繋がれた明日 最終回 ~もうひとつの白夜行~

どこまでも重かったなぁ。
徹頭徹尾ずっと重かったわぁ。
「あなただけがつらいんじゃない。みんなそれなりにつらい事がある。」
自殺は殺す事と同じ。ホントそう思うわぁ。

そして、今回の論点だが、彼は殺人を犯して刑務所に入り、
仮釈放として出所した。

前の彼女は自分の出所を待つ事が出来ず母となり
幸せに生活をしていた。

母は酒に溺れた。妹は殺人者の妹として白い目で見られた。



中道はたとえ刑期を終えても、殺人という罪は決して消える事はない。
一生背負って生きていかなければならない。
それを認めて生きていかなければならない。
自分の手でね。それに気付き、出所した時にはいい笑顔になっていた。


一方、被害者の遺族は決して傷が癒える事はなかった。
被害者なのにまるで加害者のような仕打ちを受ける。
許せない。
そうして被害者の母は正気を失い、卑怯者になってしまった。

そして嘘の証言をした彼は被害者の彼女に好意をもったがために
彼女の気をひくためにこんな事をして卑怯者になってしまった。

被害者でありながら、彼が死んだのは、息子が死んだのは
全て彼のせいなんだと、責任を全て彼に押し付けてしまい、
そこから抜け出す事ができない。
それが、かえって自分を貶めて醜い人間にしてしまっている。


このドラマではあえてこういう風に描いているんだろうけれど、
罪を犯して汚れた人間が出所して悔い改めて、いい人間になったのに対して
いい人間だったのが、被害者となり汚れた人間になってしまったというのが
またなんとも悲しいのだけれども、それが現実のひとつの形なのかもしれないね。



中道の行く道は白夜のように生涯終わりがない苦行なんだろうね。

でもね。

彼には支えてくれる母がいる。妹がいる。仲間がいる。

自分だけが不幸じゃない。
みんな不幸を抱えて生きている。

だからこそ支えあって生きるんだ。精一杯生きるんだ。




1話から今回のラスト5分前までメタメタ雰囲気が重かったんだが、
最後は良かったな。
ずっと重かったけど、彼の言葉には未来が見えたね。
小さな光かもしれないけど希望が見えたね。
別段報われる事を求めているという事ではないのだがね。

「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」

改めて、この言葉の意味がわかる気がしますね。
いいドラマでした。 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【繋がれた明日】全4回総括

    Excerpt: 自分の家族に置き換えて考える。もしも、自分の息子が成り行きで人を殺してしまうような事があったら。。。主人公のように6年間真面目に刑務所で反省し、その後も苦しんで生きているとしたら、こんなに真面目に考え.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-03-26 22:43
  • 久々にハマったドラマ

    Excerpt: ドラマ「繋がれた明日」のエントリーです。参考にリンク貼らせていただきました。 Weblog: まんもすくらっぷ racked: 2006-03-27 00:43
  • 最新読書日記44

    Excerpt: 真保 裕一 繋がれた明日 単行本の時から気になっていて、文庫化されたことを知り、即購入した。 切ない話である。 ともすれば、いつ自分の身の上に降りか.. Weblog: みだれ撃ち涜書ノート racked: 2006-03-29 09:18