功名が辻 第22話

近江・長浜にてとし、いと、千代がよもやま話。
『殿が恋しい』と文に書くという千代に
━━━━ヽ(〃▽〃 )ノいとヽ(〃▽〃 )ノとし━━━━!!
ただ、言葉では言えない事でも文だと書けてしまう。
(メールのようにねぇ( ^▽^))
自分はこうして文を書く事で夫と共に戦国の世を戦っているのだ。
その言葉に共感したとしは文を書く事にする。

で・・・(・ω・;)何を書こう?


千代「息子殿は・・・背が高い」

まぁそんなんでもいい訳やね。(;・∀・)



一方、中国は備中・高松城攻めでは一豊は千代からもらった文を読み、気分が和んでいた。
こうして文を送ってくれる事こそ息災な証拠だと。
それにしても
「誰もが殿に言わぬ事を言うのが、わしの役目だ」だなどと
最近は年をとって吉兵衛は前以上にすっかり口うるさくなったなぁ。


そして手勢60名を従えた一豊が高松城を物見に行くと敵勢の強襲。

Σ(゚Д゚;!秀吉 Σ(゚Д゚;!小六 Σ(゚Д゚;! 秀長
Σ(゚Д゚;!孝高 Σ(゚Д゚;!長康


一豊と敵将との戦いに一喜一憂する羽柴方の武将たち。
まるでサッカー観戦を見てるような光景ですなぁ。(笑)

でもって、無事敵将を討ち果たし、あの槍を手に入れるんですね。


その頃、織田家の動きはというと、武田を滅ぼしたと。
その時、武田家(正確には六角家らしいがね)を匿ったという事で恵林寺が焼き討ちにあったんよねぇ。
ここの僧・快川紹喜はその寺で焼死したんよね。
ちなみにこの快川紹喜は
「心頭滅却すれば火もまた涼し」と言った方だそうで。

で、彼の死を悼む光秀。
快川紹喜は美濃・土岐氏の流れを汲む人であった。
光秀も土岐氏の流れを汲むので、二人は親類だったという事なんよねぇ。


それから安土では細川藤孝が信長の業績を称え、「神」と例えたんだが、
「神ではないわ!」と思わず光秀は一喝してしまうんよねぇ。
光秀にしては軽はずみな行為に思わず訂正するために皆々様のおかげだと取り繕うのだがね。
・・・しっかり信長に聞かれておったな。(笑)



自分の前では「今のこの情勢は殿のおかげだ」といい
自分がおらんとこでは「諸将のおかげだ」という二枚舌を使ったのが気にくわんかったかなぁ。
それとも自分が朝廷すら壊してしまうという思惑に諫言したのが気にくわんかったかなぁ。
それとも濃が好きな人が自分ではなく光秀だったのが気にくわんかったかなぁ。
それとも(それともが多いなぁ)ただ単に光秀と秀吉を競わせたかっただけだったのかなぁ。

それから最近眠れず、いつも白装束を覚悟している光秀に対して
信長は朝廷から使者があった事を伝えるんよね。
関白、太政大臣、将軍のどちらかの職を授けようと。
織田家は平家なんで将軍は名乗れないとされたんよね。(将軍は基本的に源氏)
なもんで、光秀は太政大臣を薦めたのだが、
なんと信長はどの役職もいらんと言うんやなぁ。
朝廷はいらぬ。余が我が国の王であると。
信長はおそらく朝廷を滅ぼすつもりなんやね。
冗談抜きで。
光秀にとっては叡山以上の暴挙。
とても耐えられるものではないわなぁ。
そこに信長は光秀に京に来る徳川家康の接待を命じるんやなぁ。


さてさて、秀吉は信長のご機嫌をとるために一豊に使者に走らせます。

そこには信長が今までの功を労うために家康殿も招いておりやした。



「秀吉殿は甘え上手」かぁ。
その意図をすっかり見抜かれておりますねぇ。


その接待の席で信長は光秀が吟味した料理に「腐っとるわぁ!」と一喝するんよね。
これはよく鮒寿司と言われてますよね。
この鮒寿司は以前、千代が吉兵衛に近江の名物だと言って食べさせ、吉兵衛が大層おいしそうに食べていましたねぇ。
なんだか、どうも光秀が気にくわん感じに見えてきましたねぇ。

