功名が辻 第38話

今回は「秀次切腹」
そのきっかけは淀殿が生んだ「拾」でした。

秀吉から伏見に登城せよという秀次への命令。
命を大事にするために出家を進める千代。
しかし、関白が選んだ決断は

たとえ死してでも己を真っ直ぐに貫いて生きるという事だった。

若さ故の反発か若さ故の真っ直ぐさか
その真っ直ぐさを幼き頃の秀次に説いたのは他ならぬ千代だったというのも因果な運命であるかな。


それにしても新一郎、いつの間に髭生やしたんだ(笑)


秀吉に諫言した秀次は
秀吉の怒りに触れ高野山へ謹慎。


もう一度会いたいという千代の願いは果たされる事はなかった。



謀反の罪も着せられて。



これで後継ぎは「拾」となる。
しかし、それだけでは満足できなかった者がいた。

淀殿は京・聚楽第を取り壊しを
そして秀次に寵愛を受けた者達を惨殺させた。
その数、39名。



秀吉は自らの手で豊臣家の忠臣を消しさってますね。

どうも淀殿は豊臣家の色を全て消してしまいたいようですね。

羽柴秀吉であれば淀殿の考えにも気付いたはずなんでしょうが
豊臣秀吉は「拾」可愛さにすっかり耄碌してしまったな。



全然話は変わるけど中国の歴史で有名な「三国志」
ここで呉の国の君主であった孫権は長命で名君だったと思います。
ただ彼は晩年に後継者問題で国を乱し耄碌したようです。

かつて先人が繰り返した過ちを時が経つと人は繰り返すようです。
その光景を目の当たりにしなければ分からないのかもしれないようです。





さて、山内家の「拾」はというと
家臣の間で後継者問題がくすぶり始めたようだな。
「拾」はたしかに聡明な人物である。

しかし、彼は山内家の血を引いていない氏素性のわからない人物。
そんな人を山内家の君主として仕える事ができない。


山内家の血を引く後継ぎとして一豊の弟・康豊の子である国松を後継ぎとして然るべきとする。
その筆頭に立つのが祖父江家。

対する五藤吉蔵は殿の意向に従う考えのようで殿が「拾」を後継ぎにするのであればそれもまた良しとする。


たしかに「拾」は我が子同然に育ててきた。
できるのであれば、このまま山内家を継いでほしい。
しかし、私達が「拾」を可愛がれば可愛がる程、
血筋に拘る家臣たちの憎しみの矛先は「拾」に向かってしまう。


「拾」を後継者争いに巻き込んではならない。
豊臣家の二の舞にはしたくない。

その影が見えてきた千代は一豊と相談の上、ひとつの決断に至った。



拾を仏門に入れる事。



それが今後、自分達がいなくても「拾」が幸せに暮らせる道なのだと。

悲しいけれど―――。



てな感じかな。


父の業として悲しき業故に自分の思い描く人生は辿れなかった。
でも父がそう願うのなら自分は僧になる。


「拾」を演じたのは泉澤祐希さん。

知っている人はご存知ですが、TBSドラマ「白夜行」で幼少期の亮司を演じた方です。
今回の役柄となんともカブるモノがあります。




さて、今回の山内家での後継ぎ問題。
一豊と千代を主体にすれば、どうしても「拾」に継がせたかったのですが
そう思うようにならないのが「大名」として家を守る者の宿命。

可哀相とかいう思いもありますが、こればかりは致し方ないのかもしれません。
情を捨てていかなければ国は守れまないという事なんでしょうかね。


山内家を背負う者は山内家に仕える者にとって象徴たるべき人なのですからね。






日本にとって天皇が私達の国の象徴であるべきようにね。






さて、来週はいよいよ利家が登場です。

そして秀吉の死。

また何か妖しきものが蠢きそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月24日 22:50
そうですね~。亮司の時も良い演技でしたもんね。
泉澤祐希くんは、いつも運命に翻弄される役ばかり。。。(; ;)
今回は後半に泣かされ、前半部分は吹っ飛びました~(^▽^
2006年09月24日 23:03
今回は早く書けました!
すっきり~!!
え!拾くんはあの白夜行の時の少年だったのですか?
そう言えばそうかも!
サッカーの稲本選手にちょっと似た子、という印象だったんですよ。

人は同じ過ちを繰り返すものですね。
悲しいかなそれが人間なのでしょう。
次回はなんだかおどろおどろしい様子のようですね。
2006年09月24日 23:09
あの子役、イイですね~。須賀くんやかれんちゃんが有名ですが、どんどんそれとかたを並べる子役も生まれているんですね。レベルが高いですね。
ikasama4
2006年09月25日 19:52
くう様
>泉澤祐希くんは、いつも運命に翻弄される役ばかり。。。(; ;)
でも、今回は彼を支えてくれる両親で良かったです。゚(゚´Д`゚)゚。
ikasama4
2006年09月25日 19:53
さくらこ様
>え!拾くんはあの白夜行の時の少年だったのですか?
その通りでございます。
そう見るとまた違った側面が見えるようです。

