功名が辻 第29話

柴田勝家を討ち、織田信孝を滅ぼし天下の趨勢は羽柴家にあった。
大坂城を築城する秀吉。
その光景を喜ぶ千代であったが、寧々は懸念を覚える。

あの城は茶々のための城だと。
そして彼女は羽柴家に災いをもたらす禍々しい存在だと。

千代には答える事ができなかった。
茶々の心を知っていた故に。


そこで秀吉が訪れて千代に一豊の動向を窺う訳やね。
でもって、千代は上様に二心なき胸を語るのだが、
千代の語りが一豊が腐っていたという事を秀吉に気付かれてしまう。

寧々との対面を終えた後、千代は一人の青年と出会う。
かつて、宮部家への人質となるために千代が教育した治兵衛だった。
彼は今、羽柴秀次と名乗っていた。
立派な素直で優しい青年になっていた。

彼は人質生活を終えた後も羽柴家のために池田との縁を結ぶための政略結婚をしていた。
しかし、まだ戦での活躍はない。
どうしても殿のために次なる徳川様との戦いで必ず大手柄を挙げるのだと意気込んでいた。

千代は秀次に懸念を覚えた。
―――秀次様はこの時代を背負って生きていくには優しすぎる。


さて、正月の挨拶の席で秀吉は本性を表してきましたね。
秀吉は自分の世とするために織田家譜代の家臣を排除するようにし、
自分に忠誠を誓う者、自分の子飼いの者を重用するようになって来るという事ですね。
何故ここまでするかと言えば、それはもう徳川家との対決を備えての事でしょう。


前回にも触れましたが、徳川家の家臣は忠誠がかなり高いものでした。
これにはそれなりの理由があります。
徳川、これは朝廷より苗字をもらったもので元々は松平家でした。
当時は小国で隣国である今川家に就くか織田家に就くか家臣団は対立していました。

家康の祖父、父は共に20代で亡くなっています。
双方ともその家臣団の争いから生じた事がきっかけとなり暗殺されたらしいです。
で、父が亡くなった折、家康はまだ幼少であり、かつ今川義元の人質となっていたために
松平家の所領である三河国は今川家の属国となってしまいました。
この時、松平家の家臣団の願いはいつか家康を当主に立てて松平家を再興するという事でした。
かつて、家康の前代、前々代を家臣の争いで亡くした事。
それによって属国とされた苦渋の歴史が現在の徳川家への強固な忠誠に繋がっていると考えられます。
(他にも説があれば教えてつかあさい)


そして、もうひとつ千代の説明にもありましたが、
現状の徳川家はというと本能寺の変後、武田家の遺臣を調略していき
甲斐・信濃を治め、屈強と言われる三河武士に加え、かつて日本最強と言われた
武田武士をも掌握したんですねぇ。
かつて山県昌景の「赤備」が名を広めましたが
徳川家もまた家臣である井伊直政が彼の軍装を取り入れて「井伊の赤備」が出来たのでその様子が窺えます。


さてさて、秀吉は露骨な態度で織田に忠誠を誓う者達を排除しにかかりました。
織田信雄もその一人ですね。
毎度毎度ながら織田信雄は信長の血を引いてらしく「うつけ者」のようです。(笑)
まぁ彼の場合、真正の「うつけ者」のようですけど。


本当は家康に頭を下げてもらいたいだけなので、戦をする事なく、
上洛するように色々と秀吉よりも高い官位を与えたりと色々工作するようですが
家康は礼状1つで一向に動く気配がありません。

そこで動いたのが「うつけ者」の様です。
秀吉に不満がある者はきっとワシについてくる。


・・・
(゚Д゚≡゚Д゚)あり得ない



こりゃ呆れてしまうわなぁ。



この様子を見たら吉晴、一氏はこう思うでしょうね。
「甘いのう」


織田家と徳川家とは同盟国ですからね。律儀な家康としては「うつけ者」とはいえ
彼の頼みを断る事はできませんね。
まぁそれなりに勝算があっての承諾ですがね。(笑)


