タイヨウのうた 第2話

自分が好きになった人はサイテーな奴だった。
幻滅した。
そいつにも。自分にも。
自分には時間がないというのに。
どうやったらあいつの事を忘れられるのだろう。

―――忘れられないのまだ好きだって事さ。




この台詞が言いたいがためにこのホストの設定があったようですねぇ。(苦笑)

今時、日給3000円なんて考えらんねぇな。


自分が学生時代やってたバイトなんかは時給600円やった。
ちゃあんと労働基準守ってたぞ。
九頭にでも頼んでこのオヤジ、訴えるかいな。(笑)

「どんなに頑張っても報われない奴は報われない」
今の自分のように必死こいて働いても簡単に首にされてしまう世の中。
ホストのように自分が必死で働いた金の何十倍もの金額をたったの30分程度で稼いでしまう世の中。
チャンスはつかんで賢く生きたモン勝ちだ。
世の中なんて理不尽だ。

もし、昔の自分に出会えるなら、こんな真面目に働く生活なんて止めときなって言いたくなる気持ちもわかる。

でも。

夢を追っかけて偉そうに言うあいつに文句は言われたくないから。

孝治は薫の姿にかつて夢を追いかけていた自分の姿を重ねたのでしょうね。
3年前のあの頃、朝、ご近所に気遣ってバイクを押して出掛ける姿を薫は見てくれていた。

「そんな自分の行動が報われない事なんてない。」

薫の存在が彼にその事を改めて気付かせてくれた様です。



まぁええとこはこの辺りで
わざわざ薫がギリギリまで外にいて夜明けの太陽の光を浴びないように必死に走るシーン。
あのシーンはいらないかな。

あのギリギリ感が薫の必死さ=薫がどれだけ孝治の事を好きだったのか

制作側はそれを伝えたかったのではないかと思うんですがね。
わからんではないんですが、それなら走るのにそのクツはないでしょうって突っ込んでしもうた。
携帯に「4:15」のアラーム。
だいたい今頃の東京の日の出は「4:40」くらい。
薫の自宅へ25分くらいであの場所からあのクツで走って帰る事ができたかを考えてしまうと
ちょっとあり得ないかなぁと思ってしまう。

まぁ物語前半のあり得ない展開は(つ´∀`)つ置いといて。

私は孝治が使ってたギターを3年間持ってた時点で十分伝わっていると思うんですがね。



さてさて
薫の両親、特に父親は親馬鹿振りをいかんなく発揮。
でも、その裏側には娘の病気の進行が始まっているという不安があっての事。

工藤はというと「橘麻美」の2枚目の曲がまだできない事に焦りを感じ
ゴーストライターを考えるようにもなる。
その候補が「雨音薫」。

麻美は詩が上手く書けず、ゴーストライターの話を聞いてしまい
不安になって、孝治を訪ねる。
まぁ「A」のギターが孝治と麻美を繋ぐ鍵なんでしょうねぇ。
この辺りは来週描かれるんでしょうけど。

海の家の主人は・・・秀吉が入ってたな。(笑)
そして彼の娘は・・・いつからこのドラマに必要なキャラになるんでしょうかね。(苦笑)





初回の勢いで描いてみたけど、どこか手探り状態ですね。
今回はちょっと突っ込みドコが多くてちょっとハマれんかったかな。
もうちょっと回を重ねていけば次はもっといいモンが描けるかな。(多分(;・∀・))



最後にもひとつ、突っ込みを。
満月が五円玉にすっぽりハマるってやつ。
で、50円玉はどうなん?って思った人。
見比べたんでしょうね。

画像


たしかに見比べると50円玉の穴の大きさは小さいんだけど。

ヨ~~~~~ウ考えたら分かるハズ。

手の位置を変えたら50円玉でもすっぽり収まるって事に(汗)
年とると重箱の隅をつつくようにこういうとこばっか目がいくなぁ(; ̄ー ̄)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月22日 01:21
次回は、もっとギリギリ感のある設定がされているようで。。。
私は、あの両親が大好きです♪
娘を気遣いながらも、なるべく自由にさせてあげてる
あの感じがいいなぁ。。。

海の家の娘が必要になる時は、ずっと来ないと思う。。。(--;)
ikasama4
2006年07月22日 01:46
>次回は、もっとギリギリ感のある設定がされているようで。。。
>私は、あの両親が大好きです♪
>娘を気遣いながらも、なるべく自由にさせてあげてる
>あの感じがいいなぁ。。。
ですねぇ。
今のとこ、娘をちょっと親馬鹿過ぎる?くらいに
自由に見守っているけど、両親の生活を淡々と見せる事で
彼女の知らないとこでおそらく二人は悲しんでいるんだなぁ
というのが描かれてはないですが、そう感じさせられる
演出がいいですね。

>海の家の娘が必要になる時は、ずっと来ないと思う。。。(--;)
やっぱり?(苦笑)
2006年07月22日 10:39
勝村さんの親馬鹿っぷりがいいですね。
奥さんに何を言われても、変える気はないようで(笑)

