ヒミツの花園 最終話

ずっと隠し続けた罪。
ボクの父が陽の父の作品を盗作した。
父のしてきた事は許される事ではない。

弟に言われた。

兄さんは父の罪を隠したい事を理由にして
自分から逃げていただけなんじゃないかって。

―――そうかもしれない。

ならボクはどうしたらいいんでしょう。






そのままの気持ちを伝えればいいんじゃないですか(゚Д゚)(即答)



今更過ぎた事を振り返ってもしょうがない。
ならば前を向いて生きないと。




そうしていつも思慮深い長男と四男は天然キャラの一言によって立ち直りましたとさチャンチャン




これをキッカケにして
4人は好きな道を選ぶ事にした。


つまりそれは花園ゆり子の解散を意味する。

でもって一郎くんはヤケ酒。
しかも泣き上戸(TДT)
亮子はお銚子三本いけるクチらしい。

酒乱カップル成立ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ



陽はイギリスへ海外留学を。
智はここを出てマネジメントの仕事を。
修は好きだった少年漫画を。
航は画家としての道を。


それと修はもうひとつ。
那美絵ママへの告白。

勇気をつけるアイテムはウルトラアイ(笑)



結婚を前提にお付き合いをして下さい。

実は私、結婚していた事があるんです。
彼は遠いトコロに逝ってしまいました。
修さんの気持ちはとてもあり難いです。

でも、私は彼のことが忘れる事ができません。
本当にごめんなさい。



三男に続き次男も木っ端微塵です(笑)



ちなみにその彼は刑事さんだったようで
あの謎の男は警察官だったようです。



で、失恋のショックで筆が止まった修。

アイディアを沸かすためにガッサンにある衣装を着せた。


それがウェディングドレス
どう考えてみても航と月山をハメたようですね(笑)



少女漫画編集として目覚めた感のある月山は
ファンのために花園ゆり子を描いて欲しいと願う。

その言葉に4兄弟もちょっと嬉しくなる。

でも、今のボク達に必要なのは一人一人で生きていく事だから。
また新しい花園ゆり子を始めるその日まで待ってて欲しい。

その時にはまたあなたに担当をお願いします。


これで花園ゆり子も一段落。

メデタシメデタシ。













・・・・・?


あれ?この展開どうよ。


この二人、天然過ぎだよ。


でシラケモードで弟達が退場し
帰ろうとするガッサンの手を掴む航。



待って。ボクの告白がまだです。

月山さん。
ボクの傍にいてくれませんか。これからもずっと。



カップルヽ(・∀・)人(・∀・)ノ成立




で、その他の方々はというと
亮子さんはファッション雑誌の編集でかつての月刊石仏でお世話になった方をモデルにして撮ってます。
ただ、相変わらず亮子さんに「結婚」の二文字は禁句のようで(笑)




それから
月刊石仏にトバされる編集長。
悪い事はできませんな(大笑)



そうして忍法アラベスクの連載も終わり
これからみんなの新しい生活が始まっていく―――。







今回は月山が結構引っ張っていましたね。
今まで一通りみて今回そう感じたってとこなんですけど(笑)



みすずも悪い事をしてしまったと反省してましたし
あの編集長は石仏で心を清らかにしてるようですし(笑)
最後は全てがキレイに丸く収まりましたね。




さて、全体的には
まぁ大体述べてはいるんですが
やはり月山を演じる釈さんが主役なのですが
どうも釈さんよりも片岡4兄弟が主体になっていた事と
ストーリー展開に偏りがあったように思いますね。


他局のドラマで申し訳ないですが
ハケンの品格でいうと月山の位置付けは森美雪さんのポジションに近かったですね(笑)


このドラマでの一番の見せ場は片岡4兄弟の掛け合いですね。


修がボケて智がつっこむ。
でもって航&陽がサラッと毒を吐いて流す。


今回でいうと
陽がもうすぐ留学するという事で泣いて悲しむ修に智が一言。


泣くなよ。ウザイから(^▽^)


この辺りが「ヒミツの花園」の魅力ですね。




また「新たな花園ゆり子」っていう事は
雰囲気としては続編がある事を予感させる展開でしたね。



ただ、タイトルはどうなるのでしょうかね。



今度は何がヒミツになるんだろ(;・∀・)ゞ?




