14才の母 第4話

未希とお母さんの本当の戦いはこれから始まる―――。

で、始まったオープニングだが
初っ端のバイク事故でちょっと興醒め(; ̄Д ̄)


こけたくらいで良かったんじゃないの?
相手の人はどうなんの?
そういうとこの後処理について全然触れられなかったのが
えっらい気になってもうて(;・∀・)





クラスメイト・恵の視点

自分の通った学校に傷がつく。
この学校はそういう生徒がいる。
そうなると自分も未希と同じように思われてしまう。

あり得ない。






クラスメイト・真由那の視点

笑ってしまう。
やっぱり友達なんていない。
所詮自分の事しか考えていないやつばかりだ。


普通のヤツなら妊娠したと知ったら誰にも知られずに堕ろす。
自分の身が大事だから。

しかし、この馬鹿は何故学校に来た?
そして、生みたいと言う。

何故なのか、ちょっと聞いてみたい。

自分ができなかった事をこの馬鹿はやろうとしてるのだから。






智志の視点

初めて男の人が泣くのを見た。

僕に何ができるのか

「何もできない」

義務教育も終わっていない
働く事も出来ない。
もし、君に出来る事があるとすれば


娘にもう会わない事だ。


僕は彼女のお父さんの意見に従う事にした。

母が海外に旅行に行こうって言った。
突然の事だけど、母さんの気持ちもよくわかる。
これ以上、母さんに迷惑をかけたくない。
だから母さんに僕、ついて行く。

ただ、その前にひとつだけ。


店長、伝えてほしい事がある。

―――ごめん。でも会えて良かった。







波多野の視点

最近の中学生は気に食わねぇ。
勉強の合間を縫って子供を作ってトットと子供を堕ろす。

世界では精一杯生きたくても生きられない子達がいるというのに
この国の子供達は自分の事ばかりで命を軽く見てる。

日本の縮図がここにある。

さてと、あの金持ち息子が妊娠させた相手だが・・・一ノ瀬?

そういえば、いつもファミレスでコーヒーをついでくれる店員さんも一ノ瀬だったな。

どうも当たりのようだなぁ。


まぁ彼女にはちと気の毒かもしれんがね。

ここまで来たんだ。
徹底的に書かせてもらうよ。

所詮今時の中学生なんてこんなもんだからね。





加奈子の視点

赤ちゃんが眠っている病院にて赤ちゃんを見せて
未希に子供を諦めるよう優しく諭す母。

学校や会社に休みはある。
でも赤ちゃんにはなし。
赤ちゃんにはとても手がかかるの。
未希に育てる事ができる?
今の未希に育てる事ができる?

「・・・やっぱり生みたい」

―――どうして?おろす事が怖いから?

「いい加減な気持ちじゃない」


( ; ゚Д゚)フゥー...



母本気モード全快(▼Д▼)変身

じゃあ本気で反対する
親としては賛成できない。
生まれてくる子に無責任だ。
あなたは14才。まだ義務教育が終わっていない。
無責任よ。
学校を辞めてしまう。
友達ともつきあえなくなる。
もしもの場合、あなたの命さえも・・・。
それでも生みたいのであれば
それだけの理由を言いなさい。
お父さんとお母さんを納得できるだけの理由を言いなさい。

