功名が辻 第43話

なかなかでしたね。
堀尾吉晴の息子・忠氏の腹案をどう描くか気になりましたが
前日に堀尾忠氏の案を聞いて感心する一豊だったが
忠氏にはその決断がつかなかった。
家康に味方するのはいいものの、領地全てを差し出すという事は
万が一、家康が敗れた時には取り返しのつかない事になってしまう。
当日になっても忠氏は決断がつかない。
一豊が忠氏に促しても忠氏は決断できない。
それで一豊が自分の領地を差し出すと申し出た。
味方になるのであればそれくらいの覚悟が必要だという事に
一豊自身がそう感じたから。
その後、一豊が案を自分のものにしたことを忠氏に詫びる。


この辺りの流れはキレイにまとまりましたねぇ。


また、雨降りしきる中、配下の武将達に演説する一豊。
この戦で死んだとしても家をたててやる。
お前達の子を。子がいない場合は兄弟を。
兄弟がいない場合は親類縁者を。
そうやって配下の士気を奮い立たせますね。

かつて吉兵衛に言われた通りにね(笑)


後、新たに登場した武将として
田中吉政、安国寺恵瓊、吉川広家、毛利輝元、小早川秀秋が出てましたね。

田中吉政を演じるは金田賢一さん
吉川広家を演じるはモロ師岡さん
そして毛利輝元を演じるは津嘉山正種さん

なんか次回に向けてやってくれそうな感じもしますね。



それから今回の清洲城で井伊直政がなんかえっらい文官みたいな感じで
描かれていたのでちょいと説明を。

話を遡るとかつて武田の騎馬隊で山県昌景という武将が自身と部下に赤い鎧を着せて
「山県の赤備え」と呼ばれ恐れられた無敵の騎馬軍団を率いました。
その後、武田家は滅びますが、この赤備えを継承した者が二人おります。
一人は大坂の陣で名を馳せた真田幸村。
父・真田昌幸は武田家に仕えていましたからね。

もう一人が井伊直政です。
武田家滅亡後、家康は武田の騎馬隊の力を求め
信濃、甲斐を自国領とした際に武田の兵を自分の兵に取り込んだ訳です。
その時、井伊直政は山県が率いていた赤備えを復活させ、
以後、「井伊の赤備え」として恐れられる存在となります。

それに彼は自ら先陣に立って戦う事を好む勇猛果敢な人物だったようです。




石田三成に関しては徹底的に義を貫く人物のようですね。
頭が切れる割りには夜討ちはしないとか
正々堂々戦おうとか

彼が言う事は正しいかもしれませんが
戦は勝たなければ意味がありませんからね。

西軍十万
東軍七万五千

兵の数の上ではたしかに三成がいうように西軍の勝利でしょう。

ただし、家康は広家、秀秋に調略の手を伸ばしています。

高台院がいうように
三成は剃刀のように頭が切れる人物であるが
鉈や斧ではないという喩えでその人物をよく表しています。



世の中、正しいと思う事が常に正しいとは限らんようです。


宇喜多秀家が言うように
三成のように正しい事が通れば戦なんてそもそも起こるはずもないという言葉が
一番的を得ていましたね。


次回はとうとう関が原。
毎回色んな大河ドラマで見てるとはいえやっぱ楽しみです( ^▽^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月29日 22:20
私も思い出しましたよ。吉兵衛を。
あの時、言っていた事が出来るようになったんだ。
一豊、成長したな~と。。。
2006年10月30日 11:09
こんにちは~!
今はまだ西軍の方が兵の数は多いけれど、そのうち徳川に寝返る者たちがいるんですね。
人の心を掴む術は、三成より家康のが上でしょうね~。
そういう要素も人の上に立つものとしては重要なんでしょうね。
演技力とかも?
三成あまりにも真っ直ぐすぎます。

