功名が辻 第32話

天下統一のため
その言葉を下、秀吉と北政所は次の手を実行する。
秀吉の妹・旭を家康の正室にする事。
それはすなわち今の夫・副田甚兵衛と離縁させる事であった。
甚兵衛には当然承服し兼ねる話。

何せ上意によって結婚させられ、
今また上意によって離婚させられるのだから。

天下統一のため
聞こえはいいけど、当の本人にとってはその命令は横暴なもんだな。

やり方がきついわな。
夫と妻それぞれ別室に通して互いに疑心を植え付けるような手をつかうんだからな。
どこぞの警察のドラマみたいやなぁ。(苦笑)


そして、一豊は旭姫との婚儀のための使者に立つことになったんやな。
大政所の懐柔により、この企てを阻止しようとする千代を封じるため。
もし、妨害してこの婚儀が決裂する事になれば、その責任を一豊に負わすという意味合いがあったのでしょうね。

そうなれば、千代も黙るしかないですね。


それにしても、家康が千代を正室にしたいと本気で要求したとしたならば
このドラマの秀吉ならば承知したでしょうね。

一豊の意思に関わらず。



武士とはつらいもんですね。(苦笑)



その後、意を決した旭は届く事のない手紙を千代に書いてもらうんだがなぁ。

「この世で流す涙は全部流してしまった」

この言葉が彼女のこの世に対する理不尽さを物語っていますね。
ずっと農家でいたのであれば、こんな事にはならずに済んだかもしれない。

それから旭との婚儀は無事済んだのだが、それでも家康は上洛しない。

そして秀吉は母である大政所を家康の下へ送る事にしたんよね。


これには流石の家康も上洛するしかなかった。
これでも上洛しなければ後は戦するしかなかったからね。


そして上洛した家康一行はその夜、秀吉が単身やってきて
家康にお願いをするんやね。


尾張の猿は並の猿ではないように三河の狸も並の狸ではありません。


互いに牽制しつつも体裁だけはしっかり取り繕います。

これでまた秀吉の天下統一に一歩近付いた訳ですね。



そこには犠牲が必要って訳なんでしょうかね。



さて、今回の一件で蜂須賀小六殿が亡くなりました。
どんどん傲慢な行動をとる秀吉を思いっきり叱ってくれた人。

ちょいとあっさりした気もしますがね。
ただ、今後は秀吉の周りから、小六のように自分と対等に話してくれた方がどんどん亡くなっていきます。



さてさて、今回思わず笑ってしまった事。

菅井きんさん演じる大政所が家康と対面して
「婿殿」って言うんですがね。


このドラマを見る限り
「婿殿」=徳川家康ってのが当然なんでしょうけどね。




私の中では
「婿殿」=中村主水って脳内変換されてます。(苦笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月14日 22:37
こんばんは。

なかなか見ごたえのある、秀吉VS家康でしたね。

ここまでしないと、豊臣家の天下が確立しなかったということは
紙一重だったんですね。

西田家康は、本当にいい味を出します!
観ていて安心できますよ!マジで。
ikasama4
2006年08月14日 23:27
>なかなか見ごたえのある、秀吉VS家康でしたね。
秀吉の場合
「鳴かぬから鳴かしてみせよ不如帰」
家康の場合
「鳴かぬなら鳴くまで待とう不如帰」

今回はこの句に感じられるような二人が出てましたね。
>西田家康は、本当にいい味を出します!
>観ていて安心できますよ!マジで。
数々の徳川将軍を演じた西田さんには「徳川家康」は集大成なんでしょう。
見てるとその意気込みが感じられます。
愛嬌のある風貌とその風貌に似合わぬ曲者振りが結構サマになっていますね。
2006年08月16日 09:11
TBありがとうございました。
天下統一、歴史的には大業を成し遂げた、凄いことだと思いますが、やはりそこに辿り着くまでには多くの犠牲、多くの涙が流れているのですね~。
辛いです。
ikasama4
2006年08月16日 15:56
さくらこ様
>天下統一、歴史的には大業を成し遂げた、凄いことだと思いますが、やはりそこに辿り着くまでには多くの犠牲、多くの涙が流れているのですね~。
歴史の教科書とかではこの戦いでこの人が勝つと簡単に書かれますが、そこには名もわからないような人たちの多くの血と涙が流されているという事ですからね。
そう振り返るとなんか悲しいものがあります。

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻*家康の花嫁

    Excerpt: 今回の功名が辻は、またしても旭の悲劇でした。 先週から続いてまた悲劇でまた来週 Weblog: せるふぉん☆こだわりの日記 racked: 2006-08-13 22:57
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 別れから生まれるもの

    Excerpt: そういえば前回はテンションガタ落ちの回やったよな。一週間かけて、僕自身もだいぶ元気なれたので、無理に思い出さないようにします(笑) Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-08-14 00:08
  • 功名が辻

    Excerpt: 第三十二回「家康の花嫁」 これまで大河ドラマで北政所が登場してきた。しかし、 今回の浅野演技の北政所ほど戦国の女を見せた Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2006-08-14 20:36
  • 功名が辻第三十二回「家康の花嫁」~絶倫男だった家康~

    Excerpt: 旭姫が・・・・ 泣くな!ゴロー! Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-08-14 22:35