で、信長が光秀に命じたのは今から秀吉の援軍に行けと。
そこで、石見・出雲を授けるが(この時点では毛利家の領土)
今の領土である丹波・近江は取り上げると。


(゚∀゚)プッチーン



ここで光秀が切れたようですねぇ。



愛宕山に向かい、自分の進む道を模索している最中、悪魔が囁くんよね。
毛利家の間者から。

それが六平太というのがいいねぇ。

それで光秀はあの句を読むんやね。
「ときはいま あめがしたしる さつきかな」
これは雨が降っていたからそのまま「雨がしたしる」と読めるんだけど
あめって「天」とも読めるんよねぇ。
で、
時は今 天がしたしる 五月かな
これで光秀が天下を支配するのだとも取れるし
この「とき」を「土岐」と読めば
土岐は今 天がしたしる 五月かな
これで土岐家出身の光秀が天下を支配するのだともとれるんやな。
ただ、このドラマでの光秀は六平太が言うように
謀反―――天下が欲しい訳ではなく、朝廷をも破壊する信長の行為が許せない故の行為なんよね。
刺し違える覚悟なんだと。


この光秀の心境は今までのドラマではなかったからなぁ。
どういう風に彼を終わらせるかが楽しみなとこではあるわなぁ。

さて、次回は本能寺。
公式HPも見たけど、信長がキレイですねぇ。
しかも、濃も一緒に死ぬらしいですねぇ。
これは正直、楽しみですねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年06月05日 20:56
ども!!HPでよりいっそう来週への期待が持てますよね!!僕もその「美しさ」に魅了されています。
ikasama4
2006年06月05日 22:05
てれすどん2号様
ホント、キレイですよねぇ。
個人的には主人公が誰か忘れるくらいに。(;・∀・)
2006年06月05日 22:18
信長イラスト!冷たい雰囲気にゾクゾクしちゃいましたわ~♪
逆に家康はほのぼの~♪そっくりだし口元の表情がいいですねー。
本能寺では、そんな信長の顔が苦痛に歪むのかな?
それとも最期まで気高く散るのでしょうか?
次回ワクワクとドキドキの本能寺。見たいような見たくないような(笑)。
2006年06月05日 22:48
光秀の苦悩や、天下を取るための謀反ではない、とても大きな使命を持った行動に多くの人が心動かされている中、「舘信長かっこいい~」なんて書いて、顰蹙ものだったかな、と思っていたのですが、こちらに来てそう思うのもありだったかな?ああよかった、と思いました。
主役の二人が歴史上さほど有名でないため致し方ないことなのでしょうが、やはり信長、光秀、家康、秀吉の話の方が惹きつけられてしまいますね。
素敵なお二人のイラスト、ありがとうございました。
やはり女性陣は苦手ですか^^?
2006年06月05日 22:51
こんばんは!

>謀反―――天下が欲しい訳ではなく、朝廷をも破壊する信長の行為が許せない故の行為なんよね。

そう・・・あくまで(このドラマでは)「朝廷」をも破壊する信長を討たねばならぬってことなんでしょうね。ここの描き方は個人的には気に入ってます。

次回は「本能寺」

まさか“スルー”ってことはありませんよね(笑)
ikamasa4
2006年06月05日 23:03
まこ様
>本能寺では、そんな信長の顔が苦痛に歪むのかな?
そんな事態でも笑っていそうです。(;・∀・)
>次回ワクワクとドキドキの本能寺。見たいような見たくないような(笑)。
まさしくそのとおりですね。(笑)
ikasama4
2006年06月05日 23:07
さくらこ様
古き体質を壊し、新たな体質をつくろうとする信長の考えはそれはそれで一理はあります。
そして古き良き伝統を守ろうとする光秀の考えも一理あります。
どちらも共感できるだけにどちらも責められないと思いますが、
今この時代を考えるとこうして皇室問題で紛糾できるのも
このドラマを視点にして考えれば光秀のおかげなんでしょうかね。(笑)
>やはり女性陣は苦手ですか^^?
実は・・・描いてみようとしてるんですがね。
・・・なかなかになかなかです。(;・∀・)
ikasama4
2006年06月05日 23:10
劇団たぬき様
今まで野心高き男―光秀っていうのを見る事が結構多かったですからね。
でも、こういう光秀の方がしっくりきますね。
今の時代でいうと
信長・・・小泉純一郎
光秀・・・亀井静香
というとこでしょうか。(苦笑)
まぁすっかり亀井さんはしてやられてますがね。(大苦笑)
2006年06月05日 23:49
こんばんわ~。
いいですね♪舘・信長のイラスト、生きているようですわ。
私は今までにも野心で光秀が立ち上がった、と思っていなかったので。。。
今回の流れは結構自然に見えました。
色々と重なってキレてしまったのですね。
歴史の本当は解りませんが、光秀は本当に生真面目な人だったのだ
と思います。そこが信長のお気に召さなかったのかも。。。とも。
来週は楽しみです!
ikasama4
2006年06月06日 08:36
くう様
>今回の流れは結構自然に見えました。
>色々と重なってキレてしまったのですね。
今回のドラマでは新たな光秀像を見せてくれたと思います。
>歴史の本当は解りませんが、光秀は本当に生真面目な人だったのだ
と思います。
なんともそういう風に思えてきますねぇ。
役者さんの力は偉大です。(笑)
ホント、来週は楽しみですね。
2006年06月06日 17:22
>織田家は平家なんで将軍は名乗れないとされたんよね
なるほど、だからあんなに一生懸命に諌めたわけですね。
だけど信長の価値観はもはや朝廷なんてナンボのものとなってきてるわけで。
朝廷に命を捧げてる光秀としてはさらに困った事態なわけでしょう。
いろ~んなことが積もり積もってきたんですね。
歴史はこういう、必然である偶然の積み重ねで動いてきたと。
光秀がただ気の毒でしたが、本能寺は楽しみですね。
信長の有終の美を見せてほしいですわ。
ikasama4
2006年06月06日 18:16
かりん様
>歴史はこういう、必然である偶然の積み重ねで動いてきたと。
なるほどですねぇ。たしかに納得です。
古き慣習を全て悪しきものとみなし、制度を破壊しようとする者
古き慣習、伝統を好み、守ろうとする者
二人はいずれこうなる運命だったのでしょうと感じさせるつくりに
なっていますね。