泣いてもダメ。
そんな事で泣いたらイチイチ泣いてられないわよ。



自宅に戻ると息子が怒っていた。
娘ばかりかまっていたからだ。

ごめんね。
あなたも大事なの。
でも、あなたにも話せない事があるの。
知らない方がいい事があるの。

ごめんね。
あなたにかまってあげられなくて。



翌日、学校に呼び出された。

突然の呼び出しはもうあれしかない。
他に呼び出される理由がないもん。

慌てたって仕方ない。



そうして私は正直に事の真相をありのまま話す。
娘が犯したこの世の過ち。
それでも母は娘を守る。
娘のために。


でも、娘もまた覚悟を決めていたようだ。
自分なりの答えで。


未希の視点

彼に言われたんだ。
「ごめん。でも、会えてよかった。」って。

お母さんが私に言ってくれたの。
「お母さんは私に会うために私を生んだんだ」って。
そして私を生んだ時、
「会えてよかった」って。

私生みたいの。この子を。
私会いたいの。この子に。


お母さん、許して。
私、もう泣かないから。


悲しい時に笑えなきゃ赤ちゃんなんて育てられないもんね。



私の負けね。





娘の覚悟を決めた笑顔に母も覚悟を決めたようです。
優しく笑いかけていましたね。

さて、お父さんはどうなるんでしょうね(;・∀・)



このドラマは色々な視点が描かれてるんで
個別にまとめた方がまとめ易いかな。


それにしても中盤に至る空気が重かったなぁ。
未希が制服を着て学校に向かう。

そこに彼女の居場所がなくなりつつある。
四面楚歌。

そうして教室に入るまでが重いのよ。
彼女は今まで友達と思っていた人から裏切られるショックを受けると思ってたからね。


ただ、そんな事はもう彼女の眼中にはなかったようですけど(;・∀・)





それからこの人も未希に向かって牙を剥き出しにしてきてますね。
未希を今時の中学生とひとくくりにされてね。




なんか画風がJoJoっぽい感じがするな(;・∀・)




ようやく思い出したのだけど波多野を演じる北村さんと田中美佐子さんって
共演してましたね。
たしか「リミット」ってドラマで。
そん時の田中さんは結構怖かったな。

娘を本気モード全快で怒る姿にそん時のドラマを思い出しました(((( ;゚д゚)))アワワワワ



予告を見ると今回の重苦しい雰囲気から一転
なんか柔らかい雰囲気になってましたね。

なんか今後は店長さんと香子先生も巻き込まれていきそうです。

ここから先、どんな風に描かれていくのか
そして未希の決断に智志とその母はどうするのか
その辺りも気になるところですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月02日 17:33
一輝、怖い{{{{(* ̄д ̄)}}}}
えらく攻撃的な言葉が紙面を踊ってましたが、
今後、未希の想いや親の苦悩を理解するうちに
応援側に回るんでしょうかねぇ???
敵に回すと怖いけど、味方につければこれほど
心強い人物はいないでしょう(笑)。
一輝の悪そうなニヤリ顔が好きだーーー!
2006年11月02日 18:31
こんばんは!
北村さんのお顔が本人よりもぬくもりがあってしかもいいオトコに描けてますね。イラストの方が断然いいですっ!!(笑)
あの見出しは安週刊誌のようでしたが、社会派と言った本人の良心がもしもあるならもうちょっと違う方向に行きそうな気がします。
甘いかしら??
2006年11月03日 00:14
色々な視点から見ると、様々な考えが出来るドラマになってきましたね。
来週は、未希も母も産む方向に心が決まった様なので、怖いものがなくなるのかもしれません。

北村さんカッコ良いです!
ドラマの方がもっと髪の毛がグチャグチャですかね♪
2006年11月03日 00:25
男の子の親としては、智志と母の動きに興味ありです。
外国に逃げるのは、あんまりじゃないのか。。。(-_-;)
2006年11月03日 07:35
おはようございます。
ココログと、Biglobeは、相性が悪いのか、TBボックスから、URLが消えないので、いくつもTBが飛んで、すみません。

今回は、正解の無い答えに、苛立ちを覚えながら、それでも、タイトル通り未希は歩いていくのでしょうね。親がこんなに弱く言いなりになるのかぁと、腰が引けました。
2006年11月03日 09:35
おはよう~♪

母本気モードの文字に仁義入ってますが(笑)
そして似顔絵のエンピツ描きが上手ですね~溜息♪
でも、似てないけど(爆)

