弁護士のくず 第4話


アララ。オープニングが変わってらあな。あれってhitomiさんかなぁ。
さてさて、今回は殺人事件。
被害者は猪狩つぼみ。
容疑者は被害者と付き合っていた山村真介。
警察では二人は8時頃体育館に忍び込み性行為に及び、その後口論となり
山村は彼女を殺害したと考えている。
学校から逃げ出す山村を警備員が発見している。
また、被害者の体内から容疑者の精液が認められている。
警察の調べに関して山村は彼女と口論になった事は認めているが
殺人は認めていない。
テレビでは被害者の両親が涙ながらに自分達の思いを訴えていた。
白石法律事務所には山村の弁護の依頼がやってきていた。
武田は早速依頼人に会いに相方の九頭を探した。
その相方はというと・・・


パチンコですっからかん(T∀T)♪


店員さんにおねだりおねだり(_ _(--; ペコペコ
で、その店員さん役は佐藤さん。
おれがあんたに何かあった時弁護してやるよって言っても相手にされず。

パチンコをやった理由が
「突然ギャンブルの神様から啓示があったの」なぁんてな。

自転車で二人乗りしてたらケーサツからしっかり注意されてたなぁ。
たしか、いつからか(実はもう?)忘れたが自転車での違反は車両と同じく
罰金になるとかならないとか?あーうる覚えだなぁ。(後で調べとこ)

で、依頼人に会ってみるとどーも反省の態度は見られまへん。
あきれ返る武田が九頭を見つめると・・・
「この人も同類だ」(失望)

で、九頭が武田におごると行って向かった先。


お風呂のキャバクラ


「どーして僕はこんなとこにいるんだ?」(by武田)


A.男の性だから。(;・∀・)

九頭さん、お姉さんの胸もんでるし。
で、おごるといったもののパチンコでお金がスッカラカンの九頭。
「手品を披露しま~す♪」
で、お金が消えるマジックを披露。
まぁこのトリックは言わずもがなですけどね。
武田から借りた3万円が見事消えました。
武田「あれ?何かおかしいぞ??僕の3万はΣ(゜Д゜;≡;゜д゜) ??
?」

九頭「魔法にかかって消えちゃったヽ(°▽、°)♪」

で、キャバクラの費用に消えちゃいました。(おしまい)


翌日、武田くんは九頭に3万円をしてやられた事を事務所の面々に語る訳なんだが
「九頭先生の辞書に『おごり』って言葉はないですから♪」
なぁるほど(苦笑)
それから、今回の事件の方針をみんなと協議している中、
その相方はというと・・・


AVビデオの資料チェック
未成年を扱ったんで訴えられてる監督さんをしっかり弁護。
監督さんはノッチさんかいな。
しっかりティッシュを鼻に詰め込む九頭さん。
顔はしっかり笑顔です。


武田くんブチ切れですよ。
加藤先生とヤケ酒ですよ。

その相方はというと・・・
本屋の店主と一緒に資料をご鑑賞(笑)
幸せの分かち合いです。


で、ヤケ酒した武田くんはすっかり酔いつぶれ。
「飲んだら酔うな。酔うなら飲むな。」
ああ、どこかの交通安全で聞いた事あるような言葉やなぁ。

で、女性を誘うマニュアル本をしっかりチェックされた武田くん。
武田「あ~~~しもたぁ~~~。・゜・(ノд`)・゜・。 」


その翌日、二日酔いの武田くんに珍しく九頭が声をかけるんよね。
きっかけはあのビデオなんやろうな。


「とりあえず基本をおさえとくか」って言って
まず、殺害現場、被害者の遺族のとこへと足を運ぶんやね。
この事件の証拠を集めに。

あの警備員の証言。
山村が慌てたのは声をかける前か、それとも声をかけた後かってやつ。
冒頭を見てたらよく分かったと思うのだが、慌てたのは声をかけた後。
反抗を犯したのなら当然慌ててる可能性が高いからねぇ。
彼は警備員に見つかって慌てたのだから、殺人の可能性は低いと考えたんやね。

