白夜行 最終話




あれから雪穂に連絡をしない亮司。
雪穂は2号店をオープンさせる事で亮司との出会いのきっかけにしようと
していたと思うんだが・・・何故2号店が必要だったのかがピンとこなかったのだが
あれもまた二人だけにしか分からない意思の疎通だったのだろうかね。

亮司が掲示板に書いた遺言の文章を雪穂に見せる篠塚。
あの時、改めて亮司は自分がしてきた事を後悔している事、
そしてそんな彼を食い止めたのは自分だという事を認識する。
まぁうすうす分かってはいたんだがね。

オープン当日、谷口さんと話したときに
自首して二人で地獄へ行く覚悟をしたんだな。
だが、亮司は笹垣を殺す準備をしていたとはね。

そして、亮司は笹垣を誘い出し、殺害に及ぶのだが、
なんともまぁお間抜けだなぁ、笹垣はん。その点はいただけんかったな。

典子さんに子供ができていたのには驚いたな。
自分を刺した鋏を使い、なんとか脱出した笹垣はその事を告げる。
自分の子供のために自首して、子供のために生きろと。

彼が選んだのは自殺だった。

多分、こう思ったのかもしれないな。
汚れてしまった人間が父親になるよりも、いない方がいいと。

なんでや。
そうやって何でもかんでも自分一人で抱えよって。
何で話してくれへんかったんや。

そんな笹垣のぼやきが聞こえてきそうやな。

また、皮肉にも彼の死がまた彼女の心を閉ざす事になってしまったな。

生きる意味を失った雪穂。
生きる屍のようになり、そして店は全て潰してしまった。


2006年11月
あの事件の時効の日

雪穂は約束を果たした。
亮司の遺した子と共に。


しかし、笹垣と谷口が語っていたが、

幸せになって欲しいと願い奔走する人
幸せになって欲しいという願いを託された人
奔走する人は自分の思いで行動するから幸せなんだが、
その思いを託されて生きるっていうのは
プレッシャーのように重苦しいものなのかもしれないね。
これが全て悪いって訳ではないんだが、結果的に
亮司の死が彼女を自首させる事を止めさせてしまったのだからね。

雪穂の幸せのために生きる。それは亮司の幸せ。
その思いに応える。そう生きなければならない。
それもまた不幸なのかもしれないね。
とはいえ意外とこういうのはあるのかもしれないね。
子供の将来を過剰に託す親とかね。(笑)

まぁ雪穂の場合はそれだけでなく、
亮司が雪穂の全てをさらけ出せる唯一の存在だったのだからね。
そして共に地獄を歩いてくれる存在だったのだからね。

その彼がいなくなった。
何のために自分は生きてきたのだろう。

目標を見失った時、彼女は壊れてしもうたんだろうかね。

とはいえ、どういう経緯でその事を知ったのかはわからないのだが
そんな状態で亮司との約束を彼の忘れ形見を通して果たした雪穂が
なんか痛々しかったな。

まぁ自業自得というか、因果応報という事を言いたかったのかもしれんがね。
結局、自分が犯した罪は回りまわっていつか必ず自分にやってくるって事なんやろな。

誰かに救いの手を求める事ができたのなら
もっと楽な生き方ができていたはずなのにね。

さて、今回はやっぱ最終回というだけあって
ちぃと無理があるような展開が多かったのだが、
最後のあの手を繋ぐシーンはよかったな。秀逸ですわ。
顔を見せない事で、彼女がどんな顔でその仕草をしていたのか、
それをこちらに与える事でいい余韻を持たしてくれる。
それと共にその約束を果たした今、彼女には何が残っているのだろうか。
それも感じさせるいいシーンだったな。
この瞬間だけは彼女が切なく見えたしね。

最後に笹垣さん、個人的にはねぇ、もうちょっと亮司には抵抗してほしかったな。
というか、ずっと思っていたんだが、武田鉄矢の刑事役というと
自分の場合、ハンガーがどうしても浮かぶんだがね。
私だけかね(苦笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

uu
2006年03月24日 00:39
>>自分の子供のために自首して、子供のために生きろと

違いますよーー。
自首して13階段上れって言ってましたよ。子供にその背中を見せろと。
亮司は自首しても死刑ですからね。
だから全ての罪を被って自殺したんでは?
2006年03月24日 08:04
おはよっ(^^)
終わったね。。。私は笹垣と亮司の歩道橋のシーンが心に響いて
涙出ちゃった。亮司、何も言わなかったね。もっと何か言って欲しかった。でも、自分と同じような子供だけは作りたくなかったんだろうね。
だから死を選んだのかもね。あー涙出てしまう。

