功名が辻 第42話

今回のメインは
一豊が徳川家につく事とガラシャの死でしたね。
一豊がわざわざ康豊を千代の下へ行かした事はどうして?って感じでしたが
六平太が関所で止められた康豊に対して
千代の名を出して上手く話を合わせるやり口について
たしかに機転のきく康豊ならできる事ですね。

また、康豊が千代の書いた文をガラシャに届けさせるという事で
なるほどなって感じでした。
この辺りは間違いなく脚本家のアレンジですね。
なんかもうとってつけですけどね(苦笑)

そして孫作が一豊に千代の文を届けるんだけどねぇ。
なんだかなぁ。
結局、お家のために利をとるみたいですね。


「武士として正々堂々戦おう」という家康の言葉に
人質を取る三成のやり方に反発して家康につくかと思いきや
そうじゃないみたいですね。





さて、まずはガラシャに関して。


家老・小笠原少斎に帝都物語の嶋田久作でしたね。
ここからも彼女の死におけるシーンの力の入れようが感じられますね。

石田三成に人質にとられるくらいなら
細川忠興は妻に自害する事を求めるようですね。
もしもの時は家臣に妻の殺害を命じてまで。

忠興って人物は怖いです。
彼はかなり気性の激しい人物のようでしたからね。

同じく細川家の屋敷には忠興の長男・忠隆の妻がいたようですが
彼女は無事屋敷から逃れたのだが、それを知った忠興は
彼女を実家に送り返し、細川家の後継ぎであった忠隆を廃嫡してしまうのですからね。

ちなみに忠興の後は三男・忠利が継ぐ事になります。
そして細川護煕元首相は彼らの子孫にあたるという訳です。



さて、次回は関が原への一歩前っていったとこでしょうかね。
次回が43話、でおそらく関が原の合戦が44話だから
ドラマの終盤のメインは一豊の死で
大坂の陣はかなりあっさりバッサリになりそうですね(;・∀・)

帝都物語
帝都物語 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月22日 23:21
やはり関ヶ原はサッパリですかね。。。
大きな戦はサックリ片付けるのがこのドラマの主義らしいす。
私もね~、思いましたよ。
なんで、康豊みたいな家にとって大切な人物が、こんな時に
一豊の妻の元へ行かなくちゃならないんだ(?_?)
とか
どうせ利を取るなら、もっと早く決断しろよ~。。。とか。。。
答えはドラマだから(--;)仕方ないって事で。。。
ikasama4
2006年10月22日 23:47
くう様
>やはり関ヶ原はサッパリですかね。。。
そんな臭いがプンプンです(笑)

>なんで、康豊みたいな家にとって大切な人物が、こんな時に
>一豊の妻の元へ行かなくちゃならないんだ(?_?)
これはもう康豊とガラシャを対面させたいという
脚本家の意図なんでしょうね。

>答えはドラマだから(--;)仕方ないって事で。。。
うーん、それもありますが
その辺りは脚本家のこだわりなんでしょうね。
個人的にはこだわり過ぎな感がありますがね(;・∀・)
2006年10月22日 23:50
「大坂の陣」は仰るとおりバッサリでしょうねェ~時間的余裕もないし、千代は生きてるけど一豊は死んでますからねェ~
「関ヶ原」はバッサリはないでしょうけども。桶狭間くらいの感じではやるのかなァ~

>家老・小笠原少斎に帝都物語の嶋田久作でしたね。

そうそう、そうですね!嶋田久作、久しぶりに見ました。少斎はそんなに名の知れてない役者さんを使うのかな、と思ってましたから、ビックリでした。
ikasama4
2006年10月23日 00:33
劇団たぬき様
>「大坂の陣」は仰るとおりバッサリでしょうねェ~時間的余裕もないし、千代は生きてるけど一豊は死んでますからねェ~
ですね。
あったとしてもちょこっと淀殿の最期が出るくらいだと思います。

>そうそう、そうですね!嶋田久作、久しぶりに見ました。少斎はそんなに名の知れてない役者さんを使うのかな、と思ってましたから、ビックリでした。
スタッフロールに家老・小笠原で彼の名があった時、私も驚きました。
それだけガラシャの死を描くシーンに相当のこだわりがあったって事なんでしょうね。
2006年10月23日 20:06
こんばんは~!
TBは無理だと思っていたら、なんとなんと、うまく飛びましたよ~!
初TBです!!
記事の下にある、加藤が怖いですよ。
存在感ありまくりですよ。
彼のお陰もあってか、ガラシャの最期のシーンは、なかなか絵になっていたかな、と思います。
康豊がわざわざ登場、については、もう多くの視聴者にバレバレの展開で、かえってない方が良かったような、気もします。
神主コスプレが見られたことは嬉しかったですが♪
2006年10月23日 23:26
こんばんは!

