14才の母 第8話

私は痛みで倒れた。



気がつくと私は寝ていた。

「おはよう」
的場先生がいた。

どうもここは病室らしい。


・・・!

―――あの・・・


「大丈夫。お腹の赤ちゃんも。」






こんな感じで始まった今回のお話。


なんか、今回も演出が露骨やな。

あんなヒソヒソ話なんてねぇ。
ありえへんな。


普通は人がおらんなったとこで話すと思うんだけどね。
相変わらずこの辺りの演出は古いなぁ。



ただ、加奈子の職場は結構理解ある感じでしたね。
ちょっとそこだけは加奈子は救われてる感じがしますね。
というか、あれが最近は普通なんかなぁと思ったりしたんですけどねぇ。



さてさて。
誓約書を出して覚悟を決めたといいながら
どこかやっぱ煮えきれない未希。

そこで父は娘にはっきり言うんやね。

おまえはもう彼とは関係ない。
おまえと桐野君はもう赤の他人だ。
お前が中途半端な気持ちだと生まれてくる子供も困る。
だから彼の事は金輪際、一切忘れなさい。


父の言葉にその場で納得する未希だったけど
その夜、未希は智志と電話で話す。

互いに嘘をついて強がりを言う。


互いの負担になりたくないから。



それから桐野母がどうしてそこまで
頑張れるのか、彼女の本音が垣間見えました。

未希って女の子は子供を生んでも
おそらく、「生むんじゃなかった」って後悔するのよ。

「じゃあ、ママは後悔したのかよ!俺の事もそんな風に思ったのかよ!」

私はあんたを捨てようと思った事がない。
どんなに苦しくても歯を食いしばってあんたと一緒に生きてきた。

断ち切りたくたって断ち切れないのよ。



この言葉に智志もどこか覚悟を決めたような感じがするな。
おそらく今は自分自身が納得できる生き方なのかもしれないかな。





さて、そうして出産まで後1ヶ月半。


退院して生まれてくる子供のために服を選ぶ未希。



その姿を波多野が見かける。



そこで彼が見たのは彼女がうずくまっている姿だった。

「大丈夫?怪しい者じゃないから。救急車呼ぼうか?」


―――大丈夫。私一人で呼べますから。




―――もしもし、お母さん。生まれそう。





普段は上から目線な波多野がちょっとオロオロしてた姿には笑ってまいますね。

陣痛は一人で苦しむものなの。
痛くないと生まれてこないの。

どんな人であってもそれは変わらない。



戸田菜穂さん演じる石山さんの言葉は流石3人目というだけあって
重みがあるような感じなんですがね。
それともお遍路さんのおかげでしょうか(笑)


結局、男はただジッと待つのみのようです(;・∀・)ゞ



最近、イラスト構図探しで「月刊TVnavi」を買った時に
「14才の母」に関する論評がされてました。


その記事の一部を抜粋すると

NHKの教育番組のあるサイトでは未希と同年代でいじめに悩む書き込みが絶えないらしい。
今年の秋は、いじめを苦に十代が自殺する事件が全国で相次いでいる。
(これは報道サイドが今まで敢えてしてなかったと私は思うのですが)

悲しい事にその報道を見て他地域のいじめをしている子がいじめを止めたという話はまるで聞かない。

それくらい現代の十代は(十代だけではないのかもしれないが)
生まれる命に対しても死ぬ命に対しても感情が希薄になっているように思える。

だから、今「命の問題」を書く事に意味があるのだと。



なるほどね。
ただ、この問題の意図はともかくとして
このドラマが見せる側面は様々だからね。


どこまで「命」というものを描く事ができるのか。



それと他のところでも自分はコメントでちょくちょく書いているけど
このドラマの親は絶対に子供を見捨てない。見限らない。

どんな事をしても子供を守ろうとする。


その事をわかって欲しい。

そんなメッセージもあるような気がします。


なんかこうして見ると訴えたい事が沢山ありすぎてるようで
逆に混乱してまうかもしれんですね。




さて、来週は・・・出産Σ(゚д゚;ノ)ノ?!


