2007年第1クール ドラマ 雑感

今期、最後まで感想を書いたドラマはこちらです。



華麗なる一族
東京タワー
ヒミツの花園
ハケンの品格
ハゲタカ




華麗なる一族
豪華なキャスティング
豪華なセット
豪華な舞台
もうこれでもか!ってな感じのドラマでした。
特に印象深いのは第1話と最終話。

夢に向かって走る男と
これから来る危機を回避しようとする男。

二人の生きる軌跡が争いを生む悲劇となる始まり。


そして
全ての悲劇の始まりは両者の思い込みからだったという事。
もっと話していれば―――――。

そんな悲劇を感じさせてくれた回でした。




後の回は野となれ山となれ(; ̄∀ ̄)ゞ





各回で見せ場となるシーンはキレイで見応えがあるんですが
全体を通してみるとドラマでは鉄平を主体にした作品にした事で
この物語の魅力が薄まってくるような感じがあります。

鉄平サイドの苦悩も描く数だけ
大介サイドの苦悩も同じくらい
掘り下げて欲しかったですね。

ただ、それを描くには全10話では足りなかったと思います。

既にあれこれ大体書き尽くしましたので何ですが
もう少し他に見せ方があったのではないかと思う次第です。

まぁあの局は数字が良ければそれで満足なんでしょうけど(苦笑)





東京タワー
今期のダークホースでしたね。
まさか全話で泣いてしまうとは思ってもみませんでした。

当初、主演が速水もこみちさんと知った時
「ホントに大丈夫か?」って不安が先行しました。
前のドラマでは全然でしたから。

でも、それは余計な心配でした。

いつまで経ってもオカンに甘えたいボクの雰囲気が
いい感じに出てましたね。

このドラマの脚本・演出では
ボクというキャラは女性に関してウブな感じで描いていて
それが意外に速水さんの雰囲気とあってよかったと思います。


そしてこのドラマの真の主役ともいうべきオカンを演じた倍賞さん。

彼女の演じるオカンの姿に何度泣かされた事か(;∀;)


彼女の演技もさることながら
こちらの感情を刺激する演出の数々。


妙な程に自分達の母親に雰囲気がカブっていて
既に母を亡くした人
母と共に生きている人
母と離れて暮らす人

それぞれの心を動かす本質はいつの時代も
どんな人でも変らないって事を気付かせてくれます。


また、他の出演者もなかなかでした。

ボクの周りにいる人達。
それぞれにもボクと同じようにオカンがいる。

そしてボクと同じような現実を越えてきた。
もしくはこれからその現実を越えていく。


これはボクだけでなく、ここに出ている人達にも
そしてこの作品を見ているあなたにも同じく訪れるかもしれない。

遠く離れて母と暮らす自分としてはとても考えさせられる作品でした。






ヒミツの花園

なんともユル~~~イ感じの4兄弟の掛け合いは面白かったし
一郎くんや亮子ちゃんや編集長とか各キャラは存在感抜群だったんですけどね。


このドラマの主役って誰ヽ( ゜ゝ゜)ノWho?


その一言に尽きます(; ̄∀ ̄)ゞ

改めて主人公の存在って大切なんだなって事を実感しました。



















ハケンの品格

今期の中でコメディも満載でありながら
結構完成度の高い(多少強引な展開もありましたけど)作品でした。

篠原涼子さん演じる大前春子は最高にウケました(≧∇≦)b

「Anego」と設定がカブるのではないかと思いましたがこれも杞憂に終わりました。

でもって大前春子が披露する様々な資格の数々に当初は受験資格とか
受験方法等で無理な設定があるのではないかとか考えたりしましたが
もうどうでも良くなりました。

理由:ドラマだから(笑)