私が14才の時は、どうやって妊娠するのか
知らなかったのになぁ~(笑)
もう、その時点で私はショックですよ(苦笑)
この子に会いたいから産む?
何言っとんねん!と激怒したおばちゃん達多数(笑)
うーん、最後まで目が離せないですね。
ikasama4
2006年11月03日 16:54
まこ様
>えらく攻撃的な言葉が紙面を踊ってましたが、
>今後、未希の想いや親の苦悩を理解するうちに
>応援側に回るんでしょうかねぇ???
波多野は基本的にイイ人なんでしょうね。
ただ戦争で生きたくても生きられない子供達を見てきて
日本で幸せな事に気付きもしないで
命の大切さも知らずに生きている子供達に憤りを
感じているように思います。

>一輝の悪そうなニヤリ顔が好きだーーー!
何かやってくれそうで(笑)
ikasama4
2006年11月03日 16:54
かりん様
こんにちはです。
>北村さんのお顔が本人よりもぬくもりがあってしかもいいオトコに描けてますね。イラストの方が断然いいですっ!!(笑)
当初は主人公を追い詰める人と聞いていたので
ダークなイメージを想像してたんですが
なんか優しい感じの人なんで、そのイメージが絵に出てます。
なんか優男です(;・∀・)

>あの見出しは安週刊誌のようでしたが、社会派と言った本人の良心がもしもあるならもうちょっと違う方向に行きそうな気がします。
未希の生き方を見れば波多野の考えも少しは変わってくるのではないかと思うのですがね。

>甘いかしら??
いえいえ、自分も甘い人なので(;・∀・)
ikasama4
2006年11月03日 16:55
みょうがの芯様
>色々な視点から見ると、様々な考えが出来るドラマになってきましたね。
人によって14才に対する考え方は千差万別のようです。
自分が十代の頃なら未希や恵、真由那が考えもわかりますし
今であれば波多野や父、母が言う事もわかります。

後はもう・・・未希が後悔しなければそれでいいかなと(;^∀^)

>北村さんカッコ良いです!
>ドラマの方がもっと髪の毛がグチャグチャですかね♪
ですね。なんかグチャグチャなんですよね。
そこまで私の気合が持ちませんでした(;・∀・)
ikasama4
2006年11月03日 16:55
くう様
こういう時って男は腰が引けるのかもしれません。
まぁこの場合、母が息子を守ったという形なんでしょうけど
せめて雑誌に息子の事が書かれて息子に世間の目が冷たく
ささる前に外国に逃がすのは親であれば仕方ないのかなぁ。
逃げずに向き合って欲しいのですがね。
ikasama4
2006年11月03日 16:56
mari様
TBに関してはおかまいなく。

どうも私のパソコンが
コメントを書いている最中にフリーズしてしまう事が
多々ありまして(;^∀^)

>今回は、正解の無い答えに、苛立ちを覚えながら、それでも、タイトル通り未希は歩いていくのでしょうね。
人生において自分の予期しない現実が突きつけられた時
何が良かったのか何が間違っていたのかそれを決めるのは難しいですね。

そこから後ろに下がるのも正解であれば
そこから前に進んでいくのも正解なんでしょうね。

自分が絶対に後悔をしなければ。
ikasama4
2006年11月03日 16:56
アンナ様
>母本気モードの文字に仁義入ってますが(笑)
だってそのくらい怖かったですから(;・∀・)

>そして似顔絵のエンピツ描きが上手ですね~溜息♪
>でも、似てないけど(爆)
そうなんですよねぇ。ちょっと優しい感じとダークな感じが
中途半端で(;・∀・)

>私が14才の時は、どうやって妊娠するのか
>知らなかったのになぁ~(笑)
山で遊んでた自分も考えた事すらなかったですね。

未希の決断に対して
絶対に間違っている!とは言い切れないもんで
そこが悩ましいとこです。

未希と母はもう何があっても大丈夫だと思いますが
父と息子はどうでしょうね。
未希と共に一ノ瀬家全体の家族の行方もまた注目です。
2006年11月04日 14:59
いつもありがとうございます!
今頃、すいません~。

>こけたくらいで良かったんじゃないの?
相手の人はどうなんの?