もう、どうなるのか、今から(゚∀゚;)ドキドキ
後、2話もあるんだけど
どういう描き方になるんでしょうねぇ。
その辺の展開も気になる。

そんでもって、真由那がどう絡んでいくかとっても気になる。

う~ん、気になる気になる。

とりあえずジッと待ちます(;・∀・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月30日 00:59
このドラマ、ホントに見る側によって 様々な意見が出て来そうですね。
早く母になりたい!と急ぐ人も若いコだけじゃなく居るかも知れないし…。やっぱり子供は大変だから…と思う人も。
子供産む産まないじゃ無く、人生、親、友達、学校ets.考えたり。。
来週は、いよいよ産まれそうですね。 
どういう方向で結末するのか、本当に興味が沸くドラマです。
ikasama4
2006年11月30日 06:23
にゃんこ様
>このドラマ、ホントに見る側によって 様々な意見が出て来そうですね。
>早く母になりたい!と急ぐ人も若いコだけじゃなく居るかも知れないし…。やっぱり子供は大変だから…と思う人も。
こんなに大変なら生まない方がいいんじゃないかとか。
それでも生みたいと思う事。
この辺りの答えは来週用意されているのでしょうかね。

>来週は、いよいよ産まれそうですね。 
てっきり最終回まで引っ張ると思ってた私にはビックリです。

ただオロオロして待つばかりです(;・∀・)
2006年11月30日 09:09
ikasama4様、おはようございます。
ここだけの話。
このドラマの感想については
やや孤独な異端者キッドなのですが
ikasama4様の中立なご意見にいつも癒されていたのです。
恥ずかしながらご報告しておきます。

例のイラストはトレビアンだと思います。
とっても萌え~なので妄想一直線です。
キッドはイラストレーターikasama4先生を尊敬しています。
2006年11月30日 11:02
命の問題をテーマとして訴えたいなら、
ストレートにいじめを題材にしたドラマを作った方が
わかりやすかったんではないかな~と・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
描き方によってはめちゃくちゃ反論をよびそうですが(笑)

確かに出産にあたり、親がどんな子を思うかという部分は
ヒシヒシと感じるんですけどね~。
ただ、そのメッセージがきちんと中・高生に伝わり、
自分を含め、全ての命あるものを大事にする意識を植え付けられるのかは
ちょっと疑問ですわぁ。

お忙しい中、かわゆ~いイラストをありがとうございます♪
ゆうこりんとお揃い、ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪
実は、ゆうこりんの出身・こりん星は、あたしも出身・まこりん星とは
お隣さんですの、うふっ!
そしてかりん星出身のかりんさんもそのまたお隣。
アンナさんはアンナドロイダ銀河のご出身ですの♪←またもや妄想が爆裂(笑)
2006年11月30日 11:05
訂正・・・アンナドロメダ・・・打ち間違えちった。
恥ずかしい(/ε\*)イヤン
2006年11月30日 16:35
>それともお遍路さんのおかげでしょうか(笑)
私も、ええ~こんな大きなお腹でお遍路さん回ってたの~?!とか
思っちゃいました。(笑
そうそう!柳本さんの出番が少ないっす!
もっと何がしかの影響を未希に与える存在かと思いましたが・・
次回に期待?
2006年11月30日 18:06
え~?いじめ自殺は今に始まったことではないけどここで急に噴出したから「命」の大事さを訴えるために「14才の出産」ですか?土俵が全く違うんじゃないでしょうかねぇ~~?あたしはこじ付けと思うんですけど。
そもそも軽々しく命を宿したことを取りざたされないのがおかしいのであって、中絶を推進してるわけではないのにね。その根本を見ないで何か軸が歪んでるように思うんですけど。
ただ、双方の親が必死なのはとてもいいことです。間違った道を歩くとはいえ親が捨てないだけましですよね。
あのぅ・・戸田さんはお遍路を歩いたのですか?
かりん
2006年11月30日 18:13
追伸です!
H☆C、イラストありがとうございます。
最高ですね~~。あんなカフェ服なんて絶対に着れないですもん。
ウフフ・・最高に萌えで~~す。
セーラー服もあるんですか?
えへへ・・妄想が・・白目になってどっとやってきてますえ~。

しかも、デブー曲も決まったようですね。
しかも、カップリングも。(?)
しかも、皆さん、悶絶してしまいそう・・およよ(嬉)
ikasama4
2006年11月30日 21:49
キッド様
こんばんはです。

