功名が辻 第35話

前回の副田殿が登場した事で今回の旭との最期の時間は予想できたけど
やっぱ切ないですね。
ちょいと勧進帳を思い出してもうたな(笑)


此度のメインテーマは北条攻め。
オープニングでは北条家5代目当主・北条氏直が出ていたけど
実質の北条家の実権を握っていたのが、前当主で氏直の父である北条氏政でございます。
どうせなら彼も出して欲しかったなぁ。
この北条家ってのは秀吉のドラマになるといつもちょい役というか
ナレーションだけで済んでしまう事が多いんよね(ノД`)シクシク

今後の大河で北条氏をメインにしたドラマを見てみたいですねぇ。


その北条攻めで五藤さんと祖父江さんが道中で見た富士山の合成にはガッカリけど(苦笑)


さてさて
秀吉は三成の案の下、各大名の妻や息子を京に据え置くようにするんよね。
で、家康も当然、関白の命により三男の長丸を京に向かわせるのだけど
その後、すぐに家康の領地である駿府に戻されるんよね。

その代わりに北条攻めの先陣を司る事に相成るんだけどね。


さて、この北条と徳川にはちょっとした親戚で
家康の娘が北条氏直と結婚しておってね。
小田原落城の折、北条氏政は切腹するんだけど氏直は家康の親戚という事で
家康が助命を嘆願し、その結果、氏直は高野山に謹慎するんよね。
これには続きがあって氏直は若くして亡くなり、その妻は家康の下へ戻るんだけど
それからその妻は池田輝政に嫁ぐ事になります。
ちなみにこの池田輝政はこの当時三河国の城主。

ここから秀吉の封印が徐々に解かれつつあるようです。


家康殿が北条と組んで秀吉に謀反という噂が立つのはそういう関係からも伺えますね。
それにしても信雄の妙案はとことん笑わしてくれるねぇ。



北条家の城を落とした一豊と康豊。
落城させた場所で二人が見たものは自刃した敗軍の将たち。
そこにはまだ幼い子もいた。

かつて岩倉城落城に思いを馳せる兄弟。




さて、北条家の支城を落とした秀吉軍は北条家の本城となる小田原城を取り囲み篭城をするんよね。
小田原城は城内に街があり、上杉謙信でさえ落とせなかった城。
それに対して秀吉は目には目を歯には歯を
大きな城には大きな城を

という事で城を造ると。
そっかぁ・・・そういえばあの一夜城を経験した武将ってこのドラマでは一豊しかおらんようやね。
蜂須賀も半兵衛もおらんしね。
・・・秀長はどうやったんだろ?参加してないんかなぁ(;・∀・)



その後、秀吉はこの広大なる関東の領地を家康に差し上げると。
その代わりに今まで統治していた三河・遠江・駿河・甲斐・信濃を召し上げるというんね。

家康は秀吉の御足に小便をひっかけてしまうくらい驚くとな(笑)

井伊直政は憤るのだが、家康はこの申し出を受けるんよね。
たしかにあの時、秀吉を討つ事はできるのだが、
この状態で秀吉を討つとそれによって家康が第二の光秀になってしまう可能性が高いんよね。
おそらくこのドラマなら石田三成もしくは黒田官兵衛が第二の秀吉になるんだろうけどね。


それから家康が関東にお国入り後、かつての家康の領土だった東海道は
一豊、吉晴、一氏、に池田輝政そして秀次が治める事になるんね。
これにより家康が京へ行く道を封じたという訳で。


今回の京都へ各諸大名の身内を人質として置いておく事、そして家康が国替された事が
後の江戸幕府への参勤交代、転封(国替)に繋がるような展開に感じますね。
まぁこのドラマではそこまでは描けないとは思いますが(笑)


それにしても相変わらずの近江モノVS尾張モノの展開。
淀の根は深いなぁ。
確かに算術に明るい者は近江には多かったと思うけど
同じくらい尾張の者にも算術に明るい者は多かったと思うんですがね。
それに淀さんは尾張の織田信長の妹・お市様の血を引いてるんですからね。

その淀に仕えている者が「尾張にござりまする」と答えたのが実に滑稽な事で( ^▽^)



そうしてようやく天下を得た秀吉でしたが
その後、
秀長死去
利休切腹
そして鶴松死去と
豊臣家に暗雲が漂い始めたようで。
今後は段々と秀吉が壊れていくようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月03日 23:42
あまり集中して見れなかったので、何も言えないんですが。。。
とにかく、ちょっと千代の夫に対する態度が「?」な回でした。
家康サイドが一番面白かったかな。
豊臣の輝きを隠し始める暗雲は全部ナレーションで
済まされちゃいました(・▽・;)
次回以降に期待。。。。。。
2006年09月05日 22:26
こんにちは~!
家康&信雄&秀吉(一豊もいたね)のシーンが面白かったですね。
ああいう秀吉の、ここぞと言う時を逃さない行動、凄いと思います。
徳川家と北条家にはそんな繋がりがあるんですね。
豊臣側として参戦は、複雑な心境だったでしょうね。

千代、賢すぎ。
次の天下を取るのって、・・・千代?
なんて言ってしまいたくなるんですよ。
ikasama4
2006年09月06日 23:05
くう様
千代がこういう演出になったのはかつて吉兵衛が千代を竹中半兵衛以上の知恵者と評した事にあるかと思います。
だからといってこういう風にして千代を持ち上げる演出は自分達がその歴史を知っているからこそ出来る演出なので、それをあからさまに持ち上げるのはどうも・・・(;・∀・)
相変わらず肝心の史実はナレーションばかり。
こういうとこをもう少し切り込んで欲しいですね。
ikasama4
2006年09月06日 23:33
さくらこ様
こんばんは
>ああいう秀吉の、ここぞと言う時を逃さない行動、凄いと思います。
家康が彼の行動を憎いと言いつつも憎みきる事のできないとこに
人たらしと言われた秀吉らしさがここにありますね。

>千代、賢すぎ。
>次の天下を取るのって、・・・千代?
>なんて言ってしまいたくなるんですよ。
たしかに。
千代は竹中半兵衛以上の知恵者だと吉兵衛が言ってましたからね。
更には、その知恵をひけらかさないのが千代だとも言ってましたね。
な下地があるとはいえ、ちょいとこの演出は少々露骨かもしれません(笑)

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 こんな回もあるんやろうけど、、、。

    Excerpt: う~ん、今日はほんまに書くことないね。ま、たまにこういうことあるのが功名が辻やけどね。有名人物が主人公じゃないのはメリットもあるし、もちろんこういうデメリットもある。ポイントポイントでレビューしてみま.. Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-09-03 23:17
  • 功名が辻(9月3日)

    Excerpt: 針売りに身をやつしていた甚兵衛を、旭と引き合わせる千代 Weblog: 今日感 racked: 2006-09-03 23:25
  • 【功名が辻】第三十五話

    Excerpt: ごめんなさい。前半、つまらな。。。。。。。以下略。副田甚兵衛を市場で見かける千代。旭姫が病床に伏しているから、一緒に大阪城へ行きましょうと。。。え~。。。勝手にそんな事していいの~。。。しかも、副田甚.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-09-03 23:33
  • 功名が辻 第35回 

    Excerpt: 天下を取る取らざるというものは天運をおのずと味方にせねばならぬ。 人力のみで無理無体に天下を取ろうとすれば天下はわが懐には落ちぬ。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-09-04 18:52
  • 功名が辻第三十五回「北条攻め」~と、言いつつ北条は誰も登場せず~

    Excerpt: 小田原方は、誰も出てこず・・・・ 終了(しゅうぅ~りょぉ~~)・・・・ Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-09-06 15:32
  • 「功名が辻」第三十五回

    Excerpt: 奥さん!来週はいよいよ六平太が再登場ですよ!!ってな今週号。(おい)今週の北条攻めはさらっと過ぎちゃいましたねー。(笑) Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-09-08 00:22
  • 功名が辻

    Excerpt: 第三十五回「北条攻め」 山内一豊は遠州掛川5万石の大名となりました。⇒前回、一豊は秀長のような組織間の調整役と言ったのだ Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2006-09-08 22:16