功名が辻 第33話

今まで山内家を支えた自負がある一豊。
留守居役がちょっと不満な様子。
自分は槍働きしかできない。
三成のように知恵働きも得意ではない。
それはこれからも。

これからを見据え山内家を支えたいと考える康豊。
これからは知恵を使う事も必要。
ただ、できないというよりも
まず学ぶ事も必要だと考える。

二人の意見は平行線。
なもんで、どうもギクシャクしてる感じ。

槍働きではたしかに一豊に分がありそうだが
八幡の街作りでは名物となるものになりそうな
いぐさを提案する知恵は康豊の方に才がありますね。

ちなみに「いぐさ」って言われてもピンとは来ないかも
しれんけど、ゴザや畳に使われてるのがいぐさなんです。

なんで康豊の目の付け所は結構いいでしょうね。


そんな二人の姿を見兼ねて千代は新右衛門に相談。
・・・耳が遠くなったうえに認知症もでてるなぁ(;・∀・)
そんな新右衛門はお二人の母上様に相談する事を勧めると。


その母上様はというと
そんな二人の対立を心配して観音堂にお参り。
でも、それがたたって風邪をこじらせ寝込んでしまう。
息子達は秀次様の下で懸命に働いている。
それ故に自分の病気が息子達の重荷になってはいけない。
そんな母を最期までずっと看取った千代。


異なる性分を互いに尊び成され
互いに学び合うことを忘れてはなりませぬ



そう言い遺して母は旅立った。



母の言葉を胸に互いの非を詫びる兄弟。



母の死は千代にとっても悲しかった。
かつて尾張で一人ぼっちだった自分を育ててくれた母。

悲しみを抑える事のできない千代に一豊が彼女を支える。

千代に看取られて母上はさぞ幸せだったろう。
ありがたく思うぞ。

千代はその悲しみを一豊にさらけ出した。



九州を平定した秀吉。
近江に戻った彼はバテレンを追放する事を宣言した。
これは大変なお話です。

彼は九州でゼウスを信仰するキリシタンの恐ろしさを痛感する訳です。
こうまで秀吉がキリシタン追放を徹底したのは、かつて一向宗、特に本願寺と
戦った苦い思い出からこのような処置に至ったのでしょうね。
この考えは江戸幕府を開く家康にも受け継がれます。

ここでキリシタンである妻をもつ細川家は揺れ動くようですね。

ただ、個人的には黒田官兵衛も出して欲しかったですね。
彼もまたキリシタンなのですからね。

その後、取り壊された南蛮寺で康豊は玉に会うのですが
彼女はもうガラシャと名乗り
私共にはお関わりなさいますなと告げるんよね。
彼女達キリシタンに関わるという事は
自身もキリシタンである事を疑われる訳だからね。


・・・やっぱ、どこぞのお内儀に横恋慕してるわな(苦笑)


それから間もなく康豊は祝言を挙げるとな。


さて
京では石田三成ら近江派は茶々様にすりより
福島正則ら尾張派は寧々様にすりよりと
段々対立が色濃くなってきますね。

豊臣家の台所を預かっている石田三成はこれからの武将。
豊臣家はうちの人と私が育てたものと自負する寧々。

う~ん、どこかで見た対立やなぁ。

異なる性分を互いに尊び成され
互いに学び合うことを忘れてはなりませぬ




三成と寧々にこういう事を忠告してくれる方がおってくれたら
歴史は変わったかもしれんのになぁ。



秀吉はとうとう茶々を側室にしたんだが
その影には三成がおるとな。



・・・このドラマはどうしても第二の濃と明智十兵衛を作りたいようだな(苦笑)





今度、一豊は淀川付近に城を造るらしい。
「もしやその城は茶々様のためのものになるのでは」と考える千代を
「いくらなんでもそれはなさるまい」と語る一豊ではあったけど。




・・・なさるのよ、それが(;^∀^)





来週は帝の聚楽第行幸。
それに茶々の御懐妊もあるようで段々と悲劇の波が近づきつつありそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月21日 03:57
第二の、、、とは違ってかなりお互いが鉄仮面かぶってますから、すぐには紅葉の下で密会とはいかなそうですね(笑)
2006年08月22日 18:24
>黒田官兵衛も出して欲しかったですね。彼もまたキリシタンなのですからね
ほえ~~。伴天連追放令なんて出しちゃっていいのですか?彼も追放されたのでしょうか??
今週は法秀尼に泣かされました。この母は最後まで兄弟仲を案じて見事に修復してくれましたね。ようやく安心して見守っているでしょうか。
ikasama4
2006年08月24日 07:20
てれすどん2号様
>第二の、、、とは違ってかなりお互いが鉄仮面かぶってますから、すぐには紅葉の下で密会とはいかなそうですね(笑)
たしかに(笑)
まぁ立場的にはどちらも許されぬ愛ですからね。
どうしても悲劇にしたいのでしょうね(苦笑)
ikasama4
2006年08月24日 07:24
かりん様
>ほえ~~。伴天連追放令なんて出しちゃっていいのですか?彼も追放されたのでしょうか??
たしか、秀吉配下には結構キリシタンがいた記憶があります。
彼らはどうしたのかはわかりませんが、もしかしたら自分はもうキリスト教を止めるとかいった事をした人がいるのかもしれませんね。

>今週は法秀尼に泣かされました。
今後は仲の良い一豊と康豊が見られそうです( ^▽^)
2006年08月27日 19:27
すっごく遅くなってしまいました~。(汗)
そうそう、そうなんですよ。
官兵衛さん、彼はどうなるんでしょうね~。
気になりますよ。
ikasama4
2006年08月28日 18:17
さくらこ様
>官兵衛さん、彼はどうなるんでしょうね~。
>気になりますよ。
彼はキリスト教が禁止になると棄教したそうです。
この辺り流石は官兵衛、ぬかりはないようです。

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻(8月20日)

    Excerpt: 「美」と「醜」という回でしょうか。 Weblog: 今日感 racked: 2006-08-20 22:07
  • 功名が辻*母の遺言

    Excerpt: 今回はとうとう、一豊・千代にとっての母上、法秀尼の最期の回でした。 考えてみれ Weblog: せるふぉん☆こだわりの日記 racked: 2006-08-21 00:21
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 違う個性を尊重するということ

    Excerpt: 録画ビデオで鑑賞後、記事を更新いたしました。更新前からのTB・コメント誠にありがとうございます。追ってTB・コメント返しさせていただきたいと思います Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-08-21 03:52
  • 功名が辻 第33話

    Excerpt: お互いの異なる性分を尊びなされよ。考えが違うということは実は素晴らしいことなので す。山内家が誤った道を歩まぬよう互いの意見を戦わせよ。互いに学びあうことを忘れて はなりませぬ。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-08-21 17:46