今回、新たな発見があったのは小泉さん&大泉さんのコンビでした。


小泉:仕事はできないが絡み易い人
大泉:仕事はできるけど絡み辛い人


こんな感じの両極端な御二方が御互いの足りない部分をそれぞれ持っていて
それが見事なまでに二人の存在感を際立たせてくれてますね。



久々の連ドラ出演となった松方さんや小松さんもいい演技をしてました。





美雪ちゃんや他の派遣が抱える問題
そしてハケン社員と正社員との間にある格差問題等々

これらを丸めて主人公が一刀両断してくれる。




時には面白おかしく
時にはドスンと心に響く程に考えさせてくれます。

今期はとても楽しませてくれた作品のひとつです。



10月にはこのドラマの続編があるという噂もあるようで。
もし実現するのであれば
またとっくりとクルクルパーマとの戦いを是非見てみたいです。








ハゲタカ





このドラマは元々昨年放送予定だったのですが
色々なトラブルに遭い、完成が今年にズレ込んだこの作品。

もう圧巻の一言です。

まるで映画を見てるかのような感じでした。


企業を巡って相対する男達が火花を散らす。
この手の作品を作成するNHKの力は素晴らしいものがあります。


バブル崩壊後、混沌とする日本社会。
本当に悪いのは果たして誰だったのか。

IT企業と物言う株主。

かつて実際に起きた問題を物語に上手くとりいれています。


私はこの原作を読んだのですが
面白いと思うと同時に経済用語とか満載だったり
各登場人物のプライベートも描かれていたりしたのですが
ドラマではそういう部分を削ぎ落として
作品を修練されたものに仕上げていってますね。


またアレンジについても素晴らしいものがありますね。


芝野を発端にハゲタカへと変貌した鷲津と西野。

そんな二人が芝野に対して「お久しぶりです」と語る。

また「ハゲタカ」のタイトルにちなんで
鳥の声が聞こえる演出もあれば

鷲津の眼鏡は獲物を狙う鳥の目を感じさせるようなデザインであったり
料亭での襖のデザインは傘がモチーフなのですが
それが鷹の目をイメージさせるものであったりと
細かいところでそれとなく感じさせるこだわりもなかなかなものです。


個人的に残念だと思うのは放送回数ですかね。

全6話でしたが、全7話にして
鷲津と芝野が共に戦う事を決意するところと
ホライズンに対して戦いを挑んだところとの
二話構成にすればよかったかなぁと思ったりして(;・∀・)ゞ


会社は誰のものか?
株主のものか。
それとも従業員のものか。

この辺りの回答のひとつとして最終回が提示されたようにも見えます。

人が企業をつくっていく。

この大木会長の思いは次世代へと受け継がれています。
それにしてもこの言葉は


人は城、人は石垣、人は堀


現在、やってる「風林火山」を思い起こさせてくれます。

ちなみにこの言葉は板垣信方が言わしめたものだと言われております。



かつてあった大河ドラマ「武田信玄」で板垣信方を演じたのは菅原文太さんです。


この辺りにも隠れたキャスティングの妙があるように思います。


ちなみに柴田恭平さんはこの大河ドラマで上杉謙信を演じてました(;・∀・)








この他、今期は今後の展開が楽しみな「風林火山」に「グッジョブ」
そして福岡発ドラマとNHKのドラマ制作に勢いがあるように感じます。

今後も木曜時代劇と楽しみな作品があるので楽しみです。


できれば数字に浮沈に関係なく良質な作品を民放にも制作して欲しいですね。

こんな事ばかりやってるからデーブ・スペクターにこんな事言われるんだろうね。


※日本のドラマの海外進出する事についてデーブ・スペクターが海外(米国)の作品と比べて一言。

日本のドラマは論外。
演技も良くないし、ストーリーに工夫がない。アクションも白々しい。
ドラマの質や現実感とは関係なく人気モデルなどを起用し、
力のある芸能プロが売り込む俳優やタレントを使わざるを得ない業界構造がある。
それでは本当にいいドラマは作れない。