この記事へのトラックバック

  • ��̾���ԤΤ��Ф餷�������β〓��Ϻ��������֤����⿮Ĺ���Ф���ϡ����Ҹ��

    Excerpt: ������轵�Ρ���ǽ��פؤ�­�����ꤽ�Τ�Ρ��Ȥ��äƤ��$ǤϤʤ�������ǽ��ޤǤ�ƻ�Τ�〓٤�����ǫ���d��Ƥ����� ��Ϥ䤳�ι��ī��Ϥ���̡���.. Weblog: Ĺ�����ˡdƤ줹�ɤ〓桡�ޤ8���̤��ء� racked: 2006-06-05 20:49
  • ��̾���ԡ���22�á���ž��

    Excerpt: ����������ȡ�(o(T.T��o )(o��T.T)o)������ ����äƤۤ�Ȥ���äƤ��Τ��ʤ����Ȥ⤫�������컰�Ÿ�Ϻ�� ����ʤ����������ʤ��ͻ.. Weblog: ���뤬�ޤޡ����� racked: 2006-06-05 21:32
  • ������ȥ%�����ǽ��x�ž���

    Excerpt: ��̾���ԡ�2��ʸ麽ս����Υ����ƥ�ξܺ٤〓롡 �������Ȥ�pȾ����Υ��٥�ȡ���ǽ��٤˸����ơ��祭���ڡ�����礲�����������ˤ�Ÿ�����Ƥ��.. Weblog: ����ɥ�ʥܥ� racked: 2006-06-05 21:53
  • 功名が辻第二十二回「光秀転落」~本能寺の変、黒幕は誰だ!~

    Excerpt: 「時は今 天が下知る 五月哉」                 光秀ブルー Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-06-05 23:14
  • ��̾���ԡ��裲����

    Excerpt: ����Σ���ʬ�Ǥ�������ˤ�t���¤��勵���Ǥ⤵��������ǽ��Ȥ��ä��顢 ȿ�����Ƥ��ޤ��ޤ���������d��p��ط���ts�狼��ޤ��〓ɤ͡�.. Weblog: ���Ĥ��� racked: 2006-06-06 17:23
  • �ָ�̾���ԡ�������

    Excerpt: �ָ�ž��ס��Ⱦ׷�Ū����̾�κ����档�ʤΤǡ���͸���äȤ��ơ���ᥤ��Ǥ��������Ĺ���ä��褦��û���ä����ɡ����褤���ä��轵�ϡ����ᥤ�〓٥�Ȥ.. Weblog: ��ꥳ���� racked: 2006-06-06 18:54
  • 功名が辻第二十二話

    Excerpt:  一時的に休止していたTBやコメントを解放します。  (ただし、あまりに迷惑なTBやコメントが増えた場合はまた考えますが^^;;)。  そういえば、もうそろそろ本能寺・・・・・・。  一豊も秀吉の使者.. Weblog: 岐阜の路面電車再生祈願!名古屋交通コラム racked: 2006-06-06 19:29