功名が辻 第48話

千代と一豊の間に生まれた溝。

千代は拾と共に暮らす決意を固めた。



拾16歳。



・・・そうか、桐ちゃんの1年後の姿かぁ(苦笑)



相手を騙し討ちして国を守る。
それが殿の目指した国なのでしょうか。



どうも今回の千代の考えって
大名の妻らしからぬ感じもしてまうような
違和感があるんだけど

第1話で戦に巻き込まれて父や母が亡くなったという前提があり、
千代は未だにその記憶を引きずっているから
という感じから来てるのかもしれんのだけど

女大名と呼ばれる千代のイメージから考えると
どうも違和感があるわなぁ。
どう考えても自分の立場が分かってないわなぁ。



新右衛門が息子の死は悲しいけれど
それによって民の怒りが収束させる事ができると考える辺り。

これもまた家を守る者の宿命なのかもしれんのですがね。


しかしなぁ。
年をとると一豊も千代もダダをこねていくようで。



拾の方が完全にしっかりしてますね。





一豊も千代も息子の姿を見習って欲しいモノです(苦笑)




さて、来週で最終回。



己の修行のために
千代には八十八ヶ所廻ってもらいましょうかね(;^∀^)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月04日 00:36
そうか~。。。キリちゃん1年後の姿なんですね
(違うって。。。)
なかなか堂に入ったお坊さんぶりでした。
千代が、ちっとも老けないので、ピンと来ないんですが、
一応老齢の夫婦なんですよね。
だから、こんなケンカになっちゃうわけなのかな。
息子に取りなしてもらって良かった良かった(^.^)
2006年12月04日 20:06
こんばんは!
本当、千代は自分の立場がわかってないような発言でした。
以前の千代を思うと考えられないようなことを言ってましたしね。
湘南が二人を修復させてくれたような具合でしたね。
この調子で向こうのドラマでもちゃんとした役割を果たせればいいのですけど。
ikasama4
2006年12月04日 23:14
くう様
>千代が、ちっとも老けないので、ピンと来ないんですが、
>一応老齢の夫婦なんですよね。
これは大河ドラマで主演を演じる女優の
定番になっていますね(苦笑)

>一応老齢の夫婦なんですよね。
>だから、こんなケンカになっちゃうわけなのかな。
年をとってくると誰も自分を諌めてくれる人がいなくなるから
いつのまにか子供みたいな感じになるんでしょうかね。
うちの親父と母親はそんな感じでした(;・∀・)

>息子に取りなしてもらって良かった良かった(^.^)
一豊と千代の功徳がここで生きているようです。
ホント良かったです(;^∀^)
ikasama4
2006年12月04日 23:15
かりん様
こんばんはです。
>本当、千代は自分の立場がわかってないような発言でした。
>以前の千代を思うと考えられないようなことを言ってましたしね。
この辺はちょっと違和感アリアリです(苦笑)
以前なら一豊の母とかが諌めていたのでしょうけど
今は誰も千代を諌めてくれる人がいないからかもしれんですね。
年をとるとわがままになるんかもしれんですね。
自分が正しいと思ってしもうて。

>湘南が二人を修復させてくれたような具合でしたね。
家族は大事って事ですかね( ^▽^)
2006年12月04日 23:46
こんばんは!

いつも大変お世話になります。

いつもはTBのみで失礼しております。
自分からコメントするのが苦手なシャイな性格なもので・・・

でも、いつも楽しく拝見させていただいております。

今年は一年間、本当にありがとうございました。

いよいよ最終回ですね。
最後までどうぞ宜しくお願い申し上げます。
ikasama4
2006年12月05日 07:50
「感動創造」様
どうもです。

今回は?と思うとこもありましたが来週で最終回。
このまま乗り切っていく所存です。

>最後までどうぞ宜しくお願い申し上げます。
こちらの方こそよろしくお願い致します<(_ _)>
2006年12月06日 20:38
湘南くん、しっかりしてましたよね~。
何と言うか、冷静?
感情を込めない説得の仕方って言うんでしょうか。
それがかえって千代の心にすんなりと響いていったように思えます。

双六の上がり、と決め付けてしまっていた千代の心が、あんな責めの言葉を発する原因になっていたのではないでしょうか。

ほんと、お遍路でもして反省してもらわねば^^;。
(ウォーカーズ、私も見てましたよ~。あの時間のドラマは結構好きです。)
ikasama4
2006年12月07日 19:08
さくらこ様
>何と言うか、冷静?
>感情を込めない説得の仕方って言うんでしょうか。
>それがかえって千代の心にすんなりと響いていったように思えます。
喋り方がなんとなく桐ちゃんと重なって見えてしまう
今日この頃です(;^∀^)ゞ

>双六の上がり、と決め付けてしまっていた千代の心が、あんな責めの言葉を発する原因になっていたのではないでしょうか。
千代は一豊の手法は
人の命をあっさりと消し去ってしまい
まるでゲームをやってるのではないかという
皮肉をこめて双六と喩えた、と考えたのかもしれませんが
あの場であの言葉は自身の人生をもそう受け止められますので
これはもうお互いお遍路で反省ですね(;・∀・)ゞ
2019年05月08日 19:02
This is my first time pay a visit at here and i am truly pleassant
to read all at single place.

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会  もう終わりかあ。。。

    Excerpt: 今日から年末にかけて多忙を極めますが、なんとか大河レビューゴールインを!!(笑)と同時に、それにあせりすぎてこれまでを振り返ることを忘れずにいなくてはね、、、。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-12-03 23:46
  • 【功名が辻】第四十八話

    Excerpt: 「これが旦那様の治世ならば、共に生きていく事はできませぬ」とか。。。「旦那さまは、国主の器ではない」とか。。。とんでもない事をたくさん言い残して、千代は出て行ってしまいました。それでも、「そんなに解ら.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-12-04 00:42
  • 功名が辻*功名の果て

    Excerpt: 先週からの続き、キレまくった千代が出て行くというシーンから始まりましたね。。。 Weblog: せるふぉん☆こだわりの日記 racked: 2006-12-04 07:49
  • 「功名が辻」第48回「功名の果て」

    Excerpt: 慶長18年(1603)3月、とうとう一豊と千代は、自らの手で築き上げた河内山城に入ります。 それにしても、前回の「お暇発言」が不評だった千代、今回は挽回できるかな、と思っていたのですが、やはり気に.. Weblog: つれづれ さくら日和 racked: 2006-12-04 08:12
  • 功名が辻 第48話

    Excerpt: 人生はすごろくではない。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-12-04 15:16
  • 功名が辻第四十八回「功名の果て」~セミファイナル!~

    Excerpt: 熟年離婚一歩手前・・・・ そしてファイナルカウントダウンです・・・ Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-12-04 23:50
  • 「功名が辻」第四十八回

    Excerpt: 山内夫婦、熟年離婚か!?と思いきや。なーんだ。やっぱラブラブじゃーん。と思った今週号。いやそれよりも、狐と狸の化かし合い、家康vs如水がめっちゃ楽しかったですvv嗚呼楽しい!! Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-12-06 23:20
  • 誓い(功名が辻)

    Excerpt: ふたたび・・・仮病か(←○カアンドトシ調) Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2006-12-09 16:24