>お家のために利をとるみたいですね
何週も迷い続けていましたが毛利が二分裂したと聞いて家康をとりました。
供応の時は、金け崎の戦いで助けてもらった恩があると言ってたのですから
それを理由にすればまだかっこいいのに(苦笑)
こういう時も正直なのが一豊なんですね。

今、ブログさんを回ったら嶋田久作はみなさんお好きなようですね。
全然知らない人です・・。なんでしょう・・??
ikasama4
2006年10月24日 00:27
さくらこ様
こんばんはです。
>TBは無理だと思っていたら、なんとなんと、うまく飛びましたよ~!
>初TBです!!
それはそれはおめでとうございます( ^▽^)

>記事の下にある、加藤が怖いですよ。
>存在感ありまくりですよ。
嶋田さんが出てくるとどうしても「帝都物語」の加藤が頭をよぎります(;・∀・)
たしかに彼の存在がガラシャの最期を上手くしめてくれた感じですね。

>康豊がわざわざ登場、については、もう多くの視聴者にバレバレの展開で、かえってない方が良かったような、気もします。
あれはなんかとってつけって感じでしたね。
あれならまだ修験者でもよかったかなって思います(笑)
ikasama4
2006年10月24日 00:28
かりん様
まぁ自分の意地を通すとしたら
義の三成なんでしょうけど
三成陣営はいまだまとまっていない事と
お家の事を考えて
家康をとったって事でしょうかね。

個人的には家康の方が好感がもてると思うんですがね。
三成はどうも好かんと言ってたし。

>今、ブログさんを回ったら嶋田久作はみなさんお好きなようですね。
映画「帝都物語」を見れば
ストーリー云々は(つ´∀`)つ置いといて
もうインパクト満点の嶋田さんが見られます。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B00005G05T/ref=dp_image_0/503-6808428-6781506?ie=UTF8&n=561958&s=dvd
ちなみにこの画像に出てるのはもう20年近く前の加藤を演じた嶋田さんです。
どちらかというと怪優さんです(;・∀・)

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会  これぞ功名が辻

    Excerpt: 「ガラシャの魂」なんていう題名になんでしたんやろう。ある意味でそうなんかもしれんけど、今回はまさに、「功名が辻」なんじゃないでしょうか。物語の中心に千代がいて、歴史もちゃんと動いてる。最近あまりこのド.. Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-10-22 21:54
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会  これぞ功名が辻

    Excerpt: 「ガラシャの魂」なんていう題名になんでしたんやろう。ある意味でそうなんかもしれんけど、今回はまさに、「功名が辻」なんじゃないでしょうか。物語の中心に千代がいて、歴史もちゃんと動いてる。最近あまりこのド.. Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-10-22 21:58
  • 【功名が辻】第四十二話

    Excerpt: へそくりで駿馬を購入する話と同じくらい有名な「笠の緒」の話。千代の元に石田三成からの三成側に付くように。と言う十三箇条の密書が届いた。千代は全く開封せず、「読んでいない」事を示すために糸で封をした。そ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-10-22 23:17
  • 功名が辻~千代、内助の功!

    Excerpt: 功名が辻ですが、長谷川京子の細川ガラシャが石田三成の人質になるのを拒み自害する(正確には家臣に殺させる)話です。ただ、いまいちガラシャが何で死ななければならなかったのか、ドラマを見ただけでは分かりにく.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2006-10-23 01:19
  • 功名が辻 第42話

    Excerpt: これより徳川様にお味方いたす! Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-10-23 18:57
  • 「功名が辻」第42回「ガラシャの魂」

    Excerpt: 「ちりぬべき 時知りてこそ 世の中の      花も花なれ 人も人なれ」 ガラシャさんの辞世の句、綺麗ですね。 潔くて、心のとても清らかな人だったのかな、と感じます。 一豊さん、まだ迷ってますね.. Weblog: つれづれ さくら日和 racked: 2006-10-23 20:00
  • 功名が辻

    Excerpt: 第四十二回「ガラシャの魂」 ●本編の感想 ①一豊は迷っていたが、千代からの頭脳プレーによる手紙と大大名の毛利も一枚岩で無 Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2006-10-25 22:13