華麗なる一族 最終話

管財人が決まった。
帝国製鉄の和島所長。

管財人となった彼は取締役の解任を行った。


そうして解任を免れたのは一ノ瀬工場長一人だった。



あなたはもう当社の社員ではありません。
管財人であるこの私です。


これも父の差し金ですか。


ご確認頂けたようですから失礼致します。

彼は笑った。




このように阪神特殊製鋼の非が大々的に報道され
大介の名誉が認められた。



・・・わずか10分でこの急展開か(苦笑)




さて、父と息子の最期の会話。


祖父は私ではなく鉄平の才能を買っていた。

もし、おまえが私の息子だったら、こんな戦いはなかった。


おまえもつらかったろう。
でも、私もつらかった。

理性的におまえを自分の息子だと思おうとした。

でも駄目だった。

そのとき、思った。

―――おまえが生まれてこなければ。


おまえが生まれてきた時からこういう宿命だった。







僕の思いが父に届かないと知った時

自分がしてあげれる事。



―――おまえが生まれてこなければ。





あの山の麓で彼は右足の靴を脱いだ。



鉄平を太陽が照らす。





合併による都市銀行の記者発表の最中、
鉄平が猟銃自殺をしたとの連絡を受けた。


ご子息の死亡診断書


・・・どういう事だ。
B型だと。


鑑識の調べですからB型に間違いありません。


銀平は言う。
「兄さんを殺したのは僕とお父さんです。」


早苗は泣きながら父に手紙を渡した。



思えば僕の人生の中心にはいつも父がいた。
父に愛されたかった。
父にかまって欲しかった。
父に認められて欲しかった。

もしかすると必死に夢を追いかけたのも
満たされない思いを埋めるためだったのかもしれない。

もしかすると父が生まれた事で受けた傷を


全ての不幸は僕が生まれた事だ。

それに関わる周囲の人々を傷つけてきたかと思うと

僕は生まれてきてはいけない人間だったんだ。

なのに母は僕を生んでくれた。
感謝の思いで一杯だった。
夢を追ったこの2年は僕の誇りだ。
支えてくれた全ての人に心から感謝する。
そして迷惑をかけたすべての人に心から詫びる。
これを機に父にも母にも楽になって欲しい。

これで万俵家全ての忌まわしいものから消し去って欲しい。


憎み合っていても
僕の父親は万俵大介だった。

せめて一度、お父さんに微笑みかけて欲しかった。





神戸特殊製鋼にまた火が灯る。



あなたは新銀行と引き換えに大きなものを失った。


息子である鉄平
そして銀行家としての夢―――。






まず、見終わった後に思った率直な感想として






泣けなかった事に泣けた(TДT)

これを言うことになってしもうたなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ

見事に大河で流した涙が乾きました(; ̄∀ ̄)ゞ


おそらく
泣きたくても泣けない同盟が成立しそうな気がします(; ̄∀ ̄)ゞ




まず全体的に大介サイドの動きが終盤に来て唐突な印象を受けたのだが
この辺りはあまり描くと誰が主人公なのかわからなくなるからかもしれないという
とこが考えられますね。


己の死でもってしか万俵家を救う事が出来ないと考えるようになってしまった鉄平。

ずっと祖父の息子だと思っていた鉄平が本当は自分の息子だったと知る。
運命は残酷だ。




・・・その残酷さがあまり伝わらないんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ





自分が生まれてこなければ良かった。

自分がいればそれだけで周囲の人を傷つけてしまう。

そうして結論を自分の死に見出した訳ですが、なんとも悲しい結論ですね。

そして一番の彼の不幸は

自分が父・大介の子ではないと最期まで思って亡くなった事ですね。


あまり異論を挟む余地がない感じになりましたがあるとすれば




石を投げても逃げる事のない将軍。

・・・鉄平と同じで逃げる事を知りません(笑)



それと息子の事で申し訳ない気持ちで一杯だった大介ですが
その割りには後日談でのその苦悩が見えなかったとこくらいですかね。



思わず笑ってしまった事については
金田さんらが三雲頭取を追い落とすシーンに
先程の大河ドラマのワンシーンを思い出して
ちょっと目がウルウルした事くらいなもんで(苦笑)