で。。。ハンガーって何?(笑)
ikasama4
2006年03月24日 08:33
uu様
いや、そうではなく13階段を登って子供に背中を見せる事=子供のために生きろという解釈だったんですがね。
紛らわしい文章で申し訳ない。ただ、それって極論すると子供のために死ねという感じになってそれって私的に書き辛かったもので。
もちろん、雪穂を思って全ての罪を被るつもりで自殺する事は当初から考えていた事ですが、笹垣との会話から、そういう汚れた親父よりもいない方がいいと自分でそう考えた亮司の思いも感じられます。
だからといって私としては自殺は認められませんがね。
ikasama4
2006年03月24日 08:41
アンナ様
>だから死を選んだのかもね。あー涙出てしまう。
彼の今までの行動を振り返るとたしかに同情の余地があります。
もちろん今までの行動に対しては許されるものではありません。
あのとき、正直に話していてくれたら・・・。
結局、彼も母と同じく一人で秘密を抱えてしまったまま
旅立ってしまったのが、悲しいですね。なんでやです。

>で。。。ハンガーって何?(笑)
昔、武田鉄矢さん主演の映画で「刑事物語」というのがありました。
武田さん演じる主人公は場合によってはハンガーをヌンチャク代わりにして敵を倒していくシーンがありましてね。
個人的に「101回目のプロポーズ」をオマージュしてくれるなら、そちらもオマージュして欲しかったかなと。(笑)
2006年03月24日 14:36
あぁ、そっか!あの時点で雪穂は二人で自首しようと決意してたんですねー。この事に関しては今までもことごとくすれ違ってしまってましたね、この二人・・・
雪穂が亮司jr.と手を繋いだだけでなく、
日付けにも深い意味合いがあった訳ですねー。
全然気付いて無かった・・・_| ̄|○
それを知るとちょっと切ないです。
ハンガー!!!(* ̄m ̄)ププッ
映画を見た事はないですが、何故か知ってる♪
刑事じゃないけど、ゴルフクラブも浮かんで来たぞー!(笑)
ikasama4
2006年03月24日 18:31
まこ様
なんか雪穂に同情して切なくなりますが、仕方ないですね。
自分でまいた種ですから。

>刑事じゃないけど、ゴルフクラブも浮かんで来たぞー!(笑)
そういえば
たしか「織部金次郎」でプロゴルファーの役もやっていましたね。

あっ
でも、たしか刑事物語でもゴルフクラブもって闘っていたな。(大笑)
2006年03月24日 21:04
こんばんは!
笹垣の役がラストでかなり浮上しましたね。
2回ぐらい前からけっこう深みのあるセリフが入ってきて私も鬼のように捕まえたいとは違うということがわかってきたのですけど。
それならもっと早くから慈愛の表情を見せてくれてもよかったのに。
初めのうちはただ憎いという表情でしたよね?
雪穂が亮司の子と手をつなぐ部分がよかった。
生きるよすがをなくしてる雪穂がようやくつかんだ太陽かもしれませんね。とにかくかなり底まで落ちるくらい重かった。
でもはまっていったドラマでした。
2006年03月25日 02:05
初めまして!
...といっても、にゃんこさんのサークルでは
お話させていただきましたが・・。

「白夜行」はまりました。
余りにも、辛く悲しい最後でしたが、
亮司jrと雪穂が約束を果たしてくれて、
少し救われた気がしました。
毎回、回を重ねるごとに、私の気持ちは重く
苦しいものになり、あの「11歳の頃の二人」を
救いに行きたくて、何度、唇をかみ締めた事か・・。

亮司jrが、雪穂に気づいた(見つめた)シーンを観て、
二人の絆はもはや遺伝子レベルか・・!
と感激し、自分に「これでよかったんだ」と
言い聞かせて終わるしかありませんでした。
長々と、失礼しました。
ikasama4
2006年03月25日 13:00
かりん様
>初めのうちはただ憎いという表情でしたよね?
そうですね。
笹垣の最初のきっかけは単純に二人をつかまえたいと思っていたのが、
時が経つにつれ、何故ここまでして犯行を重ねていくのか、
その動機が何なのか知りたくなり、そしてその動機を知った時、
笹垣が持っていた当初の動機に同情というか慈悲の心が芽生えてきたんでしょうね。

