危険なアネキ 第2話

危険なアネキ 第2話

このドラマを見るとよくわかるのだが、
むかつくのは自分が自分よりも能力がないと見下してた相手が
自分よりも優位なところがあった時。そういうのって分かる気がする。
認めたくないけど認めざるを得ないってやつ。
特に自分が好きな人が自分が認めたくない人を頼りにされた時には
もうハラワタ煮えくりかえるわなぁ。
笑って泣ける路線にしたいのだろうけど、どうもねぇ。
富士さんがつくるドラマは偏りがあるのよねぇ。
どうしてもアクセントというか、インパクトが目立つのよねぇ。
まあ挙げるとすれば、取り立て屋であるおかやまはじめさん&荒川良々さんコンビや
佐藤二朗さんとかね。キャラ濃いよぉ。
さて次回はキャバクラのお話なんだが、わしの感覚が麻痺しとるんかもしれんが
そない看護婦との兼用でもそない引け目を感じるような仕事でもなくなったと
思うんやけどどないなもんやろかいねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック