大河ドラマ 第39話

公式HPでの今回のあらすじ
秀吉(柄本明)は家康(西田敏行)の嫡男・秀忠の娘を秀頼の嫁とするよう家康に申し入れる。大老・前田利家(唐沢寿明)は秀吉へ諫言を試みるが、逆に家康は表面上あくまで秀吉へ恭順の態度を示す。


・・・あったか?



さて、今回はまさしく秀吉の死。
秀吉の老いに対する醜さが表されていました。
また、そんな秀吉を最期まで支え続ける寧々の存在。


「夫婦の姿とはかくあるべき」と言ってるような気がしたな。


そんでもって千代はお家のため、一豊の血を引く後継ぎを求めるために
掛川にいた侍女に殿の夜伽をさせようと画策するんやなぁ。

で、自分は美濃の伯母上のとこにいくんだが・・・。


そこで嫉妬にかられてらぁ世話ないわな。


でもって、殿は侍女と妻から聞いた話ばかりしてたってさ。



結局のろけかよ( ゚д゚)


これで真面目に見る気が失せた(苦笑)




それと淀の市のモノマネ、ちょっと似てた気がするな。




さて本筋をいくつか。
秀吉は五大老、五奉行という職種をつくりやした。

五大老というのは豊臣家の家老として政治を行った有力な5人の大名を指した言葉。

徳川家康
前田利家
宇喜多秀家
毛利輝元
小早川隆景

ちなみに小早川隆景の死後は上杉景勝、前田利家の死後は彼の長男である前田利長が跡を継いだらしい。
このドラマで登場してるのは今んとこ前田さん(この回のみ)と徳川さんのみ。



五奉行というのは豊臣家の実務を行った人物を指した言葉。

浅野長政
石田三成
前田玄以
長束正家
増田長盛


このドラマでは石田三成だけですかね。



三中老というのもあるらしいが、これは正直実際に機能したかどうだか怪しいらしい。




それと今回の秀吉の死に対してはひっそりと葬儀を行い、周囲には知らせなかったようで。
もし、秀吉の死が他の諸大名に知られれば天下が乱れると秀吉は考えたのかもしれんが
その考えの通りになっていくようだなぁ。



そう考えると淀殿の秀吉憎しもわからんでもないが
その自分がいる地位が崩れさる事も考えてなかったとしたら
彼女の考えは浅はかなもんかもしれんわな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月01日 23:12
>前田利家(唐沢寿明)は秀吉へ諫言を試みるが、

。。。ふ~ん。。。って感じですね。カット?(^_^;)
唐沢さん、よくぞ、あれだけの出番のために出演して下さいました。

臨終の時、茶々は本当に市に取り憑かれていたんだと思っているのは
わたしだけ?。。。
だって、ロウソクが、ふっ。。。って。。。(>_<)
2006年10月02日 16:03
あらすじのような話はなかったですね。
唐沢さんのお気持ちは分かりませんが、あのくらいの出番でちょうど良かったのではないかな、と思いました。
たった一回限りの登場であまりにも目立つのもどうかと思います。

豊臣を継ぐ者があんな小さな秀頼だけで、秀吉は不安で不安でたまらなかったでしょうね。
そうしてしまったのも自分なので自業自得ですが。
最後の最後にはとても温かい心で秀吉を包み込んだ北政所に感じ入りました。
ikasama4
2006年10月02日 21:10
くう様
>唐沢さん、よくぞ、あれだけの出番のために出演して下さいました。
唐沢さんのスケジュールの都合で1話のみの出演になったそうですが
あれなら出なかった方が良かったのではと見終わってそう感じました(;・∀・)

>だって、ロウソクが、ふっ。。。って。。。(>_<)
あぁ自分はあれで秀吉の希望と共に命運が尽きたのだと思いました。
なるほど、そういう見方もできるのかもしれませんね。
ikasama4
2006年10月02日 21:11
さくらこ様
>たった一回限りの登場であまりにも目立つのもどうかと思います。
それは言えてるかも(笑)
ただ、利家は秀吉にとって重要な人物ですから
できれば2、3話くらい見たかったと思うのは贅沢な願いでしょうかね。

どちらにせよ今回の秀吉は
自らの手で自分の天下を壊していく様子に
彼への哀れさが描かれている感じがしました。

>最後の最後にはとても温かい心で秀吉を包み込んだ北政所に感じ入りました。
今回の中で唯一ホッとしたワンシーンでした。
2006年10月02日 22:02
こんばんは。TB、ありがとうございました。
(こちらからも、させて頂きますね。)

>秀吉を最期まで支え続ける寧々の存在。
>「夫婦の姿とはかくあるべき」と言ってるような気がしたな。

・・・長年連れ添った妻だからこその、接し方がよく表れていたように思いました。浅野さんの演技も、印象に残りました。
ikasama4
2006年10月03日 00:37
朝凪、夕凪様
はじめましてです。

>・・・長年連れ添った妻だからこその、接し方がよく表れていたように思いました。
そうですね。
そう感じさせてくれたのは秀吉が年をとるに従い、側室に淀殿にそして自分の子に思いが向かい、正室である自分には一切愛情が感じられなかった積み重ねがあったからこそ