後、警官役に前田吟さんが出てましたね。
個人的には武田さんもその横にいて欲しかったかな(笑)



ドラマの内容としてはそんなものですが
一番の原因は




予告



これに尽きます(苦笑)
やっぱ見せ過ぎはよくない。
大体想定の範囲内の内容でしたからね。

やはり見せない事も必要だと思うんですよね。







余韻を含んだエンディングになりました。
特に大介サイドにとっては。

個人的にはあの後が見たかったかなって思うのですがね。

まぁ原作通りといえばそれまでなんですけど。
最後はとりあえずキレイにまとまりました。



風の噂ではこの作品の映画化の話もあるんですがね。
もしかしたら続編って感じなのでしょうか。

そうだとしたらちょっと気になります。

ほんのちょっとだけ(笑)



最後に以前描いたやつを手直ししてみました。
散々手を尽くしましたがこれが限界(; ̄∀ ̄)ゞ







全然似てないなぁと思いつつ
消しては描いて消しては描いてと繰り返した結果がコレ。




まぁ一言言うとしたら
敬介の肖像画よりはマシかな(; ̄∀ ̄)ゞ

華麗なる一族 [DVD]

この記事へのコメント

2007年03月18日 23:44
こんばんは!

すみません、最後にして泣きました(苦笑)
同盟に参加は出来ません、ご報告まで♪
きっとこれはファンだからでしょうか?
棺の鉄平は直視出来なかったぁぁぁぁぁ!
明日も泣く予定なので、オメメが腫れてしまうぞや。
2007年03月19日 00:22
え~~(◎-◎)
続編はないっしょ。。。
映画にする必要性もあまり感じませんが。。。
確かに予告でやりすぎ(>_<)
原作で覚えていた以上の予告を毎回見せてもらいましたわ。
ikasama4
2007年03月19日 00:27
アンナ様
こんばんはです。

>すみません、最後にして泣きました(苦笑)
それは何よりです。

私はそこまでハマれませんでした。

どんな理由があったにせよ
自らの命を絶つ理由にはなりませんし
あってはならない事ですからね。

>明日も泣く予定なので、オメメが腫れてしまうぞや。
その時には某もお供しますε≡≡ヘ( ;∀;)ノ
ikasama4
2007年03月19日 00:30
くう様
>続編はないっしょ。。。
>映画にする必要性もあまり感じませんが。。。
私もあまり感じてません(笑)
視聴率はいいかもしれませんが
数字が良いからといって必ずしもそれが良いドラマって
事ではないと思うのですがね。

>確かに予告でやりすぎ(>_<)
>原作で覚えていた以上の予告を毎回見せてもらいましたわ。
あれはねぇ。
もう少し考えて欲しいものですね。
2007年03月19日 00:52
似てますよぉ~、、肖像画、何でikasama4さんに依頼が来なかったのか?です~(^^)v

余りの登場人物の豪華さに 最後のまとめ方迷ったのかと…。
命絶つより、静かに生きて再起を図る!^^;だとか… その方が今この物語を放送する意味が、合った(有った)気がしたり・・・(^^)v
父親にただ愛されたかった人間が、妻と子供をのこして死を選ぶのは?で。。
ikasama4
2007年03月19日 01:01
にゃんこ様
>似てますよぉ~、、肖像画、何でikasama4さんに依頼が来なかったのか?です~(^^)v
どうもありがとうございます。
でも、よく考えたら自分油彩は高校の美術以来
10年以上握ってないです(;・∀・)ゞ

>命絶つより、静かに生きて再起を図る!^^;だとか… その方が今この物語を放送する意味が、合った(有った)気がしたり・・・(^^)v
個人的に自ら命を絶つ行為がちょっと美化してるとこもあるのが
ハマれなかった要因のひとつにあるのですがね。

