1リットルの涙 第7話

潮香が「スキヤキなんだけど、うちでご飯食べない?」って言われた時に
ちょっと間があって遥斗が「お父さんはご在宅ですか?」と聞き返して
すぐ次のシーンでハイテンションなお父さんが遥斗の隣りに座っているのには
ちょっとクスッとしたなぁ。
食事が終わった後も犬のガンモに豆腐食べてんのかと聞いて、
そんな訳ないじゃんと亜也が言っても「あのお父さんならあり得る」という
台詞も笑わしてくれるなぁ。
さて、ほのぼのとしたのはこんなとこで後は切ない話やったなぁ。
学校から養護学校を勧められる池内家。
先生の言い分としては生徒から亜也のせいで授業に支障が出ているという苦情と
亜也の病状を考えての事かららしいが、最後のシーンを見る限り
その保護者からの圧力が結構あったんだろうなという事が暗に伺える。
昨今の事件の影響もあってか、どうも自分自身が良ければそれでいいという
空気があの保護者会には感じられる。
今回の目玉はやはり明日美親子だな。
「養護学校に行かせたくなかったのは私自身」というかとうかずこさん。
学校や病院から養護学校に薦めるという行為が追いやられるように感じたためだと
同じように二人の母親は考えた訳です。
しかし、他人に迷惑をかける事はない。養護学校では自分の事は自分でする。
「病気は不幸ではない。不便なだけです」と笑顔で答える明日美に
養護学校での生活に考えを改める潮香でしたが、
亜也にとって学校を変える事は友達がいなくなってしまう事、
そして進学の夢が絶たれるという絶望感にできる限り今の学校生活を続けたいと願います。
どうしてもここにいたいと。
でも、そうはならないんでしょうねぇ。予告を見る限りは。
涙、涙だな。

とりあえずどうにかこうにか画像を貼り付ける事ができたんで、亜湖を掲載。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年11月26日 23:41
「ねこの視線」のにゃんこ です。
やっとメンテの後遺症も無くなって、良かったです。

保護者会の様子、胸が痛みました。 でも、もしあの状況で 問われたら、情けないけれど 私はあの親達の様にならないと言う 確信 持てないかも知れません。 その辺が、余計に見ていて辛かった。
2005年11月27日 02:34
ちょっとひねた以前の亜湖じゃなくて、最近の亜湖ですよね。

養護学校の件、設備が整っている方が亜也にとっては望ましい
けれど。人の気持ちってそんな単純に決められないものじゃない。
あんな圧力じゃなく、亜也の意志で選択して欲しいです。
だから潮香さんの訴えの後にも、まだ反対するおばさんに
むかつきましたよ。

画像の方はこちらもなんとかなったような・・・。貼り付けが
面倒になったけど、作成のぺ-ジにタグが表示されるようになって
ちょっといじれるようになったのは良かった。取りあえず
表示されるサイズを変えてみました(デフォルトでたてが320ピクセル
で横がそれに合わせてあるようです)複数でも貼れるとか?
使いこなせれば便利かも。

おはです!がじゅまるです!
2005年11月29日 05:12
おはです!

おお!亜湖ちゃんだ(≧∇≦)ъ
さすがにうまいですねぇ~、お目目がかわいいです!
ガンモ、この前はがんもどきがお皿に入っていたので
大豆食品しか食べてないのかと思っていましたが
今回疑惑が晴れて安心しました 笑
今日は号泣注意報ですね・・・・
2005年11月29日 17:33
にゃんこ様
>私はあの親達の様にならないと言う 確信 持てないかも知れません。
どんなに建前を並べたところで同じ境遇にたった時、自分もそうならないとは限りません。
ただし、相手が苦しんでいる時、どうして苦しいのか相手の立場に立つというか
相手の境遇や視線で物事を考えていく姿勢があれば大丈夫だと思います。
いくら相手の事をわかろうとしても自分の主観を持ち込んでしまうと
なかなか分かるというのは難しいのでしょうね。
2005年11月29日 17:34
タカシ様

絵ってのは描く対象に描く人の印象がそのまま出てまうもんで、
家族に亜也の病気を告白した後に描いたってのもあってちょっと可愛くなったんだろうなぁと思います。
ちなみに大体30歳を過ぎると自分の観念というのが定着するそうです。
定着した観念から脱却した考えをもつってのは難しいようでね。
また自分の考えに相容れない状況が出てきた時、人は楽な方へ行こうとします。
正面から立ち向かうのではなく、逃げる事。
その状況をスルーしてしまうって事です。今の社会ではそれが少々当たり前になりつつあるので
こういう所は自分達一人一人がこのドラマがきっかけでもいいので考えていかなければならないんでしょうね。

そうそう、画像の方は便利になったかな?って感じがします。
色々試行錯誤してみるつもりです。
2005年11月29日 17:34
がじゅまる様

個人的には顔よりも胸のリボンがよく描けたなと。(笑)
>大豆食品しか食べてないのかと思っていましたが
あのお父さんならあり得る(大笑)
しかし、スキヤキであんなに煮込んだら絹ごしなんてぐちゃぐちゃになりそうですがねぇ。
>今日は号泣注意報ですね
今夜は洗面器とタオルが必須になるかもしれませんね。

この記事へのトラックバック

  • フジテレビ「1リットルの涙」第7話:私のいる場所

    Excerpt: 大好きな学校に、居たくても居られなくなる? 病気になって初めて見えた人の優しさと、社会に突き付けられる厳しい現実。その狭間で傷つき、悩む、亜也と潮香です。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2005-11-25 08:45
  • 1リットルの涙 友達がいなくなってしまったら・・

    Excerpt: 1リットルの涙 7話見ました。もう7話、年は明け亜也は 車イスを使う事を余儀なくされるほど進行。もうラストが 迫っていると思うと悲しくなります。  Weblog: The Glory Day racked: 2005-11-27 01:28
  • 第7話 「私の居る場所」

    Excerpt: 遅い感想失礼致します。 いつもは家族っていいなぁ、と思うのですが 今回は友達っていいなぁ~と(ノ_・、) 友達のありがたさを実感した事がある人なら 共感してしまう回でしたね(T_T) .. Weblog: ブログ ド ガジュマル (新居) racked: 2005-11-27 01:37
  • 1リットルの涙第七話「私のいる場所」

    Excerpt: 新年を迎えた池内家は初詣に来ていた。 父・瑞夫(陣内孝則)から賽銭をもらう亜也(沢尻エリカ)、亜湖(成海璃子)、浩二(真田佑馬)、理加(三好杏依)、そして母・潮香(薬師丸� Weblog: 私でもいいですか?新館 racked: 2005-12-02 01:45