>ikasama4様の中立なご意見にいつも癒されていたのです。
>恥ずかしながらご報告しておきます。
どうもありがとうございます。
例えば、報道とかはこういう事を伝えたいとか
ああいう事を伝えたいという事を
ニュースという形で伝えるように
ドラマはドラマの演出や登場人物の描写で
時には言葉で、時にはその映像で伝える事ができると
思っています。

それがどんなドラマであっても
そういう「伝えたい事」があると思います。

そういうのを聞き取ろうとすれば
自分の主観をできるだけ排除して見る必要があるのかなと思いますが、
今回の場合は自分が経験してない事が多いので
結構中立な立場で見れるのだと思います。


>例のイラストはトレビアンだと思います。
>とっても萌え~なので妄想一直線です。
ホントは思いっきり少女漫画に走ろうかとも思ったんですね(;・∀・)ゞ
ikasama4
2006年11月30日 21:50
まこ様
>ストレートにいじめを題材にしたドラマを作った方が
>わかりやすかったんではないかな~と・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
この手の作品は野島さんが得意だったんですがね。
最近、彼の名前を見ないなぁ。
創作活動してるといいなぁ。

>ただ、そのメッセージがきちんと中・高生に伝わり、
>自分を含め、全ての命あるものを大事にする意識を植え付けられるのかは
>ちょっと疑問ですわぁ。
たしかにここは問題ですね。
特に自分が「こうあるべき」という主観が強いと
解釈の形も変わってきますからね。
まぁこのドラマの言葉を借りるなら
「親は子をただ信じるしかない」というところでしょうかね(苦笑)
ikasama4
2006年11月30日 21:50
まこ様
結構好評なんですね。
皆さん、お星様のご出身とは驚きでした(大笑)
ikasama4
2006年11月30日 21:51
きこり様
>私も、ええ~こんな大きなお腹でお遍路さん回ってたの~?!とか
>思っちゃいました。(笑
その時もお子さんはパパに任せたんでしょうかね(笑)

>そうそう!柳本さんの出番が少ないっす!
>もっと何がしかの影響を未希に与える存在かと思いましたが・・
>次回に期待?
後、3話でどこまで絡めるのか
そして香子先生とどんな過去があったのか
・・・そこまで描けるんでしょうかね(苦笑)
ikasama4
2006年11月30日 21:51
かりん様
>ここで急に噴出したから「命」の大事さを訴えるために「14才の出産」ですか?土俵が全く違うんじゃないでしょうかねぇ~~?あたしはこじ付けと思うんですけど。
まぁ自殺問題は後からついてきた話でしょうけど
このドラマの放送前は命に対して親になる人が
子に対して虐待とかいった報道が結構多かったですからね。
本当はそこに重点があったのではないかと思っています。

それが自殺報道にのっかって
そういう視点で見れる事ができるかもしれないという
論評になったんではないかと思うのですがね。

>ただ、双方の親が必死なのはとてもいいことです。間違った道を歩くとはいえ親が捨てないだけましですよね。
ここが先程触れた虐待の報道と真逆なので
そういう事がいいたいのかなと思ったりして。
とすれば、これから親になる人のためのドラマではないかなと。

で、普通に妊娠出産なんてありふれているから
「14才」というショッキングで視聴者の目を引く内容にしたのではないかと。
波多野目線だとこんな感じです(笑)
ikasama4
2006年11月30日 21:52
かりん様
>あのぅ・・戸田さんはお遍路を歩いたのですか?
これはNHKドラマ「ウォーカーズ」でお遍路を歩くドラマがあるのですが
そこで戸田菜穂さんがお遍路を歩いているもんで(;^∀^)ゞ


>H☆C、イラストありがとうございます。
>最高ですね~~。あんなカフェ服なんて絶対に着れないですもん。
>ウフフ・・最高に萌えで~~す。
こちらこそ、ありがとうございます。
これで大分楽になりました( ^▽^)

>セーラー服もあるんですか?
どの制服にするのかが大変です。

>しかも、デブー曲も決まったようですね。
>しかも、カップリングも。(?)
そのようですね。
レコーディング頑張って下さい(笑)
2006年12月01日 01:28
こんばんは!

