功名が辻 第41話

出演者の名前を見て。
かつて
不破万作を演じたのが浅利陽介さん。
今回
増田長盛を演じたのが不破万作さん。

これにちょっとツボでした(笑)



徳川家康は信長といた頃、律儀というくらいの律義者だったのだけど今やすっかり狸爺。


家康の側近で今回出てきたのは
井伊直政
本多忠勝
榊原康政の三将。

この3人はどちらかというと知恵というよりかは武功で名を挙げたイメージが強いからなぁ。


個人的には家康と策略を練れる武将を一人か二人、出して欲しいですね。



堀尾は早々に家康につき
中村は意外にも豊臣家を裏切れぬと徳川家にはつかぬという。

未だ迷う一豊。



さて、家康はというと天下獲りのために謀略を開始。

家康以外の5大老は以下の通り。

毛利輝元
宇喜多秀家
前田利長
上杉景勝



まず前田利長に難癖をつける。
家康は乱を起こす事で自分の抵抗勢力を炙り出し
一掃する事で自分の天下を確立させようとしたんやな。

しかし、利長は家康に恭順の意を示し、自分の母を人質として差し出した。


で、次の矛先を上杉景勝に向けるんやな。
そうして上杉家からの返答が直江山城守兼続が送ったという「直江状」。
あれを読んで家康が激怒したそうなんだけど
このドラマを見ると家康にとってはきっかけが欲しかったから
ここでの激怒は演技と見たようですね。



石田三成には義のために豊臣家を守ろうとする姿に心揺られ。
徳川家康にはかつて命を救われた恩がある事と源氏の棟梁たる点に心揺られ。


そうして、未だに迷ってる一豊は掛川を通る家康を寺でもてなすと。


そこに中村一氏が現れる訳やな。
自分ではもう働けないために弟を代わりに行かせるのだと。


一氏といえどお家のために自分の意志を通す事ができなかったんやな。
というか、堀尾や一豊と違って
自分一人せっかくの功名の舞台を病によって進む事ができない
口惜しさが最後の表情に滲み出ていました。



未だ迷う一豊だけど来週その答えが出るようですね。



義のために

三成の信念は素晴らしいものがあるかもしれんが
大坂にいる大名の妻子を人質にとるやり方と
ガラシャの最後におそらく強烈な嫌悪感を覚えるんでしょう。
おそらく関が原は再来週辺りになりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月15日 23:57
今まで色々なエピソードを風のような早さで
駆け抜けてきたのに、ガラシャで一話使うのかな。。。(-_-;)
一氏の死が、時の流れを感じさせましたね。
奥方は全然老けてないけど(^^;)
ikasama4
2006年10月16日 01:23
くう様
>今まで色々なエピソードを風のような早さで
>駆け抜けてきたのに、ガラシャで一話使うのかな。。。(-_-;)
おそらく彼女の死によって
一豊が三成につくか家康につくか
決断をするって展開になるんでしょうね。

義に貫くはずの三成が
京にいる大名達の奥方の人質を取るという行為に
一豊の出す決断はひとつしかないでしょうね。

>奥方は全然老けてないけど(^^;)
これは大河ドラマの定番ですから(;・∀・)
2006年10月16日 15:07
こんにちは!
上杉と家康との手紙で激怒、あたりがよく分かりませんでした。
あれは家康の思う壺だったのか、上杉の思う壺だったのか。
もう皆さん狸や狐ばっかりで、千代ではないけれど、何がなんだか。
裏の裏をかいてそのまた裏を・・・????
ikasama4
2006年10月16日 18:58
さくらこ様
>上杉と家康との手紙で激怒、あたりがよく分かりませんでした。
>あれは家康の思う壺だったのか、上杉の思う壺だったのか。
あれは家康の思うツボだと思われます。

まず石田三成は上杉と結託して
家康を怒らせるような文章を書き、家康を上杉討伐に向かわせる。
そうして出陣した家康に対して三成が京で兵を挙げる。
そうすれば三成軍と上杉軍で家康を挟み撃ちにできる、
というのが石田三成が考えた作戦。

しかーし、家康はその上をいっていて
わざと怒った振りをして上杉討伐の兵を進めて
ある程度進軍したところで三成挙兵を知ると
反転して三成と対決する。

後ろの上杉軍は伊達政宗らに抑えてもらうと。
伊達家と徳川家は縁続きですからね。
それに家康は予め三成方の大名に
戦に参加しないようにとか自分達に付くようにとか
調略していたようですからね。


若狐よりも古狸の方が格段に上のようです(;^∀^)
劇団たぬき
2006年10月22日 18:40
こんばんは!
すみません・・・第41回記事のご訪問が第42回放送日になってしまいまして・・・今更なんですが。

一豊は今日、決断を下す模様で・・・
正直、あの(長谷川京子演じる)ガラシャには辟易しているので、スルーしてもらっても良かったんですが、鳴り物入り(?)で登場させたんでしょうから、出さないわけにもいかないんでしょうか。

はやく「小山の軍議」を見てみたい。。一豊が盟友・吉晴の子、忠氏のアイデアをパクるところをどのように描くのかが楽しみです。

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻(10月15日)

    Excerpt: 高台院から「女大名の山内家」といわれ、六平太からは「山内家の命運がかかっている」といわれ、千代に対する周囲の期待がうかがえます(笑) Weblog: 今日感 racked: 2006-10-15 22:23
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会   時は人を変える

    Excerpt: 今日は腹出して観てたら腹痛くなって、今も完全治癒とは言えません(-.-;)。でもそんな状態でも軽く観れるこのドラマだと思います(笑) Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-10-15 22:24
  • 【功名が辻】第四十一話

    Excerpt: 家は潰せぬ。これが、大名の決断の行き着く所だと思う。家康と腹を割って話したい、と掛川で饗応を催した一豊の所に病の身体を引きずって、家康の元に付くと言上しに来た中村一氏。この男は、あまり好きになれなかっ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-10-15 23:52
  • 恩顧か恩賞か(功名が辻)

    Excerpt: ・・・何か、「ロンブーの淳」でも「ヒル魔」でもなく、今日は「中村一氏」がいた、という感じでした・・・。 宝塚だと「退団公演で、その人の集大成が出る」と聞いた事がありますが・・・。 見事な「去り際」.. Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2006-10-16 19:09
  • 功名が辻 第41話

    Excerpt: 城主たるもの病などということは外に漏らさぬのが武家の習い。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-10-16 20:29
  • 功名が辻 第41話

    Excerpt: 城主たるもの病などということは外に漏らさぬのが武家の習い。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-10-16 20:29
  • 功名が辻 第41話

    Excerpt: 城主たるもの病などということは外に漏らさぬのが武家の習い。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-10-16 20:30
  • 「功名が辻」第四十一話

    Excerpt: いよいよ天下分け目の「関が原の合戦」へ向けて、家康が暗躍している最中です。その陰謀に巻き込まれる山内家を描いた今回。…って気付いたら一人だけ残されてしまった一豊さん。一体どうする!? Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-10-18 16:37