さて、まずは信雄がもつ小牧山城。
小牧山城を森長可と池田恒興だったのですが、その動きを家康に読まれ奇襲を受けて
敗走してしまうんですねぇ。


ここから秀吉は犬山に家康は小牧山に陣を敷いたまま膠着状態が続きます。
なんとかして打開を図りたい秀吉は色々と挑発するのですが、全く変化なし。
ここでは描かれていませんが、実は家康の方も秀吉を挑発しています。
「秀吉は信長の家臣だったのに信長が死ぬと織田家をないがしろにし、信孝を殺し、今度は信雄を殺そうとしている」って。
狸も黙ってばかりではないようです。


この膠着状態の中、秀吉方に動きがあります。
先の戦いでの汚名を晴らすべく森長可と池田恒興は小牧山に家康が陣を張っている隙に家康の本土である三河・岡崎城を獲るのだと。
その意見に娘婿である秀次も同意します。大きな手柄を立てるという点で三者の利益が合致したからでしょう。


その熱意に秀吉はある意図をもって彼らの作戦を許可します。


その結果はというと、この通り。
秀次軍は壊滅。森長可と池田恒興は戦死。


ほうほうのていで逃げ帰った秀次を見て秀吉は徳川家の武勇を誉めちぎるのですね。
彼の狙いはここにあったのかと思います。
彼らが負けるのは秀吉には明白だったと思われます。
それを敢えてこういう作戦を支持したのは、この敗戦によって
徳川軍は強いから簡単に戦をしてはいけないという意識を秀吉軍に見せつけたのでしょう。
賤ヶ岳の折のように彼らを捨て駒にしたように思います。
そして、一転して信雄と和睦を図り、家康との戦の大義名分を消してしまうのですからね。
「家康恐るべし」と公言する秀吉ですが、
その公言をも逆手にとって利用する秀吉こそ恐るべしです。猿芝居が上手いわぁ。
家康もおもわず「あ?」と言ってしまいますわな。(笑)


さてさて、秀吉は関白になったようです。
彼もまた自分の事を「余」と呼ぶようになったようです。
もう気分は天下人のようです。

そして今回の戦の折、身を呈して秀次を庇った一豊に秀吉は褒美を与えるんですね。


一豊「城を貰った・・・」
千代「シロヲモラッタ?」


あまりの突然の出来事にもうどうしていいかわからんお二人。

前回の伏線がここで効いているようですね。
見事、長浜城の城主です。
念願の夢が見事に叶って良かった良かった。
でも、スタートはここからですからね。

一国一城の主を維持していくというのがこれまた大変ですからね。
次回は城主になった事で吉兵衛の弟・吉蔵も家臣になり、康豊もやっと登場です。
なんか幽閉中の玉子と絡みがあるようで。
そして茶々の台詞からも自分の予想通りになりそうな展開で。
次回の茶々と三成が楽しみですねぇ。(・∀・)ニヤニヤ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月24日 00:07
祝!城持ち!!でもスタートはこれからなんでしょうね、ポジティブにがんばってほしいです!!来週は玉木宏好きのオカンの功名が辻への評価も戻りそうです(笑)
2006年07月24日 00:16
今回は大御所俳優2人の戦いが良かったですね~♪
あとは、私的には、成宮くん登場♪かな。
来週は、三成と茶々が、ikasamaさんの予想通りに、
そして、私の希望通りに。。。なりそうな予感♪
ikasama4
2006年07月24日 07:34
てれすどん2号様
夢は達成されましたが、たしかにこれからがスタートですね。
一城の主として、その妻として新たにする事も増えるから大変でしょうね。
玉木さん、そして小倉さんも登場するようでどんな感じになっていくかは楽しみですね。
ikasama4
2006年07月24日 07:51
くう様
猿と狸の化かし合いも見事ですが、
今回は秀次登場がインパクトありましたね。
今までの秀次像とは違って爽やかな秀次ですからね。
尚更、それが今後痛い感じになるんでしょうけどね。
>来週は、三成と茶々が、ikasamaさんの予想通りに、
>そして、私の希望通りに。。。なりそうな予感♪
ですねぇ。想定の範囲内ですね。(笑)
2006年07月25日 09:47
こんちは!

