僕の歩く道 第6話

私の息子は自閉症だった。
どうしても息子が自閉症だと認める事ができなくて。

おそるおそる大竹さんに聞いてみる。

―――お父さんと遊んだ?遊ばなかった?


「お父さんはお仕事です」



―――そうだった。
自分も仕事だと言って公園で時間を潰していた。



ある時、息子がいなくなったと妻から連絡が入った。

私は息子を探した。


近くの商店街に息子はいた。

奇声を発していた。


何か気味が悪いようなものを見るかのように見つめる人々達。


私はその場所から逃げた。


全てを妻が見ていた。


その時、私の家族は終わった―――。






大竹さんの様子がおかしい。
何かしら「こだわり」が強く出ている。

こういう時は何かある。



そんな矢先、大竹さんが動物園からいなくなった。




みんなして大竹さんを探してみたが見当たらない。



大竹さんのご家族は留守のようだ。



私は河原さんに電話した。



―――大竹さんのこだわりのある場所知りませんか?




河原さんに言われた場所に大竹さんは寝ていた。

誰かがジャージをかけてくれている。



河原さんもそこへやって来た。

大竹さんの寝顔を見て思う。


傍にいる人間がどう接するかで彼の可能性は広がるんだ。



ふと自分の家族を思い出す。
妻は父親は死んだと説明している。

今更、会ってもどうしようもないだろうな。


河原さんは言う。
「彼には『死んだ』って事がわかってないと思いますよ」


そして、大竹さんにひとつだけ渡して欲しい物があると言った。




日が暮れて。



大竹さんが目覚めた。


「古賀さん。こんなところで油を売ってちゃいけないよ」
―――こっちの台詞だ。

「こっちのセリフだ。」



そして私は河原さんに預かったモノを大竹さんに渡した。

大竹さんはそれをジッと見ていた。



私は大竹さんのお父さんの事を聞いてみた。


「お父さんは遠くに行きました。いつ戻ってくるのかな。」


大竹さんは父親が戻ってくると思っている。


私もまだやり直せるのかもしれない。
私にもまだまだ可能性があるんだ。


そう思うと涙を堪える事ができなかった。




それから二人で動物園に戻っていった。



大竹さんの手には河原さんからの手紙。
都古ちゃんの初めての返事。







都古ちゃんとの二人だけの約束―――





今回は古賀さんの過去が見えました。
そして、その事に悔いている事も。


今回の事でちょっとだけ古賀さんは救われたようですね。
おそらく次回から大竹さんとの距離も変わってくるのでしょうね。




さて、大竹家は色々と考えるとこがあるようです。
人間ドッグに行った母。


母がいなくなったらその後はどうなるのだろう。

私は家を出て自分の幸せを考えていいのだろうか。
もしかしたら母の代わりに兄を見て欲しいのではないかと考える妹・りな。
「今の聞かなかった事にして下さい」
やはり、彼女は彼女なりに母がいなくなった後の兄の事を考えているようです。


一方、兄夫婦は母が亡くなったら輝明は施設に入れる事を考えています。
お母さんのように輝明さんの面倒は見れないから。


どちらも否定はできません。


「カレーはやっぱりチキンカレー」
秀治は周知の事実だったようですが、それを知らない妻は
慌てて鶏肉を切っていたのがちょっと笑えました。



輝明の強いこだわりは都古ちゃんが自分ではなく
河原さんと結婚という「約束」をしたのが原因だったのかもしれませんね。


都古ちゃんからの初めての手紙。
そして都古ちゃんとの約束にこれからも動物園に行き続けるのでしょうね。


園長さんは結婚記念日にプレゼントを買っていましたが
妻のため、というよりかは自分のため。
いい夫を演じるため。

なるほど、古賀さんが言った通り偽善なんですね。
でも、それを否定はできません。

大竹さんがいなくなった時、いつになく声をあらげる園長さん。
この事態に自分の立場が危うくなる事がよぎったのかもしれません。





最後にロードレーサーの亀田さん。



まったく台詞がありませんでしたが(笑)
いい仕事してました(≧∇≦)b


来週からあのジャージどうなるの?と思ったら
予告でジャージが変わってましたね。


来週は
「自分の子供の気持ちがわからない。それが当たり前だから。」
この言葉が幸太郎の母に突き付けられるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月15日 02:40
うん。。。
慌ててイヤそうに鶏肉を切っている兄嫁に笑いました。
次回は、少しは理解者になれるのかな~。。。
2006年11月15日 12:35
>「古賀さん。こんなところで油を売ってちゃいけないよ」
>―――こっちの台詞だ。
ここで、クスっと笑って、

>「お父さんは遠くに行きました。いつ戻ってくるのかな。」
ここで、ホロっと泣かされました(T_T)
古賀さんが、輝明に近づいたようで嬉しいです。

>輝明の強いこだわりは都古ちゃんが自分ではなく
>河原さんと結婚という「約束」をしたのが原因だったのかもしれませんね。
やっぱり、そういうことなんでしょうか。
実は、ちょっと理解しきれなかったのですが、
都古と「約束」したことで、輝明が安定できたらいいですね。
2006年11月15日 13:45
テルが起きるまで優しく見守った古賀さんにじ~ん。
>傍にいる人間がどう接するかで彼の可能性は広がるんだ。
理解は出来ても、なかなか実行するには忍耐がいりますよね。
今後、古賀さんの息子さんともいい関係が築ければと願います!
約束がキーワードだったんですね~。なるほど~♪
ikasama4
2006年11月15日 21:00
くう様
>慌ててイヤそうに鶏肉を切っている兄嫁に笑いました。
ちょっとだけ「いい薬だ」と思ってしまいました(;^∀^)
>次回は、少しは理解者になれるのかな~。。。
もう少しテルの事を見てほしいですね。
ikasama4
2006年11月15日 21:01
にな様
>>「お父さんは遠くに行きました。いつ戻ってくるのかな。」
>ここで、ホロっと泣かされました(T_T)
私も古賀さんの泣きにもらい泣き(TДT)

>古賀さんが、輝明に近づいたようで嬉しいです。
私も嬉しいです。傍にいる人で人は変われるんですね。

>実は、ちょっと理解しきれなかったのですが、
>都古と「約束」したことで、輝明が安定できたらいいですね。
その解釈をこちらに押し付けるのではなく
委ねているのでなんとなくそう感じられたんですがね。
この「なんとなく」っていうのがちょっと心地いいです。
ikasama4
2006年11月15日 21:02
まこ様
>理解は出来ても、なかなか実行するには忍耐がいりますよね。
>今後、古賀さんの息子さんともいい関係が築ければと願います!
ちょっとそんなシーンも見てみたいですね。

>約束がキーワードだったんですね~。なるほど~♪
テルにとって「都古との約束」は
かけがいのないもののようなものなんだと思ったりしてます。
「相手の気持ちがわからない。それが当たり前だから」
相手の気持ちをわかろうとする事で相手との距離が近付くのでしょうね。
2006年11月16日 22:11
今回は、何だか切ないと言うか、見てて辛くなる回でした。
古賀さんに、あんな過去が・・・。
でも、テルと同じ職場で接する事で、自閉症について改めて
色々知って・・・あの時の自分は、なんで理解してやれなかった
んだろう???って感じだったんでしょうね。
でも、古賀さんの行動、分からなくも無いし・・・複雑。
ラストの空を見つめるテルと、古賀さんの涙にやられました(T∀T)
ないし
ikasama4
2006年11月16日 23:34
ファンタ様
古賀さんがテルを避けようとしていた理由がわかりました。

あの時の記憶を思い出してしまうのが
つらいからなのでしょうね。

でも、テルとこうして向き合えた事で
きっと古賀さんは今からでも
息子とやり直せると思えたから

後悔の念から救われた思いがあの涙だったのでしょうね。

>ラストの空を見つめるテルと、古賀さんの涙にやられました(T∀T)
私も見事にヤラれました(T_T)
2006年11月17日 22:13
ikasama4さん、こんばんは~。
毎度ですが、、今頃スイマセンです(^^ゞ

>今回の事でちょっとだけ古賀さんは救われたようですね。
おそらく次回から大竹さんとの距離も変わってくるのでしょうね。

二人のシーンは良かったですよね~。
小日向さんの演技にも脱帽です。
そして、園長と古賀さんですが
当初に見た印象が違っていたのにも、驚きな回でした^^;
騙されましたもん、ワタシ(笑)
真樹が必死にチキンを切ってるシーンには
笑いましたね~。ポイントが抜けてるところが
この方らしいです。
ところで、文字が大きいので
レビューが読みやすくて、いいですね~♪

ikasama4
2006年11月18日 00:37
ルル様
こんばんはです。

>毎度ですが、、今頃スイマセンです(^^ゞ
いえいえ、お気になさらず( ^▽^)

>二人のシーンは良かったですよね~。
>小日向さんの演技にも脱帽です。
ええ、完全にヤラれました(TДT)

>そして、園長と古賀さんですが
>当初に見た印象が違っていたのにも、驚きな回でした^^;
>騙されましたもん、ワタシ(笑)
( ・ω・)∩私も騙されたクチです。
前回の「偽善者」がここできいてきましたね。

>真樹が必死にチキンを切ってるシーンには
>笑いましたね~。ポイントが抜けてるところが
>この方らしいです。
ですね。
まぁそれだけテルと距離を置いてきたという事なんでしょうけどね。

>ところで、文字が大きいので
>レビューが読みやすくて、いいですね~♪
そうなんですか。
それはいい事を聞きました。
早速ちょこちょこと参考にさせて頂きます( ^▽^)

この記事へのトラックバック

  • 僕の歩く道 第6話失踪!悲しき夕焼け

    Excerpt: ほっこり(= ̄∇ ̄=) 古賀さん、7年ぶりに息子に会いにいくかもね{/hiyo_en2/} 今回、いち早くテルの様子に気付いてくれたのが自閉症の息子を持つ古賀さん。 やはり息子さんの事が原因でバツイ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2006-11-15 00:06
  • 僕の歩く道第6話

    Excerpt: 第6話終了 いろんな意味で難しいと思いますが僕はこのドラマを通じて何かを得られればと思うのでこの記事を書き続けたいと思います。 第6話を終えて doramazuki18のコメ.. Weblog: doramazuki18~音楽もドラマも大好きな人のブログ~ racked: 2006-11-15 00:39
  • 僕の歩く道 第6話

    Excerpt: だぁーーーー!!!記事が全部きえやがったぁorz (この1週間で「ナースマンがゆく」を見ました、香里奈さんの若いころが・・・w 当然ながら、演技もうまくなっていれば綺麗になってらっしゃる!.. Weblog: 医療特撮部LOG racked: 2006-11-15 00:44
  • 僕の歩く道 第6話

    Excerpt: あー。久し振りにみててつらい話だったなあ。輝明が安定していないと、見ていてちょっとつらい。 Weblog: まいにちおきらく! racked: 2006-11-15 00:59
  • 僕の歩く道 第六話

    Excerpt: こだわりが強くなる=ストレスが強くなっている Weblog: めいほあしあんだ racked: 2006-11-15 01:19
  • 『僕の歩く道 』第6回 「失踪!悲しき夕焼け」 メモ

    Excerpt: びっくりしたり、ちょっと感動したり。 まぁ、まったりはしたままですが。 Weblog: つれづれなる・・・日記? racked: 2006-11-15 01:44
  • 【僕の歩く道】第6話

    Excerpt: 都古が結婚し、退職した動物園で、平静を保っているかに見えた輝明は大きなストレスを抱えていた。都古の新居に行く。でも、新居は都古1人の物ではなく、輝明は居場所を無くす。都古ちゃんの家にはもう行きません。.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-11-15 02:43
  • 僕の歩く道 6話~失踪!悲しき夕焼け~

    Excerpt: 今回最大の山は、テルの「僕のお父さんは死にました。 お父さんは、遠くに行きました。いつ戻ってくるのかな~」  古賀さんが号泣していましたね。 息子さんに会う気持ちになれたかな? 私もここで泣き.. Weblog: アンナdiary racked: 2006-11-15 10:52
  • 僕の歩く道第六話

    Excerpt: 失踪!悲しき夕焼け:ミヤコ(香里奈)の結婚でテル(草薙剛 Weblog: 日々雑用 racked: 2006-11-15 11:31
  • 『僕の歩く道』 6話

    Excerpt: とうとう、都古(香里奈)が動物園を辞めることに。 それからも輝明(草彅剛)は仕事に行くが、 休みの日、都古の新居に行ってから、こだわりが強くなる。 Weblog: ド素人日記 racked: 2006-11-15 12:08
  • 僕の歩く道 第六話

