ウォーカーズ 第1話 「発心」

何のために歩くのか―――。

主人公・山下徳久は東京で働いていた。
仕事も西尾翔子との仲も順調だった。

そんな中、徳久は休みをとって徳島の実家に帰る。

そこで父が余命半年の病気と知り
母が「徳久が寺を継ぐ」と嘘をついた事を知る。
徳久はその嘘にのってあげる事にした。

すると父がこう言った。


「寺を継ぐのであればお遍路さんをせんとな」


そうして徳久はお遍路旅をする事になった。




今回、お遍路を題材にしてるのは珍しい。

四国八十八ヶ所は弘法大師=空海和尚が開かれたと言われていて

阿波・徳島を発心の道場といい二十三ヶ所
土佐・高知は修行の道場といい一十六ヶ所
伊予・愛媛は菩提の道場といい二十六ヶ所
讃岐・香川は涅槃の道場といい二十三ヶ所


あわせて八十八ヶ所を廻ります。
これらの道場を廻る事で
八十八の煩悩を除き八十八の功徳をもたらすといいます。

八十八ヶ所を遍路で廻ると各札所(=寺)で納経帳と呼ばれるものに
「その札所に来ましたよ」という印を押してもらいます。

そうして全部廻ったら、今度はその納経帳を和歌山県・高野山に納めます。

これでお遍路さんは終了らしいです。
(本当はもうちょいと色々とマナーとか決まりとかがあるそうなんですがね)

そして巡礼には各札所に納める納札というのがありますが
ドラマでも触れられたように巡礼の回数によって色が異なります。
巡礼4回目までは白
巡礼7回目までは緑
巡礼24回目までは赤
巡礼49回目までは銀
巡礼99回目までは金
巡礼百回以上には錦

となるそうでデザインも違っていて自由に選べるそうです。

ドラマでは坂田さんは228回も巡礼されたそうでΣ(゚д゚ノ)ノ
もうベテランというよりかはお遍路が彼の人生のようになっていますね。



自分はお遍路をした事がないのですが、うちの親父は八十八ヶ所を廻ってね。


・・・私服で普通に車でしたけど(;・∀・)




私がその父のナビ代わりに一緒に行きましたけど(; ̄Д ̄)
普通に私服です(;^∀^)

まぁお遍路の服装に特に決まりはないそうなんでね(;^∀^)



主人公は「歩き遍路」という
四国八十八ヶ所の寺を歩いて廻るものである。
大体1~2ヶ月くらいかかるらしいです。

他にもお遍路にはツアーのようなものがあって
観光バスでもって四国八十八ヶ所を廻ります。

中にはJRを利用するお遍路さんもおります。



さて、このドラマでは色んな人がお遍路さんをしております。

そういえば音楽担当はYMOの細野晴臣さん。
お遍路さんに扮装していました。

お遍路ではないが矢崎滋さん、久々に見たな。


「ここにいる人は人間らしい」


その言葉通りにお遍路をされる方には
何かしらの悩み・苦悩を抱えているようです。


「何のために歩いているのか」

最初は父のためにという思いもあったかもしれませんが
歩いていると当初の理由が嘘のように忘れているものでして。

主人公・徳久はその問いを
歩き遍路を通して様々な方と出会い、触れ合う事で
自身の中に問い掛ける事になりそうです。


「何のために歩いているのか」

その答えは歩き終えた時に分かるのか
それはわかりませんが・・・



歩き遍路はダイエットには効果テキメンだと思います(;^∀^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月12日 23:40
ikasama4さんへ
お遍路体験があるとは!
凄いです!

>今回、お遍路を題材にしてるのは珍しい。
2時間サスペンスではありそうですけど、連続ドラマになるとは。
ちょっとびっくりでした。
最近は若い人も以前と比べると増えているそうですね。
私もいつか歩いて回ってみたいです。
いや、今歩くべきかな~と思いもしますが(^。^;)))

>歩き遍路はダイエットには効果テキメンだと思います(;^∀^)

正に「一石二鳥」です。
ikasama4
2006年11月13日 00:25
meihua様
>お遍路体験があるとは!
>凄いです!
移動は全て車ですから(;・∀・)

>最近は若い人も以前と比べると増えているそうですね。
>私もいつか歩いて回ってみたいです。
>いや、今歩くべきかな~と思いもしますが(^。^;)))
私は5年くらいすれば家の事がひと段落するのでその時にはやってみたいですね。
>正に「一石二鳥」です。その通り(≧∇≦)b
2006年11月13日 06:31
>その言葉通りにお遍路をされる方には
何かしらの悩み・苦悩を抱えているようです。
その悩みをなんらかの行動によって違う形にしようと行動するってことは
すごいことだと思います。
生きてる限り悩みや苦しみから解放されるということは
ないのかもしれませんが、お遍路さんをすることによって変容させることはできるかも・・
そういう登場人物達の姿にすがすがしさを感じました。
来週も楽しみですね~
ikasama4
2006年11月13日 18:40
>生きてる限り悩みや苦しみから解放されるということは
>ないのかもしれませんが、お遍路さんをすることによって変容させることはできるかも・・
それはありますね。
明確なものではなくても、苦悩から解放されるための
手がかりというか、その解決方法の一端を自分の中に
得る事ができるのではないかと思います。

>そういう登場人物達の姿にすがすがしさを感じました。
外見はいい感じですが心の中には色々な悩みを抱えていそうですね。
>来週も楽しみですね~
ですね。大変なのはこれからの様ですけど(;・∀・)

この記事へのトラックバック

  • NHK土曜ドラマ 「ウォーカーズ」 江口洋介

    Excerpt: 山下徳久(とっきゅう)は東京の携帯会社で開発の仕事をしていた。 仕事も彼女との仲も順調。もうすぐ彼女とは結婚することになっていた。 その彼女を連れて15年振りに故郷の徳島に帰る。 Weblog: めいほあしあんだ racked: 2006-11-12 23:41
  • 「ウォーカーズ 迷子の大人たち」第一回

    Excerpt:  主人公は山下徳久(江口洋介)、37歳、携帯電話メーカーの 開発チームリーダー。3週間の夏休みで、恋人の翔子(戸田菜穂)と伴って 実家の徳島に帰る。実家は徳仙寺というお寺。寺を継ぐのが嫌で15年前.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2006-11-13 06:36
  • レイバン サングラス

    Excerpt: ウォーカーズ 第1話 「発心」 渡る世間は愚痴ばかり/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-05 21:52