小早川伸木の恋 第7話

Q.枯れた松(冷え切った家族)を元に戻す方法はありますか(小早川)
A.一生懸命努力しましょう(* ^ー゚) (カナ)

さて、竹林、沼津、小早川を交えての飲み会。
なんかとんとん拍子に結婚話が進むのにちょいと不安になる沼津。
金のための結婚だろと考える竹林。
そうじゃないと否定する沼津。

結果

千夏「沼津先生とならお金に困んないじゃん(* ^ー゚) テヘ」
「お金に困んないじゃん」
「お金に困んないじゃん」
「お金に困んないじゃん」


ズド━━━━━━(゚Д゚;)━━━━━━ン!!!


(σ・∀・)σ竹林正解!!

でも、そこで竹林は初めて恋をした事を告白しますねぇ。
「大事なのは気持ちだろ。
 彼女の気持ちで勇気付けられた。
 初めて誰かと全てを分かち合いたいと思った。」
あぁ伸木はカナさんを通じてそれを経験した訳ねぇ。

一方、伸木はもしかしたら以前のように戻れるかもしれないと努力を重ねる。

色んな記念日つくったりしてねぇ。
でもね。それが不自然。
互いにしこりというか負い目がある感じがガンガンするねぇ。
なんかもう子供が間に入らないと会話が成り立たないってのはイタイタしいわぁ。

自分の嘘を突き通せばいいと思うところに・・・

潤登場━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
このBGMは潤くんのテーマ曲ですかぁ!!!!

「そうやって偽りの夫婦を演じて満足ですかぁ」

もう仕事とはいえ、すぐ傍にいるんだから書き置きはダメですがな。

そして駆け付けた妻がカナとの関係を問うと
もうこういう関係を続けるのが嫌になったのか

伸木「ああネたよ」
伸木逆ギレ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

やっとふんぎりついた伸木さん。
キレんでもええやん。

これを見てると夫婦ってこういうもんですか?と首をかしげたくなるなぁ。
まぁホントなら仕方ないんですけどね。

互いに後ろめたい気持ちで、付き合ったらいけないと思うなぁ。
とはいえ、夫婦って互いを信頼してるから互いの醜い部分を見せてしまうんだが、
それに慣れるとこんな風に気付いた時には戻れなくなってしまうんかねぇ。
ただ、自分の思いを押し付けるばかりがいけなかったのか。
もっと互いに会話を重ねていくべきだったのか。

何がいけなかったのか、繰り返し自問自答しても、出会った頃のように元には戻れないのは悲しいね。
今回はエンディングが長かったなぁ。たまにこういうアレンジが違うのはいいことだ。

なんだか展開のスピードがギアチェンジしてドンドン早くなっている気がしますねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

にゃんこ
2006年02月24日 10:23
夫婦ってこういうもんです(笑)
夫婦っていう狭い単位だけで考えてしまうと
どうしても余裕がなくなってきてしまいます。
で、お互いに自分の主張だけ通そうとしてしまったり
しますね、、心の余裕がなくなるの。 

妙子もそうだけど、私は、被害者意識がありすぎるんですよね、、、
まあ、妙子の場合は、育った環境でそうなったっていうんですけど。
冷静になって、その意識を別方向から見て相手立場から考えられるように
なると、いいと思うけど、、、なかなかうまくはいかないのです。
何でも受け止めてあげるよーーっていう、
広い心の自分になれたらいいなって思うけどね(^^)

これは、あくまでも自分の家庭の場合です^_^;
2006年02月24日 11:37
恋をした竹林先生が、なんだか可愛く見えました。

>自分の思いを押し付けるばかりがいけなかったのか
私のことを言われているようだぁ…。
思いを押し付けてしまって、その場で反省が始まっているのに
もう止められないし、反省が生かされない。
あとで、ズトーンと自分が落ちているといった感じで。
そろそろ反省を生かす人になりたいものです。
ikasama4
2006年02月24日 19:01
にゃんこ様
被害者意識・・・ですかぁ。
結構誰にでもあるんじゃないですかね。

ただ、被害者意識は自分だけが不幸と思うとこから始まると思います。
じゃあ何に対して不幸と思うのかと考えると
自分が思う誰かと比べて、自分は被害者だ、とか自分は不幸だとか
思ったりするんだと思います。
じゃあ不幸だと思わなくてすむには・・・誰かと自分を比べない事。
これを数年前から実践しているんですが、なかなか難しいもんです。

ただ、ひとつ確実なのは失敗をしてそこを乗り越えれば
人は強くなれるし、優しくなれるんだと思います。
ikasama4
2006年02月24日 19:02
にな様
ちょっと竹林先生が今回は羨ましかったです。
そういう相手と巡り合えれば、楽しいのかなぁ。
>思いを押し付けてしまって、その場で反省が始まっているのに
>もう止められないし、反省が生かされない。
今の時代はやはり双方向(苦笑)、互いに言いたい事を言い合わないと。
一方的は相手が好きな人を思いやる想いさえ潰してしまいかねませんからね。

最初は角張った石も川の流れにさらされていくと、下流の方では丸い石になる。
それは人の心でも同じだと思います。
気分転換に・・・山でも登るとか(氷壁の影響受けてます)
2006年02月26日 01:23
ちょっとしたボタンの掛け違いが、元へは戻れなくしてしまうものなんですなぁ、はぅ~~~
でも夫婦なんだから何でも言い合えるとも限らないし・・・
うちの場合は、お互いに諦めの気持ちで接してる事が秘訣かな?テヘッ♪←笑ってる場合じゃ無い^^;
ikasama4
2006年02月26日 22:50
>うちの場合は、お互いに諦めの気持ちで接してる事が秘訣かな?

・・
・・・
・・・夫婦ってそういうもんなんですかぁ(;・∀・)。

この記事へのトラックバック

  • 日刊 千夏

    Excerpt: Weblog: 日刊 千夏 racked: 2006-02-24 11:23
  • 『小早川伸木の恋』 7話

    Excerpt: 今回は何と言っても、『竹林隼人の恋』でしょう。 あの、竹林先生(谷原章介)の変わりようといったら・・・。 可愛くさえ見えてしまいます。 竹林先生、初恋?? Weblog: ド素人日記 racked: 2006-02-24 11:54