功名が辻 最終話

さて最終回は大体予想した通りでしたが
一豊と千代の出会いがもう一度撮りなおしているのには
驚いたなぁ。


堀尾吉晴は孫の後見という事なんだけど
これは吉晴の跡を継いだ息子が亡くなったために
孫が跡を継ぐのだけど、孫はまだ幼いために
吉晴が孫の後見として孫の成長まで藩を守っていくという
事なもんで。

それから前にも書いたけど
中村家と堀尾家は後々改易され
山内家は幕末まで残る訳やけど
中村家と堀尾家は九州の細川家に仕えるので
その子孫は今でもおるそうです。


それから長宗我部盛親は大坂の陣に参戦して戦死します。
これにて長宗我部家は滅亡という事になります。


それから一豊、一氏、吉晴の妻達が集まる図。
これは安土桃山~江戸時代を生きた戦国大名を扱うドラマの定番なんでしょうかね(笑)
※「利家とまつ」もこんな感じでした。



家康の秀忠に対する接し方は笑ってもうたなぁ。
なんせ「葵三代」と対して変わりない感じやったからな。
かつて秀忠を演じた西田さんにとっては
楽しい時間やったでしょうねぇ。


淀に関しては最後まで何かにすがっていたようで
その死に様は悲しいものがあります。



それにつけても新右衛門はとっても長生きです(笑)



「永遠の夫婦」かぁ。

正直、恋愛にしても信念にしても
「永遠」なんてものは信じないが
「永遠」があるとしたら語り継がれる事で
つくられるものかもしれんですね。



さて、次回の大河ドラマはこのお方の出番のようですね。




このイラストは年賀状のやつなんで公開は来年になります。
なもんでこれでご容赦を(;・∀・)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月11日 02:36
おおっ!!なんかちょっと見え隠れするステキなイラスト観たら来年の大河に期待が、、、(笑)僕は何より来年、永遠でなくてもあっても、愛を少しでも感じられたらいいな~、、、ってごめんなさいとりとめもないハナシで(笑)
2006年12月11日 19:11
ikasama4様、お疲れ様でーす。
ああ、すっかり業界人。
お忙しいのに本当にご苦労様です。
次は原作が短いのでかなりオリジナルな部分が多いものになるとか。
キッドは今年の大河は嫌いじゃなかったのですが
キッドの中の軍事おタクの部分が干上がってますので
武田軍団大活躍をお願いしたい気持ちで一杯。
予告編で見る限りその気配はありましたが
逆にキャストが渋めなのでちょっぴり不安です。
それでは残り少なくなった今年、腱鞘炎に注意してください。
どんな挨拶なんだ。
ikasama4
2006年12月11日 20:10
てれすどん2号様
>おおっ!!なんかちょっと見え隠れするステキなイラスト観たら来年の大河に期待が、、、(笑)
武田信玄が生きた戦国時代って自分にとって一番のど真ん中のストライクコースなんで
これはもう絶対見逃せません。

>僕は何より来年、永遠でなくてもあっても、愛を少しでも感じられたらいいな~、、、ってごめんなさいとりとめもないハナシで(笑)
私にとっても縁遠い話です(;・∀・)ゞ
ikasama4
2006年12月11日 20:10
キッド様
お疲れ様で~す。

>キッドは今年の大河は嫌いじゃなかったのですが
>キッドの中の軍事おタクの部分が干上がってますので
>武田軍団大活躍をお願いしたい気持ちで一杯。
戦国好きの私としては武田軍団の活躍を期待しております。
千葉さんも出てるし、ちょっと剣術のシーンもありそうですね。

>それでは残り少なくなった今年、腱鞘炎に注意してください。
了解です。しっかり気をつけます。
2006年12月11日 22:23
ikasama4さん、こんばんは!