くっだらないダジャレを言う外人さんに言われるのが余計に癪にも思えるんですが
反論の余地が全くないんですけど(;・∀・)ゞ

ただ、「ハゲタカ」についてはデーブの言う批評の陰は自分には見えませんでした。
ただ単に自分の目が曇ってるだけかもしれませんが(;・∀・)ゞ


こういう事を言われないように
逆に見返すくらいの勢いでドラマ制作を行って欲しいものですがねぇ。


(多分、この構造はしばらく続くなぁ(; ̄∀ ̄))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月31日 22:36
「東京タワー」意外と良かったんですね~
見ればよかったかしら・・
もこみちさんが出てるってだけで、拒否してしまったけど・・
>この手の作品を作成するNHKの力は素晴らしいものがあります。
この時間帯のドラマは安心して、そして期待にこたえてくれるドラマが多いですよね。4月からもおもしろそうなドラマが始まりますが
菊川冷さんだから、ちょっとな~
冬ドラではお世話になりました。
来期もどうぞよろしくお願いいたします。
ikasama4
2007年04月01日 00:07
きこり様
「東京タワー」は意外でした。
しかも完全にしてヤラれました(;∀;)

>この時間帯のドラマは安心して、そして期待にこたえてくれるドラマが多いですよね。4月からもおもしろそうなドラマが始まりますが
>菊川冷さんだから、ちょっとな~
そうなんですよねぇ。
菊川さんなんですよねぇ(;・∀・)ゞ

とりあえずこれも見てからになりますね。

こちらこそ
今クール、よろしくお願い致します<(_ _)>
2007年04月02日 09:18
今ク-ルはなんというか守りに走った感じでワクワクする
ものが少なかったような。その中評価できるのはハケンと
ハゲタカだけでしたね。

デ-ブさんのいわんとする事はわかるけどアチラのドラマも
現状はどうなんだろう。日本にもってくるのは優れた作品だけ
だろうし・・・。日本のものも輸出するくらいものはかなり
イイ線いってると思う。ただ志が最近低くなった気はしますね。

次のク-ルはちょっと変わったテ-マものが増えたようで
少し期待できるかなと思っています。
2007年04月02日 19:01
ikasama4さんへ

今期もお世話になりました。
鷲津と芝野のイラスト素晴らしいです。早速ハゲタカのように、奪取していきます(笑)
私は、こう難しいことは全然分かりませんが、私の今期NO1.は「ハゲタカ」です。NHKのこの枠は次に何をやってくれるのかと、最近とても楽しみです。放送回数が押しなべて少ないのが残念ですが、だからこそ内容が凝縮されていいものになるのかなあとも思います。来期、菊川さんというのが・・・ちょっと微妙ですが・・・で、予告見て「コトー先生」を彷彿とさせたので、余計^^;

民放は、民放で面白いドラマがありますが、NHK独特の硬さに作品がどんぴしゃはまると、民放には出せない良さが出ますよね。今期は「ハゲタカ」をはじめ、「飛ばまし、今」「グッ・ジョブ」と立て続けに、私的にスマッシュヒットでした。

気づけば、NHKの話だけになってスイマセンf(^_^; 
ikasama4
2007年04月02日 21:26
タカシ様
>今ク-ルはなんというか守りに走った感じでワクワクする
>ものが少なかったような。
まぁ今期はビジュアルとかキャスティングに偏ったものが多かったようですね。

>その中評価できるのはハケンとハゲタカだけでしたね。
私の場合はそこに東京タワーが加わります(;・∀・)ゞ

>日本にもってくるのは優れた作品だけだろうし・・・。
>日本のものも輸出するくらいものはかなりイイ線いってると思う。
たしかに日本にも素晴らしい作品はあります。
ただ、今期の視聴率のいい作品のいくつかは(特にT○S)
反論できんですね。

安易にキャスティングして後は適当な物語にする。

特にとある事務所の力によって主題歌までも事務所に左右されてしまう。
こういう事はあまり繰り返して欲しくはないですね。
ikasama4
2007年04月02日 21:48
meihua様
>鷲津と芝野のイラスト素晴らしいです。早速ハゲタカのように、奪取していきます(笑)
どうぞどうぞ奪取してやって下さい( ^▽^)

今期は後半NHKが巻き返してきた感がありますね。

>民放には出せない良さが出ますよね。今期は「ハゲタカ」をはじめ、「飛ばまし、今」「グッ・ジョブ」と立て続けに、私的にスマッシュヒットでした。
更に今月から柳生十兵衛もありますからね。
この枠は殺陣のシーンが結構あるようでこれも楽しみです。