徳川家の結束が描写されていましたね!
今後の鍵を握りそうです。

今回は、一豊にしても、秀次にしても、信雄にしても、秀吉のお尻ペンペンにしても
「ありえない」
「そんな奴、おれへんやろ~」
が目立ちましたね!(笑)
2006年07月25日 17:29
こんにちは~!
家康の方が石高、領地は共に秀吉より少ないのに、なぜあんなに恐れられているのかが、よく分かりました。
秀吉と家臣たちの繋がりの方が家康の方より、脆く浅いもの、ということですね?
結局は出身がものを言うのでしょうか。
先週の話と関係しますが、だから秀吉は真の家臣が誰か、を試したくなったのでしょうか。

今回はとにかく山内家におめでとう!と言いたいお話でした。
成宮君に引き続き、次回は久々の玉木さんまで登場♪
楽しみです~!!!

ikasama4
2006年07月25日 19:37
さくらこ様
>秀吉と家臣たちの繋がりの方が家康の方より、脆く浅いもの、ということですね?
そのとーりですね。
勢力的に秀吉の天下は間違いないものの、秀吉に就いた方がいいと諸侯が判断したからこそのもので、農民あがりの秀吉に心底仕える武士は少ないと考えたのですね。

>今回はとにかく山内家におめでとう!と言いたいお話でした。
>成宮君に引き続き、次回は久々の玉木さんまで登場♪
>楽しみです~!!!
ですねぇ。
更に吉兵衛の家を吉蔵が継ぐようなんで、そこもまた嬉しい限りです。
( ^▽^)
ikasama4
2006年07月25日 20:02
「感動創造」様
こんばんはです。
>徳川家の結束が描写されていましたね!
>今後の鍵を握りそうです。
人たらしの異名をもつ秀吉の手で徳川家から寝返ったのは石川ただ一人というのもその結束が窺えます。
というか、これも家康の作戦かもしれませんがね。

>今回は、一豊にしても、秀次にしても、信雄にしても、秀吉のお尻ペンペンにしても
>「ありえない」
>「そんな奴、おれへんやろ~」
>が目立ちましたね!(笑)
一豊や秀吉は役者さんのアレンジなんで「ありえへん」って
言えるんですが、信雄はねぇ。
史実なだけにあり得てしまいますねぇ。(苦笑)
2006年07月25日 22:55
>彼らが負けるのは秀吉には明白だったと思われます。
捨て駒にされたのに秀次だけは生きて戻ってきてよかったですね。
それは計算のうちではなかったということでしょうか?
でも一豊のおかげで跡継ぎを手元に置けたし、城をあげたくなる気持ちも
わかりますね。一豊にしてみれば一度とりあげられたのがまた戻ってきた長浜で、最高の気分でしょう。
千代が一豊の頬で試すのがおかしすぎでしたね。
e-アフィリ
2006年07月25日 23:08
◆◇◆◇◆◇ アフィリエイトで副収入 .。☆゜:゜:。*。
◇◆◇◆◇
◆◇◆◇  月90万円稼いでいるお客様もいらっしゃいます  
◇◆◇
◆◇     月数万円稼げればいいという方も大歓迎 ☆★ 

    少しでもご興味があれば是非、弊社のサイトをご覧下さい

        ⇒ e-アフィリ  http://e-af.net/?weog
2006年07月26日 19:05
ikasama4さん、遅くなりました。。いつも申し訳ないです。。

>羽柴家のために池田との縁を結ぶための政略結婚をしていた。

僕はこれ知らなかったんです(汗)。秀次が恒興の娘婿だったなんて・・・森長可が恒興の娘婿だったっていうのは知ってましたが。。ちょっとしたサプライズでした!!

