渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS おんな城主直虎 岡崎信康事件の経緯とその後あれこれ

<<   作成日時 : 2017/11/21 22:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今作を見て思うのは

因果応報

井伊家が味わった苦痛を

井伊家に苦痛を味あわせた近藤家

そして徳川家がそれを味わう


井伊家を救うため
小野政次は悪人となって全ての非難を自分に集めた


それが徳川家に場合だと
瀬名姫になる、という事でしょうかね


その伏線でいくと

小野政次について
直虎に対して酒井忠次が足蹴にした展開が


今度は信康の件で
酒井忠次が信長に足蹴にされているという点は

正に己がした事が己に帰ってくる典型だなって感じです




ちなみに今回の一件で水野信元の話が出てきましたが
ちょっと水野信元について述べておくと


水野家の当主・信元は
三河碧海郡西部・清州知多郡東部の領地を有する豪族で
信元の異母妹は家康の母・於大の方です

当初は今川方でしたが
織田方につきました

以降、織田と徳川の間を取り持ったりしていました



┌─水野信元
│ 

│ 松平広忠
│   ┃
│   ┠───徳川家康
│   ┃
└─於大の方
    ┃
    ┃
    ┃
  久松俊勝



ここからが話がちと複雑なのですが


1576年

佐久間信盛の諫言にて水野信元に武田と内通してる疑惑あり
信長は家康に命じて水野信元を討つように命じる

水野信元が討たれたのは三河国の寺

水野信元をその寺に呼んだのは松平信康の後見役・石川数正
水野信元を討った刺客は松平信康の後見役・平岩親吉

これにより水野信元の妹・於大の方の再婚相手であった久松俊勝は徳川家から出奔



1579年

松平信康の妻で信長の娘・徳姫が
信康とその母・瀬名姫に対する罪状を書いた訴状により
信長は家康に命じて松平信康を切腹するように命じる

家康は瀬名姫を暗殺
その後、信長の命に従い、信康を切腹させた

一説には信康の介錯を命じられたのは服部半蔵とも言われていますが
それが半蔵にはできなかったそうです




1580年
織田信長は軍の中核を担っていた

林秀貞・安藤守就・佐久間信盛をリストラ

佐久間信盛のリストラの理由のひとつとして
水野信元の武田内通疑惑は冤罪だという事




こうして書き綴ってみると

信長は水野信元が邪魔だった

それで家康に命じて水野信元を討たせた

それから家康に嫡男を討たせた事で徳川家の弱体を図った

そして佐久間信盛を追放した


信長は邪魔者を弱体化もしくは排除するため
次に邪魔になりそうな者に狙いを定めて命じてる感じがしますね


ちなみに明智光秀は佐久間信盛の一件で諫言をしたとも言われています

でもって信盛がリストラ後
信盛の基盤を引き継いだのが明智光秀で


この流れをみると次にリストラされるのは
自分ではないかと光秀は思ったのかもしれませんね



それが本能寺に繋がったとも思えなくもない感じがします。



ちなみに平岩親吉と服部半蔵
そして徳川家康は同じ年に生まれてます

つまり同い年ですね


ドラマではそのあたりの年齢構成やら
水野信元が討たれた経緯やら

ばっさりとしてましたので記述してみました


どうもここ最近の大河

「龍馬伝」での成功あたりから
貫禄を見せたりするためだけに年齢構成をおかしくしてるところがあります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おんな城主直虎 岡崎信康事件の経緯とその後あれこれ 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる