ハゲタカ 第1話 「日本を買い叩け!」

世の中には2つの悲劇がある。
金のない悲劇
そして

金のある悲劇―――。



夏のある日。
虫を取りに出掛けた子供達はあるものを見つけた。

プールに浮かんでるお金。

そして、腹部を刺され意識を失った一人の男―――。




物語は9年前に遡る。



1998年、NYから一人のファンド・マネージャーが帰国した。

男の名は鷲津政彦。



この時代、公的資金を投入しながら
不良債権を改善できない銀行の体質が問題となっていた。

三葉銀行もその例外ではなかった。
かなり瀕死の状態にある。
ノルマを達成しなければ、この銀行は潰れてしまう。

そこで銀行は一人の男に命運を懸けた。


芝野健夫。
かつて、鷲津が憧れとした男だった。




その頃、芝野は不良債権を処分するために次なる提案を行った。

バルクセール。

不良債権をまとめて売る。
それ以外にもこの方法にはもうひとつの利点があった。

過去の過剰な債権を行ったことが知られる事がないために。

事は一刻を争う。


買い手は外資企業。
別名・ハゲタカ。


そのハゲタカが三葉銀行に舞い降りる。



挨拶をする芝野。


「御久しぶりです。芝野さん。」



え?



私はかつて丸ノ内で勤務していました。

三葉銀行にいた人間です。




芝野の表情に憂いが見える。



彼は地下の資料室で鷲津の履歴書を見つけた。



―――5年前。

彼は純粋な心を持つ銀行マンだった。

そう、5年前までは。




芝野と鷲津はコーヒーを飲みながら
これからの日本の状況をどうすればいいか語り合った。


痛みはともなってもバブル時代の膿を取り除かなければ。

ガン細胞は取り除かなければ。

二人の意見は同じようなものだった。


しかし、鷲津は最後に付け加える。


ただ、手術は時に患者を死なせる場合がある。




東洋テレビで記者をやっている三島は5年前、父を自殺で亡くした過去があった。
父は銀行の貸し渋りによって経営する工場が成り立たなくなったらしい。




その夜、鷲津は三葉銀行の重鎮である役員・飯島亮介と会談した。
鷲津は飯島にビジネスを持ち掛けた。



鷲津が提示した額は
不動産のみならず返済履歴まで精査した結果


額面では1023億

買取価格は 93億

当初の三葉銀行の提示額は400億。


通常であればつり合わない商談。


ハゲタカはこれらの不良物件を1件1件精査した。
その報告に誰も異論を挟む事ができない。

そこで飯島がこの場の責任をとりなし、バルクセールは成立した。


―――ヤラレタ。


鷲津は既に役員・飯島を取り込んでいた。


彼の目的は唯一つ。


不良債権を安く買い、高く売りつける。

―――日本を買い叩く。



鷲津が最初に目をつけたのは

老舗旅館・西乃屋。


芝野が救おうとした旅館だった。


西野昭吾は事業を拡大し過ぎ、バブル崩壊後、多大な負債を負った。
息子の意見を省みる事もなく。

息子は父の気持ちをわかってはいるものの、現状に失望していた。


鷲津の決断は早かった。


―――別の企業にこの旅館を任せるべきだ。


3日後、父は落胆した。

債権者が銀行から外資企業・ホライズンに移行した事を。

彼らの借金188億の回収方法

これらのゴルフ場、ビル、旅館を全てホライズンのものとする事。

父は反対した。
こんな横暴をするのであれば日本がだまっていないと。


そこで鷲津が提案した。

ゴルフ場とビルはホライズンが貰い受ける。
旅館については二週間以内に2億円用意すれば、あなた方のものでいい。


それから父は芝野に恨み言を重ねた―――。




母は祖父の生命保険を担保に金を借りる事を提案した。

父は怒った。

自分がした事は自分でケリをつける。

でも、それはつまらない意地となった。


「あなたは経営者に向いていない。」





鷲津はビルの入り口で一人の記者に会った。

5年前に自殺した三島健一の娘。

三島健一は銀行からの貸し渋りによって自殺した。
その担当者は三葉銀行にいた頃の鷲津だった。

自分を人殺しと罵った彼女。

あの時、自分が土下座した彼女。


逃げるようにアメリカに行ったあなたが
どうしてこの日本に戻ってきたのですか?

そして鷲津はあの頃に思いを馳せる。




その頃、西野は必死にお金をかき集めようとしていた。

2億円。

その金額に父は振り回される。




二週間後、父は痩せ細っていた。
彼がかき集めたのはくしゃくしゃの紙幣と小銭だけだった。


父は懇願した。


しかし、既に遅かった。


ハゲタカは別の企業に売ってしまった後だった。




本業だけを一心に守り続けていたら
こんな事にはならなかったのではないですか。


あの旅館はあなたには荷が重すぎた。



父は全てを失った。

土地や旅館だけではない。


父の誇りを。プライドを。





旅館では息子が祖父の面倒をみていた。


電話が鳴る。

父からの留守電。



「おまえに・・・おまえに任せれば良かったのかな」



その言葉が父の最期だった。

―――オレがコロシタ。
―――オレが親父をコロシタ。


その後悔は彼の心を深く刻む。




その夜、芝野は鷲津に詰め寄った。
もう少し待ってあげれば
西野さんは死なずに済んだのかもしれない。

どうしてこんな事を。


怒りを剥き出しにする芝野に鷲津は平然と言い放つ。



いつかのあなたですよ。あなたが私を変えたんだ。













待ちに待ったこのドラマです。

本来は昨年の9月放送だったそうなのですが、
まず出演者の柴田恭平さんが肺がんの手術と休養で延期。
でもって出演予定だった中村獅童さんが色んな事件によって
出演を辞退し、松田龍平さんが起用され
そのために松田さん用に脚本を書き直したという
揉みに揉まれたこのドラマ。

つい最近、社会を騒がしたライブドアに村上ファンド等々
この辺りがモチーフになってるのではと
思ってしまうような作品ですねぇ。


主演の大森南朋(おおもり なお)さんは
もうお馴染みの顔となった俳優さんですね。

ちなみに父上様は麿赤児さんです。


1時間見応えのあるドラマでしたねぇ。


柴田さんの熱い銀行マンもさる事ながら
脇を固める役者さん達も素晴らしいですね。

佐戸井けん太さん、志賀廣太郎さん、嶋田久作さん、そして小市慢太郎さんと出演者は多彩です。


物語は正直、あまり他人事には思えない作品でしたね。


うちの父も事業は拡大とまでいかなかったですが
公共事業で食べていた会社でしたので
この苦しい時期、なんとかして会社を存続させようと
親戚や私の弟等々、色んなとこに借金したり、まだローンが残ってる車両とかを
売ってしまったりしていて、父が倒れた時にはえっらい火の車になってまして。

ただ、その時の父も意地があったんでしょうね。

自分でなんとかして会社を立て直すんだって意地がね。


でも、別のとこで
全ての元凶をつくった自分に罪悪感もあったのでしょうね。



そうして父は全てを失った。



そんな父を見るのは自分はつらいですね。

もう死に目以外では会わないと思いますけどね。





金のない悲劇と金のある悲劇。

どちらも悲劇ですが、

金のある悲劇が一番悲惨なように思いますね。

1度でも大金を持ってしまうと
その魔力から逃れるのは難しいのかもしれませんね。



次なる舞台は玩具メーカー。

売却か再建か。

ここでかつての取引相手だった
ハゲタカと三葉銀行の戦いが始まるようです。


これは今後も見逃せない作品ですね(≧∇≦)b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月18日 02:06
一時間が短い!中身も俳優さんも濃い~し、こんなドラマが見たかった!待ちに待ったこのドラマ!柴田恭兵さんが癌で入院されたり、配役交代なんかで延び延びになってましたが、待たされた分きっちり楽しませてもらいましたって感じです。

