2006年 第1クールのドラマの感想

ようやっと初回評価。
◎:とってもイイ
○:イイ
△:イマイチ
×:見ていない
で分けると


「神はサイコロを振らない」
「氷壁」
「相棒」


「白夜行」
「けものみち」
「アンフェア」
「小早川伸木の恋」
「時効警察」


「輪舞曲」
「ガチバカ!」
「Ns’あおい」

×
「夜王」


さて、今期のドラマを個人的にジャンル分けしてみました。


乾いた社会にアツイ人を見たい方は
「Ns’あおい」
「ガチバカ!」(映像・音楽のテンポとしてはこちらの方がノリがいい?)

ミステリ好きな方は
「アンフェア」(真犯人とその動機を最終回まで引張るパターン)
「輪舞曲」(逮捕までの過程、トリック、演出を楽しむパターン)

切ない話が好きな方は
「白夜行」(堕ちていく二人の生き様を見る感じ)
「輪舞曲」(二人の恋愛とそこに起きるだろう悲劇を見守る感じ)

シュールでクスリとさせるコメディが好きな方は
「神はサイコロを振らない」(小林さんワールド)
「時効警察」(全キャラがかなりシュール)
「食いタン」(微妙にシュール?)

ドロドロ系が好きな方は
「けものみち」(金銭関係が混じった人間関係がドロドロ)
「小早川伸木の恋」(恋愛関係が混じった人間関係がドロドロ)

カッコイイ男をたくさん見たい方は
「夜王」(カッコイイ男が1人,2人,3人・・・たくさん)

ガッチガチな骨太のドラマが好きな方は
「氷壁」(重くしっかりした内容のあるドラマ)
「相棒」(現在の社会が抱える問題を毎回訴える)

さて、ここで感想を書いてない「相棒」について。

この「相棒」。元々は土曜ワイド劇場で2時間スペシャルだったのだが、そこからドラマになった、テレ朝としては結構珍しいパターンだと思う。
主演の一人は自分が好きな俳優さんの一人である水谷豊さん。
中学生くらいの頃だったろうか、よく「刑事貴族」ではアクションを結構やってたなぁというイメージが強かったな。もうバンバン走り回ってね。
それから火曜サスペンスで浅見光彦や立花陽介といったちぃとデシャバリだけどすごい推理で犯人を見つける役が続き、そしてこの「相棒」で切れ者である杉下右京を好演しております。
もちろん彼だけでなく、その他のキャストの面々も個性的でいいのだが、このドラマの一番の魅力はストーリー展開。
現在の警察が抱える問題、社会問題、法律の問題等々問題提起が上手いのよ。
それに犯人が誰?って予想も結構難しい時もある。最近のパターンとしては思わせぶりというか画面上、この人だという展開で来ておいて
いきなりこの人?ってな具合で犯人が突き止められる辺りとかはたまにヤラれたと思ってしまう。
そして犯人を追い詰めた後でもただ逮捕というワンパターンではなく、そこにも色々と時になるほどと唸るような展開を見せてくれる。
そしてエンディングもたいていの刑事モノだとどうしてもハッピーエンド的な感じに仕上がるのだけれども
事件解決後その影が消えずに多少の余韻を引きずるような哀愁を感じさせる締め方に現実とはこういうものだというモノが感じられる。

以上。








ああ「西遊記」があったけど、あれは私の中では今期のクールのみスマスマが2時間枠になって、そのうちの1時間で盛大なコントを1クールに渡ってやってるんだと解釈してるんで。

論の外。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 二人だけの秘密の関係希望です

    Excerpt: こんなメールが迷い込んで来たのは二日前。迷わず返信しました Weblog: 人妻ですけど・・・ racked: 2006-01-22 00:40
  • 「2006年 第1クールのドラマの感想」について

    Excerpt: 「2006年 第1クールのドラマの感想」について 大変参考になりました。 最後のオチが見事でございます。 私も、ほとんど同じ見解でした。 氷壁がでも、一番好きです。 また、バッタ、バッタと斬.. Weblog: めいほあしあんだ racked: 2006-01-22 01:33
  • 相棒

    Excerpt: TVドラマの相棒フォースシーズンの放送回数未定! なんとまあ、嬉しい事じゃない Weblog: ebook house racked: 2006-02-22 16:29