タイヨウのうた 第7話

今回の結末はある程度、予想はできたかな。
孝治がバンドフェスティバルに参加する事とか
クドヘイらの近辺で不穏な動きが出ているとことか。

最後はなんか雨音薫のプロモーションビデオを見てる感じだったなぁ。
これでCDTVに出演する可能性が高くなったな( ̄ー ̄)ニヤリ

とりあえず自分のツボだったのが
自分の娘に対して親馬鹿なパパを演じる竹中さんと勝村さん。
そして薫の応援看板を見て・・・可愛いというまでの薫の間かな。

意外だったのはやっぱあれかな。
予告であまり見せずに、本編で驚きの展開をもってくる。
こういう演出をしないといかんです、サプリさん(苦笑)


さて、今回は
過去に逃げようとする麻美
未来に生きようとする薫

二人の対比と

かつて孝治から逃げようとした薫を追いかけた孝治が
過去の傷から自分達から逃げようとしている。
だから今度は薫が孝治を追いかける。


薫にとって孝治という存在が彼女のタイヨウだったように
孝治にとって薫という存在が彼のタイヨウだった。


この展開をしたかったがために麻美という存在と
マサトという存在が必要だったような感じですかね。

というか、マサトは孝治が周囲から逃げるためだけの存在なんでしょうかね(笑)

薫はこれでおあいこだなんて言ってましたが
序盤でふてくされた孝治を前向きにしているんで
孝治が薫を追いかけた事でおあいこと私は見てるんですけどね。



なんかイマイチ。







イラストもイマイチ(;・∀・)


まぁドラマとしては大分全貌が見えてきた感じですね。

孝治という性格。
かつて過去に傷を持っていた。
それをわかってくれるのは麻美だけ。
そして孝治は薫と出会って未来に向かって生きる事ができるようになった。
彼女のために。



次回の予告を見る限り
薫は自分の死後を考えるようだね。
その時、麻美の事を考えるんよね。

薫と麻美。
どちらにとっても孝治が必要。

麻美は決して薫を超える事ができない。
薫はもうすぐいなくなってしまうけれども
孝治の中ではもう薫が住み付いているのだから。

薫は決して麻美を超える事ができない。
自分はもうすぐいなくなってしまうけれども
麻美は自分がいなくなった後も孝治と同じ時間を過ごす事ができるのだから。


・・・う~ん、孝治の性格や麻美との関係は「白夜行」から。
薫と麻美の対比は「世界の中心で愛をさけぶ」から
いいとこばっかとりだしてる感じかな。

そこに純愛モノで急展開を得意とする韓国ドラマをブレンドして(苦笑)


たしかに過去の作品のいいとこを踏襲するのはいいと思います。
が、いいとこばかり集めたからって必ずいいもんができるって訳じゃない。
奇をてらったりインパクトを重視したり。

純愛モノで行くならトコトン真っ直ぐ行く。
リアリティを追求するならトコトン追及する。
尺に合わせたドラマ作りをする。

どれもこれもが中途半端な感じです。



月9の二の舞にはならないように(;・∀・)



せっかく主演にもいい役者さんを揃えているんだから、こういうとこでは
あまり台無しにしないようにして下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月26日 01:09
月9の二の舞。。。
ヤバイです~(^▽^;
少なくとも、私の中では、ちょっとヤバい空気になりつつあります。
今期のレビュー、もう一つ消えるか。。。
ikasama4
2006年08月26日 11:39
くう様
>月9の二の舞。。。
>ヤバイです~(^▽^;
>少なくとも、私の中では、ちょっとヤバい空気になりつつあります。
私もその一人です(苦笑)
まだ主演がしっかりしてるので踏みとどまっています(;・∀・)
なんとかここで堪えてほしいです。
2006年08月26日 16:49
踏みとどまってる仲間に入れて(笑)

マジ、ヤバイです。
レビューするドラマがなくなってしまう(苦笑)
耐えます(苦笑)
2006年08月26日 17:37
ドラマの内容うんぬんより、主演の二人の演技に
惹かれてこのドラマを見てるような気がしますわ~。
麻美という敵キャラにも共感出来る何かがあれば
もっとハマれるのに・・・┐(  ̄ー ̄)┌ フッ
2006年08月26日 20:13
思ったより不評ですね~。
残り3話ですが・・。月9まで登場しているのがなんとも^^;
私的には今回は先週ほどひどいとは思わなかったですし、最後のシーンは沢尻さんのかわいさを強調してムードがあったかなと。ドラマというより完璧にあの二人のPVですね。ところで麻美はどうなるのか気になります。
ikasama4
2006年08月26日 22:19
アンナ様
>踏みとどまってる仲間に入れて(笑)
どうぞ、お入り下さい(笑)
一緒に踏み止まりましょう(苦笑)