また、体育館の窓ガラスが僅かながら空いていた。
あれを九頭は誰かが覗き見をしていたと考えたようやなぁ。

でもって、被害者の両親に会いに行ってみたところ、
父親の首筋の傷を聞いたところ、異様に怒り出し。
母親はなんとなく挙動がおかしい。

「1つだけ手品の基本を教えてやる」
そう言って九頭は前日、キャバクラで披露した手品の種を見せるんやな。
魔法のペンとか言って、ペンに注意を惹きつけといて三万円を自分の懐に隠す。
隠したい事があれば他の事に意識を向けさせる事だ。
逆を言えば御大層な事を言う奴は怪しいってこった。
暗にあの人を指しているんだが、

武田「3万返して下さい」
わかってねぇなー武田くん・・・って、まぁ九頭の事信用しとらんからなぁ。


その夜、珍しく九頭は遅くまでお仕事中。
加藤先生がお酒に誘うも金はないと言うから
加藤先生がおごるからというと
「あのバカに任せるには今回の事件はやっかいなんでね」なぁんて
女性の誘いよりも仕事優先なんて、やっぱやる時はやる男です。
後輩思いなんやねぇ。
40歳間近の女性は相手にしないという考えもあるかも(;・∀
・)

まぁ九頭さんに限ってそれはないわな・・・多分。


そーして日が経つにつれ依頼人の声を聞くと
どうしても彼が殺人を犯したように思えなくなった武田くん。
どうしようかと悩んでいると

九頭「つくればいーじゃん。真犯人。」

で、その相手はというと猪狩吾郎。―――つまり被害者の父親。
正確には母親の連れ子なので血は繋がっていないのだが。

その論拠に怒る武田。
「被害者の気持ちを考えた事があるのか!!」
「この裁判に負けてもいいのか!おまえはどっちの弁護だ!!」

互いに反発し合う二人。


その翌日。
結局、九頭に依頼人の弁護を任す事になった。

証言人・猪狩吾郎に対して九頭はこう切り出した。
「あなたが彼女を殺したんじゃないの?」

九頭が出した証拠品。
被害者・猪狩つぼみが出演したAV。
そこで彼女は血の繋がっていない父親と関係をもった事を語る。
―あの時、あなたは体育館の倉庫での出来事を覗いていた。
―そして、嫉妬からあなたは彼女に手をかけた。
奥さんはうすうす感づいていたのではありませんか?

―――その言葉に反論もできない義父。
泣き崩れる母親。




武田くんはまたもヤケ酒。
「何だか虚しくて」

―――真実は時には残酷なもの。
そう言って武田を諭す加藤。



で、これでひと段落かと思いきや
その翌日。

無事釈放された元・容疑者は反省の色がない。
彼女とは遊びだったとほざく。

彼を失いたくないから
今の彼氏と結婚して暖かい家庭をつくりたい

そんな彼女の思いを知らず、AVに出演したというだけで軽蔑する元・容疑者。

彼がした行為が彼女にとってどれだけ傷つけるものだったのか
恐怖をもってそれを教える九頭。
それが少々行き過ぎたものかもしれない。
でも、誰も彼の行為を止める事はしなかった。

彼がずっとあのままなら彼女が報われないのだから。


そうして、九頭はいつものようにパチンコでスッカラカン。
そこに武田くんが新しい依頼人が待ってるって呼びにくる。

その依頼人はというと、あの店員さん!!!
しかも恋愛詐欺ってどこかでホストでもやってたんかねぇ。(苦笑)



ちゃあんと冒頭とオチでしっかり笑わしてくれるなぁ。
なんか救いがなかった気分だったなぁ。
しかし、「真実は時に残酷なもの」ってのはホントその通りやな。
それでも前に進まなアカンからね。
仕方ないの一言では割り切れないけれどね。
そこに立ち向かうには同じ過ちを繰り返さないために知恵をつける必要があるんやろ
うね。
で、その知恵は経験であったり、基本と呼べるものであったり。
何故、こんな依頼主のために自分は奔走して弁護しなければならないのか。
「裁判に勝つためだ!」そう言って自分を言い聞かせるしかないのかもしれないです
ね。


