功名が辻 第45話

関が原の戦いを終えて
敗軍の将の処刑が執行されていく。

そして論功行賞で一豊は土佐二十万石を与えられる。

さてだいたいがこんなとこ(笑)

このドラマでの石田三成はあくまでも
「義」を重んじる人として描かれておりました。
正しい道を行くという三成の信念のようですが
そうなると京での大名の妻を人質にとるとこにちょっと矛盾が生じます。

これは三成ではない別の方の考えという事にしておいた方が良かったかもしれませんね。


そうそう家康と三成にはちょっとした共通点があって
「家康に過ぎたるものがふたつあり、唐の頭に本多平八」
「三成に過ぎたるものがふたつあり、嶋の左近に佐和山の城」
それぞれにこういう言葉があったようです。
時代は違いますが、この言葉のように
二人にはそれぞれ天下を握る力があったのかもしれません。



ここで西軍についた者は色々処罰されています。
石田三成、安国寺恵瓊、小西行長は打首。

周防・長門・安芸・石見・出雲・備後を治めていた毛利輝元は
周防・長門の二カ国に減俸。

宇喜多秀家は八丈島へ島流し。

長宗我部盛親は領土没収。

こうして数々の敗軍の将が処罰される中、唯一領土を安堵された大名が。
それは島津家です。

東軍の勝利が確定してしまった中、
島津軍を率いる島津義弘は徳川の前線部隊を一気に突き抜け
徳川本陣に接近しながら逃亡を図ります。
これを受けて東軍は井伊直政、松平忠吉らが追撃します。

そこで島津軍は捨てがまりと言われる戦法をとります。
それは代わる代わる何人かが死ぬまで足止めをするという戦法です。
これにより島津軍は豊久をはじめ多くの将兵を犠牲にしましたが
追撃軍も井伊直政、松平忠吉の負傷等により
島津軍はかろうじて敵中突破に成功。
こうして領土の薩摩に戻りました。
この時、薩摩に戻ったのはわずか数十名という事からも
その戦闘の激しさがわかります。

そして島津家は全軍をあげて徳川の対決を図ると同時に
一方で全知をあげて徳川との和平交渉に当たります。
ここで和平の仲介のために奔走したのが
島津軍の猛攻で負傷した井伊直政というのがなかなかなとこですね。

家康も一時期は島津討伐を考えたそうですが
義弘は人格者だったという事と
かつて朝鮮での戦いで明軍37000人の大軍を7000の兵で打ち破り
「鬼石曼子」と呼ばれ恐れられた猛将という事で
その戦い振りに強い同情が集まった事で
討伐を強行すれば徳川家の地盤が揺るぐ恐れもあった事から
家康は島津家の本領を安堵したようです。


ちなみに
井伊直政は関が原の戦いから2年後、松平忠吉はその7年後に
島津軍との追撃において受けた鉄砲傷が元で亡くなっております。




話を戻して
一豊は土佐二十万石を与えられます。
しかし、それまで土佐を治めていたのは長宗我部家。
長宗我部家では「一領具足」を中心にした兵士達。
「一領具足」とは平時には農民として生活をしますが
領主からの命令がかかると一領の具足を装備して戦うという
半農半兵の兵士です。
この制度により先の長宗我部家は四国を統一したというから
かなり屈強だった事が窺えます。

山内一豊が土佐の領主となりましたが
長宗我部家の遺臣はこれを拒否。
そうして数々の反乱が起きていきます。
一豊はこの反乱を鎮圧。

一領具足を含んだ長宗我部家遺臣を山内家の家臣(藩士)以下の身分である
郷士としてこれを取り込みました。
こうして郷士は藩士と厳密に区別されたために上下関係でかなりの差別があったようです。
これは幕末まで続きます。


また話がズレますが(;・∀・)

土佐の幕末で活躍した坂本龍馬は郷士の出です。
吉兵衛役の武田鉄矢さんは坂本さんの大ファンで
山内家と言えばずっと郷士を弾圧し、
江戸幕府が始まってから幕末に至るまで郷士の方々を処刑した事もあって
当初はこの大河ドラマの出演を渋ったそうです。
でも「吉兵衛は土佐の国入り前に死んでしまうから」という事で説得されたそうです。


