功名が辻 第34話

捨て子を拾った千代。
千代はこの子を「拾(ひろい)」と名付ける。

・・・これだけでなんか嫌~~~な予感がする。

知ってる人は知ってるかもしれないが
淀(茶々)が生んだ子・鶴松は幼名を「捨(すて)」やったんよね。
その鶴松は3歳で亡くなりやす。

その後、秀頼が生まれるのだが、秀吉ら周辺は鶴松の幼名を捨にしたから
鶴松は早くに亡くなったと考え、秀頼の幼名を「拾」にした訳で。


・・・どうもなぁ。
なんかこの「拾」でひと波乱ありそうだな。



さてさて、今回一豊が任されたのは聚楽第行幸。

天皇を関白である秀吉の下に招きいれ盛大にもてなす事で
秀吉の御威勢を天下に知らしめる目的があったんやね。

そこで一豊は蹴鞠の練習をするんだが、どうも上手くいかんらしい。
最初の蹴鞠のシーンでは一豊に髭がなかった気がしたんだが・・・再放送で確認してみるかなぁ

で、千代の言葉通りに一豊は石田三成に教えを請うのだね。
いくら苦手とはいえ仕事は仕事だからね。

ところが佐々成政が肥後鎮圧に失敗し、その後の統治を
加藤清正、小西行長の二人に任したもんだから
・・・またふてくされたよ(笑)


加藤清正と小西行長は仲が悪い。
これは後々の朝鮮の戦いで対立するのだが
元々加藤清正は仏教徒に対して
小西行長は母親の代からのキリシタン。

そして加藤清正は寧々が育てた武将。
小西行長は石田三成と仲が良い。
で、加藤清正は石田三成と仲が悪い。

これだけで関が原での対立が見えてくるな。


ちなみに小西行長は関が原で敗戦後、切腹せずに斬首されたと。
キリシタンは自殺ができなかったためにね。


まぁ加藤と小西が肥後を得たという事で一豊は仕事をするのが嫌で
仮病を使うんよね。
でも流石は千代。
「仮病がバレた時は後が大変ですよ」



・・・その結果。







|д゚)ジー







まぁ何にせよ聚楽第行幸は無事成功という事で
千代の内掛けも天皇に誉められたようだしね。


さて、茶々は御懐妊し無事男の子を出産。

これにより秀吉の世継ぎが出来たと不安がる秀次。
でも、まぁ秀吉の男子誕生の挨拶では次の天下は鶴松様と申し上げるのだが、
秀吉に鶴松を後見する政事、軍略、器量に優れた人は誰かと問うんやね。
ここで秀吉が答えたのが

黒田官兵衛

その人なんよね。

この秀吉の着眼は面白いとこやね。

その彼は家督を長政に譲り隠居を願い出ると。
しかし、秀吉は常に自分の傍にいることを命じる訳やね。


本能寺の変の際、これで天下が取れる機会を得たと進言するんだが、
この発言により秀吉は官兵衛を要注意人物としたんやね。

また秀吉がキリスト教を禁止した令を出した際、
官兵衛は率先して棄教(今、信仰している宗教を捨てる事)するんよね。
この辺りに官兵衛のしたたかさを感じさせるわな。

そして秀吉は是ほど優秀な官兵衛に重要な職を付けなかった。
この点からも秀吉は官兵衛を警戒していた事が窺えますわな。



そして北政所と大政所のシーンはちょっと切なかったかな。
秀吉のために奔走してきたのだが、唯一出来なかった事。

―――秀吉の子を生む事。

英雄、色を好むと自分を言い聞かせるものの、やっぱ本音は悲しいもんだと思います。



さて、来週は副田さんが出てくるようですね。
そして豊臣時代では最後の戦となる北条攻め。

このお話で家康はかなりショックを受ける事は確実のようですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月27日 23:04
「さぼりがバレたら怒られちゃうよ~」
とママに注意されて出かけてみた物の、影から一応覗いてみる。。。
お茶目な感じが。。。確かにツボ(^_^;)
北政所と大政所のシーンは、ちょっともらい泣きしました(+_+)
ikasama4
2006年08月28日 18:34
くう様
>「さぼりがバレたら怒られちゃうよ~」
>とママに注意されて出かけてみた物の、影から一応覗いてみる。。。
>お茶目な感じが。。。確かにツボ(^_^;)
一豊、お茶目です( ^▽^)
あの姿を康豊にも見せてやりたかったな(苦笑)
2006年08月28日 20:17
ごぶさたをしとりました。。