そうです~。どうなったのでしょう?
視聴者を焦(汗)らせるだけの
シーンだったのでしょうか?(^^ゞ

色んな意見がありますよね。
個人的に、こういう問題提起をするドラマは
興味深いのですが、ブログにも書きずらいですが
コメントもしずらいですね~^_^;
ikasama4
2006年11月04日 16:18
ルル様
>色んな意見がありますよね。
>個人的に、こういう問題提起をするドラマは
>興味深いのですが、ブログにも書きずらいですが
>コメントもしずらいですね~^_^;
妊娠・出産という事とそれが14才という事。
考えても考えても「これ」という答えが見えてきませんね。
ただこのドラマが終わる頃には
その答えの道が見えてくるような気がします。

この記事へのトラックバック

  • 14才の母 第4話:旅立ち私はもう泣かないよ

    Excerpt: 会いたいから…ってあーた!ヽ(´Д`;)ノ お母さんも何廊下で一人感動してんだか…{/ase/} お父さんが泣いてくれたって…泣かすような事をしたのは誰なのさ{/face_z/} 前回ラストで病院か.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2006-11-02 00:50
  • 14才の母 4話~旅立ち私はもう泣かないよ~

    Excerpt: 毎度のことながら1時間があっと言う間で「え!?もう終わり?」みたいな。 それだけ見入っているってことだよね。 冒頭の母・加奈子(田中美佐子)のセリフにしみじみ。 Weblog: アンナdiary racked: 2006-11-02 01:36
  • ・日テレ「14才の母」第4話

    Excerpt: 2006年11月1日(水)、日本テレビで「14才の母 」第4話「旅立ち私はもう泣かないよ」が放送されました。第4話は、簡単あらすじ&簡単感想をアップします! 時間が無いので、ご了承を♪ ◇.. Weblog: たまちゃんのドラマページ racked: 2006-11-02 12:44
  • ・日テレ「14才の母」第4話

    Excerpt: 2006年11月1日(水)、日本テレビで「14才の母 」第4話「旅立ち私はもう泣かないよ」が放送されました。第4話は、簡単あらすじ&簡単感想をアップします! 時間が無いので、ご了承を♪ ◇.. Weblog: たまちゃんのドラマページ racked: 2006-11-02 12:44
  • 14才の母 第4話 ~志田未来 強い母となるために~

    Excerpt: お母さんがあたしに会うために生まれてきたって思ってくれたように私も・・・だから会 いたいの。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-11-02 14:24
  • 「十四歳の母」第四回

    Excerpt:  病院から走り出した未希(志田未来)を追いかける加奈子(田中美佐子) 『雨の中、何度もあなたの名前を呼びながらお母さんは気づきました。 もう、あなたは小さな子供ではないことを・・ そして、お母さ.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2006-11-02 15:22
  • 「十四歳の母」第四回

    Excerpt:  病院から走り出した未希(志田未来)を追いかける加奈子(田中美佐子) 『雨の中、何度もあなたの名前を呼びながらお母さんは気づきました。 もう、あなたは小さな子供ではないことを・・ そして、お母さ.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2006-11-02 15:23
  • 「14才の母」第四話

    Excerpt: ついに学校に知られる事となりました。 Weblog: みょうがの芯 racked: 2006-11-03 00:09
  • 【14才の母】第4話

    Excerpt: まず、見る前に一呼吸。。。落ち着け。私よ。これは、ドラマの中の話である。これは、お余所のお宅の話なんだよ~。私は、どうも二次元の世界に入り込みすぎる傾向がある。だから。。。とにかく。。。落ち着くんだ。.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-11-03 00:24
  • 《14才の母》 第4話

