1リットルの涙 第8話

先にちょっと今回の不満を少々。
毎回そうなんだけど主題歌と挿入歌を2回はさむのは止めてほしい。
それと気持ち、後10~15分は欲しかったかな。
遥斗と二人のシーンからCM後、家族全員がそろうシーンで
養護学校を決意するまでの時間はもうちょっと時間が欲しかったな。
さ て と。

今回のお話は本当に身に染みる程に考えさせられる。
冒頭で保護者会が終わってもある保護者が徹底的に亜也の事を論じる姿勢を見せる。
保護者会での出来事を母親に話した父親は
「誰しも自分の子供は可愛い」という事にひとつの倫理がある。
自分の子供を守るためなら親は何だって行う。
時にはそのために人の気持ちを顧みることさえできなくなる事もある。
だから一概にあの親を責める事は出来ない。

母親から突然仕事を辞めると言い出した事。
父親がこっそりと働き出した事。
私を庇って友人が怪我をしてしまった事。
全てが自分のせいだと。
自分が悪いんだと思ってしまう。
亜也が養護学校に行くのが本当は亜也のためにいいのだろうけど
そこに持っていくまでの過程が何とも日本人らしい。
こういう時の日本人ってのはなんか嫌だね。
本人ではなく本人の親に告げて本人の親に言わそうとさせる。
自分の口では言わずあえて良い人であろうとする振る舞いがね。
そして亜也に対してみんなが一様に不満を打ち明ける。
彼ら彼女らが語る不満は
遥斗が「何故面と向かって、それを言わないのか」と憤る。
父親の言う事は正論。それを認めたくない。認めざるを得ない。
自分自身もそう思う先生を含むクラスの思いがわかるだけに
やりきれないし、その苛立ちを隠せない。

健常者と障害者との壁。

学校最後の日、亜也は別れの挨拶をする。
自分が描いていた未来が、希望が、病気という獣に食い潰されていく。
その思いを語る言葉一つ一つが教室内の生徒に響き渡る。

何故もっと彼女の事を考えてあげる事が出来なかったのかと。
何故彼女がこんな病気になった時の気持ちになって考えてあげる事が出来なかったのかと。

学校を去る池内亜也の前に遥斗を先頭にクラスのみんなが歌を歌う。
それは亜也が指揮をしたあの歌。
仲間が送ってくれる事にそのまま去りながら涙する亜也。

そして木藤亜也さんの言葉が映し出される
「私は生きている」
病気だからこそ改めて知った事。
そして生きているからこそ分かる事。

それから新たに亜也の言葉が映し出される。

『みんなが私のために折鶴を織ってくれた。
 この姿を目に焼き付けておこう。


 でも


 「亜也、行かないで」って言ってほしかった。』

この一言に
自分の胸を貫くような衝動を受けた。
今までの物語が、クラスのみんなが思ってきた事や
保護者会での出来事、養護学校へ行くまでの過程の全てが

現実の亜也にもあった本当の出来事のように感じさせる。

そう思うと目頭が熱いね。

今回の物語での登場人物の誰も悪い訳ではないと思う。
結局は他人事だから。
自分の事しか見えなかったから。
痛みを知らなければ相手の痛みなんて分からないのだから。

でも今回の物語で心が痛いと感じれたから自分はまだ大丈夫だなって思えるよ。

さて、次回はどうも一気に時間が流れているようだな。
亜湖がもう高校生になってたのかな。
どんどん健常者と障害者との壁ができてくるような展開に見えたなぁ。
次は更に「あいのうた」とドンドン被ってくるなぁ。

補足
遥斗が教室であそこまで憤った理由、
たしかにむかついたのもあったのだと思うんだけど父親の影響もあるのかもしれないな。
「お前らずるいよ。あいつのいる前では平気平気って言っといて。やだったら最初から親切になんかすんなよ」
とか
「外堀埋めて追い込むような真似すんなよ」
とか
「先生があいつとちゃんと向き合っていたら、あいつだってきっと自分で対処したはず・・・」
とか。
亜也に面と向かって本音を話してくれないクラスの人。
自分に面と向かって本音を話してくれない父親。
クラスの態度が父親の態度と被って見えたんだろうな。
でも父親とは面と向かって言えない鬱積した思いがここで爆発したんだろうな。