こう考えると世の中渡り歩くってのは難しいもんかもしれんな。
でも、考えてもキリがないですからね。
自分の好きな事を目指してただひたすらに生きるのが一番いいのかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月05日 16:00
笑いのつぼはちゃんと押さえてありましたが、今回はちょっと見てて辛かったです。しかし、ikasama4さんのブログ読んですっきりしました(笑)ドラマよか笑えたわ。

>しかも恋愛詐欺ってどこかでホストでもやってたんかねぇ。(苦笑)
えーっと店名は~たしか~(笑)
そうかあ、転職してたんだ(爆笑)

>自分の好きな事を目指してただひたすらに生きるのが一番いいのかもしれませんね。
同感です。それが一番悔いない生き方でしょう。

あっ、でもなんでくずさんは加藤先生が苦手というか、本気になったらいかんと思ってるのか、それとも本気になられたら困るのか?どれなんだろう。加藤先生はきっとホントにくずさんが好きだと思います(勘)だってクリストファーに嫉妬してたし(苦笑)



2006年05月05日 23:03
今回も面白かったです。オープニングのあの女性は絶対hitomiさんだと思います。
今回は前回と比べると一気にシリアスでしたね。
九頭が山根を手荒に諭すシーン、初めて九頭をカッコいいと思ってしまいました(ノ∀`)ペチョン
ikasama4
2006年05月06日 13:13
meihua様
>今回はちょっと見てて辛かったです。
家族、特に娘さんとご両親でみるにはちと重かった内容でしたね。

>加藤先生はきっとホントにくずさんが好きだと思います(勘)
>だってクリストファーに嫉妬してたし(苦笑)
となると、九頭は「優しく気高い」って事になりますね。(笑)
ikasama4
2006年05月06日 13:18
ショコラ様
>オープニングのあの女性は絶対hitomiさんだと思います。
前回までは足だけの出演でしたが、今回から微妙に変えてる
みたいですね。
う~ん見逃せません。
>九頭が山根を手荒に諭すシーン、初めて九頭をカッコいいと思ってしまいました(ノ∀`)ペチョン
今回はトヨエツが渋かった。
代わりに武田は3枚目になってましたね。
「シモタ~~~」って。(苦笑)

この記事へのトラックバック

  • 弁護士のくずCASE04ネタばれ

    Excerpt: 今回は殺人事件。女子高生・蕾(ブラン娘)殺害容疑で交際中の山村(斉藤兄弟目つき恐 Weblog: poltroneの一日。 racked: 2006-05-05 02:16
  • 弁護士のくず 第4話

    Excerpt: 死者の声!冤罪の真犯人:かいつまんで言えば、しょつぱなA Weblog: 日々雑用 racked: 2006-05-05 07:24
  • �ڥɥ�޻������۸�ΤΤ��� case.4 (t12��) �ֻ�Ԥ�<!�ͺ�ο��ȿ͡�

    Excerpt: ���۸�ΤΤ�������4�á�t12��ˡֻ�Ԥ� Weblog: ���ޤޤ�Notes... racked: 2006-05-05 10:05
  • 弁護士のくず 第4話

    Excerpt: 今回は九頭の始動が早かった。それだけ厄介な案件だったと言う事で…コメディなシーン... Weblog: まいにちおきらく! racked: 2006-05-05 14:44
  • 弁護士のくず case.4

    Excerpt:  今回のサブタイトルは「死者の声!冤罪の真犯人」  高校の体育館で女子高生・猪狩蕾が殺害された。彼女には性交した痕跡があり、おまけに妊娠していた。目撃証言もあり、蕾と交際していた山村真介(斉藤慶.. Weblog: 鬼でも負ける宗教勧誘 racked: 2006-05-05 16:30