>悲しいかなそれが人間なのでしょう。
それを忘れないためにも語り継ぐ必要があると思う気もしますが
それだけでも足りないのかもしれませんね。

>次回はなんだかおどろおどろしい様子のようですね。
ええ、なんだかドロドロしたものが湧き出てくるようです(;・∀・)
ikasama4
2006年09月25日 19:53
てれすどん2号様
>あの子役、イイですね~。須賀くんやかれんちゃんが有名ですが、どんどんそれとかたを並べる子役も生まれているんですね。レベルが高いですね。
その通りですね。
今はもうドンドン出てきますね。

それにしても時が経つのは早いもんだと最近痛感してます。
「お金がない」で印象に残る子役を演じた森廉さんが今では
「マイボス」でインテリ高校生を演じてるんですからね。
その事を知った時にはホント驚きました(笑)
2006年09月25日 20:43
>「拾」を演じたのは泉澤祐希さん。
ああ・・って思いました。のどまとまで思い出していたんですけど。
亮司だったのね・・どうりで上手かったわ~~。
あの泣きの演技にすっかり貰い泣きでした。

前半は泣くというよりも成宮秀次の爽やかさに魅了されてました。
タイトルは切腹の方なんだけど、亮司に持っていかれたかなと。
ikasama4
2006年09月25日 21:19
かりん様
自分はテロップを見てあれ?って思ったんですよ。
今回は彼にすっかりヤラれました。゚(゚´Д`゚)゚。

>タイトルは切腹の方なんだけど、亮司に持っていかれたかなと。
全くもって同感です(笑)
2006年09月27日 23:15
こんばんは!
今回は成宮さんに「おつかれさま」と言いたいです。
後半はこれまた、非常に良質ではあったんですが、非常に良質であったがためにサブタイトルと関連しないストーリー展開(と思われました)というか、つくりが残念でした。。
ikasama4
2006年09月28日 00:25
劇団たぬき様
今回は「関白切腹」を教訓に山内家は跡目争いを避けたという描き方をしたかったように思います。
そのために前半の話はサラッと描いたのかもしれません。
そしてこの「関白切腹」というのは
秀次が切腹するんですが、それを「秀次切腹」ではなく
「関白切腹」としたことに関白でさえ秀吉の意向で切腹されるという事を
皮肉ったような気もしました。

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会  悲しいからこそ

    Excerpt: 奇跡のモロボシダン(森次晃次)さんの舞台挨拶があり、頭ん中ウルトラの幸せでいっぱいのてれすどん2号ですが(追って記事UPします)、今週の功名が辻は神妙にレビューすることにしましょう Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-09-24 22:28
  • 功名が辻38戦国ヒーロ功名戦隊デシャバリンダー登場!

    Excerpt: 先週あと10回と書きましたが、今日を入れて後12回のまちがいでした。あまりのヘヴィな展開にトチ狂ったのかいずれにせよ謹んでお詫びします。m(._.)m そのお詫びといっては何ですが、次週以降の.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2006-09-24 22:28
  • 【功名が辻】第三十八話

    Excerpt: 一粒種のよね姫を失ってから10年間。我が子として育ててきた拾を、ついに手放す日が来た。一豊と千代は拾を山内家の跡取りにしても構わないと思っていたが、跡取り問題で家中は揺れ始めた。血筋が途絶えると言うの.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-09-24 22:39
  • 功名が辻~秀次切腹&拾との悲しい別れ!!

    Excerpt: 功名が辻ですが、面白くなっております。こんなに毎週楽しみなドラマは久しぶりなわけですが、オープニングの雲が流れる映像を見るだけでもちょっとドキドキしてしまいます。 今回は、関白・豊臣秀次切腹の回.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2006-09-25 16:27
  • 功名が辻 第38話

    Excerpt: 天下は天下のための天下。太閤殿下だけのものではございませぬ。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-09-25 17:50
  • 功名が辻 第38回

    Excerpt: 今週は泣けましたね、『功名が辻』。 前半は一豊が秀次に説得するも一触即発状態に・・・。そこへ千代がシャシャリ出てきて諫言します。さすが主役美味しいとこ取り状態でした。 秀次最後の仕事?秀吉への諫言.. Weblog: 賃貸営業よもやまばなし racked: 2006-09-25 22:10
  • 功名が辻第三十八回「関白切腹」~よー言った!秀次!拾!~

    Excerpt: さらば! 成宮寛貴関白秀次! 拾も仏門で頑張ってくれ! Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-09-25 23:30
  • 「功名が辻」第三十八回

    Excerpt: 『さらば、成宮関白秀次!!』の回。かと思いきや、それは「本能寺」と同様、あっさりと前半15分で終わっちゃいましたねー。(苦笑)残りは山内家にとって重大な転換期部分。今回も面白かったです。 Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-09-26 22:15
  • 功名が辻

    Excerpt: 第三十八回「関白切腹」 『三国志』呉の孫権を思い出しますわ! Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2006-09-27 21:32