欲を言えば放送回数が少ないってとこですかね。

あれ?
私も気付けばNHKの話ばかりです(;・∀・)ゞ
2007年04月03日 11:27
>鷲津と芝野が共に戦う事を決意するところと
>ホライズンに対して戦いを挑んだところとの
>二話構成にすればよかったかなぁと思ったりして(;・∀・)ゞ
これは思いましたぁ~。
最終回は鷲津と芝野が手を組んでからを楽しみにしていたので、
『ハゲタカ』はそこだけがとても残念。
やっぱり、ちょっと短かったですね。

NHKの場合、撮影が終わってから放送されることが多いようなので、
評判が良くても放送回数を変えてくれませんからね(^_^;)

4月から何を見るか決めていませんが
(『時効警察』だけは決定済み)
また来期もお邪魔いたしますのでよろしくです
ikasama4
2007年04月04日 19:54
にな様
>最終回は鷲津と芝野が手を組んでからを楽しみにしていたので、
>『ハゲタカ』はそこだけがとても残念。
>やっぱり、ちょっと短かったですね。
そうなんですよねぇ。
ホント、ここだけが残念でしたね。

まぁNHKは物語も固いですが
頑固一徹で枠を追加する融通がきかないのも特徴です(笑)

>また来期もお邪魔いたしますのでよろしくです
こちらの方こそよろしくお願い致します。
2007年04月10日 10:57
こんにちは!
「東京タワー」がスタートする前は
周囲の声に不安がありましたが
見て良かったなぁ、と。
やっぱり、、自分の目で確かめないとね(生意気ですが(^^ゞ)
今期はありがとうございました<(_ _*)>
来期ものんびりマイペースですが
良かったら、よろしくです!
ikasama4
2007年04月10日 21:48
ルル様
こんばんはです。
>「東京タワー」がスタートする前は
>周囲の声に不安がありましたが
>見て良かったなぁ、と。
私自身も躊躇してたんですが
同じく見て良かったです。

おかげで映画も見に行く事になりそうです。

>今期はありがとうございました<(_ _*)>
いえいえ、こちらこそ。

来期も同じドラマがあれば
その時はよろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック

  • 2007年冬ドラマ総決算

    Excerpt:  さて、2007年冬ドラマも「今妻」でやっと終わり。 今期はスタート時点で8本の視聴だったのですが、 途中リタイアが3本・・・ドラマ名をクリックしたいただくと記事へいきます。 「エライところに嫁.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2007-03-31 22:28
  • 細木数子さん結婚【四月一日のニュース】

    Excerpt: 「六占星術」の占いで知られ,テレビ番組でも活躍する細木数子さん(68)が結婚することがわかった。 Weblog: D.D.のたわごと racked: 2007-04-01 16:46
  • 超私的ドラマアカデミ-賞発表!! ~2007年1月期~

    Excerpt: 一月ク-ルの総評から間が空きましたが、恒例の超私的ドラマアカデミ-賞を発表します。 あまりぱっとしなかった今ク-ル。ちょっと選びにくかったです。 Weblog: The Glory Day racked: 2007-04-02 09:07
  • 2007年1月期ドラマの総評です。

    Excerpt: 春ク-ルのドラマも終了。!平均視聴率20%超えのドラマが3本と、ドラマ復権!?との声も上 がりましたが実際は・・・私なりの今ク-ルの感想などを書いてみたいと思います。 Weblog: The Glory Day racked: 2007-04-02 09:12
  • 2007年1月~3月期ドラマ、終了。

    Excerpt: さぁ、振り返っときます。 Weblog: ド素人日記 racked: 2007-04-03 10:56
  • 2007年1月期ドラマ総評

    Excerpt: 1月期ドラマが終わりました。春のせいか、すっかりダラケてしまい(* ̄&nabla; ̄*)エヘヘ記事を書く意欲が無くなっておりますがのんびりしていると4月期がスタートしてしまうので重い腰を上げました(笑.. Weblog: ドラ☆カフェ racked: 2007-04-03 11:29
  • 2007年1月~3月期ドラマ総評

    Excerpt: 無事に1月~3月クールのドラマが終わりましたので。 今回も戯れに各賞発表をば。 Weblog: TV雑記 racked: 2007-04-08 02:20