僕の歩く道 第2話

「大竹さんの担当はジンジンです。」

指導員の三浦さんから言われました。

それからずっとジンジンの世話をしました。
その日、お客さんから山羊の餌やりの時間を聞かれました。

その時、その質問はわかりませんでした。

それで三浦さんに「お客さんと話さないように」って言われました。


次のお客さんに質問をされました。
わかっていたけど僕は答えませんでした。


お客さんが怒っていました。



園長さんからどうしてわかっている質問を答えなかったのか聞かれました。


「お客さんと話さないように」

誰に?

「三浦さん」


「チクってんじゃねぇよ」

三浦さんが言ってた。意味がわかりませんでした。

でも、嫌な事でした。



意味がわかりませんでした。
気になって眠れませんでした。



ある日、りなに聞いてみました。


「『チクってんじゃねぇよ』って何?」




それから僕はあまり食べる事ができませんでした。


そして僕は倒れました。


次の日、僕は仕事に来ました。

お母さんが来ました。
お母さんは「もう仕事に行かなくていい」と言いました。
都古ちゃんは「ここで仕事がしたい?」と言いました。



「大竹さんの担当はジンジンです。」

指導員の三浦さんから言われました。



仕事の終わりの時間が来ました。

「さようなら」

三浦さんが僕を呼びました。
僕がテンジクネズミの解説を覚えてるって言いました。

「チクってんじゃねぇよ」



いつもの帰り道。
うれしくなりました。
「こんにちは」

「僕の仕事は動物園の飼育係です」


都古ちゃんへ
今日は動物園に仕事に行きました。
ジンジンの世話をしました。
正式さいようになりました。





言葉自体は淡々としたものなんだけど
この言葉に輝明の感情がつまってる感じがしますね。


輝明は感情と表情が一致しない。
あえて表情の変化はないけど、その行動のひとつひとつに
輝明の感情が浮かんでくる。
これでまたひとつ輝明を知った感じがします。

輝明は気付いてないんだろうけど
指導員の三浦さんと輝明には距離が感じられましたね。
例えば
二人が食事を摂る時、二席の間が空いていた事とか、
都古が「大竹さん、どうですか?」と聞かれた時
ちょっとした間があって「うん、別に問題ないよ」と答えるとことか。

次回は輝明と三浦が食事をする時の二人の席に注目ですね。



今回もまた伏線が4つ程ありましたね。

まずは都古。
同僚からの愚痴にもうわの空。
ぽっかり空いた心の隙間。

そこにいきなり不倫相手の河原がやって来る。
うれしいけれど。

来る時には電話して。
自分の都合で自分の好きな時にだけやってくる。
自分は都合のいい女性になりたくない。

だから今日は帰って。


そして彼を帰したものの、やっぱり後悔して彼を追いかけようとする。

電話が鳴る。
また、仕事かぁと思い受話器をとる。

「今から行ってもいい?」

そして私は彼を受け入れる。


ハハァン、河原がちょっとカッコイイって思ってもうたな(笑)

聞いていたとはいえ、OLの千晶は河原の左手の薬指をしっかりチェックするんやなぁ。

それはさておき、都古は自分でも報われない、ずっと一緒にいれないって
わかっていても続けてしまうこの恋に
癒されると同時に疲れているような感じもしますね。



2つ目は輝明の甥・幸太郎。
大竹家の輝明の母と幸太郎の母との方針。
つらい事があっても仕事をするのと輝明に教える母。
ビシバシ勉強を幸太郎にさせる母。
秀治には同じにしか見えないのだけど
「私とお母さんでは教育方針が違うの」と言い切る妻。
あんな感じだと幸太郎がパンクしてしまいそうですね。



3つ目は輝明の妹・りな。
週3、4回ファミレスでバイトを決めたから心配しないで。
と言う娘に母は
「りなの事は全然心配してないから」

輝明が倒れたその日、輝明の寝顔をずっと見守る母。
その姿を見つめる妹。
自分もお母さんに心配されたい。
それなのにお兄ちゃんばかりお母さんを独占してる。
そんなりなの声が聞こえてきそうです。



最後の4つ目。
ストレスで倒れた輝明を明日も仕事に行かせるという母に対して
仕事を辞めるように勧める兄・秀治。
障害者と健常者。みんな自分の事でいっぱいなんだ。
それが世間なんだ。
まぁたしかにそうではあるんだけどね。
ただ、輝明の事を「恥ずかしい」と思ってるでしょという母。

お父さんのように。

輝明に対してどことなく距離を置く指導員・古賀。
彼もまた輝明のお父さんのように思っているような気がします。




とりあえず今後はこの4つが描かれる感じを受けますね。


そしてもうひとつ、このドラマでは
自閉症の方との関わりが今のとこ見えるテーマになっている感じですが、

輝明の母が「親なのに自分の息子の気持ちがわからない」と呟く。

大竹輝明がどういう人か知ろうとしていく事で関わりを持つという事。



それは自閉症に限らず健常者であっても
人と人との関わりにも言える話でもあるんじゃないのかなって
ふと思ったりしますね。





ちなみに今回のツボは
輝明が正しく「チクってんじゃねぇよ」を使えた事でした(笑)

この記事へのコメント

にな
2006年10月18日 12:04
>次回は輝明と三浦が食事をする時の二人の席に注目ですね。
ひとつぐらい席が近づくような気がしてるんですが、どうですかねぇ?