>工藤はというと「橘麻美」の2枚目の曲がまだできない事に
>焦りを感じ
>ゴーストライターを考えるようにもなる。
>その候補が「雨音薫」。
やはりそういうことですか。
薫をデビューさせてくれるわけでは、なさそうですね。

>そして彼の娘は・・・いつからこのドラマに必要なキャラに
>なるんでしょうかね。(苦笑)
ははは^_^;
いいんです彼女は。あれくらいが良い加減です。

2006年07月22日 10:50
こんにちは!休日出勤中でーす(泣)

言おうと思ってたんだ。。。ケンちゃん可愛い~ありがとう(笑)
それから沢尻エリカの似顔絵素敵!似てないけど(笑)
似てる似てないの前に、表情がすごくいい!なんか生きているような
似顔絵。。。自分の好みの女性でも思いながら描いた?(笑)

海の主人と娘・・・そこだけ違うドラマみたいな。。。
なんで必要なんじゃろか(^^;

老婆心・・・ちょっと今回はテンポ悪かったし
あまり面白くなかったから、余計につついてしまったのかもよ(笑)
でも50円玉だと。。。って、そこまで考えなかった。
退屈だったの?(笑)
ikasama4
2006年07月22日 11:54
にな様
>勝村さんの親馬鹿っぷりがいいですね。
>奥さんに何を言われても、変える気はないようで(笑)
ですねぇ。ただ、その思いの裏にあるのはとても切ないものが
あるのは間違いないですね。

>薫をデビューさせてくれるわけでは、なさそうですね。
おそらく工藤の最初の動機はそこになってくるんだと考えてます。

>ははは^_^;
>いいんです彼女は。あれくらいが良い加減です。
「東京フレンズ」で彼女には共感はするんですがね。
あれはあれ、これはこれという事で。(笑)
ikasama4
2006年07月22日 12:04
アンナ様
>こんにちは!休日出勤中でーす(泣)
お疲れ様です。
>言おうと思ってたんだ。。。ケンちゃん可愛い~ありがとう(笑)
おかげ様でしっかりケンちゃん更生しましたよ。(笑)

>それから沢尻エリカの似顔絵素敵!似てないけど(笑)
ズド━━(゚∀゚;)━━ン
まぁ自分でもそれはわかっていた事で。(苦笑)

>似てる似てないの前に、表情がすごくいい!なんか生きているような
>似顔絵。。。自分の好みの女性でも思いながら描いた?(笑)
まぁ画材に使ってる紙にも助けられてはいるんです。(笑)
自分の好み・・・ってのは特になくて。(苦笑)
雨音薫の感情と彼女を演じる沢尻エリカが自分が彼女に対してもつイメージがどうしても「1リットルの涙」の時を持ち出すようで、そことまだイメージが直結していないんですよね。
ともあれ精進させていただきます。(笑)

>でも50円玉だと。。。って、そこまで考えなかった。
>退屈だったの?(笑)
でしょうかねぇ。
屁理屈をこねたいお年頃なんでしょうね。(;・∀・)
2006年07月22日 12:54
適正も何も関係無く、あんなに簡単にホストになれるものなんですね。まぁ、あのセリフの為の設定だからこんなもん?(笑)
やだ、工藤ったらゴーストとして薫を利用するつもりだったんだ…
ひど~~~いっ!でも業界の裏側って大抵こんなもんなのかな?
海の家の娘が作ったドリンクには一体何が混入されてたんだろ( ̄ε ̄;)
ikasama4
2006年07月22日 13:47
まこ様
>適正も何も関係無く、あんなに簡単にホストになれるものなんですね。まぁ、あのセリフの為の設定だからこんなもん?(笑)
だと思ってるんですがね。
だからといって孝治がホストを止めるのはともかく
友達まで止めるというのもいかがなもんでしょう。(笑)
>やだ、工藤ったらゴーストとして薫を利用するつもりだったんだ…
>ひど~~~いっ!でも業界の裏側って大抵こんなもんなのかな?
自分が映像を見た限り、そういう臭いがプンプンします。
実際の業界がどういうものかはわかりませんが
ゴーストライターって言葉があるのも、そういう関係があるがゆえだから
もしかしたらあり得るのかもしれませんね。
こういう業界は全く知りませんので決め付ける事はできませんが。

>海の家の娘が作ったドリンクには一体何が混入されてたんだろ( ̄ε ̄;)
逆にその成分を聞いて血の気が引くのも嫌だなぁ。(;・∀・)
2006年07月22日 18:13
あっさり感があって割りとすっきりと見ています。白夜行の深刻さも1リットルの涙も似ているけれどこのドラマには似合わないです。
さらりとこのまま行ってほしいですね。
いきなり首のバイトだったり海の家の30000ウォんだったり労働条件がひどい話ですが、こういうのは有り得ないのでやはりきちんと設定すべきでしょうね。実在したら大変なことになりますよね。
ところであのドリンクは中身は何だったのでしょうか?
本当に気味悪い飲み物でしたね(苦笑)
小林麻央がとぼけまくって出していましたけどどうも意味不明です。
2006年07月22日 21:42
必要以上に頑張って記事を書いてしまっています。
今回、最初はそんなに良いと思わなかったのに記事
のために何度も見ていると、すごく心に残ります。