意外かもしれませんがこういうのは根が深いもんでして。


例えば先の宇喜多家は八丈島の配流が許されたのは1869年の事。
明治維新です(笑)

宇喜多秀家の正室の実家は加賀藩前田家。
前田家は宇喜多家に援助をしてきたそうです。
宇喜多家の罪が許された1869年まで。


人の情とは色んな形であれ深いものがありますね。



全然ドラマとは関係ありませんが、
次回はその土佐での反乱の鎮圧と
土佐国の平定に奔走するために苦悩する一豊が描かれていくようです。
・・・もしかして千代、銃弾に倒れる(;・∀・)?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月12日 22:54
次週予告、康豊も撃たれてましたよね?!
う~ん、どうなるんでしょう・・・。
2006年11月12日 23:07
千代、銃弾に倒れる。。。は、ないと思うんですが、
予告のあの表情は何なんでしょ。。。
ただ、何かに足でも取られて転ぶ寸前の顔だったりして(^^;)

土佐は一豊くんの今後の生涯に決して安らぎを与えてはくれないんですよね。
今の内に、せいぜい楽しんでおいてね♪としか言いようがない。。。
ikasama4
2006年11月13日 00:46
うさ様
はじめまして。
>次週予告、康豊も撃たれてましたよね?!
>う~ん、どうなるんでしょう・・・。
長宗我部遺臣にたいして徹底的な弾圧を行います。
これは幕末にまで続くつらいものになります。
ikasama4
2006年11月13日 00:46
くう様
>千代、銃弾に倒れる。。。は、ないと思うんですが、
>予告のあの表情は何なんでしょ。。。
>ただ、何かに足でも取られて転ぶ寸前の顔だったりして(^^;)
ちょっと気になりますね。
もしかしたら六平太が千代の盾になるという事も
予想できますね。

>土佐は一豊くんの今後の生涯に決して安らぎを与えてはくれないんですよね。
ええ、一豊が土佐の武将に対して行った対策は
幕末にまで続く厳しいものになっていきます。
これが一豊の人気をちょいと落としてる要因です。
特に坂本龍馬ファンにはね。
2006年11月13日 16:13
こんにちは!
三成と共に打ち首にされなかった人たちはどうなってしまったのかな?と思っていました。
宇喜多さんとか。
よく分かる解説をありがとうございました。
山内家と坂本竜馬と武田鉄也さんの繋がり、う~ん、なるほど。
吉兵衛、名演技でしたが、そんな裏話があったのですね。
ikasama4
2006年11月13日 18:51
さくらこ様
>よく分かる解説をありがとうございました。
どういたしましてです。

>山内家と坂本竜馬と武田鉄也さんの繋がり、う~ん、なるほど。
>吉兵衛、名演技でしたが、そんな裏話があったのですね。
武田さんは「海援隊」とバンド名をつけたくらい
大の坂本龍馬ファンですからね。
その坂本龍馬を迫害するのが土佐・山内家なので
どうもこのドラマに出演する事に抵抗を感じたそうです。
こういうのは根が深いですね(;^∀^)
2006年11月13日 20:46
こんばんは!

>長宗我部盛親は領土没収。
ああ・・なるほどこの領土没収されたところに一豊が行くんですね。
それは難しいかもね。土佐というのは四国一帯でしょう?
考えるほどにあの穏やかな一豊には厳しい試練だと思います。
武田鉄矢さんとのつながりも面白く読みました。
全然、そんな嫌そうに見えませんでしたよね。
熱演してくれたと思います。さすがですね。
ikasama4
2006年11月14日 00:13
かりん様
こんばんはです。
>ああ・・なるほどこの領土没収されたところに一豊が行くんですね。
ええ、そうです。
それは難しいかもね。土佐というのは四国一帯でしょう?
だいたい今の高知県全部ですね。

>考えるほどにあの穏やかな一豊には厳しい試練だと思います。
ただ、この時の山内家の政治が幕末まで続く差別になるものですからね。
どうして一豊がそのような行動をとったのか
このドラマの話の流れを鑑みるに
おそらく予告の千代にその答えがあるように思います。