>父親にただ愛されたかった人間が、妻と子供をのこして死を選ぶのは?で。。
社員の事を第一に思っていた男が自分の妻と子供を遺して
死を選ぶってのがちょっと矛盾といえば矛盾なんですけどね。
原作では鉄平はこういう結果を辿るので
止む無しといったとこです。
2007年03月19日 15:00
ikasama4様、こんにちは。
そうですねえ。キッドは最終回はまずまずだったと思います。
っていうか、もうこれ以上はきっと無理だったのですよ。
太陽がまぶしすぎて
もうすべてが見えなくなったのです。
いや、本当は月が太陽の照射を受けて輝く。
その美しさがあるから太陽がさらに偉大に・・・。
ということもあると思うのですが・・・。
それは贅沢なのでしょうね。
本当は大介の嘆きが深いほど鉄平は哀れになるという構図なんですから・・・。
2007年03月19日 17:02
泣けない同盟、加入しま~す(*・∀・)/
なんだか冷静に見てしまいました。

>後、警官役に前田吟さんが出てましたね。
最後まで、チョイ役でも大物、
の精神は崩しませんでしたね。このドラマ。
それを探すのは楽しみでもありましたけどね(^ー^)

大介が、実の息子を死に追いやってしまい、
銀行も思い通りにはいきそうにないですし、
今までの報いを受けているようなので、
ちょっとはスッとして、少しは満足できた気がします。
2007年03月19日 21:16
間違いなく鉄平だ~~~!!!敬介の肖像画に負けてる点は
笑いの要素が全然無いとこかな~(おいっ!笑)

夕べは雰囲気に飲み込まれて泣いてしまいましたが、
一晩経ってみると、何だか冷めてしまいました(笑)。
鉄平を主人公にしてしまった事で、結局はファザコンモノのドラマに
なってしまったような・・・そんなにまで父に愛されたかったとはねぇ。
父以外の人にはあれほどまでに愛されてたのに・・・
鉄平の欲張りさん!(笑)
ikasama4
2007年03月19日 23:10
キッド様
こんばんはです。
>そうですねえ。キッドは最終回はまずまずだったと思います。
>っていうか、もうこれ以上はきっと無理だったのですよ。
たしかにそれはあるかもしれませんね。

ただ個人的に鉄平の死ってのは今の時代にはどう映ったのか
それが少々気になります。

>本当は大介の嘆きが深いほど鉄平は哀れになるという構図なんですから・・・。
たしかにこれがドラマの肝なんですけどね。

あくまでドラマ。
その一面だけで感情が留まるのかが気がかりです。
ikasama4
2007年03月19日 23:25
にな様
>泣けない同盟、加入しま~す(*・∀・)/
仲間ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ第1号です(笑)

>最後まで、チョイ役でも大物、
>の精神は崩しませんでしたね。このドラマ。
たしかに(笑)

>大介が、実の息子を死に追いやってしまい、
>銀行も思い通りにはいきそうにないですし、
>今までの報いを受けているようなので、
>ちょっとはスッとして、少しは満足できた気がします。
まぁ結果としてそうなった訳ですがね。

ただ、個人的にドラマとはいえ
自ら命を絶つ行為はどんな事があってもあってはいかん事ですね。

そこだけは「これはあくまでドラマ」だからという事を
外してほしくないですね。
ikasama4
2007年03月19日 23:27
まこ様
>間違いなく鉄平だ~~~!!!敬介の肖像画に負けてる点は
>笑いの要素が全然無いとこかな~(おいっ!笑)
笑いに走ると後で大変な事になりそうな気がして(;・∀・)ゞ

>鉄平を主人公にしてしまった事で、結局はファザコンモノのドラマに
>なってしまったような・・・そんなにまで父に愛されたかったとはねぇ。
たしかに一言で言ってしまえば「ファザコン」ですね(笑)
父に愛に飢えている分を妻に求めたら良かったのになぁ。
そうすれば別の生き方があったのかもしれないですね。
2007年03月20日 23:58
>社員の事を第一に思っていた男が自分の妻と子供を遺して
死を選ぶってのがちょっと矛盾といえば矛盾なんですけどね。

