あいのうた 第4話

頭なでなでしてもらって、うっとしいと思って
ふと優二に頭なでなでしてもらっていた光景をみられたと思って
嫌なとこ見られたなって感じで。
相変わらず阿南さんは一言もしゃべりませんが、いい味だしてますな。
おこげは?と聞かれて両手で親指立てるとこなんかなかなか。
更に笑わしてくれたのが、小日向さん。いかにも道化ですっていう雰囲気が
余計に笑わしてくれます。特に佐藤さんに「余計な残像を入れたくないんです」って
いう台詞に「それ誰?何?」って画面のセンターに一人取り残されて
まあ見てる人にはあんただよってつっこみたくなるくらい分かっているんだが
当の本人はそれに気づいていない。
今までいっつもニコニコして頼りない感じ(まさしくそうなのかもしれんが)
優二と二人っきりになった時に話すシーンはちょっと渋さが感じられて
グッと惹かれるものがありましたねぇ。
後、今回から愛ちゃんのナレーションが入るようになったんですねぇ。
なんか意味深な感じで。
愛ちゃんにとって優二さんはだんだんとなくてはならない存在、
恋人というよりかはお父さんって感じですかね。

福引きの特賞が当たったのはいいんだが、よりにもよって洋子の故郷。
そこで、思いがけず愛ちゃんに会うのですが、
当の愛ちゃんは私の事を忘れてしまっていた。
幼い頃に約束した事すら。
あれだけ優二の言葉にかみついたのも、その反動から。
思わず優二につらく当たってしまったけど、優二はそれでも許してくれる。
だから、川原で優二の言葉に思わず涙してしまったんでしょうね。
自分は必要とされているって。
自分は幸せだって。
そして、柳沼は一人、松田洋子の過去を追い、松田洋子は自分が死にたくなるような
過去を生きてきた事を知った事で、今のままの愛ちゃんでいいと考えたんでしょう
ね。
最後に優二の病気。
自分を忘れないようにという思いあるのでしょうが、
同時に自分が悔いを残したくないんでしょうね。
そして自分と子供たちの心に刻んでほしいんでしょうね。
自分の愛する子供たちにいい思い出を。
自分の愛する子供たちをどれだけ父である自分が愛してる事を。
岸田さんからあまり無理をしないよう釘をさされましたが、
とうとう病気が表に出てきましたね。
これからだんだん優二の笑顔が切なくなってくるんでしょう。
できればこのまま楽しい物語を続けてほしいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本テレビ「あいのうた」第4話:ついに嘘がばれちゃった!?

    Excerpt: 自分の正体がバレることよりも、自分のことを覚えていてほしかった人が、自分を忘れていることにショックを受ける洋子ですが、房子と片岡のフォローで、自分を取り戻します。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2005-11-04 08:43
  • あいのうた第四話「ついに嘘がバレちゃった!?」

    Excerpt: 「愛ちゃ・・・・,愛ちゃんのままでいいんじゃないかな。」 「・・・・」片岡(玉置浩二)の顔を見る洋子(菅野美穂)。 「だから、家に居なよ。愛ちゃんいると,楽しいし。」 .. Weblog: 私でもいいですか? racked: 2005-11-14 01:38