金のある悲劇とない悲劇。
>金のある悲劇が一番悲惨なように思いますね
お金は生活できるだけあれば、それでいい。私も自分の経験上そう思うようになりました。

>これは今後も見逃せない作品ですね(≧∇≦)b
一気に6話見てしまいたい衝動に駆られてます。

原作を読み始めて、金曜日に徹夜してしまいました^^;
明日下巻を買いに行ってきます(^口^)V
2007年02月18日 03:02
映画みたいなドラマでしたね~。重かった。。。(+_+)
出演陣が豪華です。しかも、しっかり演技できる方ばかり。
そんな色々ないきさつがあって撮影が遅れたとは知りませんでした。
これからも楽しみに見ます~♪

ikasama4
2007年02月18日 12:19
meihua様
期待を裏切らない素晴らしい作品でしたね。
本当にあっという間の1時間でした。

「金のある悲劇」から
金を失った時が一番の悲劇なのかも
しれませんね。

ホント、お金は必要最低限あればいいですね(笑)

>一気に6話見てしまいたい衝動に駆られてます。
もう予告で6話くらいまで出来てる感じのようですから
6話一気に見せて欲しいです(;・∀・)ゞ

>原作を読み始めて、金曜日に徹夜してしまいました^^;
>明日下巻を買いに行ってきます(^口^)V
おおΣ(゚д゚ノ)ノ!
それは凄い!

では、
自分はこれから買いに行って出張の移動時間で読むとします。
ikasama4
2007年02月18日 12:20
くう様
>映画みたいなドラマでしたね~。重かった。。。(+_+)
重いけど、また次が見たいと思わせるドラマでした。

>出演陣が豪華です。しかも、しっかり演技できる方ばかり。
このキャスティングは本当に素晴らしいですね。
どうなっていくのかドキドキします。

>そんな色々ないきさつがあって撮影が遅れたとは知りませんでした。
それだけにこのドラマへの意気込みの高さがうかがえます。

>これからも楽しみに見ます~♪
ええ、是非見てあげて下さい(^▽^)
2007年02月18日 12:41
こんにちは!
>1時間見応えのあるドラマでしたねぇ。
仰るとおり、あっという間にかけぬけていきました。
いろんな事情があって現在の放映でしたか。
金融ドラマは昔から好きですが、数字の大きさに惑わされて
見えない部分が混乱してしまいます。
今回もそういうからくりがあり、狐につままれた気分でもありました。
事業をしている人には他人事ではない内容でしたね。
次週予告でもかなりどきんとしました。
楽しみのような恐いような。
ikasama4
2007年02月18日 13:04
かりん様
こんにちはです。
>仰るとおり、あっという間にかけぬけていきました。
正直、今期の中でいきなり抜きん出たドラマが出てきました。

>金融ドラマは昔から好きですが、数字の大きさに惑わされて
>見えない部分が混乱してしまいます。
>今回もそういうからくりがあり、狐につままれた気分でもありました。
そういう部分もありますが、そこに人間感情と
意地・プライドが面白さに拍車をかけていきますね。

>次週予告でもかなりどきんとしました。
>楽しみのような恐いような。
ドキドキするのは確実ですね。
2007年02月18日 13:37
面白いドラマが始まりましたね(*^_^*)
若干私には難しそうですが、なんとかついて行こうと思います。

柴田恭兵さんの復帰作だということは知っていましたが、
撮影前からいろいろあったドラマなんですね・・・。
だからこそ、面白いものになっているだろうと、もっと期待しちゃいます。

>ちなみに父上様は麿赤児さんです。
そうなんですかぁ~~~Σ(゚Д゚;
お父さんも芸能関係の人だというのは、
聞いたことがあったのですが、麿さんだったとは。
意外だぁ。
ikasama4
2007年02月18日 14:10
にな様
>面白いドラマが始まりましたね(*^_^*)
そうですね。
これだけの役者さんが揃ってますからね。
これは見ないと損しますね。

>撮影前からいろいろあったドラマなんですね・・・。
>だからこそ、面白いものになっているだろうと、もっと期待しちゃいます。
私も期待してたんですが
予想以上の出来になっていますね。

>お父さんも芸能関係の人だというのは、
>聞いたことがあったのですが、麿さんだったとは。
>意外だぁ。
私も最初知った時にはビックリしました。
でもそう知った時、
目の辺りが結構似てるなって思いました(;^∀^)
2007年02月18日 16:19
こんにちは。TBありがとうございました。
・・・正直、金融・経済関係は疎いのですが(汗)、大森さん主演ということで見てみましたら・・・ずっしりくるドラマでした・・・。