私もそう思います。
父子の戦いと、仕事での生き様が結びついていなかったんのでしょうか?
全くの誤解から、悲惨な結果におわり辛いドラマでした。
みょうがの芯
2007年03月21日 00:01
イラスト、とってもイイですよ♪
天国の鉄平もきっと気に入ると思います~☆
ikasama4
2007年03月21日 01:17
みょうがの芯様
>父子の戦いと、仕事での生き様が結びついていなかったんのでしょうか?
鉄平には父を何とか救えれば万俵家も
自分の息子も幸せになれると考えたのかもしれませんが
「自分がいなくなれば幸せになれる」なんて考えは
その思いはわからなくはないですが悲し過ぎますね。
ikasama4
2007年03月21日 01:18
みょうがの芯様
>イラスト、とってもイイですよ♪
>天国の鉄平もきっと気に入ると思います~☆
どうもありがとうです( ^▽^)
2019年06月05日 18:42
Howdy, i read your blog from time to time and i own a similar
one and i was just curious if you get a lot of spam comments?
If so how do you protect against it, any plugin or anything you can suggest?
I get so much lately it's driving me insane so any assistance is very much appreciated.

この記事へのトラックバック

  • 華麗なる一族 最終章 後編~決意の死~未来へ~

    Excerpt: 涙・・・涙のラストでした。大介が鉄平の本当の父親だということは、原作を読んだので知っていたので驚きはありませんでしたが、鉄平の遺書に泣かされた。 Weblog: アンナdiary racked: 2007-03-18 23:44
  • 『華麗なる一族』 最終章 「決意の死~未来へ」

    Excerpt: 激動の『華麗なる一族』も、とうとう最終章。 こんなのありえねー!こえー!腹立つー! と突っ込みつつも、毎週見入ってしまいました。 終わると思うと、さびしいなぁ。 というか、あっという間だっ.. Weblog: *モナミ* racked: 2007-03-18 23:52
  • 【華麗なる一族】第10話 最終回と統括

    Excerpt: でも、お前は生まれて来てしまった。こう言われた時、鉄平は全てを悟るのである。僕は生まれてきてはいけない存在だったのだ。私は理性ではお前を愛そうと努力した。でも、感情がそれを許さなかった。これがお前と私.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2007-03-19 00:05
  • 華麗なる一族 最終章 後編 第10話:決意の死~未来へ

    Excerpt: 鉄平、かわいそ過ぎ!!! 。・゚・えぇ―(o≧д≦o)―ん・゚・。 大介の子では無いと誤解したまま死んじゃった・・・ それもこれもぜーーーんぶ、意味深な言動をしたマシュマロじじいのせいぢゃ!!! どん.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2007-03-19 00:05
  • 華麗なる一族 最終章後編「決意の死~未来へ」

    Excerpt: 一月~三月のドラマの中で、最も注目度が高かった「華麗なる一族」も今回で終わり。 さて鉄平の運命は。 そして万俵家は。 そしてコバさんの出番はあるのか。 Weblog: TV雑記 racked: 2007-03-19 00:24
  • 《華麗なる一族》◆最終章 後編

    Excerpt: 銭高の証言で、大介は、窮地に陥った。しかし、負け裁判でも打つ手はあると、強気に言い張った。帝国製鉄の和島が管財人として現れた。鉄平は、解任。挙句に、提訴を取り下げた。これも大介の差し金で、阪神特殊製鋼.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2007-03-19 00:46
  • 華麗なる一族[最終回]

    Excerpt: 正直たまにしか観てませんでした。 なので、レビューを書くのは最終回だけにします。 日曜劇場の枠はいいドラマやるんだよねー。 この「華麗なる一族」は、TBSが開局55周.. Weblog: O塚政晴と愉快な仲間達 racked: 2007-03-19 06:18
  • ドラマ『華麗なる一族』最終回!