>最初の蹴鞠のシーンでは一豊に髭がなかった気がしたんだが・・・再放送で確認してみるかなぁ
 ↑
これ、僕も見逃しませんでしたよ。
僕が見た感じで言えば、遠目では髭があったんですが、アップになったときに髭がなかった。これたしかになかったです。
ハードな練習(?)で髭が落ちたんですかね(笑)
編集がちといい加減かもですね。

劇団たぬき
2006年08月28日 20:18
(つづきです)
で、官兵衛ですね。。

彼は関ヶ原のときに「天下とりプラン」を掲げてたんですよね。
九州を平らげて、関ヶ原の勝者と雌雄を決する、という。
だけど、思いのほか関ヶ原が早く片付いたもんだから、如水のプランは瓦解してしまうんですネ。
家康の勝利に一枚かんでいた倅・長政が論功行賞で福岡52万石を与えられて大喜び。。これを如水に報告するんですが、
長政「父上、お喜びくだされ!内府どのは、わが右(左?ちょっと失念しました)手をとって、“甲州どの、こたびのことすべておことの調略のおかげじゃ、礼を申す”と仰せになられました!」
如水「そのとき、そのほうの左(右)手は何をしておったのじゃ?」
長政「は???」
如水「なぜ、脇差で内府の心の臓をささなかったのじゃ。たわけが」

乱文乱筆はご容赦のほどを

2006年08月28日 22:10
いつもどうもです~。
ブックマークにも入れていただき感謝です!
劇団たぬきさんと並んじゃって、ひえ~~、勿体無か~~!!
(なぜか九州弁^^;)
ついたての陰からこそこそっと一豊登場の絵文字がいいですね!
最近貫禄が付いて落ち着いてきたかな、と思ってたんですけどね。
時々病気が出るようで・・・。

北政所・大政所のシーンはじーんときました。
そして、官兵衛と秀吉のシーンは、お互いの思惑をじわじわと感じましたね。
大物は怖いんですよ、本当に。
茶々と三成のシーンは・・・何だか何をたくらんでいるのやら、気になります。
バックの効果音も不気味でした。
ikasama4
2006年08月28日 23:23
劇団たぬき様
>これ、僕も見逃しませんでしたよ。
僕が見た感じで言えば、遠目では髭があったんですが、アップになったときに髭がなかった。これたしかになかったです。
自分の見間違いかな?とも思ったんですが、やっぱそうだったんですね。

・・・こういうチェックを怠るとはNHKの編集の力量も落ちてきたという事なんでしょうかね。
なんかガックリです。
ikasama4
2006年08月28日 23:24
(つづきです)
その官兵衛のお話は有名ですね。
黒田官兵衛孝高のすごいとこは関が原の混乱に便乗して九州を統一し
天下の狙うのだが、1日で雌雄が決着すると見るや
すぐさま家康に恭順の意を示す辺りは流石です。

また、晩年の官兵衛は家臣から嫌われるような態度をとったそうです。
それは自分の死後、家臣達が殉職しない事と
家臣が自分の跡を継ぐ長政に仕えるようにするためという配慮があったそうです。

この事からも政事、軍略、器量に優れた人物である事が窺えます。
ikasama4
2006年08月28日 23:24
さくらこ様
>ブックマークにも入れていただき感謝です!
どういたしましてです。

>ついたての陰からこそこそっと一豊登場の絵文字がいいですね!
あの絵文字は結構気に入ってます(笑)

>最近貫禄が付いて落ち着いてきたかな、と思ってたんですけどね。
>時々病気が出るようで・・・。
多分、生涯治らんと思います(苦笑)

いつもは嫌~~~な感じの北政所でしたが、今回ばかりは
ちょっと同情してしまいました。

今回は猿と犬(官兵衛)の化かし合いは面白かったです。
次週は狸も加わるようです(笑)
2006年08月28日 23:54
こんばんはー!