それと今回の話をよくよく思い出すと教室から飛び出した亜也と遥斗の二人のシーンで
遥斗は泣きながら亜也の車椅子にもたれ掛かる。
まるで、「行かないで」と言っているかのように。
そう考えるとこれはせめてドラマの中だけでも
「行かないで」と考えてくれた人がいたという事を示したかった
制作側の意図があったんじゃないかなと・・・そう思うとまた目頭が・・・(ToT)アイゴー

でもって公式HPのSpecialって項目に木藤亜也さんの直筆の言葉が書かれてた。
養護学校への転校を決断したときに綴った言葉。
読んだらこうなります。


(ToT)アイゴー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まこ
2005年11月30日 17:04
はじめまして
TBありがとうございました♪
>「亜也、行かないで」って言ってほしかった。
亜也が自分で決断したんだから…仕方無いよねと
思い込んでたのに、最後に見せられたこの言葉が
胸にズシンと響きました。あぁ、なんて切ない…_| ̄|○

現実には何も出来ないあたしですが、
このドラマを見て、色々感じた事は忘れないように
したいなぁと思いますです。
2005年11月30日 17:46
まこ様
どうもです。
>亜也が自分で決断したんだから…仕方無いよねと
>思い込んでたのに、最後に見せられたこの言葉が
>胸にズシンと響きました。あぁ、なんて切ない…_| ̄|○
そうですねぇ。
ドラマだけじゃなかったんだと思うとやりきれんです。

>このドラマを見て、色々感じた事は忘れないように
>したいなぁと思いますです。
こうして書いた記録が残る限り
また読み返せば、その感じた思いは蘇りますよ。
2005年11月30日 22:00
「ねこの視点」に コメントありがとうございました。
「行かないで」と言って欲しかった。… クラスメイトの気持ちも、亜也さんの気持ちも、この一言に集約されてるような気がしました。
2005年12月01日 17:53
にゃんこ様
なんとも最後でズーンときます。
この一言に亜也さんの本音が表されているんでしょう。
そう思うとホンマ切ないです。
2005年12月01日 20:57
TBありがとうございます。
今からしっかりしたTBを送り直します。
ですので間違えて送ったTBとこのコメントを削除してください。
後程、再度コメントいたしますm(_ _)m
公3
2005年12月03日 18:25
コメント、どうもねっ!!  m(_ _)m

そうですねっ! ドラマの“沢尻”亜也はあんまり日記を書くシーンないですもんねぇ~ 。 今回の「病気を受け入れるのに1リットルの涙が必要だった… 」も日記に綴った言葉だったんだけどなぁ、、、
直美
2005年12月04日 01:28
TB&コメントありがとうございました。

今回はかなり中身の濃い、内容でした。
遥斗の言葉は一つ一つがしみ込みます。
現実の世界でも、私たちは遥斗のような接し方はしてないんじゃないかと。
だから、クラスの人たちを責めることは出来ない。

亜也のそばに遥斗一人でもいたことが救いです。
2005年12月07日 18:33
公3様
>今回の「病気を受け入れるのに1リットルの涙が必要だった… 」も日記に綴った言葉だったんだけどなぁ、、、
その分、公式サイトのSpecialを見てくれって事ですかね。
う~ん、流石フジというかなんというか。

>直美様
>亜也のそばに遥斗一人でもいたことが救いです。
せめてドラマの中だけでもそういう人がいさせたいというか
現実でかなわなかった願いをここに託しているようにも感じられます。

この記事へのトラックバック

  • 流したくなかっただろう、「1リットルの涙」 【1リットルの涙 第8話】

    Excerpt: 亜也は安心していた。上の写真のようにいつも優しく接してくれる生徒たちがいたから。しかし実際そんな生徒たちは、自分から手伝うと言って率先して行動していたわりには(特にいつも一緒にいる生徒の片割れ)、HR.. Weblog: The Natsu Style racked: 2005-11-29 23:43
  • 「1リットルの涙」で考える 親切って?