ikasama4さんは「歴史」がお詳しかったので、コメントのやりとりが本当に楽しかったし、いろいろと勉強させていただきました。

本当に感謝感謝ですm(_)m

それから、ドラマレビューをされているからなんでしょうか、読みが深くて感嘆させられましたよ。。

>「永遠」があるとしたら語り継がれる事でつくられるものかもしれんですね。

これも激しく納得でした♪
「永遠の夫婦」・・・後世に語り継がれる夫婦なんでしょうね。

本当にお世話になりました。ikasama4さんの「風林火山」の記事を楽しみにしてますよ♪






2006年12月11日 23:26
こんばんは!
最終回で二人の口移しのシーンに度肝を抜かれてしまいました。
歴史はさっぱりわからない私でしたがikasama4さまは詳しくてこちらに来ますと何でもわかってしまうという先生みたいでしたね~~。
風林火山は今年のお正月でドラマ化されてるんですよね。
勘助のことが非常に印象に残ってるんです。
これを一年引き伸ばすのかと思うとどうなるのか楽しみのようでもあります。
まずは今年一年、本当にありがとうございました。

そうそう、H☆Cのウエアありがとうございます。
かわいくてムフフで喜んでいます。ミキちゃんが長いのがまたかわいいですね~~。業務連絡としてあずさんが拠点BBSを作ってくれるかもしれないとか・・。コメントのお返事が遅れていていろいろすみません。
ikasama4
2006年12月11日 23:30
劇団たぬき様
こんばんはです。

>ikasama4さんは「歴史」がお詳しかったので、コメントのやりとりが本当に楽しかったし、いろいろと勉強させていただきました。
こちらの方こそ、歴史で語れる方がおられたので色々と楽しかったですし
色々と勉強させて頂きました。

>本当に感謝感謝ですm(_)m
こちらの方こそありがとうございます<(_ _)>


>「永遠の夫婦」・・・後世に語り継がれる夫婦なんでしょうね。
そうして語り継がれるのはやはり心のどこかで求める理想なのかも
しれないという事なんでしょうねぇ。

>本当にお世話になりました。ikasama4さんの「風林火山」の記事を楽しみにしてますよ♪
こちらこそ。
来年はちょっと楽しみなんでちょいと気合が入るかもしれんです。
内容次第では(;・∀・)ゞ
ikasama4
2006年12月11日 23:35
かりん様
こんばんはです。
>最終回で二人の口移しのシーンに度肝を抜かれてしまいました。
大河ドラマでは珍しいキスシーンですね。
二人のキスシーンは後にも先にもこの回のみですからね。

まぁ戦国時代は「信長の野望」とかで
よくよく覚えたもんですから(;^∀^)ゞ

>勘助のことが非常に印象に残ってるんです。
ちなみにかつての大河ドラマ「武田信玄」では
山本勘助を西田敏行さんが演じてます。

野山を軽やかに走ります。

>まずは今年一年、本当にありがとうございました。
こちらこそありがとうございます。

>かわいくてムフフで喜んでいます。ミキちゃんが長いのがまたかわいいですね~~。
ミキちゃんは長いのがいいという容貌がありましたもので
こんな感じにしてみました。

業務連絡ありがとうございます。
BBS公開の折には足を運んでみます。
2006年12月12日 16:22
私も、出会いの場面撮り直しにはやられましたわ~。
ああ来るとは思いませんでした。
泣かさせられた最終回でした(^.^)
ikasama4
2006年12月12日 21:44
くう様
>私も、出会いの場面撮り直しにはやられましたわ~。
>ああ来るとは思いませんでした。
てっきり永田杏さんが出てくるものと思っていましたからね。
自分の中では水の口移しと同じくらい淡々としていて
じんわりと心に染みるようなシーンでした。

なんかキレイな感じでいい最終回でした。
終わり良ければ全て良しという事で(;^∀^)
2006年12月13日 15:48
こちらへは、「辻」以外でも、色々と楽しませていただき、本当にありがとうございました。
ドラマからは少し離れた、関連した人物たちの話などためになりました。
劇団たぬきさんとのやり取りも、「ほほ~なるほど」と後ろの方から、拝見してましたし。