    Excerpt: ●キャスト 大竹輝明/草なぎ剛 松田都古/香里奈 大竹秀治/佐々木蔵之介 大竹真樹/森口瑤子 大竹幸太郎/須賀健太 大竹りな/本仮屋ユイカ 三浦広之/田中圭  古賀年雄/小日向文世 .. Weblog: ちょっと変な話 racked: 2006-11-15 16:06
  • 僕の歩く道 第6話

    Excerpt: 私は私の人生を生きていいのでしょうか? Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-11-15 17:46
  • 僕の歩く道 第6話

    Excerpt: だぁーーーー!!!記事が全部きえやがったぁorz (この1週間で「ナースマンがゆく」を見ました、香里奈さんの若いころが・・・w 当然ながら、演技もうまくなっていれば綺麗になってらっしゃる!.. Weblog: 医療特撮部LOG racked: 2006-11-15 19:29
  • 僕の歩く道 第6話

    Excerpt: また1人輝明(草剛)の理解者が増えました♪ やっぱり古賀(小日向文世)は自閉症の子供が原因で離婚したんですねぇ・・・。 しかも離婚のきっかけとなったであろう出来事が妙にリアルで切なさを感.. Weblog: ドラマの話をしてみよう racked: 2006-11-15 20:09
  • 僕の歩く道 第6話

    Excerpt: 都古ちゃんが河原さんと結婚して、動物園を退職。 Weblog: 似合わないクツを脱ぎ捨てて racked: 2006-11-15 22:17
  • 《僕の歩く道》 #06

    Excerpt: 輝明は、休みに突然都古の新居を訪ねた。 「どうして」を連発する輝明に、二人で一生仲良くすること、河原の動物病院を手伝っていること、それを河原と約束したこと、を伝えた。居心地が悪そうなテル。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-11-15 22:53
  • 《僕の歩く道》 #06

    Excerpt: 輝明は、休みに突然都古の新居を訪ねた。 「どうして」を連発する輝明に、二人で一生仲良くすること、河原の動物病院を手伝っていること、それを河原と約束したこと、を伝えた。居心地が悪そうなテル。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-11-15 22:53
  • 《僕の歩く道》 #06

    Excerpt: 輝明は、休みに突然都古の新居を訪ねた。 「どうして」を連発する輝明に、二人で一生仲良くすること、河原の動物病院を手伝っていること、それを河原と約束したこと、を伝えた。居心地が悪そうなテル。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-11-15 23:08
  • 《僕の歩く道》 #06

    Excerpt: 輝明は、休みに突然都古の新居を訪ねた。 「どうして」を連発する輝明に、二人で一生仲良くすること、河原の動物病院を手伝っていること、それを河原と約束したこと、を伝えた。居心地が悪そうなテル。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-11-15 23:10
  • 《僕の歩く道》 #06

    Excerpt: 輝明は、休みに突然都古の新居を訪ねた。 「どうして」を連発する輝明に、二人で一生仲良くすること、河原の動物病院を手伝っていること、それを河原と約束したこと、を伝えた。居心地が悪そうなテル。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-11-16 00:07
  • 《僕の歩く道》 #06

    Excerpt: 輝明は、休みに突然都古の新居を訪ねた。 「どうして」を連発する輝明に、二人で一生仲良くすること、河原の動物病院を手伝っていること、それを河原と約束したこと、を伝えた。居心地が悪そうなテル。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-11-16 02:48
  • 僕の歩く道・第6話

    Excerpt: 「カレーはやっぱりチキンカレー」。主人公・輝明の名言とも言えるセリフです。 Weblog: あずスタ racked: 2006-11-17 02:58
  • 僕の歩く道(6)

    Excerpt: 失踪!悲しき夕焼け Weblog: ドラ☆カフェ racked: 2006-11-17 22:00
  • 【僕の歩く道】(第6話)失踪!悲しき夕焼け

    Excerpt:  泣けました。古賀(小日向文世さん)、やっぱ、やってくれる人だと思っていました。 Weblog: 気になる名セリフ・名シーン 勝手に喜怒哀楽 racked: 2006-11-18 22:20
  • エクシブで健康診断

    Excerpt: エクシブの施設の中には、PET...動物ではないですよ、念のため^^; このPETというのは、人間ドッグでは発見できない微少の肺がんをも発見できる最先端の医療器械です。 Weblog: エクシブデータバンク racked: 2006-12-22 11:06