東京タワー 第7話

5月にある人が言った。
それを眺めながら「淋しそうだ」と言った。


このからっぽの都でグルグル回される僕らは
その孤独である美しさに憧れるのだと―――。





参考資料・・・
まぁイラストの構図が構図だからねぇ。
仕事ですから(;・∀・)ゞ



で、オカンは巣鴨で色々調達。
自分の名前入りのお箸かぁ。

あのしゃもじは自分も最初感動しましたよ。
これスゲーって(;・∀・)




みんな、オカン目当てでやってくる。

ボクの友達なのに・・・

みんなボクをかまってくれない。

ここはボクの家なのに。

ボクのオカンなのに。


挙句にはボクの彼女までオカン目当て。




・・・_| ̄|○←ボク


で、何故かウサギを飼うボク。

「ウサギは寂しいと死んでしまう」


ちぃといじけモードに入ってますね。

でも、オカンは昔からマー君がウサギが好きって事を知っていたようで。
だからなんですねぇ。

あのアップリケもちゃあんと繋がってる。



そうして、不良ババァなオカンは白樺会へ。
オカン達にとって巣鴨は聖地らしい(笑)


もうすっかり東京暮らしに馴染んでいるようです。

でも、そこへ行くのは理由があったようですね。





母に怪我を負わせた事を10年間悔やみ続けた。

「ただいま」が虚しく響く一人きりの部屋。

遠く離れた異国の地で祖国の家族の声が支えになる。

見て欲しいという願いを込めて自分の仕事の成果を母に送る。

仕事に追われ自分の事をかまう余裕すらなくなっていた。


みんな、色々背負ってきた過去があり今がある―――。



今回、注目すべきは
徳本と鳴沢ですね。


鳴沢は自分が大きな仕事を任された事に張り切っていた。
そして食事も忘れて仕事をした。

自分の事しか考えてなかった。

でも、それが続くうちに自分の足元がおろそかになり
いつのまにか自分の仕事はおろか
自分の事すら見失っていた。


10年前の徳本の姿がそこにあった。


そんな鳴沢が許せなかった。



ただ、それだけだったのに
自分はまた傷つけてしまった。


10年前の母親のように。

それ以来、実家に帰る事ができない。
会わす顔がない。



そんな二人をオカンが救う。



背広のとれかけのボタンが直ってる。
オレのために作った食事。

それがとても嬉しい。

泣きたくなるくらい。



今回は鳴沢の弱さというか
泣きたいのを堪える姿が見れたようです。

でもって、かつて自分を救ってくれた友のために
今度はマー君が鳴沢を救う。

鳴沢は改めて友達の大切さを知ったようです。




ずっと後悔していた徳本はオカンに背中を押される。


「身体に受けた傷よりも10年も息子に会えない方がよっぽどイタイ。」



実家にまで行ってみる。

でも、まだドアを開ける勇気がない。


窓越しから母が見える。

その姿がたまらなかった。
そして、10年勤続祝いのお金をそっと置いて帰る。




数日後、会社に徳本宛の手紙が届く。





母より



10年間ずっと待っていました。
これからはいつでも好きな時に帰ってきて下さい。
あなたがどこで何をしていようと

あなたは私の息子なんですから。





私はここで泣きました(;∀;)



連続泣きは更に更新(;∀;)



今回、コブクロの曲は大丈夫だったんですけどねぇ。
こんなとこに伏兵がいたとは(;∀;)


それにしても、このキャスティングもなかなかですね。

徳本の母を演じるのはりりィさん
原作者の名前とかけてのキャスティング?とか思われる方もおられるかもしれませんが
りりィさんと徳本を演じた高岡さんは「人間の証明」に出演してましたからね。

母の手紙と徳本の涙にその証明があったように思います。



一方、ボクの彼女の方は
母との距離はまだまだ縮む事がないようですね。

自分の仕事を見て欲しいだけなのに
その母は自分の事で手一杯。

そして、その母の手には登記済権利証。


バカボンも徳本もレオも彼女も鳴沢も
皆、東京で孤独を抱えて生きているようです。


だから
みんな、オカンのとこへ行くのでしょうね。

そして、そんなオカンを独り占めしてるボクが羨ましいのでしょうね。

ただし、徳本はその孤独から解放されたようですけどね。



いつものようにオカンを独り占めされて
今日が何の日かみんな知らない様子にイジける僕でしたが
みんなが誕生日を祝ってくれると知って、とっても御機嫌♪



それにしてもプレゼントで笑わせてもらうとは思わなかったなぁ。

あの箸がいいですね。


徳本弘人
レオ・リー
佐々木まなみ


そして
バカボン


・・・オカン、ナイス(≧∇≦)b

そして、巣鴨スゲェ(; ̄∀ ̄)




でもって、友からのプレゼントが高級もやし(笑)

速攻で調理せんとあれは絶対腐ってまうな(笑)




もう見ていて楽しいですね。


オカンの病気も悪化しない。
田舎にはない娯楽もある。

大体の事が上手く運んでいる気がした。

何も聞こえない静かで
何も変わらない穏やかな時間。

平和である事しか特徴のない風景。


この時までは―――。




正直、この回でこの物語が終わって欲しかったと思いました。



幸せな空気に包まれた時間。



でも、時は絶えず流れていく。



そして

いつか、必ず終わりが来る。


その足音がボク達に近付いていく―――。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月20日 00:07
私も連続泣き更新中です(;>_<;)
今日なんか、もうドラマが始まる前からCM予告でウルウルでしたから。
涙腺がおかしくなってます(>_<)
徳本の母の手紙、感動でした。
>りりィさんと徳本を演じた高岡さんは「人間の証明」に出演してましたからね。

よく覚えていらっしゃいますね~(◎-◎)
ikasama4
2007年02月20日 00:26
くう様
>私も連続泣き更新中です(;>_<;)
同士ですねヽ(;∀;)人(;∀;)ノ

>今日なんか、もうドラマが始まる前からCM予告でウルウルでしたから。
>涙腺がおかしくなってます(>_<)
同じく普段あまり泣かない自分が
このドラマではすっかり涙腺が壊れています。
でもって、感想を書こうとして
内容を思い出してまた涙腺が壊れます(;∀;)

完全にアカンです。

>>りりィさんと徳本を演じた高岡さんは「人間の証明」に出演してましたからね。
>よく覚えていらっしゃいますね~(◎-◎)
こういう事だけは覚えてるようです(;・∀・)ゞ
2007年02月20日 13:59
お~、うさぎのアップリケも繋がってたんだっ!!!
そして人間の証明!!!
徳本くんの鳴沢くんへの感情!!!

ikasama4さん、ありがとうなのデスd(>∀< )Good!
お気に入りのドラマでは、自分では気付かなかったこんな発見を
知る事がめちゃくちゃうれしいですわ~♪
2007年02月20日 19:29
マー君のいじけっぷりが今回もバクハツでした。
もう少し背が小さければもっとカワイイんだろーけど(笑)
徳本の母もマー君のオカンと同じく手紙で泣かせます。
まこさんとこでも知ったんですが
りりィさんって女優初めて知りました。
しかしなんでちっちゃい「ィ」なんでしょ。
「りり」は平仮名なのに。。。^^;
ikasama4
2007年02月20日 20:25
まこ様
>ikasama4さん、ありがとうなのデスd(>∀< )Good!
>お気に入りのドラマでは、自分では気付かなかったこんな発見を
>知る事がめちゃくちゃうれしいですわ~♪
いえいえ、どういたしまして。

どうも何かにつけて関連性をつけて
法則めいたものをつくろうとするのは
私の性格みたいなとこでもありますので(;・∀・)ゞ
ikasama4
2007年02月20日 20:26
ろーじー様
>マー君のいじけっぷりが今回もバクハツでした。
>もう少し背が小さければもっとカワイイんだろーけど(笑)
それは言えてるかもしれんですね(笑)

>まこさんとこでも知ったんですが
>りりィさんって女優初めて知りました。
本業は泉谷さんと同じく歌手なんですよね。

>しかしなんでちっちゃい「ィ」なんでしょ。
>「りり」は平仮名なのに。。。^^;
う~ん、何故でしょうねぇ(;・∀・)
2007年02月20日 23:58
こんばんは!
ほのぼのと見ていました。今回は泣かないと思ってたんですがねぇ^^;
あのもやし確かにあんまり大量すぎてどうするんだか・・
もやしのお料理って思いつかないわ(苦笑
巣鴨が秘かにブームになっていて笑えます。
ドラマって他局のあとを追う事しますよね。
今回は嵐の妄想対決と巣鴨だったようです^^

オカン、これだけみんなに好かれていて・・倒れたらやだなぁ・・
また号泣でした・・んもう・・
ikasama4
2007年02月21日 00:58
かりん様
こんばんはです。
>ほのぼのと見ていました。今回は泣かないと思ってたんですがねぇ^^;
今回こそは泣くものかと思ってみてるんですけどね(;∀;)ゞ

>もやしのお料理って思いつかないわ(苦笑
豚肉と合わせるとおいしいんですけどね(;・∀・)ゞ

今回のフジは巣鴨を押してるようですね。
アキバの次は巣鴨って事でしょうか。

>オカン、これだけみんなに好かれていて・・倒れたらやだなぁ・・
>また号泣でした・・んもう・・
続きが気になるけど
オカンの病気はちょっと見たくないような気分です。
おそらく絶対号泣してしまいそうです(;▽;)

この記事へのトラックバック