回が進む度に笹垣が呟く説法。
罪深き者でも人である限り、後悔し、悔い改め、
そしてそれを受け入れる慈悲はあるのだ。誰にでも。

そんな慈悲を雪穂は亮司にのみ求めていたのでしょうね。
ikasama4
2006年03月25日 13:05
きよちゃん様。
そうですね。
こちらでは初めまして。(笑)
あのシーンを見た時、私もこれでよかったと思いました。
あれでやっと雪穂は呪縛から解放されたのだと。

>長々と、失礼しました。
いいですよ。おかまいなく。バンバン書いてつかあさい。
今後ともよろしくです。( ̄ー ̄)/~~
taira
2008年12月27日 21:22
ようやく原作、ドラマとも 見終えました。
ドラマも最初はだるかったけど、後半の独自展開も含め秀逸でしたね。
はじめ図書館のおばちゃんが出てきたり、雪穂の育ての母が、でてきたりと意味不明でした(笑)
それが後半、見事に機能してくる   特に八千草さんの礼子さん、、、これは最高
最期の原作にない白夜コンビとのやりとりはドラマ独自のよさがもっともでていると感じます。

それに原作読んでて考えなかったが、ドラマ見てて気がついたこと、、、、
何故、東野さんが白夜コンビを親殺しの犯人にしたのか分かりました、、、特に自分の親の!
まさにこれは篤姫の真逆ですが・・・家族ということへの問いかけですね!
最近は親殺し、子殺しが普通になってきて昔ほどショッキングではないものの、やはり当人にとってはもの凄いことだろうと勝手に思うのです。
前にも書いたけど家族は最後の砦、、、、精神的には唯一の心のよりどころですし、、、物理的にも自らの根源への否定なわけです。
つまり親殺しは自身のへの否定・・・ひいては生きることの意味自体への否定かなとも思います。
私ならきっと発狂しますね!
taira
2008年12月27日 21:26
  そして一般において結びつきが強いのは生死をともに戦った場合、、戦友とか、、家族も
特に結びつきが強いのは楽しい時より辛いときともに頑張った仲間、、、、白夜コンビは、その究極形
しかも自身の親さえ殺した宇宙で完全に孤立したもの同士、、、、であるがゆえ、この2人の結びつきは尋常ではないと思います
改めて、こういうシチュエーションを考えた東野さんはさすがだと思いましたね。
それ以降の流れは、、実に「砂の器」的です。  ただ主人公がコンビ、、それも尋常でない結びつきにならざるを得ない  、、、としたところが新味だと思いました。
taira
2008年12月27日 21:27
原作読んでたときはぞっとするほど怖い2人でしたが、ドラマ見て その怖さが中和されたように思います。
原作読んでて怖いだけの中にかすかに見える2人の哀切、、、それを目一杯広げたものがドラマ版
当初は心配してみてたドラマ、、、終わってみると 音楽効果、役者のルックスも含めこれはこれでなかなかのものに着地したと思います。
それにドラマ独自の解釈、、さらにそれへの ikasama4さんの考察   それらも鑑賞し自分も原作だけでは味わえなかった人生、家族、原罪など考えさせられました。   結論、、、白夜行  噂にたがわぬ傑作です!  
ikasama4
2008年12月29日 01:31
taira様
ドラマの場合
序盤・中盤はちょっと中弛みなんですが
終盤からの追い上げは素晴らしいです。

八千草さんと二人のやりとりは
とても引き込まれるものがありますね。

>それに原作読んでて考えなかったが、ドラマ見てて気がついたこと、、、、
>何故、東野さんが白夜コンビを親殺しの犯人にしたのか分かりました、、、特に自分の親の!
たしかに真逆ですね。

それともう一つの問題は
子供を虐待する親
子供に愛を与えない親

そういう環境に育った子供もまた
自分が親に受けたように子供が出来てもそれを繰り返してしまう。

だから、誰かはどこかでのその連鎖を止めなければならない
という事なんでしょうけどね。
ikasama4
2008年12月29日 01:32
ただ、こういう思考はある意味危険というか

不倫をする人の子も不倫をするとか
犯罪者の子もいずれ犯罪を犯すとか

そんな風にも感じられる怖さもあったりします。


それはそれとして
痛みを知らない者には
どこか侮蔑というか見下すというか
「あなたみたいな幸せな人生を送ってきた人には
私の事は絶対に分からない」という
思いも感じられます。