さて、徳川家臣団の結束力はたしかにすごいもんがありますね。「徳川十六(十八?どっちだっけかなぁ~)神将」って称されているほどですからね。。

僕が個人的に好きなのは鳥居元忠。
秀吉死後、家康が上杉討伐に向かう途上、三成の挙兵に対応するため前線基地としての伏見城の守将を元忠に託す場面がありますよね。あれがいいし、あと元忠のいいところは、家康が何度も何度も感状を与えようとするんですが、元忠は頑として拒否しますね。理由が
「感状などは、他の家に寝返るときに役立つものでござる。この元忠、主は殿しかおらぬ!ゆえに感状などは要り申さぬ!」
朱子学思想が導入されていない戦国期にはめずらしい家であり家臣団だと思います。



ikasama4
2006年07月26日 20:14
かりん様
>捨て駒にされたのに秀次だけは生きて戻ってきてよかったですね。
>それは計算のうちではなかったということでしょうか?
そこなんですよねぇ。
史実では追撃してくる家康軍を秀吉軍がしっかり撃退しているそうなんですが、そこら辺りまで描いてくれれば納得し易いんですがね。(笑)
>でも一豊のおかげで跡継ぎを手元に置けたし、城をあげたくなる気持ちも
>わかりますね。一豊にしてみれば一度とりあげられたのがまた戻ってきた長浜で、最高の気分でしょう。
まぁ秀吉にしてみれば彼の自分に対する忠義を本物と見てとったからなんでしょうね。
何はともあれ一豊の夢が叶ってなによりです。( ^▽^)
ikasama4
2006年07月26日 20:31
劇団たぬき様
いえいえ、御気になさらず。

>>羽柴家のために池田との縁を結ぶための政略結婚をしていた。
>僕はこれ知らなかったんです(汗)。
私もこれを見て初めて知りました。(;・∀・)

徳川はたしか十六神将ですね。

>僕が個人的に好きなのは鳥居元忠。
私は・・・やっぱ平八郎です。(;^▽^)
>朱子学思想が導入されていない戦国期にはめずらしい家であり家臣団だと思います。
「無骨者」って感じですね。
こういう方って嫌いじゃないですね。(笑)

この記事へのトラックバック

  • 【功名が辻】第二十九話

    Excerpt: タイトル通り「家康恐るべし」な回でした。決して自分からは動かない。相手の出方を見る。相手が動いたら。。。すかさず、その上を行く手を打つ。そして、相手が引いたら、決して追いかけない。追いかけなくても、も.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-07-24 00:13
  • 功名が辻29祝長浜城主一豊クン!!

    Excerpt: 「本日は小牧長久手の戦い」って一瞬だけだったけど。 それでも久々で大河らしいと満足してしまうのは、秀吉Vs家康の駆け引きだまし合いの面白さに魅入られたからか。 西田敏行と柄本明うまいなあ!何と.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2006-07-24 21:03
  • 功名が辻 第29話

    Excerpt: 「此度の和睦のめでたき限り、天下万民の喜びここにきわまれり候」 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-07-24 22:40
  • 功名が辻第二十九回「家康恐るべし」~祝!一豊様一国一城の主!~

    Excerpt: 小牧・長久手の戦いは、昨年の愛・地球博(愛知博)の会場の周辺でした。リニアモーターカー(リニモ)の駅で長久手古戦場とかあったよね。   リニモとは? 名古屋市営地下鉄東山線の藤が丘駅と.. Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-07-25 09:46
  • 「功名が辻」第二十九回

    Excerpt: 「家康 恐るべし」の今回。 メインは“小牧・長久手の闘い”でしたが、 やはりあっさりと過ぎ去ってゆきましたねー。(笑) あ、今回はイマイチ調子が出ないので、気の抜けた書き込みで申し訳なく……。 Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-07-25 16:29