私はただただ桐ちゃん親子の本音のぶつかり合いに、涙したのであります。

>このドラマの親は絶対に子供を見捨てない。見限らない。
どんな事をしても子供を守ろうとする。

ホント、そうですね。
子供を見捨てない、見限らない。
きっと子供も、自分が親になったら同じように子供を見捨てないと
思う。。。
最終回までどんな展開になるのか、そっと見守りたいと思います。
桐ちゃんがやっとよく喋るようになってホッとしてます(笑)

追伸:H☆Cの活動に忙しくて、ドラマレビュー遅れてます(爆)
   年末忙しいのに、大丈夫ですか?(苦笑) 
ikasama4
2006年12月01日 07:31
アンナ様
おはようございます。
>私はただただ桐ちゃん親子の本音のぶつかり合いに、涙したのであります。
本音って時として醜いものに
時として美しいものになります。
今回は後者でしたね。

>きっと子供も、自分が親になったら同じように子供を見捨てないと
>思う。。。
親がそう思っていれば、子もその親の姿にならってくれるのではないかと思ったりします。
ちょっと理想入ってるかもしれませんけど(;・∀・)ゞ


>追伸:H☆Cの活動に忙しくて、ドラマレビュー遅れてます(爆)
お仕事、御苦労様です。

>   年末忙しいのに、大丈夫ですか?(苦笑)
忠彦の言葉を借りると、工夫して頑張って何とかおります(笑)
2006年12月01日 22:56
今の所、「子供を産み育てるのは大変なことだよ」は伝わっていますが、命の大切さは無事に生まれて来て初めて分かると思うので、万が一、最後にナシにしてしまわないように祈るばかりです。
ikasama4
2006年12月01日 23:25
みょうがの芯様
>今の所、「子供を産み育てるのは大変なことだよ」は伝わっていますが、
これは切々とわかる気がします。

>命の大切さは無事に生まれて来て初めて分かると思うので、万が一、最後にナシにしてしまわないように祈るばかりです。
未希はその事をこれから改めて実感していくのでしょうね。
命の大切さ。
そして命を育てる事がどれだけ大変なのかという事を。
2006年12月02日 00:05
う~ん。。。
私も自分の記事で何度も書いているので今さらですが、
14才が、行き当たりバッタリで子供を作って、いきおいで
産んでしまう事は命の大切さとは違うような。。。
親もね。見捨てない事はもちろん素晴らしい事ですが、
「きちんと諭す事ができる」と言う事の大切さに欠けていると
思うのです。これは、両家の親がそうです。
最近、子供をちゃんと叱る子とができる親が減っている気がします。
イジメの根元もそういう所にある、と私は思うのです。
ikasama4
2006年12月02日 07:41
くう様
>14才が、行き当たりバッタリで子供を作って、いきおいで
>産んでしまう事は命の大切さとは違うような。。。
これについてはおそらく身をもって命の重さを
経験する事で命の大切さを知ってくれってという
考え方を私はしています。
ただ、このドラマの今の演出から
十代の方々がそう思えるかどうかは少々疑問です。

>「きちんと諭す事ができる」と言う事の大切さに欠けていると
>思うのです。これは、両家の親がそうです。
これは今の社会を皮肉ってるのではないかと思っています。
例えば、子供にだって人権はある。
だから子供も大人と同じような立場で扱うべきだ、みたいな。

>最近、子供をちゃんと叱る子とができる親が減っている気がします。
>イジメの根元もそういう所にある、と私は思うのです。
そこなんでしょうね。

例えば、それから何かにつけて責任をなすりつける。

イジメが悪いんだ。
学校が悪いんだ。

最近の報道ではそんな一方的な偏りが目立ちます。

そんな大人達の行動を見てないようで
子供はしっかり見ているのではないかなと。

この記事へのトラックバック

  • 14才の母 第8話:二つの命…どちらを選ぶ?」  

    Excerpt: 波多野さん、立ち会うのか?(゚ロ゚;) あのまま、病院についてく羽目になるんでしょうね~。 そして、未希の出産を目の当たりにして、波多野がどんな風に感じるんだろうか? てか、まだ産み月には少し早いん.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2006-11-30 01:35
  • 14才の母:第8話