>3つ目は輝明の妹・りな。
それは私も気になりました。
子供のころからずっと溜め込んでいる気がします。
いつか爆発させるのではないかと、ちょっと心配ですね。

>それは自閉症に限らず健常者であっても
>人と人との関わりにも言える話でもあるんじゃないのかなって
>ふと思ったりしますね。
そうですね。
健常者の親子でも、気持ちを全て理解することはできないし、
相手のことに興味を持ったり、理解したいという気持ちがなければ、
つながりはできていかないものだと思います。
2006年10月18日 20:18
いやぁ。青文字の文章の所読んだだけで、バッチリ昨日の
ドラマの流れが分かって、さすが兄さん。まとめ上手ですね♪

今回学んだのは、「感情と表情が一致しない事がある」って
事ですかね。普段と変わらない表情をしていても、かなり
のストレスが溜まっている事がある・・・。
言葉で言わなくても、表情に出なくても、輝明はちゃんと
自分の考えを行動で表してるんですね!!

甥の幸太郎くん、来週やらかしてくれそうですね(汗
2006年10月18日 20:27
こんばんは!
そういえばテルと三浦はトイレも離れてたね(何みてるんだって??あは)
次回は隣にくるかな?そうあって欲しいけど。
次にテルを理解してくれるのはだれかなと気になっています。古賀さんは最後の方って感じ。どうなんでしょうね。身内に似たような状況があるのでは?

テルは言葉にしなくても動きで自分の気持ちを表していましたね。
すごいと思いました。
2006年10月18日 21:49
障害の有る無しに関わらず、相手を理解しようとする気持ちって
大事ですよね~♪
それに、例え家族であろうと、他人の気持ちを100%把握出来るなんて事は
出来ないんだから、お母さん頑張り過ぎないで!と言ってあげたい・・・
次回はテルと三浦が隣席でカレーとうどんをすすってる姿が見られればいいな~!
ikasama4
2006年10月19日 07:19
にな様
>>次回は輝明と三浦が食事をする時の二人の席に注目ですね。
>ひとつぐらい席が近づくような気がしてるんですが、どうですかねぇ?
隣同士だったらいいですね(笑)

>子供のころからずっと溜め込んでいる気がします。
>いつか爆発させるのではないかと、ちょっと心配ですね。
ですね。でも自分の本音をぶつけるのも
相手を理解するひとつの方法ですからね。
早いうちの爆発が必要です(;・∀・)

今、このドラマでは自閉症の方との係わり合い方が
焦点になっていますが、
自閉症であっても健常者であっても
相手の事を理解する思いを常に持ち続ける事が大事なようです。
ikasama4
2006年10月19日 07:20
ファンタ様
>いやぁ。青文字の文章の所読んだだけで、バッチリ昨日の
>ドラマの流れが分かって、さすが兄さん。まとめ上手ですね♪
どうもです。
今後はこのスタイルでいく予定です。
>言葉で言わなくても、表情に出なくても、輝明はちゃんと
>自分の考えを行動で表してるんですね!!
そんな思いが伝わる草ナギさんの演技には脱帽ですね。

>甥の幸太郎くん、来週やらかしてくれそうですね(汗
これで大竹家の空気が少し変わってくれるといいですね。
ikasama4
2006年10月19日 07:20
かりん様
>そういえばテルと三浦はトイレも離れてたね(何みてるんだって??あは)
見てますねぇ(笑)
>次にテルを理解してくれるのはだれかなと気になっています。古賀さんは最後の方って感じ。どうなんでしょうね。身内に似たような状況があるのでは?
古賀さんの輝明に対する心はまるで凍っているようです。
その心を輝明が溶かしてくれそうな感じがします。

>テルは言葉にしなくても動きで自分の気持ちを表していましたね。
>すごいと思いました。
ですね。テルを演じる草ナギはホント凄いの一言に尽きますね。
ikasama4
2006年10月19日 07:20
まこ様
>障害の有る無しに関わらず、相手を理解しようとする気持ちって
>大事ですよね~♪
つくづく大事だと思います。
「親なのに自分の子供の気持ちがわからない」
自閉症の方に限らず、健常者であっても
その思いは変わらないようですし、それは
妹・りなに繋がるように思います。

>次回はテルと三浦が隣席でカレーとうどんをすすってる姿が見られればいいな~!
テルの場合はカレーうどんの上に鳥のから揚げが必要です(笑)
2019年05月03日 18:00
magnificent issues altogether, you simply won a new reader.
What might you suggest in regards to your put up that you simply made some days ago?
Any positive?
2019年06月23日 21:03
Hi, constantly i used to check weblog posts here early
in the dawn, because i enjoy to find out more and more.
2019年06月29日 10:56
Excellent post. I am dealing with a few of these issues as well..

