴を見て、
ふと自分にもこんな時代があったなって思ったんでしょうね。

「負けたくない」って
「認めて欲しい」って


姫と三人でどんなバンビーノ時代を語り合ったのか
是非スピンオフとかでやって欲しいんですけどね(笑)


このドラマ枠でいつも驚かされるのはカメラアングルですね。
前クールでは時計から見た視点ってのはなかなかでしたが、
今回はコンロからの視点。
この時、フライパンに火がつくところとか、迫力ありますね。
この辺りは色々と考えていますね。


それから、須永慶さんもこの枠の常連となっているようで
今回はお医者さん役でした。


そういえば、あの文字が出る演出。
以前、滝沢さんや椎名さん、藤木直人さんが出演していた
「アンティーク~」もそうでしたね。
この時の脚本はこのドラマの脚本担当でもある岡田さんです。

用途は違いますが何となく似てる気がします。


今回のスピンオフも相変わらず話題の中心は織田さんです。


あまり語るとネタバレになるのでこの辺にして

どんなオチがあるか
是非是非見て楽しんで下さい( ^▽^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月26日 20:56
ちょっとは頭を使うことを覚えた伴でしたがすぐに調子にのってまたぺしゃんこになってしまう。このあたり、全く学習しないようですっごくおかしくなります。ところで時計から見たアングルとコンロのアングル。同じ時間帯なので同じスタッフとか??コンロからのアングルはマジ引いてしまいますね。
何だかんだと前進してるみたいで、よかったですが、次回また凹んでる伴がいましたね・・・
ikasama4
2007年04月26日 21:54
かりん様
>ちょっとは頭を使うことを覚えた伴でしたがすぐに調子にのってまたぺしゃんこになってしまう。このあたり、全く学習しないようですっごくおかしくなります。
でも、そこから逃げない才能がある伴なら今後もやり抜いていけるでしょう。

カメラアングルの工夫については、この枠とスタッフは同じなんでしょうね。
中には洗面台からのアングルもありましたし
色々と考えているなってのが、見ていて楽しいです。

>何だかんだと前進してるみたいで、よかったですが、次回また凹んでる伴がいましたね・・・
でも、こういう苦難や困難を乗り越えて
人は成長するのですからね。

伴が目指す料理人となるためには必要な試練という事です。
2007年04月28日 00:50
コンロからのアングル楽しみました!
火が点く瞬間が良かったです~♪

伴は才能はあるけれども、まだまだ自分のことしか考られない井の中の蛙です・・・。
厨房の中にいる人たちは才能溢れる人たちなんだと思うのですが、伴がその中でもやがて一番に光る原石なんでしょうかね?
ikasama4
2007年04月28日 21:09
みょうがの芯様
>火が点く瞬間が良かったです~♪
ここの辺りに料理のちょっとした迫力というか
作る人の意気込みがちょっと感じられますね。

>伴は才能はあるけれども、まだまだ自分のことしか考られない井の中の蛙です・・・。
まぁでも皆そうですからね。

皆誰しも光る原石を持ってるんでしょうね。
それを磨くのは自分自身でしかないですからね。
今後も伴には頑張って欲しいですね。
2007年04月28日 22:11
TBありがとうございました♪

うちの方、なんだか最近TBが調子が悪いみたいです。
どこにも出来なくって困っています・・・^^;

松潤のイラスト切ない表情がよく出ていますね!
道明寺ではなく確り伴ですね~^^

ドラマの1回目は見逃し2回目から見ています。
あんなに忙しくて失敗ばかりで見ていて心臓が痛くなりました!(笑)

でも、だんだんと1人前に成長していくのでしょうね~
ikasama4
2007年04月29日 12:01
小雪様
どうもです。
TBの件はお気になさらずに。

松潤は何度か描いた事があるのですが
どうも自分が描くとアッサリした感じに
なってしまうもので(;・∀・)ゞ

今回のが今まで大分
いい感じかなぁと思ったりしてます(;・∀・)ゞ

>あんなに忙しくて失敗ばかりで見ていて心臓が痛くなりました!(笑)
>でも、だんだんと1人前に成長していくのでしょうね~
その辺りをじっくり見て
時に自分にもこういう時代があったなぁと
懐かしく思いながら楽しんでいきたいですね( ^▽^)

この記事へのトラックバック

  • バンビ~ノ! 第2話:負けてたまるか

    Excerpt: 3日もったどーっ!(* ̄ー ̄)vヤリィ~ 結局、賭けは与那さんの一人勝ち!{/good/} どんなにツラくても、逃げ出さなかったバンビくん。 だけど、恵理への電話では強がっちゃってさ!ほんと負けず嫌い.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2007-04-26 00:24
  • バンビーノ バンビ~ノ 第2話

    Excerpt: あちゃー 遂にやっちまった・・。指を落とさなくて良かった・・。でも縫う程切っておいて、即皿洗い。ちょっと無謀。傷口ふさがる前に化膿しちゃうよ。最悪指ごと壊死しちゃうよ。それにしても、労災ちゃんとでるの.. Weblog: ドラマの品格 racked: 2007-04-26 13:22
  • 「バンビーノ」第二回

    Excerpt:  さて、中々かみ合わない香取(佐藤隆太)とバンビ(松本潤)ペア。 「厨房はレストランのエンジンみたいなものだ。 誰か一人が止まれば全部が止まる、わかったな」桑原(佐々木蔵之介)  う~む、ホ.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2007-04-26 16:02
  • バンビ~ノ! 第2話 ~松本潤 月に吠える~

    Excerpt: どんな仕事でも何をするのも同じ。 悔しか、逃げとうない、そげん気持ちのなか奴は何にもない。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2007-04-26 17:46
  • ・・・・いやです。いやだ。いやですーっ・・・まだ、やれますーっ。(松本潤)

    Excerpt: ほらほら、九州男児が通りますよーっ。危険ですから、道をあけてくださいーっ。それに Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2007-04-26 18:07
  • 「バンビ~ノ!」(第2話:「負けてたまるか」)

    Excerpt: 今回の「バンビ~ノ!」は、バンビ(松本 潤)がバッカナーレで働き始めて3日目になる、というものである。今回のエピソードの中盤で、バンビが香取(佐藤隆太)のアシスタントとして頑張りすぎるあまり、包丁で手.. Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2007-04-27 01:09
  • 《バンビーノ!》★#02

    Excerpt: 厨房の中は秩序正しく整然と、下ごしらえが始まっていた。相変わらず、香取は、怒鳴ってばかり。いつもは良いキャラの佐藤さんが、これでもかとバンビをいたぶります。あまりの忙しさにどう動いていいかぼっとして、.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2007-04-27 01:34
  • 「バンビーノ第2話」

    Excerpt: 3日目、果たして伴は辞めてしまうのでしょうか? Weblog: みょうがの芯 racked: 2007-04-28 00:59
  • バンビ~ノ! ・第2話

    Excerpt: バンビーノ ・第2話。 調理場は戦場。 この2人の寸劇(?)は毎回あるんでしょーか。.. Weblog: めざせ生活向上! racked: 2007-05-01 17:13
  • 松本 潤 ドラマ 裏バンビ~ノ

    Excerpt: ★こんばんは ダイエット ミスパリで本気のダイエット! ゆりみまま です 松本 潤 ドラマ 裏バンビ~ノをご存知ですか?ネット配信「バンビ~ノ!」スピンオフ(裏バンビ~ノ)が大人気  人気ユニット『嵐.. Weblog: ダイエット ミスパリで本気のダイエット! racked: 2007-05-22 21:46