    Excerpt: 養護学校へ 転校を決めた 亜也。  仕方ないんでしょうね。   原作にもある「私には 1リットルの涙が必要だった…」 っという台詞、「行かないでと言って欲しかった…」 重いです。 Weblog: ねこの視点 racked: 2005-11-30 10:48
  • ・「1リットルの涙」第8話ストーリー

    Excerpt: ドラマ「1リットルの涙」。2005年11月29日(火)放映の第8話のストーリーを書きます。今週もやっとのおもいで、書きあげました。。。(手が!耳が!痛い!) 長いので、お時間のある時にどうぞ♪ (多少.. Weblog: たまちゃんのてーげー日記 racked: 2005-11-30 17:38
  • 朝青龍7連覇

    Excerpt: 大相撲九州場所14日目で朝青龍が魁皇を下して前人未到の7場所連続優勝を達成したのに加えて年間83勝の年間最多勝の新記録に、今年1年間の6場所全て制覇するというテニスでいうところの「グランドスラム」を達.. Weblog: FREE TIME racked: 2005-12-01 06:55
  • 1リットルの涙 何か言ってよ・・・

    Excerpt: 1リットルの涙 8話を見ました。普通の高校を辞めて しまったら何かが終わってしまうと、必死に頑張っていた 亜也。でもとうとう辛い選択を・・・。予想通りまた泣いて しまいました。 Weblog: The Glory Day racked: 2005-12-01 14:29
  • 1リットルの涙 第8回

    Excerpt: サブタイトルも「1リットルの涙」 主人公の亜也(沢尻エリカ)が一大決心をして、このドラマの一つの分岐点を迎えたと感じる内容でした。 Weblog: FREE TIME racked: 2005-12-01 21:03
  • つれづれなるままに・・・

    Excerpt: 昨晩は『1リットルの涙』(フジ系、21:00~ )、第8話でしたねぇ~ ! 私、先程、拝見しましたっ!「耐えておくれ、私の涙腺よ… 」というセリフはなかったですね! 今からカナ? 『1リットルの涙』の.. Weblog: 3しょうがいの作業所。(仮想) racked: 2005-12-02 17:12
  • 1リットルの涙第八話「1リットルの涙」

    Excerpt: バスケ部の新人戦が終わった。 「今日の試合はまりのおかげだよ。」早希(松本華奈)が言う。 「二人とも新人戦突破、おめでとう。」亜也(沢尻エリカ)が言う。 「ありがとう。� Weblog: 私でもいいですか?新館 racked: 2005-12-03 04:05
  • フジテレビ「1リットルの涙」第8話:1リットルの涙

    Excerpt: 今日のタイトルは「1リットルの涙」と、ドラマのタイトルそのまま。最終回に至る前の、ひとつのクライマックスとなる展開を予感させますが、まさに通りの内容でした。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2005-12-06 13:20
  • フジテレビ「1リットルの涙」第8話:1リットルの涙

    Excerpt: 今日のタイトルは「1リットルの涙」と、ドラマのタイトルそのまま。最終回に至る前の、ひとつのクライマックスとなる展開を予感させますが、まさに通りの内容でした。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2005-12-06 18:21
  • 1リットルの涙 で 脊髄小脳変性症とは・・  1リットルの涙 で 脊髄小脳変性症 を知った

    Excerpt: 脊髄小脳変性症とは? 1リットルの涙を見て、初めて、脊髄小脳変性症という病気を知りました。脊髄小脳変性症とは、運動失調を主症状とし、小脳、脊髄に病変の主座をもつ原因不明の変性疾患の総称で、遺伝性のもの.. Weblog: ヤフー グーグル 2ちゃんねる 検索で エンタメスクープ  @  ヤフー グーグル ... racked: 2007-04-06 06:52