僕だってもう若くないよ~、なんて、六平太の心の声が聞こえて来そうでした。
千代はも~、一豊のことばっかりなんだから!
劇団たぬき
2006年10月30日 21:07
「赤備え」って井伊直政は有名ですネ。でもって真田幸村は継承というよりは大坂の陣の折に新編成したって感じでしょうか。
小幡上総介とか浅利右馬介とかその他諸々「赤備え」はいろいろいますねェ~つわものの証ですね♪
ikasama4
2006年10月30日 23:23
くう様
>あの時、言っていた事が出来るようになったんだ。
あの髭は伊達じゃなかったという事ですね。
>一豊、成長したな~と。。。
立派になりました(´Д⊂グスン
ikasama4
2006年10月30日 23:27
さくらこ様
>人の心を掴む術は、三成より家康のが上でしょうね~。
ですね。
秀吉並に頭が切れる三成でしたが
人たらしとまで言われた秀吉の良さまでは
継承してなかったようですね。
自分の考えを貫きとおすだけでは世の中、上手く渡るのは難しいもんですね。

>僕だってもう若くないよ~、なんて、六平太の心の声が聞こえて来そうでした。
千代にとって六平太はドラえもんのような存在のようです(苦笑)
ikasama4
2006年10月30日 23:27
劇団たぬき様
>「赤備え」って井伊直政は有名ですネ。でもって真田幸村は継承というよりは大坂の陣の折に新編成したって感じでしょうか。
う~ん、そうですね。
自分の中でも「赤備え」が武田の騎馬隊の代名詞って印象がありますからね。
幸村もまたその伝統を受け継いだといったとこでしょうかね。
赤の軍装は武勇に秀でた武将の証みたいなものですからね。

来年の大河に丁度いいお話です(笑)

この記事へのトラックバック

  • 【功名が辻】第四十三話

    Excerpt: 先週、女達がそれぞれの覚悟を見せ、もうすっかり心は家康殿に傾いた私でしたが、テレビの中の殿方は、まだ皆様、迷っておられるご様子。。。みんなが一豊さまの元に相談に訪れられます。中でも、さすがいち早く家康.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-10-29 21:59
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会  関が原へのアドレナリン

    Excerpt: タイトルの通り、迫り来る関が原に、緊張感とともにアドレナリンが湧き出るような印象でしたね、今回。実生活でもアドレナリンを、、、ってそれはおいといて、レビューすることにしましょか Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-10-29 22:16
  • 功名が辻(10月29日)

    Excerpt: 千代の機転を利かした書状を家康に渡し、徳川につくことを明らかにした一豊。家康の心証もがっちりつかんだようですが・・・この家康が食えないんだな、本当にそう思っているのか(笑) Weblog: 今日感 racked: 2006-10-29 22:18
  • 功名が辻、感想~関ヶ原前夜、オモシロ兜の競演!

    Excerpt: 功名が辻ですが、関ヶ原直前の人間模様が描かれており、なかなか面白かったです。山内一豊(上川隆也)は大活躍で、徳川家康(西田敏行)に石田三成からの書状を封を閉めたまま渡すなど忠誠心を強調します。 .. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2006-10-29 22:20
  • 功名が辻 第43話

    Excerpt: このような評定の場でも一人ひとりの戦は始まってることをしかと学んだ。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-10-30 19:01
  • 功名が辻 43回

    Excerpt: 上杉討伐のため下野(現栃木県)の小山まで兵を進めた徳川家康。やっと家康に加勢することを決断した一豊が千代の機転の千代の自害をほのめかす書状と石田三成の未開封の書状を家康に渡します。この未開風がミソです.. Weblog: 賃貸営業よもやまばなし racked: 2006-10-31 21:44
  • 正義ってなんだっけ(功名が辻)

    Excerpt: ・・・・・・今回、旦那様がようやく、大名らしく見えたなぁ~~。 (一人一人、家来の名前を読んで、 「自分が負けたのは長久手の戦いただ一度(略)、そしてもし自分に何かあったら、弟の子を立てるがよい、.. Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2006-11-03 00:12
  • 「功名が辻」第四十三回

    Excerpt: いよいよ、「関が原」の闘いに向けた前哨戦。今週は一豊さんがカッコよく見えて嬉しい私です。今週の小山評定はよかったと思うけどなー。さて、千代の髪の行方は……?(←っておいおい) Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-11-03 20:37