だからこそ
同じ痛みを知る者は仲間なんだという思いが強く描かれています。
ikasama4
2008年12月29日 01:36
>原作読んでたときはぞっとするほど怖い2人でしたが、ドラマ見て その怖さが中和されたように思います。
その通りですね。
自分達にはこういう生き方しか選択できなかったような。

でも、本当に望んでいた事は最後に集約されていました。
今までの二人の生き方はここにあったんじゃないかっていうくらい。


この辺りの解釈が何とも素晴らしいです。
>結論、、、白夜行  噂にたがわぬ傑作です!
同感です(≧∇≦)b
2019年05月29日 04:31
What a stuff of un-ambiguity and preserveness of valuable knowledge about unpredicted emotions.
2019年05月31日 04:29
I couldn't resist commenting. Well written!
2019年06月29日 07:53
Why users still use to read news papers when in this technological world everything is
existing on net?

この記事へのトラックバック

  • 白夜行 最終話 「白夜の果て」

    Excerpt: 笹垣(武田鉄矢)の太ももをハサミで刺すが青酸ガスにより倒れる亮司(山田孝之)。しかし「便所に入るな!」と言い残し逃げる亮司。 雪穂(綾瀬はるか)は実家の方に2号店を出すと物件.. Weblog: テレビお気楽日記 racked: 2006-03-24 03:17
  • 「白夜行」最終回~白夜の果て~

    Excerpt: 人生を捧げた人間より、捧げられた人間の方が辛いのかもしれない。 何をしても幸せにならなきゃいけない人生なんて、生きることさえ罰みたい なもんじゃないか。 雪穂の場合、その幸せさえ永久に封印されて.. Weblog: アンナdiary racked: 2006-03-24 07:58
  • ����ԡ��ǽ��á�����β̤�

    Excerpt: Ǽ�$����͡a�Boo��Boo�a���(-,-��)o)) ����㡢�Ǹ�ޤ���������Ȥ���μ�ʤλפ������ˤϡ� �������뤷���ʤ��ä��Τ��⤷��ʤ����ɡ.. Weblog: ���뤬�ޤޡ����� racked: 2006-03-24 13:54
  • 白夜行   最終回

    Excerpt: 納得できない最終回が多い中ですが・・・・(特にアンフェアなんかは本当に拍子抜けで全然納得できなかった)ものすごく良かった!!本当ここまで綺麗にまとめてくれるとは思ってませんでした何と言っても今回最大の.. Weblog:                 †DIARY†   racked: 2006-03-24 20:00
  • ����ԡ��ǽ���

    Excerpt: ������=Ự������̤�롦������ӵ߽� ����������������ŵ�Ҥ˰����8�� �����ְ㤤�$餱��ä����ɤ�p��:���դ�ä��Τϲ����ΤäƤ��롣.. Weblog: ���Ĥ��� racked: 2006-03-24 21:06
  • ������ԡٺǽ��〓���

    Excerpt: �ͥ��Х�ʤ���̵��Ǥ����������ޤ��Ƥ�Ĥ��Ǥ��� Weblog: �Ĥ�Ť�ʤ롦������ racked: 2006-03-24 21:57
  • ������ԡ׺ǽ��á��Ȥ��ꤲ���ˤ��ؤ�������θ�

    Excerpt: ��!�����Ŵ��ˤ〓�褦�Ȥ���������ʤ��ä�μ�ʡʻ��Ĺ�Ƿ�ˤϡ��ƤӻѤ�ä�������μ�ʤ�Ϣ�����䤨������ʰ�%�Ϥ뤫�ˤϡ���R&Y��2��Ź�ν�Ź�.. Weblog: ���٤�ͦ���������˺��٤ν˻�〓���ͦ���λ���ߤꤷ���� racked: 2006-03-25 00:05
  • 白夜行 最終回

    Excerpt: いや~壮絶!! 最後は亮司がラストの死を飾りました。 金八がこの作品の良いところを全部持っていったのでは? と、思えるほどに、迫真の演技! 金八が亮司の全ての罪を叫び、父親のように亮司を受け止めよう.. Weblog: ドラマ!テレビ!言いたい放題 racked: 2006-04-02 02:41
  • 福島 会津若松 母親殺害事件 【続報】 高3自室から殺人関連の本数冊

    Excerpt: <高3自室から殺人関連の本数冊 福島の母親殺害事件> 福島県会津若松市花春町在住で、県立葵高校3年生の栗田恭平(17)が母親のみどりさん(47)を殺害した事件で、男子生徒が生活していたアパ.. Weblog: 福島 会津若松 母親殺害事件 【続報】  racked: 2007-05-17 18:59