制作サイドにはこちらが踏み止まれるように頑張ってほしいもんです(;^▽^)
ikasama4
2006年08月26日 22:20
まこ様
>ドラマの内容うんぬんより、主演の二人の演技に
>惹かれてこのドラマを見てるような気がしますわ~。
主演の二人はこのドラマの命綱です(;・∀・)
麻美といいクドヘイといいレイサといい
これらの登場人物をどこに持っていきたいのでしょうね(苦笑)
ikasama4
2006年08月26日 22:20
かりん様
>私的には今回は先週ほどひどいとは思わなかったですし、
たしかに前回と比べればそんなには酷くないですが
次回の予告を見るとどうも不安が拭えないもんで
物語が汚されてしまうのはこれ以上我慢がならないもんで、
このドラマを見てる者としてはここで食い止めたい限りです。
2006年08月27日 14:20
何か、一生懸命レビュ-を書けば書くほど不平不満
が積もってしまうのが悲しいです。

いろんな要素を加えても視聴者が望んでいなかったら
無駄以上のなにものでなく、ただ内容が薄くなるだけ。

原作ものが多くなって、ワンク-ル持たす脚本家のスキル
がなくなってしまったのでしょうか? 
ikasama4
2006年08月27日 17:17
タカシ様
>何か、一生懸命レビュ-を書けば書くほど不平不満
>が積もってしまうのが悲しいです。
私もこれには悲しく思います。

序盤は美咲がちゃんと紫外線の状況を計測していましたが、今ではそんな面影は微塵もありません。

>原作ものが多くなって、ワンク-ル持たす脚本家のスキル
>がなくなってしまったのでしょうか?
それは確実にあると思います。
悲しい事ですがね。

そして全体を見渡して脚本を作る人が少なくなった事も要因のひとつと思います。

脚本家さんはドラマの撮影中に次の回の脚本を書くという話を聞いた事があります。
そうなってくると間に合わそうと思うあまり、なんとかして脚本を仕上げるのでしょう。その結果、1話1話の出来、もしくはその1シーンでの出来はいいものがある場合がありますが、これを全体的に見ると「なんじゃこりゃ?」というものが出来上がる事があるのでしょうかね。

そう考えると、この問題は結構深刻なのかもしれません。
2006年08月30日 12:28
『白夜行』から『世界の中心で愛を叫ぶ』から、韓国ドラマまで、ごちゃ混ぜになっているわけですね・・・。
「勿体無い」というしかありませんね。
ikasama4
2006年08月30日 22:03
にな様
純愛三部作というのに「セカチュー」「白夜行」と比べて目新しいものが見当たらないのですよね。
なもんで、つくづく「勿体無い」って思います。
2019年05月03日 06:56
Its such as you read my thoughts! You appear to grasp a lot
approximately this, such as you wrote the book in it or something.
I feel that you just could do with some percent to pressure the
message home a bit, however other than that, that is excellent blog.
An excellent read. I'll definitely be back.
2019年05月30日 16:08
Hi there, just wanted to say, I liked this blog post.

It was inspiring. Keep on posting!

この記事へのトラックバック

  • 【タイヨウのうた】第7話

    Excerpt: 未来に行く。過去に逃げるのは、もう止めよう。もうあの頃には戻れない。人生は一度きりだから、前だけ向いて生きていきたい。麻美の誘いを振り切って、薫の方に行く事を選んだ孝治。駅前で、防護服に身を包んだ、本.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-08-26 01:07
  • タイヨウのうた 第7話

    Excerpt: 「逃げよう、一緒に。」そんなシーンから始まりました。 さて、今回はかなーりいいお話でした。 Weblog: まいにちおきらく! racked: 2006-08-26 01:30
  • 《タイヨウのうた》 #7

    Excerpt: 逃げ出すように、姿を消した孝治。それでもみんなは、孝治が絶対戻ってくると信じてバンドの練習をしていた。 孝治は、麻美が現れたことで一気に昔の感情に流されたようです。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-08-26 01:43
  • タイヨウのうた 第7話

    Excerpt: みんなで一つになった夜、それは満月みたいにでっかく輝いてどんな宝石を持っているよ りも誇らしく思えた。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-08-26 11:54
  • タイヨウのうた(8月25日)

    Excerpt: 置手紙を残して姿を消す孝治(山田孝之) 孝治が必ず戻ってくることを信じてバンド練習にいそしむ3人組 そして、孝治をさがし、疲れ、部屋では朝日にきずかず紫外線をあびそうになるばかりか、炎天下のなか孝.. Weblog: 今日感 racked: 2006-08-26 13:37
  • タイヨウのうた ~ 未来 ~

    Excerpt: 前回ついに孝治の過去が明らかになり 薫の前から離れようとした孝治… そして何故かタイミングよく孝治の前に現れる麻美… Σ(@□@)ナゼココニイルノ!! という突っ込みはお.. Weblog: zenの日記 racked: 2006-08-26 13:39
  • タイヨウのうた 第7話

    Excerpt: 今回は完全に青春ドラマって感じでした。 難病物の良さを期待したのは間違いだったか、これからは青春ドラマとして観ます。 ムーンチャイルドの演奏シーンが良かった。 あのキスは唐突過ぎて笑えたけど.. Weblog: Kのドラマ依存症的ぶろぐ racked: 2006-08-26 14:51
  • タイヨウのうた 第7話

    Excerpt: 前回、少年院にいたことを知られ、そこで知り合ったチンピラが薫(沢尻エリカ)に酷いことをしたことなどから、薫から逃げた孝治(山田孝之)。 その孝治に会いに来た麻美(松下奈緒)は連絡先を渡し、一緒に.. Weblog: ドラマの話をしてみよう racked: 2006-08-26 16:44
  • タイヨウのうた 7話~約束のステージへ~

    Excerpt: ライブのシーンは良かった。そこだけドラマとかけ離れた気分で見入ってしまった。仲間の笑顔が良かったね。薫のぎこちない歌い方が良かったよ。でも、ストーリーは自分の思い描いていたものじゃなく、好きじゃないよ.. Weblog: アンナdiary racked: 2006-08-26 16:48
  • 『タイヨウのうた』第7回「約束のステージへ」感想?

    Excerpt: また、裏が強力みたいで。「タッチ」より、「甲子園特集」が。 打ち切らないで最後まで言ってほしいなぁ。ちょっと不安 Weblog: つれづれなる・・・日記? racked: 2006-08-26 18:13
  • 背中にきび(ニキビ) 解決!

    Excerpt: 背中のニキビ、こうして解決しました。 Weblog: 背中にきび(ニキビ) 解決! racked: 2006-08-26 22:35
  • タイヨウのうた 第七回 「同じ月を見ていても・・」

    Excerpt: う~ん、何か悔しいって思ってしまう。雄太をはじめ、仲間たちのバンドと 孝冶への想いやライブシ-ンなんて、見入ってしまうくらい良いのに・・・ いきなり、白夜行化したこの暗さは何? いつの間にか麻美と.. Weblog: The Glory Day racked: 2006-08-27 13:30
  • 『タイヨウのうた』 7話

    Excerpt: 「一緒に逃げよう」と孝治〈山田孝之)を誘う麻美〈松下奈緒)。 そして孝治は薫〈沢尻エリカ)の側にいないほうがいいと、 みんなの前から姿を消す。 Weblog: ド素人日記 racked: 2006-08-30 12:21
  • タイヨウのうた 第7話

    Excerpt: 麻美(松下奈緒)と一緒に逃げようとする孝治(山田孝之)、少年時代を過ごした施設に隠れてるあたり、『白夜行』そのままです(^▽^;) デジャヴおこしたかと思いました(笑) 弁当屋で自分は孝治の彼女だと.. Weblog: Gecko's Cyber Cafe racked: 2006-08-31 06:36
  • 背中ニキビの原因と対策

    Excerpt: 背中ニキビとは、文字通り、背中にできるニキビのことです。 ニキビといえば真っ先に顔を思い浮かべますが、ニキビは必ずしも顔にだけできるわけではありません。 ニキビはこの皮脂腺の集中しているところに出.. Weblog: 背中ニキビの知識と対策 racked: 2007-01-07 00:23
  • にきびのできる要因

    Excerpt: にきびのできる要因はいろいろありますが、おもに内因性のものと外因性のものに分けられます。にきびの... Weblog: にきびのためのスキンケア racked: 2007-04-18 02:26