この記事へのトラックバック

  • 僕の歩く道 第二話 「教えて本当の気持ち」

    Excerpt: 『チクってんじゃねぇよ』 この言葉が印象的な二話でした。 輝明はテンジクナズミのジンジンの世話の担当に。 お客さんへの対応が出来なかったため、三浦に「お客さんと喋らないで下さい」と言われ.. Weblog: Kのドラマ依存症的ぶろぐ racked: 2006-10-18 02:01
  • 【僕の歩く道】第2話

    Excerpt: 周りも解らないまま、大きなストレスを抱えて、職場である動物園で倒れてしまった輝明。そんな輝明に無理をさせていたかも知れないと思った母は、朝礼中に動物園を訪れ、「今日限りで輝明を辞めさせたい」と園長に頼.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-10-18 10:34
  • 僕の歩く道第二話

    Excerpt: 教えて本当の気持ち:最後に信号待ちでテル(草薙剛)は謎の Weblog: 日々雑用 racked: 2006-10-18 10:58
  • 僕の歩く道 第2話:教えて本当の気持ち

    Excerpt: 祝!正式採用!!! (*^ー^)/゚・:*:・。おめでとう。・:*:・゚\(^ー^*) 相変わらず古賀さんが気乗りしない感じなのが気になるけど・・・{/ase/} 前回のラストで、都古に怒られてパニ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2006-10-18 11:35
  • 『僕の歩く道』 2話

    Excerpt: 都古(香里奈)からの言葉や、三浦(田中圭)の言葉。 それに、母親(長山藍子)から辛くても仕事に行かされたこと。 いろいろなことが重なって、輝明(草彅剛)はストレスで眠れなくなり、 動物園で倒れて.. Weblog: ド素人日記 racked: 2006-10-18 11:40
  • 僕の歩く道(第2話)あらすじ ストーリー

    Excerpt: 客の質問に答えらない輝明(草なぎ剛、草脾温筺砲蓮∋葦此陛鎮羞宗砲鵬燭盡世錣覆�討いい噺世錣譴襪里任垢�△修譴�彊�任泙慎劼肇肇薀屮襪砲覆襪里任后�修里海箸廼気���岼磴辰討い襪髪狡垢謀椶蕕譴浸葦困浪徇.. Weblog: 女優 アイドルの 画像、プロフィールを紹介 racked: 2006-10-18 13:26
  • 僕の歩く道 第2話

    Excerpt: 僕の仕事は動物園の飼育係です。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-10-18 14:51
  • 僕の歩く道 第2話

    Excerpt: 『大竹さんの担当は、ジンジンです』 Weblog: 似合わないクツを脱ぎ捨てて racked: 2006-10-18 17:37
  • 僕の歩く道 第2話

    Excerpt: 前回、何があっても絶対に怒らないと思っていた都古(香里奈)に怒られパニックに陥った輝明(草剛)がどうなったのか気になってたんですが、それほど深刻なことではなかったようです(^^ゞ 深刻ではなか.. Weblog: ドラマの話をしてみよう racked: 2006-10-18 18:53
  • 僕の歩く道・第2話

    Excerpt: 初回話から好スタートを切ったこのドラマ。 Weblog: あずスタ racked: 2006-10-19 00:56
  • 僕の歩く道 第二回

    Excerpt: 本当に申し訳ないけれどこのドラマの良さが分かりません。ただのロボット 使い方を誤ればお客様を怒らせ。日がな一日ネズミ一匹の相手・・・。 これでいくらお給料払うんだろうと余計な心配したり。これで泣け.. Weblog: The Glory Day racked: 2006-10-19 15:54
  • 《僕の歩く道》 #02

    Excerpt: 「大竹さんの仕事はジンジンです。」三浦にそう言われて、必死に餌をやる輝明。そのまま倒れこんだのには驚きました。輝明にとっては、計り知れないストレスで、眠れない日が続いた。母は、 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-10-19 17:52
  • 僕の歩く道 ~ちくってんじゃね~よ!!~

    Excerpt: 「ちくってんじゃね~よ」の言葉の使い方は秀逸。 そこでもってくるか。 っていうくらい、うまい!!うまいなぁ。 一方で、三浦の心の動きは雑すぎる。 あんなにも急激に変化してしまうのだろうか。 だって.. Weblog: ドラマ!テレビ!言いたい放題 racked: 2006-11-04 14:44
  • 気持ちを理解していると伝えよう(「子どもの話にどんな返事をしていますか?」)

    Excerpt: p.35~p.43ここで、親子の会話が5つ紹介されています。なかでも面白いと思ったのは、「自分はバカだ」という子どもに対して、「おまえはバカじゃない」と頭ごなしに否定して水掛け論になってしまった例です.. Weblog: マザーズバッグ☆ジムにもヨガにもマザーズバッグ racked: 2007-06-09 22:46