    Excerpt: そうかい。結局原作と同じオチかい。 それはそれでいいけれど…。 感動,というか,すごい大作なのは間違いないですが 結構さらっと最終回も見れてしまいました。 Weblog: D.D.のたわごと racked: 2007-03-19 13:00
  • 華麗なる一族 最終話

    Excerpt: 僕はなぜ明日の太陽を見ないのだろう。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2007-03-19 14:14
  • 華麗なる一族~最終回・一族の崩壊!

    Excerpt: 華麗なる一族ですが、前回銭高が鉄平(木村拓哉)有利の証言をして裁判の形勢が逆転します。しかし、大介(北大路欣也)は阪神特殊鉄鋼の管財人にライバルの大手の鉄鋼会社社長を起用するなど裏ワザを使います。(華.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-03-19 14:58
  • 『華麗なる一族』最終章後編

    Excerpt: 銭高(西村雅彦)が法廷で証言するものの、 大介(北大路欣也)によって鉄平(木村拓哉)は訴える術も、 夢をみる場所も奪われてしまう。 Weblog: ド素人日記 racked: 2007-03-19 17:06
  • 「華麗なる一族」第10話(最終回)

    Excerpt: 父子の間の溝は埋められないまま。 そして悲しい決意の果てに父が知った真実。 「華麗なる一族」第10話(最終回) Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-03-19 17:25
  • 華麗なる一族 最終話 「決意の死~未来へ」

    Excerpt: 裁判で銭高常務(西村雅彦)が証言した事で形勢は逆転する。 Weblog: テレビお気楽日記 racked: 2007-03-19 20:19
  • 「華麗なる一族 最終話」について

    Excerpt: 華麗なる一族 最終話 Weblog: happy life racked: 2007-03-19 20:35
  • 華麗なる最終回

    Excerpt: 衝撃の結末!まさか、将軍が死ぬなんて予告で、鉄平が自殺するのは分かってたけど将軍が死んだのは、ショックやったな~鉄平は大介の実の子やってんな~親子の確執、そして鉄平の自殺全て必要の無い事だったのに・・.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2007-03-19 23:37
  • 『冬ドラチェック!華麗なる一族 最終回』

    Excerpt: 最終回の感想、書くの難しいぃ・・・すごく長くなってしまいました・・・・ごめんなさいえー、とりあえず1時間15分までのシーンについて。   銭高さんの発言により、形勢有利となったはずの阪神特殊製鋼だった.. Weblog: *+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+* racked: 2007-03-19 23:50
  • 華麗なる一族

    Excerpt: 涙の最終回 Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-03-20 10:46
  • ドラマ 『華麗なる一族 』 #10

    Excerpt: ◇ 『華麗なる一族 』 出演 木村拓哉 鈴木京香 最終話は重厚でした!!さすが『華麗なる一族』デス。 鉄平のはやはり原作通りの道を選んでしまいましたね。 .. Weblog: Cold in Summer racked: 2007-03-20 16:32
  • 木村拓哉さんの似顔絵。「華麗なる一族」最終章 後編(最終回)

    Excerpt: 『人間はちっぽけな存在だ。 自分を強く見せようとして、背伸びしては傷つき、 その傷口を自分自身でひろげてしまう、愚かで弱い生き物だ。 だからこそ人間は、夢を見るのかもしれない。 夢の実現は困難を伴.. Weblog: 「ボブ吉」デビューへの道。 racked: 2007-03-20 22:38
  • 華麗なる一族 最終回

    Excerpt: 最終回。 いよいよクライマックスですね。 原作を読んでいたので、結末は知っていたのですが、号泣しました。 父と息子ものは弱いんです。 テレビドラマ史上最も号泣しました。 .. Weblog: 世田谷のProducer racked: 2007-03-20 22:53
  • 「華麗なる一族」最終回

    Excerpt: 銭高の証言を受け大介は、帝国製鉄の和島社長(矢島健一)を阪神特殊製鋼の破産管財人に据えました。取締役専務を解雇された鉄平は、もう裁判を起こす権利も無くなり、和島は、提訴を取り下げてしまいました。 仕.. Weblog: みょうがの芯 racked: 2007-03-21 00:23