いかん! 贔屓をしないと言ってたのに親バカに
なっていますね。来週は薫の病気を知ってしまう
事になる孝冶たち。気になります。
ikasama4
2006年07月23日 00:41
かりん様
>あっさり感があって割りとすっきりと見ています。白夜行の深刻さも1リットルの涙も似ているけれどこのドラマには似合わないです。
そうですね。
まだ彼女の病状が表立って出てきてないからかもしれませんが
今を精一杯生きている薫とそれに触発されてかつての自分を
取り戻していく孝治との関係が二人を取り囲む生活のテンポと
音楽が楽しそうでいいですね。

>いきなり首のバイトだったり海の家の30000ウォんだったり労働条件がひどい話ですが、こういうのは有り得ないのでやはりきちんと設定すべきでしょうね。
まぁここんとこはよくよく考えたら、無理があるかなぁと思うんですよね。
ドラマだからと言ってしまえばそれまでの話ですけど。(笑)

>ところであのドリンクは中身は何だったのでしょうか?
見た限り、2~3年手入れもせずにほったらかしにした
水槽の水をそのまま注いだ感じがします。(;・∀・)
ikasama4
2006年07月23日 00:48
タカシ様
>必要以上に頑張って記事を書いてしまっています。
記事からその熱意が十分伝わってきます。
山田さん、沢尻さん二人の姿を見ていると魅せられてしまいます。
山田さんの演技もさることながら
沢尻さんの仕草ひとつひとつに彼女の感情が伝わってきますからね。

ただ、どうしても制作サイドの細か~~~い演出を
客観的に考えてしまう自分がおります。(笑)
ヤだねぇ。
どこぞの男のように偏屈になってるなぁ。(悲)

>いかん! 贔屓をしないと言ってたのに親バカに
>なっていますね。
薫のパパさんと同じですね。(笑)

この記事へのトラックバック

  • 【タイヨウのうた】第2話

    Excerpt: 大切な人と見る月は、この世で一番綺麗。太陽に見放されていても、好きな人と月を見る事が出来る。今まで人と違う生活をしてきた薫にとっては、初めての恋でそして、もしかしたら最後の恋なのかも。音楽の事も、恋も.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-07-22 01:16
  • 《タイヨウのうた》 #2

    Excerpt: 海の家でバイトを始めた孝治たちだったが、低賃金で、一日中こき使われた。そこに隆介が通りかかり、全員ホストクラブで働きだした。一番無愛想だった孝治が女実業家沙耶に指名を受けた。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2006-07-22 02:00
  • タイヨウのうた 3年越しの思い(;ω;)

    Excerpt: それは…三度目の奇跡で始まった… XPの少女とリストラされた少年の物語… 深夜に男達から 薫を助け逃げ出した孝治達は! タイヨウのうた第2話! 今までのお話はこんな感じ(^^.. Weblog: zenの日記 racked: 2006-07-22 02:40
  • タイヨウのうた 2話~月夜の告白…忘れられない初恋~

    Excerpt: あの日同じ月を見たね。 太陽を知らない私は月ばかり見てきて 世界中の誰よりも月が綺麗だってこと知ってた でも初めてわかったよ 大切な誰かと見る月が一番綺麗だってこと。 山田君と沢尻エリカちゃ.. Weblog: アンナdiary racked: 2006-07-22 10:18
  • タイヨウのうた 第2話

    Excerpt: 満月の下で語らう二人。その後の、薫の語り。どこの白夜行かと(笑) Weblog: まいにちおきらく! racked: 2006-07-22 10:19
  • 『タイヨウのうた』 2話

    Excerpt: 前回からの続きで、 絡まれた薫(沢尻エリカ)を助けた考治(山田孝之)。 バイクの後ろに乗せ、走りますが、 「危ないんじゃない?」と言いつつ、一人でバイクで去っていった。 ダメでしょ!ちゃんと送.. Weblog: ド素人日記 racked: 2006-07-22 10:40
  • タイヨウのうた 第2話

    Excerpt: 大切な誰かと見る月が一番きれいだってこと、知っている。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-07-22 11:22
  • 「タイヨウのうた」 第二回 

    Excerpt: 薫と孝冶との恋は始まったばかりで、まだドラマではそれぞれ別々の生き方を 描いた第2話。でも地味ながらもじわっ~と来るエピの積み重ねと最後の語りで、 またまたぐっと来てしまいました。今週は山田さんの.. Weblog: The Glory Day racked: 2006-07-22 21:14
  • 『タイヨウのうた』 第2回 「月夜の告白…忘れられない初恋」 感想?

    Excerpt: みんな裏(ハウル)見てるんだろうなぁ。 もう、ハウル見たし別に2回みたいとは思わないし。 Weblog: つれづれなる・・・日記? racked: 2006-07-22 23:27
  • タイヨウのうた(2)

    Excerpt: Weblog: ドラ☆カフェ racked: 2006-07-24 22:58
  • タイヨウのうた・第2話

    Excerpt: やはり注目せずにはいられません。 Weblog: あずスタ racked: 2006-07-25 00:50