鷲津VS芝田、そして西野や三島が、どう絡んでくるのか・・・気になります・・・。
ikasama4
2007年02月18日 18:44
朝凪、夕凪様
>・・・正直、金融・経済関係は疎いのですが(汗)、大森さん主演ということで見てみましたら・・・ずっしりくるドラマでした・・・。
私も経済・金融には疎いですが
出演者がびっくりするくらい芸達者な方を豪華に
取り揃えていたので見てみたら期待以上の作品でした。

>鷲津VS芝田、そして西野や三島が、どう絡んでくるのか・・・気になります・・・。
これらの問題に関わる人の意地やプライドが絡んで
様々な戦いを引き起こしそうですね。
本当に楽しみです。
2019年05月30日 12:43
Heya i'm for the first time here. I came across this board and I find It truly
helpful & it helped me out much. I am hoping to give one thing again and help others
like you aided me.
2019年05月31日 07:57
It's going to be finish of mine day, however before finish I am reading
this enormous piece of writing to increase my know-how.
2019年06月06日 19:24
I every time spent my half an hour to read this blog's content every day along with a mug of coffee.

この記事へのトラックバック

  • 「ハゲタカ」第1話

    Excerpt: 外資ファンドによる日本企業の買収ビジネスと それを巡る人間模様。 NHKの新・土曜ドラマ「ハゲタカ」第1話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-02-18 00:23
  • NHK土曜ドラマ ハゲタカ 第一回 日本を買い叩け! 大森南朋

    Excerpt: 誰かが言った。 世の中の悲劇には二つしかない。 一つは金のない悲劇。 そしてもう一つは 金のある悲劇。 Weblog: めいほあしあんだ racked: 2007-02-18 02:07
  • 『ハゲタカ』1話

    Excerpt: 経済とか苦手なワタクシにとっては、見る前から難しいだろうなぁ とは思っていましたが、やっぱり難しそうだ(^_^;) Weblog: ド素人日記 racked: 2007-02-18 13:46
  • 主人公の名前は鷲津だけど(ハゲタカ)

    Excerpt: ・・・毛根の女神さまが実家に帰ってしまわれた人たちの、熱い闘いのドラマ・・・ではない・・・。 不良債権がどうの外資ファンドがどうの・・・・・・あぁ、数字に弱い人間にはついていけなかったらどうしよう~.. Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2007-02-18 15:24
  • ドラマ ハゲタカ の紹介

    Excerpt:  NHKドラマ ハゲタカの紹介です。 Weblog: ハゲタカ ドラマ紹介 racked: 2007-02-19 00:18
  • 保険 自動車保険 生命保険

    Excerpt: 毎月の支払いが少ないために気がついていない方も多いと思いますが、個人の買い物としては住宅に次ぐ大きな買い 少し見直しを考えてみては如何でしょうか? 保険に関する情報サイトを集めました。 Weblog: 簡単!保険の見直し racked: 2007-02-19 01:25
  • 携帯電話をもっと自由に使いこなす方法とは?

    Excerpt: 携帯電話から申し込めるローン・キャッシングサイトを探してみました! Weblog: 携帯電話をもっと自由に使いこなす方法とは? racked: 2007-02-19 13:16
  • 竹内結子(たけうちゆうこ)、20代とは思えなかった

    Excerpt: トラックバック失礼します。竹内結子(たけうちゆうこ)も一時激やせしました。竹内結子は2005年6月、歌舞伎役者・2代目中村獅童とできちゃった結婚されました。その後男の子を出産。幸せだったことでしょう。.. Weblog: 激やせ通信@激やせについて考える racked: 2007-02-20 14:43
  • NHK土曜ドラマ『ハゲタカ』、楽しみです

    Excerpt:  いよいよ2007ゼロックススーパーカップが始まりました。来月のJリーグ開幕に先駆けて。  私はやることがあるので。国立競技場に行かず、今も、TVをつけながらデスクに向かっているわけですが。  ガ.. Weblog: アーティスト・ブランディング アナリスト 井上秀二 racked: 2007-02-27 10:36