ちらっと見えるイラストも気になりますね~。

ikasama4さんとの出会いを作ってくださった「辻」にも感謝、この一年本当にどうもありがとうございました。
ikasama4
2006年12月13日 19:46
さくらこ様
こちらこそどうもありがとうございます。

>ちらっと見えるイラストも気になりますね~。
ええ、とっても気になります( ^▽^)

>この一年本当にどうもありがとうございました。
こちらこそです。
また機会がありました折にはよろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ『功名が辻』は終了したが・・・

    Excerpt: さっきまで最終回を観ました。 Weblog: 多数に埋もれる日記 racked: 2006-12-10 23:12
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会閉会のことば  わかったわかった。

    Excerpt: 最終回までもゆっくり観れずに記事更新も遅れてごめんなさい。でも、こうやって家帰ってビデオ観てレビューできてることが今の僕には奇跡的だったりします。やはりこれも、今までみなさんと功名が辻レビューし続けて.. Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-12-11 02:34
  • ☆功名が辻最終回・・戦のない世に。。

    Excerpt: 2006年の冬至の日、12月22日夜、8時から10時の2時間、みんなでいっせいにでんきを消してスローな夜を過ごしてみませんか。。100万人のキャンドルナイト 2006冬至功名が辻第49回(最終回)「永.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2006-12-11 09:22
  • 続・旦那様、旦那様、旦那様、だんなさまーっ。(仲間由紀恵)

    Excerpt: 『功名が辻』最終回の視聴率が23.4%、平均視聴率20.9%である。『利家とまつ Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2006-12-11 18:58
  • 「功名が辻」最終回「永遠の夫婦」

    Excerpt: とうとうこの日が来てしまいました。 途中挫折しかけながらも何とか完走する事が出来ました。 (実は一話二話あたりは、「観ました」程度でしたが。{/face_nika/}{/ase/}) 最終回にして.. Weblog: つれづれ さくら日和 racked: 2006-12-11 19:17
  • 「功名が辻」最終回「永遠の夫婦」

    Excerpt: とうとうこの日が来てしまいました。 途中挫折しかけながらも何とか完走する事が出来ました。 (実は一話二話あたりは、「観ました」程度でしたが。{/face_nika/}{/ase/}) 最終回にして.. Weblog: つれづれ さくら日和 racked: 2006-12-11 19:18
  • 功名が辻 最終話

    Excerpt: 医者は治ろうとする病人の手助けはできるが治すのは本人だけ、寿命はご自分でお守りく ださい。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-12-11 19:21
  • 功名が辻・最終回「永遠の夫婦」

    Excerpt: さてさて、この1年続いた「功名が辻」じゃが、今宵で最後と相成ったのォ~ あ~頭がかゆいわ。。 そこでのォ~今宵は対馬守・・・もとい土佐守じゃ。あ~余が生きておった頃は対馬守であったから、土佐守と言い.. Weblog: 劇団たぬきの元気が出るブログ racked: 2006-12-11 20:03
  • ・・・いつか、たどりつく所(功名が辻・最終回)

    Excerpt: ・・・物語を書く側、そして主役によって、史実の人物がいい人にも悪い人にも、華やかにも地味にもなりうる訳ですが。 Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2006-12-11 21:15
  • 【功名が辻】第四十九話~最終回~ 

    Excerpt: 私たちは誰も及ばぬ日の本一の夫婦になるのでございます。再び目を開かぬ一豊。叫ぶでもなく、そっと夫の頭を抱きしめる千代の姿に涙した。静かな死。この時代、武士でありながら畳の上で死ねるだけでも幸運であった.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-12-12 16:20
  • 「功名が辻」第四十九回(前編)

    Excerpt: いよいよ「功名が辻」も最終回。上川さんには『旦那様、ご苦労様でした』の一言を捧げたいと思います。って無駄に長くなっちゃったので、感想前半です。(苦笑) Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-12-17 15:55