たとえ秀吉の息が臭くても(笑)
彼の最期が近付く時に彼を優しく抱き寄せるシーンが生きたのでしょうね。
2006年10月03日 18:30
こんばんは!
珍しくタイトル通りのドラマになりました(皮肉)
秀吉の老醜の表し方が本当に酷いものでしたね。ここまでひどい秀吉を演じた柄本さんにお疲れ様と言いたいくらいです。
寧々と茶々の対比もよく描いてくれました。
一度は見限ったと言いながらちゃんと最後を抱き寄せてくれて妻としての愛情が表れていました。そうそう、茶々の市のマネは似てましたね。
本当に撮影の時に乗り移っていたのかも・・ぶるっ
ikasama4
2006年10月03日 18:43
かりん様
>珍しくタイトル通りのドラマになりました(皮肉)
何ヶ月ぶりでしょうかね(苦笑)
今回の大河での秀吉像はとても合点がいくものでした。
たいていの秀吉は年老いてもどこかカッコよさがあったのですが
柄本さん演じる秀吉は老いて耄碌する事で見事に自分のエゴによって
自分が求めていた天下を壊していく秀吉像を演じられました。

>そうそう、茶々の市のマネは似てましたね。
>本当に撮影の時に乗り移っていたのかも
・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ
劇団たぬき
2006年10月07日 23:02
いつもいつも遅ればせながら、のコメントです。

秀吉「降臨」って感じを受けました。→もっとも本物の秀吉に会った事がないので、アレなんですけど。。
ただ、どうしても気になるのが三成が「五大老・五奉行」って平気で言ってたのが・・・ね。。当時はそんな呼び名じゃなかったろうに・・・
視聴者に分かりやすく・・・っていう配慮なのかもなんでしょうけど、いちいち「誰それを五大老」「誰それを五奉行」って言わせる必要はなかったのかなァ~って思っちゃいました。。
ikasama4
2006年10月08日 19:12
劇団たぬき様
今回の秀吉こそ晩年の秀吉って感じがしました。
「五奉行・五大老」ですかぁ。
このドラマでは秀吉と竹中半兵衛の対決といったように
ちょっと後々江戸時代や日本の歴史で書かれた事を描いている事が多いんですよねぇ。
まぁ秀吉が自分亡き後、天下が乱れる事を恐れて、あのような職種を作ったような描き方をしたかったのだと解釈してます。

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻39千代も一豊も邪魔だったょ今週は!

    Excerpt: 千代と一豊は、歴史を左右するほどの歴史上の人物でない悲しさか、今年の大河ドラマはほとんど毎回「戦国歴史物語」と「千代のホームコメディ」の二本立てです。今回ももちろんそのつもりだったのでしょうが、いかん.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2006-10-01 22:43
  • 【功名が辻】第三十九話

    Excerpt: このドラマが始まった時、この秀吉には不満がいっぱいだった。何せ、柄本さんは、どう見ても若い秀吉には見えなかった。信長のために、一心不乱に働き、知恵を働かせて皆をまとめ、小賢しい中にも、人から慕われる陽.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-10-01 23:07
  • ウルトラマンメビウス ミサイル超獣ベロクロン登場 本当の笑顔

    Excerpt: ほうっ、、、大阪に帰ってきてやっと観れました、メビウス。丁度移動してましたが、やっぱり気になって。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-10-01 23:16
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会  秀吉を想う

    Excerpt: 今回の話はなかなか思い入れ深いものがありました。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-10-01 23:22
  • 功名が辻 第39回

    Excerpt: 今日は「老い」について、生々しかったですね。 一豊も白髪が増えるし、千代も子供を諦めるし…。 利家と一豊の絡み(会話)が無かったのが残念かな。 秀頼4歳にて元服。秀吉は60歳。淀から見れば秀吉は要済.. Weblog: ななさんにトラックバック racked: 2006-10-02 06:41
  • 功名が辻 第39話

    Excerpt: 茶々の産んだ世継ぎは豊臣の世継ぎにあらず。 織田の天下を受け継ぐ織田家の世継ぎなり。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-10-02 17:52
  • 太閤、堕つ(功名が辻)

    Excerpt: ・・・予告を見た段階で・・・「秀吉の花いちもんめ??」と思ってましたが・・・。 (とか書きながら、映画「花いちもんめ」は、TVで放送した時、チラッと見た程度でしたが。) Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2006-10-02 21:29
  • 誰が祟ったのか・・・ ~秀吉死す~

    Excerpt:   どんなドラマでも秀吉の最期は寂しいものに描かれてきましたが、今回のは格別でしたなあ・・・大石さん、豊臣家に恨みでもあるんですかいな?  第39回のあらすじは公式サイトをご参照下さい。  唐沢利家.. Weblog: ガヴァドンなボログ racked: 2006-10-02 21:59
  • 功名が辻第三十九回「秀吉死す」~露と落ち露と消えにし吾が身かな 浪速の夢も夢のまた夢~

    Excerpt: 秀吉逝った・・・ サラバ!柄本明秀吉よ! 当初は、なんてフケた秀吉だ~と思いましたが だんだん猿ぶりがハマッていきましたね~! 数々の名場面に 拍手拍手です! Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-10-03 00:09
  • 「功名が辻」第三十九回

    Excerpt: 「秀吉死す」と題された今回。オープニングがやけに長いと思ったのは、私だけでしょうか。って、唐沢くん。前評判の割りに、たったそんだけの登場かい!!(爆) Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-10-06 22:13
  • 唐沢寿明、フジ新春時代劇で信長の家臣・明智光秀を熱演

    Excerpt: 俳優、唐沢寿明(43)が来年新春放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「明智光秀��世飽Δ気譴覆�辰臣麻�」に主演することが24日、分かった。これまで“主人公”として描かれることがなかった光秀の真実の姿に.. Weblog: 沢尻エリカ☆亀梨和也☆長澤まさみ 芸能ニュース racked: 2006-10-25 20:52