>武田鉄矢さんとのつながりも面白く読みました。
>全然、そんな嫌そうに見えませんでしたよね。
>熱演してくれたと思います。さすがですね。
ですね。流石「役者魂!」といったとこでしょうね(笑)

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 関が原その後と、一国一城その後。

    Excerpt: 先週三宅さんに繰越された三成の最期のエピソード、あまり期待していなかったのですが、、、。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-11-12 22:15
  • 【功名が辻】第四十五話

    Excerpt: 三成の敗北と落ちていく様に終始した回であった。惨めな敗退。。。人間、堕ちていく時は、こんなものなのだろう。行き着いた寺で、自分をかくまってくれた男との会話が涙を誘う。自分の居場所を三成狩りの侍に伝えよ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-11-12 22:23
  • 功名が辻45 千代豊臣家を滅亡させる!?

    Excerpt: 「葵徳川三代」総集編ビデオ借りてきてしっかり観ました。前回の関ヶ原戦闘シーンがどれだけ使い回しされてるか検証するために。 しかし改めて配役を見るとスゴイ俳優揃えてましたね。 徳川家康 - 津川.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2006-11-12 22:44
  • 功名が辻~吉兵衛!一国一城の主じゃ!

    Excerpt: NHK大河ドラマ「功名が辻」第45話~三成死すとも前回の「関が原」同じくNHKの「その時歴史は動いた」っぽくて面白かったのですが、今回は関が原の後日談。後日談だけあってちょっと暗~いストーリー展開でし.. Weblog: うさうさ日記 racked: 2006-11-12 22:53
  • 功名が辻、感想~山内一豊、土佐一国ゲット!!

    Excerpt: 功名が辻ですが、石田三成の最期や徳川家康vs淀君、山内一豊土佐一国手に入れるなど盛りだくさんでした。三成のことも思ったより描かれていました。三成は、縄目を受けて、晒しものにされます。福島正則は、「なぜ.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2006-11-12 23:06
  • 「功名が辻」第45回「三成死すとも」

    Excerpt: 「その方の義、わが義によって、返したいのじゃ。」 三成が領民に言った言葉です。 前回関が原から敗走し、山中に逃げた三成が隠れていた祠であっさりと掴まってしまった、これには何やら物語がある、という終わ.. Weblog: つれづれ さくら日和 racked: 2006-11-13 15:22
  • 功名が辻 第45話

    Excerpt: 秀頼、この者たちの顔、よ~くお心に刻まれませ。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-11-13 16:59
  • 功名が辻 45話

    Excerpt:  三成は安國寺恵瓊・小西行長らとともに六条河原で打ち首となりました。その前に、一 Weblog: 異世界への扉 racked: 2006-11-13 19:20
  • 忠義と裏切りの、すきま(功名が辻)

    Excerpt: 敗走し、匿われるも、三成、捕らえられる・・・。 Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2006-11-13 20:40
  • ★功名が辻45・・生きてこそ。。

    Excerpt: 戦に勝利はしたものの一豊くん元気がありません。。捕らえられた三成さま。。一豊さまに遺言を託します。。「生き延びられよ!!」と淀の方へ。。淀の方につれなくしていた三成さまですがやっぱり相思相愛だったと思.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2006-11-14 08:30
  • 功名が辻

    Excerpt: 第四十五回「三成死すとも」 この日のために練ってきた第一声をかまそう。 さらば、忠烈の臣よ!! Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2006-11-14 21:53
  • 功名が辻第四十五回「三成死しとも」~三成に捧げる舞~

    Excerpt: 一豊の優しさに感動しました。 Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-11-14 23:25
  • 功名が辻 45回

    Excerpt: 関ケ原が終わり三成が捕らえられましたね。敗将の末路は哀れですね。家康も一歩間違えば自分が辱めを受けていたと感じていた筈です。     その三成の『たとえ家康を頼もうとも、豊臣.. Weblog: 賃貸営業よもやまばなし racked: 2006-11-15 18:03
  • 「功名が辻」第四十五回

    Excerpt: 今週前半は三成の最期でしんみり。なのに後半には嬉しいサプラーイズ!!遂に一国一城の主だよvv って、そうそう喜んでもいられない???(っつーか、二部構成だとテンションをどうしていいのか分らん) Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-11-17 23:13