一豊お得意のふてくされ!出ましたねぇ~!

しかし仮病って・・・
それがまた史実らしいというのが
あきれるのを通り越して
笑ってしまいますよね!

女のバトルは怖かったです・・・
2006年08月29日 18:47
こんばんは!
一豊の蹴鞠のシーン・・悪戦苦闘してましたが髭のことは気付きませんでした。面白い!!確かめてみますわ。
それにしても蹴鞠って今でいえばサッカーのボール遊びですよね。
そんな毛嫌いしなくてもできそうな気がするんですけど(大汗)

子供を身ごもってからの茶々の一連の動きは面白かったです。
顔つきが全然かわりましたね。
権力というものをつくづく感じます。それなのに3歳で死んじゃうの?
名前にまつわるエトセトラ。何がこれからやってくるのか・・。
ikasama4
2006年08月29日 19:17
「感動創造」様
こんばんはです。
もうこのふてくされは山内家のお家芸かもしれません(苦笑)
でも、すっかり嘘もつけるようになったようです(笑)

>女のバトルは怖かったです・・・
ですね。このバトルが豊臣家全体を揺るがしていくんでしょうね。
そう考えると怖い怖い(((( ;゚д゚)))アワワワワ
ikasama4
2006年08月29日 19:22
かりん様
こんばんはです。
多分、蹴鞠のし過ぎで髭が落ちたと思います(笑)
蹴鞠ってのは公家とかがやるものっていう思い込みが
一豊はじめ武士の中にはあるんでしょうね。
実際、蹴鞠が上手な武士ってのはそういかなったと思います。

>子供を身ごもってからの茶々の一連の動きは面白かったです。
>顔つきが全然かわりましたね。
正室がどうしても欲しかったものを側室が手にしたんですからね。
浅野さんが出てるからかもしれませんが、どうも大奥っぽいイメージを
感じさせます(笑)

この記事へのトラックバック

  • 【功名が辻】第三十四話

    Excerpt: 女の戦いが、ついに始まりました。鶴松を得た、お茶々。生涯、実子を得る事ができなかった、お寧々。お茶々が鶴松を産んだ日に、1人大政所の元を訪ねる寧々に息子の所行を謝り、涙ながらに嫁の肩を抱く大政所。浅野.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-08-27 22:59
  • 功名が辻34一豊引きこもりになりずる休みの巻

    Excerpt: 大河ドラマも夏休みですか? ホームドラマでもなく戦国歴史ドラマでもない、どっちつかずの何とも中途半端でしまらないダレダレドラマになってしまいました。 本日のストーリ、簡単に云えば エピソード.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2006-08-27 23:00
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 山内家に笑顔が戻ってきた。

    Excerpt: 無事東京から戻ってきて、ビデオ鑑賞後記事を更新しました。コメント・トラックバック返しはこれよりさせていただきます。夜行バスで、世田谷・川崎のウルトラマン展に行ってきました(詳細は後ほどアップ)。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-08-28 12:39
  • 功名が辻 第34話

    Excerpt: この子を頼みましたよ! Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-08-28 20:17
  • 功名が辻第三十四回「聚楽第行幸」~大河仲間の皆様へご報告含む~

    Excerpt: 大河も私も、新たな展開が・・・・ Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-08-28 23:53
  • >功名が辻

    Excerpt: 第三十四回「聚楽第行幸」 秀吉は一豊に、秀長の役割を考えていたのかもしれない? Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2006-08-29 21:42
  • 「功名が辻」第三十四回

    Excerpt: 「聚楽第行幸」よりも、何故かしら女の闘いに目が入ってしまった「功名が辻」。一豊クンのダメっぷりはどうよ。(笑) Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-08-29 23:16