白夜行 第2話

あれから7年。

雪穂は学校でいじめを受けていた。
7年前のあの事件を持ち出されて。
落書きされていた文字からその犯人は同じクラスの藤沢さんだと推測する。

亮司は恐喝されていた。
7年前に工事中の建物で自分の父親が幼い子、当時の雪穂と建物に入っていく写真を。
そして笹垣が自分の前に現れる。
そうして亮司はかつて自分が犯したミスに気付く。
あのドアに。
そして笹垣が菊池の所へ訪れ、当時ドアはあかなかったという証言を得る。

やるしかない。

二人は偶然出会い、亮司は今起きている問題を相談する。

そうして二人は計画を練る。

1.亮司はKこと菊池の帽子を盗む。
2.亮司は菊池に金がないから代わりに映画の券を渡し、映画に行ってもらう。
3.雪穂はFこと藤沢さんの机に男からの倉庫での待ち合わせの手紙を入れる。
4.亮司は3.で待ち合わせの場所である倉庫に誘い出された藤沢さんに全裸にして写真を撮る。
5.亮司は菊池の帽子を倉庫に置き、雪穂と決めた時間にそこから立ち去る。
6.雪穂は川島と一緒に帰り偶然を装って第一発見者を装う。
7.雪穂は疑わしい人物として大江工業の藤吉の名前を挙げる。
8.藤吉は警察からの事情聴取により菊池の名前を挙げる。
9.この事件により雪穂は藤沢に精神的苦痛を与える事で藤沢からのいじめを回避させる。
10.この事件により亮司は事件当時のアリバイがない菊池からアリバイを証言する事で無償でネガと写真を入手する。

何故こんな事をしてるのか自分が嫌になってくる。
何故かこんな事ばかりうまくいってしまう自分が嫌になってくる。

ただ二人の目的はただひとつ。
時効である2006年11月11日まで無事にやり過ごして太陽の下を二人で手をつないで歩く事。
それまでは他人のフリをする事。


ああなるほどね。
7年前の事件を隠すために
亮司に迷惑をかけないために
雪穂に迷惑をかけないために

他人のフリをして会わないようにしてきた。
ただ、急行の電車で一目すれ違う。
ただ、それだけを繋がりにして。

お互いがお互いにかばいあっている。


亮司としては一人ぼっちでいる事がつらい。
雪穂としては育ての親やいい友達はいるけれど、できた人だから、
「隠し続ける事は痛すぎる」
「過去は完全に消す事はできない」
正論すぎて、その言葉が雪穂に影を落とす。

そしてあえて逆行する二人。

そうしてまた黒く手を染めた二人。

友人である川島の言葉
「こんな事平気でできるって人間じゃない」
それでも今こうしてあなたの傍にいて事件と関わりのない振りをしている私は何なのだろう。

事件を終えた後、カメラを眺める。
親父と同じ事をしていた自分。
どうして自分は生きているのだろう。

こんな気持ちを分かり合えるのは同じ境遇を共にした、同じ犯罪を共にしたあの人だけ。

はっはっはっ悲しいね。

大人の社会の犠牲になったとはいえ、その結果、次々と犯罪を繰り返してしまう。

1度ついた嘘を守り通すためにまた嘘をつく。そしてその嘘を守り通すためにまた嘘をつく。

そうして二人は過去に犯した犯罪から捕まらないようにまた犯罪を犯す。
そうしてその犯罪から捕まらないようにまた犯罪を犯す。

う~ん、繰り返すねぇ。

さて、今回から雪穂さんは綾瀬さんに変わった訳だが、福田さんと比べると優しくなったね。
福田さんの時は誰も寄せ付けないような冷たいモノを感じたのだけど
綾瀬さんになってそういうトコロは無くなったように思う。
まあ7年という年月がそうさせたとも考えられなくはないね。

亮司はすっかり山田くんが定着してるな。

で、古賀刑事は結婚して子供ができたのね。奥さん役は西山繭子さんですねぇ。なぁるほど。

最後の菊池の会話と次回の予告を見る限り、また二人は手を染めるんだろうね。
そして雪穂の台詞。

「あなたがコケたら私も終わり」

うわぁ。キタねぇ。
いずれそうなるような展開もあると予想してたけど、ちと早ぇな。
雪穂に亮司は精神的に脆い所を感じ取ったのでしょうね。

亮司の場合はこうして手を染めるのも感情の部分が大きい。
一方、雪穂の場合は感情よりも保身、打算的なモノが大きい事が感じられる。

自分の事を話したかどうかははっきりしないけど
自分が写った写真を取り戻すために自分にいじめをしたと思われる藤沢を襲わせ
自分に学校で被害を及ぼす事がないようにしたばかりではなく報復をしたんだからね。

いやあ毎回こんな事を繰り返すのかぁ。

この言葉は毎回書く事になるかもしれんが、
こういう事はあくまでドラマの中の世界だけにして欲しい。
そして、これからもこの世界での二人の姿を見守っていきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 白夜行 第2話

    Excerpt: 1991年冬桐原亮司(山田孝之)は父親を殺し、それをかばうために唐沢雪穂(綾瀬はるか)は母親を犯人にしたてあげ自殺に見せかけて殺した。被害者の息子と加害者の娘になってしまった2人は事件を永遠に封じ込め.. Weblog: テレビお気楽日記 racked: 2006-01-20 02:28
  • 「白夜行」 と 「白夜行」

    Excerpt: TBS ドラマ 「白夜行」 2回目の放送を 見た。   今、原作を もう少しで読み終わるところ なので ストーリーが こんがらがった・・・・・ Weblog: ねこの視点 racked: 2006-01-21 12:53
  • 白夜行 第2話みましたが・・・

    Excerpt: 感想が遅くなってしまいましたが「白夜行」 第2話を見ました。 2話目にして雪穂と亮司が会ってしまっています。原作では 最後まで会話らしいものは無かったはず・・・。 ミステリ-要素をばっさり捨てて.. Weblog: The Glory Day racked: 2006-01-21 19:05