    Excerpt: 「どうして生みたいの!」これは親なら必ず考えることでしょう。やっと、加奈子の本音が出ました。14才で、子供を生むことの意味を、正当性を言わなければ、ならなくなった未希。14才で子供を生むのはまわりは、.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-11-03 01:46
  • ほころび(14才の母#4)

    Excerpt: 『14才の母』大事なものがあれば、がんばれちゃえますよね?決めたの、学校を辞めて子供を産むよ。私、会いたいの。ただこのお腹の赤ちゃんに会いたいの。どんなに苦しい事があっても、もう泣かない。 Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2006-11-03 01:50
  • ほころび(14才の母#4)

    Excerpt: 『14才の母』大事なものがあれば、がんばれちゃえますよね?決めたの、学校を辞めて子供を産むよ。私、会いたいの。ただこのお腹の赤ちゃんに会いたいの。どんなに苦しい事があっても、もう泣かない。 Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2006-11-03 01:51
  • 《14才の母》 第4話

    Excerpt: 「どうして生みたいの!」これは親なら必ず考えることでしょう。やっと、加奈子の本音が出ました。14才で、子供を生むことの意味を、正当性を言わなければ、ならなくなった未希。14才で子供を生むのはまわりは、.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-11-03 05:43
  • 14才の母(4)

    Excerpt: 「旅立ち私はもう泣かないよ」 Weblog: ドラ☆カフェ racked: 2006-11-04 14:57
  • 14才の母・第4話

    Excerpt: 妙な所で思い悩むドラマだなあ・・・。 Weblog: あずスタ racked: 2006-11-05 02:10
  • 14才の母 第四回

    Excerpt: いろんな意味でありえないと感じてしまいました。志田未来さんの奮闘ぶり に心痛むし、応援したいけれどどうしてもドラマの内容に共感出来ませんね。 Weblog: The Glory Day racked: 2006-11-06 01:14
  • 14才の母ってどんな話?

    Excerpt: 14才の母を皆さん、もうご覧になりましたか??今、非常に社会的にも話題になっているドラマです。昔から、14才の母のようなストーリーのドラマは存在していました。 例えば、高校生のクラスの生徒の一人が妊.. Weblog: 14才の母 racked: 2006-11-08 15:14
  • 田中美佐子のプロフィール

    Excerpt: 田中美佐子(たなかみさこ)本名:深沢美佐子。1959年11月11日生まれ。昭和後期・平成時代の女優。島根県隠岐島出身。東洋女子短期大学在学中に、劇団ひまわりに入団。1981年、TBSの緑山私塾からドラ.. Weblog: 田中さんのブログ~田中美保・美帆・れいな・ロウマ・気象予報士の田中まや~ racked: 2006-11-16 21:41
  • 2ちゃんねるの泣ける話を厳選しました。

    Excerpt: 久々に泣きました。80パーセントの人が感動して涙した話です。あなたにも伝えたくて、トラックバックしました。泣きたくない人は見ないでください。もし不要な場合は消去してください。ありがとうございました。 Weblog: 2ちゃんねる 泣ける 話 racked: 2007-04-08 00:01
  • 劇団ひまわり【子役プロダクション情報】

    Excerpt: 劇団ひまわりは、1952年創業の老舗にして名門の児童劇団。東京都渋谷区恵比寿西に本部を置き、また全国に支社を構えています。東京に「シアター代官山」、大阪に「シアターぷらっつ江坂」という劇場を有している.. Weblog: 子役情報と子役オーディション racked: 2007-04-15 19:31
  • 劇団ひまわり【芸能プロダクション情報】

    Excerpt: 劇団ひまわりは、1952年創業の老舗にして名門の児童劇団。東京都渋谷区恵比寿西に本部を置き、また全国に支社を構えています。東京に「シアター代官山」、大阪に「シアターぷらっつ江坂」という劇場を有している.. Weblog: オーディション・芸能プロダクション情報 racked: 2007-04-18 18:33