繋がれた明日 ~もうひとつの白夜行~

さて、とっても暗い雰囲気が漂うこのドラマ。
土曜夜10:00の「氷壁」の後を引き継いだドラマで、これがかなりズンと来る内容でね。
簡単に言うと未成年の主人公がふとしたきっかけで殺人を犯してしまい、
そして逮捕され、刑期が後10ヶ月となった頃、保釈され、
社会で働き、世間との葛藤を繰り返しながら「白夜行」風に言うと
主人公が太陽の下を歩けるようになるまでを描く物語である。
なかなかとっつきにくい話かもしれないが、
「白夜行」を見た方がこれを見ると、
亮司と雪穂もああいう覚悟があるくらいならこういう選択をしても
乗り切れたはずなのではないかと思える内容である。

主人公・隆太を演じるのは青木崇高さんといって自分は存じ上げないのだが、
こちらの心に訴えるようなとてもいい演技をされる。
その主人公の妹役にドラマで見るのは初めてな気がする吉野妙香。
そして主人公を見守る大室に杉浦直樹とその事務官が佐藤仁美。

今までのストーリーを簡単に説明すると、
保釈された隆太は真面目に働き始めた。
隆太の母、そして妹の幸せを奪ってしまった事を悔い、謝り、
大室に紹介してもらった仕事先で真面目に働くようになる。

そして、大室の助言で初めて稼いだお金を
自分が殺してしまった被害者の遺族のために使おうとする。
しかし、刑期を終えても、遺族の方達は彼を憎んでいた。
被害者のかつての恋人は襲われたといって彼を陥れる。
警察は殺人を犯した過去のある隆太を疑ってかかる。
大室の助力により、なんとか隆太は釈放されるが、
それでも彼女は執拗に彼をつきまとう。

そして、隆太は被害者の母の家を訪ね、
彼の仏壇に手を合わせる。
そして、彼女からリンゴをむいてもらうようお願いされ、
包丁を手にした途端、彼女は暴れだして人を呼んだ。
「彼が包丁を手にして、私を襲おうとした」

彼はまたしても、陥れられた。

自分にはもう、明日がない。

そんな彼に大室はこう語る。
20年前、学校に行っていた小学校の大室の娘が体育で運動中に心臓麻痺で死亡した。
それから、体育の先生は謝罪と共に娘のために線香をあげたいと彼の前に現れた。
大室は拒否した。大室は彼を許さなかった。
来る日も来る日も彼は謝罪に訪れた。
その度に大室は拒否した。ずっと彼を憎み続け許さなかった。

ある日、その彼は自殺した。
彼には5歳になる娘がいた。

その時、大室は気付いた。
自分は、彼の娘から父親を奪った殺人者なのだと。
人を憎み続ける事は何も生まない。
生むとすれば同じ悲しみと憎しみだけなのだと。

そうして、大室は刑期を終えた少年、少女達を見守る仕事を選んだ。
彼ら彼女に希望の光が差し込むような人生を与える事。
それが彼の償いなのかもしれない。

それから、彼はかつての刑務所仲間と出会う。
その男は金を稼ぐためにヤクザの手下になった。
お金には困らないいい生活。女性もいる。

しかし、それは自分の罪と向き合わず逃げているだけだ。

そう考えた隆太はいつかきっと明日が、光が来る事を信じて
地べたを這いずり回る事になろうとも生きていく道を選んだ。


「白夜行」での亮司と雪穂が信じられる人がお互いだけだった。

それに対して、隆太には大室、そして彼の会社仲間たちがいる。

二人がもっと素直に自分達の秘密を打ち明けて自首していたなら
こうした人生が送られたのではないかと思ってしまう。

このドラマ、全4回で来週でもう最終回なんだが
「白夜行」を見た方には25日の土曜日の最終回を見て欲しいと思う。
世の中、捨てたもんじゃないってね。


公式HP繋がれた明日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月20日 00:32
こんばんは!

ikasama4さんのレビューを見て是非!来週みたいと思いました。
え~~~こんなドラマやってたんだぁ。。。ちゃんと番組チェック
しないといけない(汗)

>人を憎み続ける事は何も生まない。
生むとすれば同じ悲しみと憎しみだけなのだと。

いい言葉ですね。
来週見るぞ!っと。

ikasama4
2006年03月21日 18:16
アンナ様
是非見てやって下さい。
しかし、NHKのドラマ、短編ながらいい作品をつくりますねぇ。

派手さはないですが、見ごたえのある、いい内容ですので、
見てあげてつかあさい。(^_^)
2006年06月03日 05:31
Thank you!
2006年06月03日 05:34
Nice site!
2006年06月03日 05:38
Good design!
2006年06月03日 05:40
Thank you!
2006年06月03日 05:46
Good design!
2006年06月04日 06:28
Nice site!
2006年06月04日 06:37
Well done!
2006年06月04日 06:38
Well done!

この記事へのトラックバック