    Excerpt: もしものとき、未希と赤ん坊のどちらの命を優先するのか。 加奈子はもちろん我が子・未希の命を守りたい。 未希は「選べない」という。 自分を犠牲にしてでも子を産みたい。 母性とはそういうものな.. Weblog: 日常の穴 racked: 2006-11-30 08:47
  • 「元気にしてるか・・・元気かぁ」と志田未来は言った。

    Excerpt: 「俺、ちゃんとするから、すぐには無理だから、いつか、ちゃんとするから」と志田未来 Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2006-11-30 08:56
  • 『H☆C』幻の試聴デビュー盤を入手!

    Excerpt:           「ピアノ体操曲第1番(標題:でびう)」アーティスト・H☆C Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2006-11-30 15:44
  • 14才の母 第8話

    Excerpt: 2週続けて同じ終わりかっ!?と思いましたが、ちょっと違いました(^^ゞ ドラマも中盤を終え、これから終盤に向けて盛り上がってくるということで、今回の最初の方を見た限りでは少し中弛みな感じだなぁと.. Weblog: ドラマの話をしてみよう racked: 2006-11-30 16:24
  • 「十四歳の母」第八回

    Excerpt:  急な痛みで病院へ運ばれた未希(志田未来)、大事には到らなかったが 血圧が高いので入院して経過を見守ることになった。 未希のことを心配する加奈子(田中美佐子)は的場先生(高畑淳子)に 「万が一の.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2006-11-30 16:38
  • あなたのブログでできること

    Excerpt: とても良いブログですね♪お気に入り登録しちゃいました、良かったら私のブログも見てくださいね♪管理人さん不要でしたら削除してください。 Weblog: あなたのブログでできること racked: 2006-11-30 19:19
  • 14才の母 8話~二つの命…どちらを選ぶ?~

    Excerpt: 今回は桐ちゃん親子のシーンに泣いてしまったのでした~~~~(涙)うぇ~ん!桐ちゃんの「ただ。。。幸せになりたいんだ」のひと言にぐっときちゃいました。そして波多野さん!私はかなり好きです(笑)ホストでも.. Weblog: アンナdiary racked: 2006-11-30 22:04
  • 『14才の母』 第8回 「二つの命…どちらを選ぶ?」 メモ?

    Excerpt: どうも、まったり感が強くなってきた気がしないでもないですが・・・。 次回は、ついにメインイベントみたい。 Weblog: つれづれなる・・・日記? racked: 2006-11-30 23:28
  • 14才の母 ~秤~

    Excerpt: 前回… 雪の中で倒れた未希… ミ(ノ;_ _)ノ =3 コテッ!! そして夜逃げするきりちゃんたち… エライコッチャの14才の母第8話!! 今までのお話はこんな感.. Weblog: zenの日記 racked: 2006-12-01 02:22
  • 「14才の母」第八話

    Excerpt: 腹痛で倒れた未希は、治療のために入院をしました。 Weblog: みょうがの芯 racked: 2006-12-01 22:34
  • 【14才の母】第8話

    Excerpt: 何だか、全然違うドラマになっちゃって。まぁ、予感は始めっからしてたけど。まるで、最初から愛し合い想い合っていたかのような2人。電話での、お互い相手に心配をかけまいとする強がった会話が切ない。。。。最初.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-12-02 00:18
  • いじめの度合いが世相を反映している 【うつ病を克服し、ストレスフリーな生活を手に入れる方法】

    Excerpt: うつ病の原因として職場の人間関係が主な原因となっておりますね。いじめは小中学校だけではなく、大人の社会でも起こっています。また、これが子供の頃のいじめとは種類が違います。うちの会社でも、「これはパワハ.. Weblog: うつ病を克服し、ストレスフリーな生活を手に入れる方法 racked: 2006-12-03 01:13
  • 14才の母・第8話

    Excerpt: このドラマはストーリーであれこれ考えるよりも、 Weblog: あずスタ racked: 2006-12-04 22:25
  • 職場での人間関係にストレスを感じなくなりました。

    Excerpt: こちらのページでは人間関係の"HOW TO"について紹介しています。 Weblog: 【人間関係悩み解消ドットコム】 racked: 2007-03-05 17:47