航と月山が結婚する事かな?
まぁたいしたヒミツじゃないからなぁ。

まぁ修に彼女が出来たとしたら

修の部屋は十分秘密になりそうです(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月21日 13:40
>まぁ修に彼女が出来たとしたら←えっ?!出来るんですか?と思わず突っ込ませて頂きました(苦笑)少年漫画の女性編集さんとかならありそうですね。

>修の部屋は十分秘密になりそうです(笑)
一部のマニアさんにとったら(オタクとは敢えて言いません。)宝部屋でしょうが・・・あの部屋に一般女子は入れないでしょう。

そうかあ、釈ちゃんのポジションは森美雪だったんですね~。ものすごい納得です。
四兄弟ホント面白かったのに、全体を通して中途半端な印象が拭えません。男子をはっきりメインに持ってきた方が、まとまりがついたというか、作品的に落ち着いたんではないかと思います。

>修がボケて智がつっこむ。
>でもって航&陽がサラッと毒を吐いて流す。
この関係ツボでした( ̄▼ ̄)ノ_彡このノリで全編通して欲しかったな~。
もうがっさん抜きでよいので(ヒドイ^^;)四兄弟+田中ちゃんくらいで続編をお願いしたいです。

2007年03月21日 14:58
確かに誰が主役なのか?難しい話でしたね。まぁ一番気楽に見れたかも?
ちゃんと結末を締めくくってるのがスッキリして良かったです!!
ikasama4
2007年03月21日 18:47
meihua様
>出来るんですか?と思わず突っ込ませて頂きました(苦笑)
あのママさんが亡くなった夫の事を忘れられたら
もしかしたらありえるのかもしれません。

>・・・あの部屋に一般女子は入れないでしょう。
おそらくゴミにしか見えないかもしれませんね(;・∀・)ゞ

たしかに全体的に中途半端でした。
コメディに走りたいのか
シリアスに走りたいのか
それともサスペンスに走りたいのか
そのバランスが不安定で
4兄弟の出来が良かっただけに
どうにももったいない感じがしますね。

>もうがっさん抜きでよいので(ヒドイ^^;)四兄弟+田中ちゃんくらいで続編をお願いしたいです。
できればトばされたあの編集長もお願いします(笑)
ikasama4
2007年03月21日 18:53
お気楽様
>確かに誰が主役なのか?難しい話でしたね。まぁ一番気楽に見れたかも?
まぁたしかに主役はわからん感じでしたね。
でも、あまり考える事なく気楽に見れたという点では今期一番でしょうかね。

>ちゃんと結末を締めくくってるのがスッキリして良かったです!!
この辺りはキレイにまとまって私もスッキリです(^▽^)
2007年03月21日 21:52
>この辺りが「ヒミツの花園」の魅力ですね。
(・・*)(..*)うんうん、そうですよね。
片岡兄弟と、田中ちゃんと、編集長がいたから
このドラマを見捨てなかったと言って、過言ではないです(笑)

>今度は何がヒミツになるんだろ(;・∀・)ゞ?
私は田中ちゃんには、すでに何か秘密がある気がする。。。
でも、何って言えないo(><)o
ikasama4
2007年03月22日 00:11
にな様
>片岡兄弟と、田中ちゃんと、編集長がいたから
>このドラマを見捨てなかったと言って、過言ではないです(笑)
ええ、全くもってその通りです(苦笑)


>私は田中ちゃんには、すでに何か秘密がある気がする。。。
>でも、何って言えないo(><)o
田中ちゃんの部屋とか見てみたいですね。
もしかして少女漫画だらけだったらヒミツでもいいかも
しれないですね。
でも、個人的には修と対等に話せる
亮子ちゃんの部屋とかも気になります(;・∀・)
2007年03月22日 11:55
>編集長は石仏で心を清らかにしてるようですし(笑)
>最後は全てがキレイに丸く収まりましたね

あはは・・ここがあたしにツボってます。笑がこみ上げて止まりません。
石仏は心を安らかにしてくれる素敵な場所のようですね。

私的に今回は修のウルトラアイが受けました。
勇気注入のために必死だったのね^^

終わったけれどまだ続きそうな終わり方。
全話を通して軽く見られて楽しめたので私は十分です。
2007年03月22日 17:39
片岡4兄妹のボケ突っ込みや、亮子劇場のインパクトが強過ぎて、
ほんと、主役の印象が薄いドラマでしたわ~ヾ(ー ー )ォィォィ
主役以外は、ちょい出の脇役さんでさえ、キャラが立ってたのに・・・

もし、続編orSPがあるとして、航にぃとがっさんの恋バナでも
見せてくれれば、がっさんが主役だと認識出来るかも~♪(笑)
ikasama4
2007年03月23日 00:22
かりん様
>石仏は心を安らかにしてくれる素敵な場所のようですね。
亮子は違ったようですけど(;・∀・)ゞ

修には困った時のウルトラアイなんでしょうね。
ヒーローの力は絶大です(笑)

