翼の折れた天使たち




実話を基にしたフィクションという事だけあって、どれも
かつて自分が10代くらいの頃、同様の心境にあった事があるなぁと思える感じのドラマでした。
私が一番に印象に残ったのは、第4夜「スロット」ですね。
という訳でイラストは上野さんを描いてみました。

最近はこういう実話やドキュメンタリ等を基にしたドラマが多いね。

親や先生とかが注意してくれない代わりにドラマを人生の教材にして下さいってな具合にね。


各ドラマで自分が感じた事を自分の言葉で書いているから全く同じじゃないけど。(汗)

目に見える事が全てではない。
それに他人は幸せそうに写るけど、その人もまた自分を見て幸せなんだなと思っている。
結局、他人は幸せに見えてしまうもの。
本当の幸せは自分が気付いていないだけ。
失った時、初めて気付く事。失う前に気付いて欲しい。


大事なのは、自分から逃げずに自分と向き合うこと。
いい自分と悪い自分。
その二つの面があっての自分なのだから。


人は何度でもやり直せる。
過ちを犯す度にその傷が自分を成長させる。
もっと胸を張って前を向いて頑張らないと。

そして
人は他人に何かを求め続ける。
でもかなわないとき、つい相手を責めてしまう。
そんなときは、自ら何かを与えて欲しい。
求めるだけでは気づかないことが見えてくるから。


この言葉には結構心にズーンとくるものがありました。

今こうしている事がそうなんでしょうね。

ブログで自分がこうして書いている。
そして姿を知らない人達に公開する。
見てほしいって。そして感想を聞かせてほしいって。
自分の思いをこうして周囲の人に与え、その人の感想を求める。
その感想で自分は癒されたりする。


ただ、ここに気付くまでが大変なんだと思います。
こういう事ができる事こそが結構幸せなんじゃないんかと。
それに何年かかって気付くのか。


ホント、それは難しいですね。

ブログに限らず、ドラマもそういう側面があるんでしょうね。
こうして誰かにメッセージを与えているというかね。
では、ドラマが求めているものというのは、

視聴り

ツ∵(´ε(○=(゚∀゚ )


・・・ではなくて視聴者の声なのかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月06日 21:23
こんばんは~!

このドラマ4話、ホント自分が20代前後にぶち当たったようなことで
なんだか懐かしい感覚で見てました。

>自ら何かを与えて欲しい。
求めるだけでは気づかないことが見えてくるから。

これは結構はっとさせられた。
若い時は私も求めてばかりだったし。

今、ブログで自分の記事を公開するようになって
色々な人の声が聞こえるようになり、やって良かったなって思う。
自分はひとりじゃないんだって思う(笑)
結構ひとりでさびしんぼうなので。。。ワハハ(^^)
ikasama4
2006年03月06日 23:26
アンナ様
>これは結構はっとさせられた。
私もハッとさせられました。
誰しも一度は通る道なんでしょうね。
>自分はひとりじゃないんだって思う(笑)
ホントそうですね。me too,me too.

この記事へのトラックバック

  • Yoshi最新作~翼の折れた天使たち「スロット」

    Excerpt: 人は他人に何かを求め続けるもの。 でもかなわないとき、つい相手を責めてしまう。 そんなときは、自ら何かを与えて欲しい。 求めるだけでは気づかないことが見えてくるから。 4話の主役は上野樹里ちゃ.. Weblog: アンナdiary racked: 2006-03-06 21:24