>全話を通して軽く見られて楽しめたので私は十分です。
物語はともかくとして(;・∀・)ゞ
各登場人物をエッライ堪能させて頂き
私も十分楽しめました( ^▽^)
ikasama4
2007年03月23日 00:23
まこ様
>片岡4兄妹のボケ突っ込みや、亮子劇場のインパクトが強過ぎて、
>ほんと、主役の印象が薄いドラマでしたわ~ヾ(ー ー )ォィォィ
まぁ仕方ないですね。
ホントの事ですから(  ̄ノ∇ ̄)ヒソヒソ

>もし、続編orSPがあるとして、航にぃとがっさんの恋バナでも
>見せてくれれば、がっさんが主役だと認識出来るかも~♪(笑)
でも4兄弟が全員揃ったら
やっぱり前と変わらないような気がします。
まぁそれがこのドラマの味わいという事で(;・∀・)ゞ

この記事へのトラックバック

  • ヒミツの花園 最終話 「さよなら兄弟」

    Excerpt: 部屋には陽(本郷奏多)のお父さんの作品とその絵を真似て描いた片岡亮(山本圭)の作品が置いてあったのね。全部持ち出した陽は川原で燃やそうとするが自分が火傷しても食い止める夏世(釈由美子)。燃やさなかった.. Weblog: テレビお気楽日記 racked: 2007-03-21 01:41
  • ヒミツの花園 最終話

    Excerpt: ずっと僕のそばにいてください! Weblog: くつろぎ日記 racked: 2007-03-21 08:31
  • ・・・じゃ、そういうことなので、私、帰ります。(釈由美子)

    Excerpt: ・・・うう、最後の最後までいいセリフをもらえない月山(釈)・・・。ここまで徹底し Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2007-03-21 13:06
  • ヒミツの花園 最終回

    Excerpt: いや~もう最後の最後まで一貫させた不思議寒いボケ いい男四兄弟(注:涼子ちゃん的には修さん除く^^;)の仕業でなければ、多分正視に耐えない気がする・・・ あれはあれで・・・.. Weblog: めいほあしあんだ racked: 2007-03-21 13:42
  • ヒミツの花園~最終回・ハッピーエンド!

    Excerpt: ヒミツの花園も最終回ですが、航(堺雅人)達の父親が、陽(本郷奏多)の父親の絵を盗作していたようです。航の父親は、死んだ親友の絵を盗作したことを後悔しており、残された陽君を引き取るというか、航に託すわけ.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-03-21 15:02
  • ヒミツの花園 最終話:サヨナラ 私の花園

    Excerpt: 肖像画 キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!! 【華麗】に対抗なのかっ{/eq_1/}(笑) つか、あれは似顔絵というのかな??? 航にいの作品なのかなぁ~。修の顔だけ、漫画タッチだったような{.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2007-03-21 15:21
  • ヒミツの花園 最終話

    Excerpt: ヒミツの花園の最終話を見ました。自分の本当の父親が描いた絵を、航、修、智の父親が盗作していたと知った陽は開かずの間に保管されていた作品を燃やそうとする。しかし夏世らが説得し、なんとか思いとどまらせる。.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2007-03-21 17:13
  • 『ヒミツの花園』最終回

    Excerpt: 開かずの間に夏世(釈由美子)が入ると、 そこには片岡家のことが書かれた週刊誌以外何も無かった。 Weblog: ド素人日記 racked: 2007-03-21 22:08
  • 『ヒミツの花園』 最終回 「さよなら兄弟」 メモ

    Excerpt: 花園ゆり子、消滅・・・!? Weblog: つれづれなる・・・日記? racked: 2007-03-21 22:49
  • ヒミツの花園 最終回 「大好きです・・・花園ゆり子が。」

    Excerpt: う~ん、gdgd まったりとした最終回でしたね。秘密自体はこの際もう どうでも良い感じですが。もう一話は短縮して内容を濃くしたら良かったような 気がします。 Weblog: The Glory Day racked: 2007-03-22 10:06
  • 小泉孝太郎が役者としてやっていけることを評価された!!

    Excerpt:  人気番組「ハケンの品格」(日本テレビ)の最終回が視聴率26.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。これは今年のドラマ視聴率のベスト3に入る快挙だ。ヒットの理由が26種類もの資格を持つ派遣社.. Weblog: 話題の仰天時事ニュース racked: 2007-03-23 02:35
  • ヒミツの花園 最終話「サヨナラ 私の花園」

    Excerpt: このドラマも最終回ですねー。 もう11回やりましたっけ? てなぐらいあっという間でしたね。 Weblog: TV雑記 racked: 2007-03-24 01:25